苔玉(こけだま)作りの適期

人気の苔玉(こけだま)ですが

自分で作るのならいつがいいのか?

 

苔玉(こけだま)の作り方

に書いてありませんでしたので

追加しておきます。

 

もちろんいつ作ってもいいのですが

寒い冬や暑い夏はどうもね。

 

ということよりも

作った苔玉を長く愉しむのであれば

やはり適期があります。

 

苔玉では植え付ける植物とともに

いやそれ以上に苔が重要です。

 

植物の状態がよかったとしても

苔の状態が悪ければ

苔玉としてはだいなしです。

 

植え付ける植物を

シダなどの丈夫な観葉植物とし

根鉢をあまり崩さないことにすれば

あとは苔です。

 

苔の生長期は春と秋です。

夏と冬、苔は休眠状態になります。

 

ですから

生長期の前半に苔玉を作って

夏(または冬)になる前までに

苔が生長し定着するようにすれば

その後の真夏(または真冬)を

乗り越えて育ってくれるでしょう。

 

苔玉 山苔とシダ 6月

苔玉(こけだま) 山苔とシダ 6月

写真は6月上旬の苔玉です。

 

ホソバオキナゴケという

山苔(ヤマゴケ)の状態が

とてもいいですね。

 

この苔玉を作ったのは

撮影の1年前の5月上旬です。

 

ということで苔玉を作るのなら

春なら3月から5月頃

春分から梅雨入り前まで

 

秋なら9月から11月頃

秋分から初霜が降りる前まで

がよさそうです。

 

 

まさにこれからが

春の苔玉作りの適期ですよ。

 

 

昨日は晴れて暖かでしたが

今日は寒くて雨も降りだしました。

明日からは四月ですね。

 

室内で育つ山苔・二月

室内の山苔・二月

室内の山苔(ヤマゴケ)・二月

山苔(ヤマゴケ)を

ガラス保存瓶を利用した

テラリウムで育てています。

 

コケリウム!

というのでしょうか?

 

ホソバオキナゴケの

苔ボールを作り

ガラス保存瓶に入れ

室内に置いて育て始め

はや3年8カ月ほど経過

なんとか生長を続けています。

 

山苔の上の方の一部が

白っぽい茶色に変色して

枯れたようになっていますが

全体的には元気な様子です。

 

昨年(2016年)5月29日投稿の

室内で育つ山苔(ヤマゴケ)

の写真の状態と比べると

苔の色も微妙に違いますね。

 

山苔の葉先がガラス面に

くっついてしまっているので

容器を替えるつもりなのですが

もう8カ月もサボっています。

 

山苔が枯れてしまわないうちに

植え替えというか入れ替えします。

もうすこし暖かくなったら。。。

 

 

昨日は暖かな一日でした。

今日の風は春一番だそうです。

明日は二十四節気の雨水(うすい)

草木が芽生える頃です。

 

室内の山苔と西洋シノブ・冬

山苔と西洋シノブ 2017年2月

山苔と西洋シノブ 2017年2月

山苔と西洋シノブ 2017年1月

山苔と西洋シノブ 2017年1月

山苔(ヤマゴケ)と西洋シノブを

室内のガラス鉢で育てています。

 

山苔はホソバオキナゴケが

徒長したもので

西洋シノブはダバリアです。

 

もともと小さな苔玉(こけだま)

だったのですが

山苔が伸び過ぎたので

根洗い風の鉢植えに

仕立て直したものです。

 

上の写真が今日の様子。

下の写真は先月一月に

ほぼ100日ぶりに

水やりしたときのものです。

 

前回(2016年7月3日)投稿の

室内で育つ山苔と西洋シノブ

で紹介してから7カ月経過しました。

 

山苔(ホソバオキナゴケ)は

以前よりも黒ずんでいるところが

少し増えたような気がします。

 

さすがにちょっと

伸ばし過ぎかもしれませんね。

 

西洋シノブ(ダバリア)は丈夫です。

古い葉が枯れては

また新しい葉が伸びてくるので

姿が変わらないようです。

 

2013年6月に作った小さな苔玉からだと

すでに三年半ほど経過しました。

 

このまま山苔が弱ってしまうのか

春には回復するのかわかりません。

見守るのみです。

 

 

風が冷たいです。

今日は節分、明日は立春

暦の上では春のはじまりです。

 

室内で育つ山苔と西洋シノブ

山苔と西洋シノブ

山苔(ヤマゴケ)と西洋シノブ

山苔(ヤマゴケ)と西洋シノブを

ガラス鉢に入れて

室内で育てています。

 

だいぶイメージが違いますが

山苔はホソバオキナゴケ!?

が徒長したものなんです。

 

西洋シノブはミニ観葉植物の

ダバリアです。

 

もともとはとても小さな

苔玉(こけだま)だったのですが

山苔がどんどん生長して

形が変わってしまいました。

 

北西向きの部屋の窓際

直射日光が当たらないよう

レースのカーテン越しに置いて

コレクションケースを使った

簡易テラリウムで育てています。

 

今年の冬(2016年2月)の投稿

山苔とシダのガラス鉢植え

から四カ月ほど経過しました。

 

写真ではあまり変わりがないように

見えるかもしれませんが

山苔の葉先が全体的に

少し白みがかっているようです。

 

山苔は蒸れに弱くすぐに変色するので

高温多湿となる夏場は

なるべく乾燥気味になるように

してあるからかもしれません。

 

ヤマゴケは乾燥すると白っぽくなります。

ただし

蒸れて白くなることもあるので要注意。

 

2013年6月に小さな苔玉を作り

ひとまわり大きな鉢への植え替えを経て

もう三年が経過しました。

 

今年の夏も

なんとかのりきって欲しいものです。

 

 

半夏生がすぎました。

梅雨明けはまだです。

もうすぐ小暑、暑気入りですね。

 

室内で育つ山苔(ヤマゴケ)

生長した山苔

生長した山苔(ホソバオキナゴケ)

k20160529b

山苔(ヤマゴケ)は

室内のテラリウムの中で

順調に生長しています。

 

きれいな黄緑色で

苔の新芽というか新葉も

どんどん伸びていますね。

 

写真でもわかると思いますが

山苔の葉先がガラス面に

くっついてきました。

 

2013年6月に作ったときは

ガラス面との間にだいぶ

間隔があいていたのですが

この3年ほどでだいぶ生長しましたね。

 

山苔はベランダで育てるのは難しいですが

室内のテラリウムなら手間いらずですよ。

 

そろそろ

もうひとまわり大きなガラス容器に

植え替えというか入れ替える予定です。

 

山苔(ホソバオキナゴケ)が

この先どこまで生長するのか愉しみです。

 

 

毎年五月は苔玉が人気ですね。

来週はもう六月。

雨に濡れた苔が美しい頃です。

 

山苔が回復途上のシダの苔玉

シダと山苔の苔玉

シダと山苔(回復途上)の苔玉

シダと山苔の苔玉です。

 

一年前(2015年)に撮影した

ヘッダー写真の真ん中に

写っている苔玉の

今の様子なのですが

状態が悪いのですよ。

 

まず苔(コケ)ですが

山苔(ヤマゴケ)といわれる

ホソバオキナゴケです。

 

ガラス鉢の中の苔玉の

上の方が茶色っぽく見えるのが

変色してしまった部分です。

 

それでもシダの根元から

下の方に広がるうすい黄緑の葉は

最近伸びてきた新葉なんですよ。

 

ここにきてようやく回復してきました。

 

これから梅雨にかけて

なんとか以前のようにきれいな緑に

回復してくれることを祈るのみです。

 

そもそも

どうして変色したのかというと

ヘッダー写真を撮影した後のことです。

 

夏になって気温が上がっても

しばらくの間は山苔の状態が良く

明るい日陰に置いてあることもあり

大丈夫かもと。油断ました。

 

そのまま真夏になっても

ベランダに置いたままにしたため

強烈な暑さによる蒸れで

変色してしまったのでした。

 

山苔は特に蒸れに弱いので

やはり真夏の高温は無理ですね。

 

その後

北側の室内の窓際に移して

回復を待っていましたが

最近になってようやく

新葉が伸びてきました。

 

山苔は室内だけでも育てられるので

一年中室内のテラリウムで育てるのが

蒸れる心配が少なく良いかもしれません。

もちろん直射日光はあてないように。

 

 

一方シダ(羊歯)のほうは

プテリス・フォーリーです。

 

2年前(2014年6月11日)に投稿した

苔玉は苔も植え込み植物も

にもシダの葉の茂りが悪いことを

書いたのですが今もあいかわらずです。

 

新芽が出ては葉先から枯れていく

の繰り返しです。

 

もっとも苔に害があるため

肥料などは一切与えていませんので

しかたがないのかもしれませんんね。

 

シダの葉も

日当たりのほうに伸びていくので

日があたる向きをうまく調整すれば

たとえ葉の茂りは悪くても

涼しげにしだれるような形には

できるかもしれません。

 

 

立夏を過ぎて暦の上では夏です。

実際の気温も25度を超え

夏日となりました。

今年も暑くなりそうですね。

 

山苔とシダのガラス鉢植え

山苔とシダの鉢植え

山苔と西洋シノブのガラス鉢植え

20160220b

もともとは小さな丸い

苔玉(こけだま)だったのが

いつのまにか四角になったので

ひとまわり大きなガラス鉢に

植え替えたのが昨年(2015年)

の5月23日。

ミニ苔玉が四角になったので

 

あれからもう9ヵ月経過しました。

 

写真を見くらべてみると

山苔(ヤマゴケ)はだいぶ生長して

ガラス鉢からとびだしています。

 

シダの西洋シノブ(ダバリア)も

葉が増えたようです。

 

ずっと北側の部屋の窓辺に置いて

透明のプラスチックケースを利用した

簡易テラリウムで育てています。

 

水やりは3カ月か4カ月に1回だけ。

 

ほぼほったらかしなのですが

まあまあ元気に生長しているようです。

 

この苔(コケ)の種類は

ホソバオキナゴケなのですが

徒長しているせいなのか

葉のイメージが違ってしまって

違う種類の苔のようです。

 

まあこれはこれで愉しめます。

 

この調子で苔が生長していくと

またガラス鉢の形にそって

四角になってしまうのかも。

 

 

昨日は二十四節気の雨水(うすい)

降るものが雪から雨にかわり

氷は溶けて水になる。

 

草木が芽生えはじめる頃で

昔から農耕の準備を始める

目安とされてきました。

園芸の準備もですね。

 

今日は雨です。

寒くありません。

ぐっと湿度が上がっています。

 

山苔の育て方(2015年秋)

土の表面が乾いたらたっぷり

というのが水やりの基本なのですが

実は

苔(コケ)にとっては良くありません。

 

苔は安定した環境を好むので

乾燥と過湿を繰りかえされると

適応できずに弱っていきます。

 

蒸れに弱い山苔にとっても

基本の水やりは良くありません。

特に夏場にはダメージが大きく

変色してしまう原因になります。

 

山苔が夏を乗り切るには

できるだけ涼しい場所で

乾燥ぎみの安定した環境に

置いてあげるのがいいのです。

 

山苔は人気のある苔ですが

とてもデリケートで

育てるのはなかなか難しく

他の植物と一緒に育てると

失敗することが多いのです。

 

ミニ盆栽で樹木を引き立てるため

鉢土に山苔をはりつけたりしますが

きれいな黄緑色なのは最初だけで

徐々に変色して黒褐色になりがちなのは

樹木にとっては正しい水やりが

山苔にはダメージとなるからなのです。

 

一年をとおして

山苔のきれいな緑を愉しむには

山苔だけの苔ボールか苔鉢を

室内の窓際に置いたテラリウムで

やや乾きぎみに育てるといいようです。

 

 

秋は園芸シーズン

ベランダでの園芸やガーデニングも

ようやく楽しめるようになりますね。

 

秋は苔(コケ)を植え付けるのにも

良い季節です。

 

夏の暑さで弱っていた山苔も

ようやく元気を取りもどす頃です。

 

これから山苔を使って何か作るとすれば

ちょっとめずらしい山苔の苔玉(こけだま)

山苔を小さな鉢にこんもり植え付ける苔鉢

モミジのミニ盆栽に山苔をはりつけるなど

楽しみ方はいろいろあると思いますが

一番のおすすめは苔テラリウムですよ。

 

 

詳しい解説は山苔の育て方をご覧ください。

今回少し内容を改訂しました。

 

ガラス容器の中の苔(コケ)

趣味の園芸 先週(8月16日)の放送は

「テラリウム ガラス容器の植物園」。

 

暑い夏に室内で楽しむことができて

おしゃれなインテリアにもなる

おすすめのガーデニングがテラリウム。

 

テラリウムはガラス容器の中で

植物を育てることです。

 

terrarium(英語)とは

ラテン語のterra:大地とarium:場所

を組み合わせた造語なのだとか。

 

アメリカではもっとも人気のある

植物の植え方のひとつだそうです。

 

おすすめの植物は

やはり苔(コケ)やシダ(羊歯)です。

 

観葉植物や山野草などを使って

寄せ植えにすることもできますが

はじめてテラリウムを作る方には

まず1種類の植物と苔で作ることを

番組ではおすすめしていました。

 

また

手に入りやすいコケ植物として

ハイゴケと山苔が紹介されました。

 

テラリウムの作り方では

ガラス容器の底に珪酸塩白土を

敷きつめるのがポイントだと思います。

私は珪酸塩白土の代わりに

入手しやすいゼオライトを使ってます。

 

テラリウムの管理方法では

置き場所はレースのカーテン越し

水やりは毎日!きりふきで

容器の底に水が溜まらない程度

また普段は蓋をあけて管理する

ということでした。

 

私の苔テラリウムの方法とは

ちょっと違いもありますね。

 

テラリウムについて詳しくは
NHKテキスト 趣味の園芸 2015年 08 月号 [雑誌]
をご覧下さい。
(明日8月23日アンコール放送あり)

 

山苔のテラリウム

山苔(ホソバオキナゴケ)のテラリウム

写真は山苔のボトルテラリウムです。

ふたつのテラリウムとも

ずっと室内の窓際

ずっと蓋をしたまま

2、3カ月に一度の水やり

という管理方法です。

 

山苔はホソバオキナゴケですが

二つとも状態はとても良いですね。

 

少なくとも山苔のテラリウムについては

今のこの方法で良いのだと思います。

 

室内ではハイゴケより山苔のほうが

きれいな緑に育つようですね。

 

テラリウムを作るのなら

シンプルに苔だけ

或いは苔とシダの組み合わせ

を私はおすすめします。

 

 

明日は処暑

暑さがようやくおさまる頃ですが

今日はまた暑い一日でした。

残暑お見舞い申し上げます。

 

 

真夏のベランダの山苔は

真夏の山苔

真夏の山苔の鉢植え

真夏のベランダという

過酷な環境に置かれた

山苔の鉢植えの様子です。

 

なんとか変色することなく

緑色を保っていてくれますが

ところどころ苔の先端に

小さな白い粒がついていて

傷みつつあるのがわかります。

 

残念ながら苔の美しさや瑞々しさを

感じることができる状態ではありません。

 

秋が来て涼しいくらいの気温になれば

また苔の状態は良くなるとは思いますが。

 

この山苔の鉢植えは

アラハシラガゴケ(粗葉白髪苔)を

深めのガラス容器に植えたもので

ずっとベランダで育てています。

 

ベランダでは

直射日光の当たらない明るい日陰に

プラスチック製で半透明の衣装ケースを

置いて簡易保湿容器として利用し

その中にガラス鉢を置いてあります。

 

湿度の高い時季は蓋は外しますが

ベランダの強風から守るためもあり

ほぼケース内に入れたままです。

 

それでも室内のテラリウムで

育てている山苔と比べると

状態は明らかに見劣りしますね。

 

強烈な直射日光による熱

強風による乾燥

エアコンの室外機からの熱風

などなどベランダという場所は

人にも苔にも過酷な環境です。

 

山苔を育てるのなら

簡単に苔の美しい緑を愉しめる

室内の窓辺での苔テラリウムを

おすすめします。

 

 

なんだか毎年まいとし

今年が一番暑いと感じるように

なってしまいました。

東京は記録的な猛暑だとか。

 

都会にはもっと

植物が必要なのだと思う。