苔テラリウムの容器替え

山苔(ヤマゴケ)の容器替え

山苔(ヤマゴケ)の容器替え

山苔(ヤマゴケ)の

苔テラリウム

大きなガラス容器に

入れ替えました。

 

これまでのガラス容器

(上の写真左側)は

口の直径が8cm高さ12.5cm

もう4年3カ月ほど

この小さなガラス瓶の中で

生長を続けてきました。

 

これまでの様子は

先々週(2017年9月1日)投稿の

室内で育つ山苔・九月

をご覧ください。

 

こんどの大きなガラス容器

(上の写真右側)は

口の直径が12cm高さ15cmです。

 

これまでの容器と比べると

丸い型のためかだいぶ大きく見えますね。

 

ガラス容器の中というか底ですが

まずこれまで同様

一番下にはゼオライトを敷きつめ

その上に発泡錬石を厚めにおきました。

 

今回はさらに平べったい石を置いてから

その上に山苔の苔ボールを載せました。

 

このガラス容器なら10年もつかな。

 

山苔を取り出す

山苔を容器から取り出す

 

写真の順番は前後しますが

二枚目の写真は

いままでのガラス容器から

山苔の苔ボールを

取り出したところです。

 

山苔(ヤマゴケ)の葉先が

ガラスの側面にくっついていましたが

ふわふわなので葉先をおさえて

ガラス瓶からそっと取り出しました。

 

取り出してみると形はほぼ丸ですね。

 

苔の状態は写真でもみえる

一部の茶色い変色を除くと

きれいな黄緑色です。

良い状態ですね。

 

うすい茶色に変色した部分も

そのまま残すことにしました。

 

ガラス容器は大きくなりましたが

この苔テラリウムは

室内の同じ場所に置きます。

 

これからも生長を続けてくれるでしょう。

なにか変化があればまた紹介します。

 

 

昨日今日とよく晴れました。

湿度が低いのでからっとしています。

来週はモミジのタネを取るつもりです。

 

室内で育つ山苔・九月

室内の山苔(ヤマゴケ)・九月

室内の山苔(ヤマゴケ)・九月

山苔(ヤマゴケ)の

苔テラリウムです。

 

ホソバオキナゴケの

苔ボールをガラス瓶に入れ

室内で育て始めて

もう4年2カ月ほど経過

まだ生長を続けています。

 

前回この苔テラリウムを紹介したのは

今年(2017年)の2月17日に投稿した

室内で育つ山苔・二月

それから半年経過しました。

 

半年前の写真と比べると

山苔の上の方の一部が

茶色に変色しているところなど

同じようにみえますが

ガラス面の近くの苔の葉先が

上に向かって伸びていますよ。

 

今年の夏は雨や曇りが多かったので

普通なら休眠する夏の間も

苔が生長したのかもしれませんね。

 

ガラス保存瓶を横から見ると

山苔の葉先はガラス面に

密着してしまっています。

 

早く容器を替えないと

と思いつつもう一年以上

先延ばししてしまいました。

 

なんとかこの九月こそは

ひとまわり大きなガラス容器に

入れ替えしますよ

たぶん秋晴れの爽やかな日に。

 

 

九月になりました。涼しいです。

今日は二百十日、台風が接近しています。

明日は雨ですね。

 

苔玉を初めて作るまえに

苔玉(山苔とアジアンタム)

苔玉(山苔とアジアンタム)

人気の苔玉(こけだま)作り

ですが

初めて苔玉を作るまえに

決めておいたほうがよいこと

があります。

 

それは一時飾るだけなのか

それとも

できるだけ長く育てたいのかです。

 

もしも季節の花を飾るように

苔玉を作ったときの姿を短い期間だけ

愉しむことができればよいのであれば

自分の好みで自由に作ればよいです。

 

作った苔玉がどれほど長持ちするのか

それは運しだいですね。

 

それとも鉢植えや盆栽のように

できるだけ長く育てて愉しみたい

ということであれば

作り方をよく検討する必要があります。

 

まず

苔玉をどこに置いて育てるのか

それを決めることが大事です。

 

室内なのかベランダなのか庭なのか。

 

当たり前ですが育てる場所によって

育てることができる植物は限られます。

 

たとえばモミジの苔玉を

室内だけで育てることは無理です。

 

室内で苔玉を育てるのであれば

やはりほとんどの樹木は無理ですから

自ずとシダなどの観葉植物になりますね。

 

苔玉作りに使う苔(コケ)にも

いくつか種類はありますが

室内で育てるのであれば

よく使われるハイゴケ(這苔)よりも

ホソバオキナゴケなどの山苔(ヤマゴケ)

のほうが育てやすいようです。

 

ベランダや庭で育てるのであれば

日あたりや風通しなど

やはりその場所の環境に合う

植物や苔を選ぶことです。

 

写真はシダ植物のアジアンタムと

山苔(ヤマゴケ)で作った苔玉です。

室内だけで育てられますよ。

 

暑い時期、外での園芸は厳しいですが

苔玉作りなら室内でもできます。

一度作ってみてはいかがでしょうか。

 

苔玉(こけだま)の作り方

 

 

関東は梅雨明けしました。

もうすぐ大暑

暑中お見舞い申し上げます。

 

はじめて苔玉を手にしたら

山苔と観葉植物の苔玉

山苔と観葉植物の小さめな苔玉

五月と六月は

苔玉(こけだま)のシーズンです。

 

苔玉が好きで自分で買ったり

材料をそろえて自分で作る人は

育て方も調べているでしょう。

 

でもこの時季は

プレゼントされて

はじめて苔玉を手にする人も

多いかもしれませんね。

 

苔玉をみてうれしい反面

どうやって育てればいいのか

とまどうのではないでしょうか。

 

まず置き場所。

水やり。

肥料は?

 

園芸が趣味という人なら

まずは基本どおりに

お世話をするかもしれませんね。

 

でもしばらくすると

きれいな緑色だった苔が

茶色などに変色してしまうことに。

 

苔は丈夫な反面

デリケートでもあります。

 

他の植物とはちょっと違う

苔(コケ)のことを調べて育てれば

瑞々しい苔の緑を長く楽しめる

かもしれませんよ。

 

でもはじめての苔玉なら

梅雨を過ぎて夏本番前まで

なんとか愉しむことができれば

よしとすべきかもしれません。

 

参考までにこちらもご覧下さい。

苔玉(こけだま)の育て方

 

 

昨日今日と夏日、今年一番の暑さです。

明日は気温が下がって雨だとのこと。

ご自愛ください。

 

苔玉を室内で育てるなら山苔

苔玉(こけだま)を室内で育てる!

実は簡単にできるのです。

 

苔玉を作るのに使う苔(コケ)には

ハイゴケ(這苔)をおすすめしています。

 

苔玉はベランダや庭など屋外で育て

室内に飾るのは2~3日までとする

というのが一般的な解説です。

 

苔玉を外で育てるのであれば

比較的日当たりを好むハイゴケが

育てやすいといえます。

 

さらに

ハイゴケは比較的丈夫で生長がはやく

園芸店などで入手しやすく

マット状なので巻くのが簡単なことから

苔玉用の苔として人気があるからです。

 

もし

ハイゴケの苔玉を室内で育てると

どうなるでしょう?

 

室内は窓辺など明るく感じる場所でも

外の明るさに比べると

実際にはかなり暗いものです。

 

ハイゴケには明るさが足りないようで

徐々に弱り綺麗な黄緑色だったのが

変色したりカビが生えたりします。

 

残念な苔玉になってしまいます。

 

しかしながら苔玉を

数日室内に飾るだけではなく

ずうっと室内で育てる方法もあります。

 

安定した温度や湿度であれば

明るさの不足する室内でも

良い状態で生長する苔があります。

 

ホソバオキナゴケなどの山苔です。

山苔(ヤマゴケ)で作る苔玉

山苔(ヤマゴケ)で作る苔玉

 

写真は山苔と観葉植物で

作った苔玉です。

 

室内で育てていたら

ホソバオキナゴケから

蒴柄(さくへい)が伸びて

蒴(さく)もふくらみました。

 

この苔玉は山苔の部分を

すっぽりとガラス容器に入れて

明るい窓辺で育てていました。

 

観葉植物を含む苔玉の全体を

プラスチックケースなどに入れて

テラリウムにしても育てられます。

 

苔玉にする植物は

モミジなどの樹木は無理ですが

シダなどの観葉植物であれば

室内で育てることができますよ。

 

ただし

ホソバオキナゴケなどの山苔は

とてもデリケートな苔で

ベランダなど過酷な環境では

育てるのが難しくすぐに変色します。

 

また苔玉を作るときにも

山苔は半球状のかたまりなので

根鉢に巻くのが難しいかもしれません。

 

栽培されたマット状の山苔もあるので

それを使えば作るのは簡単です。

 

室内で育てる山苔の苔玉を

一度作ってみてはいかがですか。

 

苔玉(こけだま)の作り方

 

 

昨日今日とよく晴れて暖かです。

満開の桜は散りはじめましたが

モミジの花が咲きはじめています。

小さくて赤い花ですよ。

 

苔玉(こけだま)作りの適期

人気の苔玉(こけだま)ですが

自分で作るのならいつがいいのか?

 

苔玉(こけだま)の作り方

に書いてありませんでしたので

追加しておきます。

 

もちろんいつ作ってもいいのですが

寒い冬や暑い夏はどうもね。

 

ということよりも

作った苔玉を長く愉しむのであれば

やはり適期があります。

 

苔玉では植え付ける植物とともに

いやそれ以上に苔が重要です。

 

植物の状態がよかったとしても

苔の状態が悪ければ

苔玉としてはだいなしです。

 

植え付ける植物を

シダなどの丈夫な観葉植物とし

根鉢をあまり崩さないことにすれば

あとは苔です。

 

苔の生長期は春と秋です。

夏と冬、苔は休眠状態になります。

 

ですから

生長期の前半に苔玉を作って

夏(または冬)になる前までに

苔が生長し定着するようにすれば

その後の真夏(または真冬)を

乗り越えて育ってくれるでしょう。

 

苔玉 山苔とシダ 6月

苔玉(こけだま) 山苔とシダ 6月

写真は6月上旬の苔玉です。

 

ホソバオキナゴケという

山苔(ヤマゴケ)の状態が

とてもいいですね。

 

この苔玉を作ったのは

撮影の1年前の5月上旬です。

 

ということで苔玉を作るのなら

春なら3月から5月頃

春分から梅雨入り前まで

 

秋なら9月から11月頃

秋分から初霜が降りる前まで

がよさそうです。

 

 

まさにこれからが

春の苔玉作りの適期ですよ。

 

 

昨日は晴れて暖かでしたが

今日は寒くて雨も降りだしました。

明日からは四月ですね。

 

室内で育つ山苔・二月

室内の山苔・二月

室内の山苔(ヤマゴケ)・二月

山苔(ヤマゴケ)を

ガラス保存瓶を利用した

テラリウムで育てています。

 

コケリウム!

というのでしょうか?

 

ホソバオキナゴケの

苔ボールを作り

ガラス保存瓶に入れ

室内に置いて育て始め

はや3年8カ月ほど経過

なんとか生長を続けています。

 

山苔の上の方の一部が

白っぽい茶色に変色して

枯れたようになっていますが

全体的には元気な様子です。

 

昨年(2016年)5月29日投稿の

室内で育つ山苔(ヤマゴケ)

の写真の状態と比べると

苔の色も微妙に違いますね。

 

山苔の葉先がガラス面に

くっついてしまっているので

容器を替えるつもりなのですが

もう8カ月もサボっています。

 

山苔が枯れてしまわないうちに

植え替えというか入れ替えします。

もうすこし暖かくなったら。。。

 

 

昨日は暖かな一日でした。

今日の風は春一番だそうです。

明日は二十四節気の雨水(うすい)

草木が芽生える頃です。

 

室内の山苔と西洋シノブ・冬

山苔と西洋シノブ 2017年2月

山苔と西洋シノブ 2017年2月

山苔と西洋シノブ 2017年1月

山苔と西洋シノブ 2017年1月

山苔(ヤマゴケ)と西洋シノブを

室内のガラス鉢で育てています。

 

山苔はホソバオキナゴケが

徒長したもので

西洋シノブはダバリアです。

 

もともと小さな苔玉(こけだま)

だったのですが

山苔が伸び過ぎたので

根洗い風の鉢植えに

仕立て直したものです。

 

上の写真が今日の様子。

下の写真は先月一月に

ほぼ100日ぶりに

水やりしたときのものです。

 

前回(2016年7月3日)投稿の

室内で育つ山苔と西洋シノブ

で紹介してから7カ月経過しました。

 

山苔(ホソバオキナゴケ)は

以前よりも黒ずんでいるところが

少し増えたような気がします。

 

さすがにちょっと

伸ばし過ぎかもしれませんね。

 

西洋シノブ(ダバリア)は丈夫です。

古い葉が枯れては

また新しい葉が伸びてくるので

姿が変わらないようです。

 

2013年6月に作った小さな苔玉からだと

すでに三年半ほど経過しました。

 

このまま山苔が弱ってしまうのか

春には回復するのかわかりません。

見守るのみです。

 

 

風が冷たいです。

今日は節分、明日は立春

暦の上では春のはじまりです。

 

室内で育つ山苔と西洋シノブ

山苔と西洋シノブ

山苔(ヤマゴケ)と西洋シノブ

山苔(ヤマゴケ)と西洋シノブを

ガラス鉢に入れて

室内で育てています。

 

だいぶイメージが違いますが

山苔はホソバオキナゴケ!?

が徒長したものなんです。

 

西洋シノブはミニ観葉植物の

ダバリアです。

 

もともとはとても小さな

苔玉(こけだま)だったのですが

山苔がどんどん生長して

形が変わってしまいました。

 

北西向きの部屋の窓際

直射日光が当たらないよう

レースのカーテン越しに置いて

コレクションケースを使った

簡易テラリウムで育てています。

 

今年の冬(2016年2月)の投稿

山苔とシダのガラス鉢植え

から四カ月ほど経過しました。

 

写真ではあまり変わりがないように

見えるかもしれませんが

山苔の葉先が全体的に

少し白みがかっているようです。

 

山苔は蒸れに弱くすぐに変色するので

高温多湿となる夏場は

なるべく乾燥気味になるように

してあるからかもしれません。

 

ヤマゴケは乾燥すると白っぽくなります。

ただし

蒸れて白くなることもあるので要注意。

 

2013年6月に小さな苔玉を作り

ひとまわり大きな鉢への植え替えを経て

もう三年が経過しました。

 

今年の夏も

なんとかのりきって欲しいものです。

 

 

半夏生がすぎました。

梅雨明けはまだです。

もうすぐ小暑、暑気入りですね。

 

室内で育つ山苔(ヤマゴケ)

生長した山苔

生長した山苔(ホソバオキナゴケ)

k20160529b

山苔(ヤマゴケ)は

室内のテラリウムの中で

順調に生長しています。

 

きれいな黄緑色で

苔の新芽というか新葉も

どんどん伸びていますね。

 

写真でもわかると思いますが

山苔の葉先がガラス面に

くっついてきました。

 

2013年6月に作ったときは

ガラス面との間にだいぶ

間隔があいていたのですが

この3年ほどでだいぶ生長しましたね。

 

山苔はベランダで育てるのは難しいですが

室内のテラリウムなら手間いらずですよ。

 

そろそろ

もうひとまわり大きなガラス容器に

植え替えというか入れ替える予定です。

 

山苔(ホソバオキナゴケ)が

この先どこまで生長するのか愉しみです。

 

 

毎年五月は苔玉が人気ですね。

来週はもう六月。

雨に濡れた苔が美しい頃です。