モミジの魅力いろいろ

モミジの葉6月30日

モミジ緑の葉と新葉6月30日

モミジの緑の葉にまじって

赤みを帯びたうすい黄緑の

新葉も広がっています。

 

写真はヤマモミジ

のはずなのですが

ヤマモミジの特徴を

なにもみつけられません。

 

もしかすると

イロハモミジかもしれませんね。

 

どちらにしても

モミジには魅力があります。

 

モミジの魅力はもちろん紅葉

紅葉といえばモミジといえるほどです。

 

紅葉にまけずに美しいのが

新芽から新葉が広がるころ

真っ赤な春紅葉もいいものです。

 

初夏の新緑もきれいですね。

うすい黄緑から濃い緑への

葉の色の移り変わりも楽しめます。

 

モミジ・カエデは日本の野山に

普通に見られるありふれた樹木なのに

日本庭園でも公園でも家庭でも

庭にはかかせない樹木ですね。

 

庭木としてだけでなく

盆栽でも鉢植えでも人気があります。

 

葉の切れ込みが深い日本のモミジは

今では外国でも人気があるそうです。

 

 

六月末

モミジの肥料の時期は終わり。

今日、固形肥料を取り除きました。

 

 

梅雨らしい空模様が続いてます。

明日からは七月。

来週は真夏の暑さなのだとか。

 

ヤマモミジの葉は大きめ

ヤマモミジの葉と苔

ヤマモミジの大きめの葉と鉢土の苔

モミジ・カエデが

勢いよく生長する

新緑の季節です。

 

鉢植えのモミジも

新梢を伸ばしています。

 

モミジはこの時期に

芽摘みや剪定をします。

 

自然な樹形を愉しむことが多い

モミジの鉢植えですが

不要枝の枝抜き剪定は必要です。

 

ひこばえや胴ぶき

内側に向かって伸びる枝や

他の枝に交差している枝

勢いよく伸びる徒長枝など

基本どおりに剪定します。

 

また五月下旬からは

肥料の時期になります。

 

発酵油かすの固形肥料を

鉢の縁に置き肥します。

 

写真はヤマモミジの鉢植えです。

新葉が大きく広がりました。

鉢土の苔(コケ)の緑も

深い色になってきました。

 

ちょっと心配もあります。

本当にヤマモミジなのかな?

実はイロハモミジ!なのかも。

 

ようやく新葉が生長して

葉がだいぶ大きくなりました。

イロハモミジと比べると

ひとまわり以上大きいようです。

 

オオモミジの変種とされる

ヤマモミジは葉が大きめです。

 

ヤマモミジだと信じている

モミジの鉢植えの葉が

大きな葉になったので

少しほっとしています。

 

でも個体差もあるので

まだ確信はもてませんが。。。

 

 

昨日まで曇り空が続きましたが

今日はよく晴れて夏日になりました。

もうすぐ小満(しょうまん)

明日も暑くなりそうです。

 

モミジの植え替え時季

ヤマモミジ植え替え前

ヤマモミジ植え替え前(3号陶器鉢)

ヤマモミジの植え替え

ヤマモミジ植え替え(3号から4号へ)

ヤマモミジ植え替え後

ヤマモミジ植え替え後(4号駄温鉢)

モミジの植え替え時季です。

 

モミジ・カエデは紅葉が終わり

落葉するころから12月中が

植え替えの最適期となります。

 

モミジの鉢植えは

通常2年ごとに植え替えます。

 

桐生砂などを配合した

劣化しにくい用土なら

3年に1回の植え替えでも

だいじょうぶみたいです。

 

1番上の写真は植え替え前の

ヤマモミジの鉢植えです。

盆栽風に3号の陶器鉢でした。

 

2番目の写真が鉢から

根鉢を抜いたところです。

 

根鉢のまわりをかるく崩して

長く伸びた根を少し切ってから

植え替えました。

 

3番目の写真が植え替え後

ひとまわり大きな

4号の駄温鉢(深型)です。

 

モミジ・カエデの鉢植えには

駄温鉢がおすすめなので

今回は駄温鉢に植えました。

 

用土は赤玉土小粒、桐生砂、腐葉土を

5:2:3で配合するのが良いようですが

今回は腐葉土の代わりにピートモスに

くん炭を少し混ぜたものを使いました。

(苔玉用にたくさんあるので・・・)

 

植え替え前は鉢土を苔が覆っていました。

来年の梅雨のころまでには

こんどの鉢の表面にも広がるでしょう。

 

 

十二月、師走ですね。

今日は晴れて空気が乾いてます。

このあたりの冬の天気です。

 

モミジの葉(11月中旬)

モミジの葉2016年11月17日

モミジの葉(2016年11月17日)

紅葉の季節になりました。

 

公園のイロハモミジは

真っ赤に染まったものあり

赤や橙色の斑のものあり

場所によってはまだ半分が

緑の葉のモミジもあります。

 

私のベランダにある鉢植えのモミジは

もう紅葉や黄葉は終わりですね。

 

上の写真は

今年のモミジの色づきぐあいです。

 

左から4枚がそれぞれ別の

鉢植えのヤマモミジの葉です。

右端の1枚は

公園のイロハモミジの葉です。

 

イロハモミジは真っ赤に紅葉しています。

綺麗ですね。

今年、実生用にタネをとった木の葉です。

 

一方、ヤマモミジの葉はどれも

黄色や橙色のなかに赤い斑が入ってます。

残念ながらあまり綺麗ではありませんね。

 

またモミジの葉の形ですが

このイロハモミジの葉は細長いタイプなので

ヤマモミジの葉とは違うようにも見えます。

 

ただし一般的にイロハモミジの葉は

全体に丸いタイプの葉が多いようです。

 

そうなると隣のヤマモミジの葉と

そっくりになってしまいますよね。

 

ヤマモミジの葉とイロハモミジの葉

私はどうしても区別できません。

 

ヤマモミジは本来雪国に育つので

雪が降らない暖かな地方で育つと

ヤマモミジの特徴を失くしてしまう?

のかもしれませんね。

 

モミジバフウの葉

モミジバフウ(紅葉葉楓)の葉

さて下の写真です。

大きなモミジの葉?

 

赤く染まった小さな葉は

イロハモミジです。

 

オオモミジよりも

さらに巨大な葉ですね。

 

モミジバフウ(紅葉葉楓)の葉です。

 

「楓」とう字はカエデと読みますが

本来はフウ=楓という植物を表す字です。

 

カエデはムクロジ科カエデ属で

フウはフウ科なので別種の植物です。

 

葉の形がモミジ・カエデそっくりなので

いつのまにか「楓」がカエデを

あらわすようになったようです。

 

モミジバフウは紅葉がきれいで

街路や公園に植えられるようです。

 

このモミジバフウの木は

近くの公園でみつけたのですが

まだまったく紅葉していませんでした。

 

 

公園のイチョウは黄色く色づきました。

昨日今日と小春日和で暖かです。

明日は雨になるようです。

 

ヤマモミジの紅葉(2016)

ヤマモミジの紅葉2016

ヤマモミジの紅葉(2016年11月11日)

ヤマモミジが紅葉?

したようなのですが

あまり美しくないです。

 

写真(1番目)のヤマモミジは

うすい橙色で斑があるものと

まだ色づきはじめなのか

黄色い葉のもののふたつ。

 

橙のヤマモミジはあまり綺麗でないうえに

葉が下を向いていて元気もありませんね。

 

この鉢植えのヤマモミジ

昨年(2015年)は真っ赤に紅葉しました。

ヤマモミジの紅葉2015

ヤマモミジの紅葉(2015年11月11日)

2015年11月14日に投稿した

モミジの紅葉(2015年)

この写真(2番目)は

ちょうど一年前の今日

11月11日に撮影したものです。

 

綺麗に紅葉していましたね。

 

さらにこの同じヤマモミジ

一昨年(2014年)は橙色の紅葉でした。

ヤマモミジの紅葉2014

ヤマモミジの紅葉(2014年11月22日)

2014年11月23日に投稿した

ヤマモミジの紅葉

こちらの写真(3番目)は

11月22日に撮影したものです。

 

赤くはありませんが

この色も味がありました。

 

今年の上の写真(1番目)にある

ヤマモミジの黄色い葉を

アップにしたのが下の写真(4番目)です。

ヤマモミジの黄葉2016

ヤマモミジの黄葉?(2016年11月11日)

まだ色づきはじめなのか

ヤマモミジの特徴なのか

比較的きれいな

黄色に色づいています。

 

これから橙色になるのか

赤くなるのかわかりませんが

黄色いままでもいいですね。

 

今年はついこの間まで夏日があって

暑いくらいだと思っていましたが

十一月に入って急に寒くなりました。

 

近くの公園のイロハモミジも

赤く色づきはじめています。

 

 

立冬をすぎてからは

十二月頃の気温なのだとか。

東京では木枯らし一号が吹きました。

今日は冷たい雨、寒いです。

明日からは少し暖かくなるとのこと。

 

ヤマモミジの葉(11月初旬)

ヤマモミジの葉11月4日

ヤマモミジの葉(11月4日)

ヤマモミジの新葉

ヤマモミジの新葉(4月15日)

ヤマモミジ(山紅葉)の葉

今日の様子(上の写真)です。

 

全体に黄色みがかったなかに

橙色の斑がたくさんあって

なんだか残念な状態です。

 

もしかしたら

紅葉あるいは黄葉の

色づき始めなのかも

というかすかな期待が

ないこともないのですが

まったく綺麗ではないですね。

 

なんとなくですが

このまま葉が枯れてゆき

散ってしまうのでしょうね。

 

このヤマモミジの鉢植えは

春の新葉(下の写真)が

赤みを帯びてとても綺麗でした。

 

今年の紅葉はどうなるのかと

期待していただけに残念です。

 

ちなみに鉢土は

一面苔(コケ)で覆われています。

 

ホソウリゴケだと思いますが

これもあまり綺麗ではありませんね。

 

 

他のモミジの鉢植えは

同じような葉のモミジもあれば

まだほとんど色がかわっていない

モミジもあります。

 

このあたり(千葉県北西部の平地)では

概ね11月下旬から12月上旬頃が

紅葉の時季です。

 

近所の公園にあるイロハモミジは

まだまったく紅葉していません。

 

なんとか一つのモミジだけでも

綺麗に紅葉してほしいものです。

 

 

十一月に入り、朝は冷え込みます。

昨日、今日と爽やかに晴れました。

もうすぐ立冬ですね。

 

ヤマモミジと苔(10月)

モミジとホソウリゴケ(10月)

ヤマモミジとホソウリゴケ(10月)

ヤマモミジとジャゴケ(10月)

ヤマモミジとジャゴケ(10月)

ヤマモミジの鉢植えに

自然に生えた苔(コケ)が

どんどん生長しています。

 

上の写真がヤマモミジと

ホソウリゴケ(蘚類)。

 

下の写真はヤマモミジと

ジャゴケ(苔類)。

 

2ヵ月ほど前の7月30日

に投稿した

モミジの鉢植えの苔(コケ)

の写真と比べると

その後の生長がよくわかります。

 

ホソウリゴケのほうは

以前はまだ茶色い土が目立ちましたが

今は二つの角の隅を除いて

ほとんど土が見えないくらいに

ホソウリゴケが広がっています。

 

ホソウリゴケにはギンゴケも少し

まざっているかもしれませんが

今は見てもよくわかりません。

 

コケの色は瑞々しく綺麗ですよ。

 

ちなみに

コケが生えていない角の隅は

固形肥料を置いた場所です。

 

やはり肥料があるところには

コケは育たないようですね。

 

ジャゴケのほうは勢いがあります。

完全に土は見えなくなって

ヤマモミジの根元のあたりにまで

ジャゴケが張り付いていますね。

 

コケは11月頃までは生長しますので

その頃のモミジとコケの様子を

追ってまた紹介したいと思います。

 

 

今年(2016年)九月の日照時間が

記録的に少なかったそうです。

たしかに雨と曇ばかりでした。

十月に入り

今日は爽やかな秋晴れです。

 

 

モミジの鉢植えの苔(コケ)

モミジの鉢のホソウリゴケ

ヤマモミジの鉢のホソウリゴケ

モミジの鉢のジャゴケ

ヤマモミジの鉢のジャゴケ

ヤマモミジの鉢植えに

自然に生えている苔(コケ)

の紹介です。

 

上の写真はホソウリゴケ

でしょうね。

 

私のベランダにある

モミジ(カエデ)の鉢植えに

自然に生えるのは

ほとんどが

ギンゴケとホソウリゴケが

まざったもののようです。

 

季節によって

ギンゴケが目立つ頃と

ホソウリゴケが優位な頃が

あるような気がします。

 

今はひとつの鉢植えを除いて

だいたいこんな感じに

苔が生えていますね。

 

ひとつの例外が下の写真です。

 

なぜかこのモミジの鉢植えだけは

ジャゴケ(苔類)が生えています。

 

一番日当たりが悪い場所に

置いてあるからかもしれませんが

原因はよくわかりません。

 

苔類はあまり好きではないのですが

まあひとつの鉢だけなので

このまま様子をみてみます。

 

ベランダの苔玉(コケダマ)の

苔は弱ってしまいましたが

自然に生えた苔は

真夏でも生き生きしていますね。

 

 

関東もようやく梅雨が明けました。

ベランダにセミが。

今日は真夏の暑さです。

 

 

モミジの苔玉のハイゴケは

ヤマモミジの苔玉

ヤマモミジの苔玉(ハイゴケ)

ヤマモミジの苔玉(こけだま)です。

 

ちょうど一年前に撮影した

このブログのヘッダー写真の右に

写っている苔玉の今の様子です。

 

ヤマモミジは1年経過しても

ほとんど変わりなく元気ですね。

もちろん剪定はしていますよ。

 

問題は苔(コケ)、ハイゴケです。

冬の間にだいぶ傷んでしまいました。

 

樹木は屋外で育てる必要があるので

ベランダに置いて育てていますが

冬の乾燥した空っ風のあたる環境では

ハイゴケはどうしても傷んでしまいますね。

 

これからの快適な季節には

ハイゴケもいくらか回復するでしょうが

全体が瑞々しい緑の苔玉には

たぶん戻らないでしょうね。

 

苔が少し傷んでいたり

雑草の芽が伸びていたりするのも

自然な感じでそれなりに趣があるので

このまま育てるのもいいかもしれません。

 

それとも

過ごしやすい今ごろの時季に

新しいハイゴケで仕立て直すのも

苔玉の愉しみなのかもしれませんね。

 

五月と六月は苔玉をプレゼントしたり

贈られたりする人も多いでしょうが

花に愉しめる時季があるように

苔にも美しい時季があります。

 

これからベランダで育てるのであれば

まずは真夏になる前までは

きれいな苔玉をたのしめるでしょう。

 

高温で苔が蒸れないように

なんとか夏をうまくのりきれば

秋の生長も愉しめます。

 

ここまで苔を育てられれば

一応よしとすべきかもしれません。

 

苔玉や苔をベランダで育てて

冬を越すのは難しいですね。

 

 

今日は夏も近づく八十八夜。

新緑の季節がはじまりました。

明日も園芸日和のようです。

 

モミジの赤い新葉と春紅葉

ヤマモミジの新葉

ヤマモミジの新葉

出猩々の春紅葉

出猩々の春紅葉

小さな鉢植えのモミジたちも

新梢を伸ばし

新葉が広がりました。

 

ヤマモミジは(上の写真)

葉先にうっすらと赤みを帯びた

きれいな新葉です。

 

ちなみに

ヤマモミジとイロハモミジを

区別するのは難しいようです。

今のところ

まったくわからないないですね。

 

 

真っ赤な新葉が広がっている

(下の写真)は

春紅葉の出猩々(デショウジョウ)です。

 

出猩々は新芽が出始めてから

真っ赤な新葉が広がる

今頃がきれいな時季です。

秋には紅葉しません。

 

今頃の時季は

公園などのイロハモミジをよく見ると

小さな赤い花が咲いていますよ。

 

モミジは秋の紅葉はもちろんですが

春の新葉から初夏の新録も美しく

紅葉の後の冬枯れにも趣があり

一年をとおして愉しめる樹木ですね。

 

 

四月も半ばを過ぎ暖かくなりました。

今日は南風が強いです。