モミジとフウの葉12月上旬

モミジとモミジバフウの葉

モミジとモミジバフウの葉12月

モミジバフウ(紅葉葉楓)が

黄色く黄葉していたので

ひとつひろってきました。

 

先週12月8日のことです。

 

昨年(2016年11月18日)投稿の

モミジの葉(11月中旬)

ではまだ青々としていましたので

モミジよりも紅葉するのが遅いようです。

 

写真右側の黄色くて大きな葉が

モミジバフウです。

赤く紅葉することもあるようです。

 

モミジの葉にそっくりなので

紅葉葉楓(モミジバフウ)という名ですが

モミジ・カエデとは別の種類です。

 

写真左側がイロハモミジ

真ん中がヤマモミジの葉です。

 

ヤマモミジの葉はイロハモミジよりも

ひとまわり大きいのですが

モミジバフウはヤマモミジよりも

さらに大きいですね。

 

モミジの紅葉は終わりました。

モミジバフウの赤い紅葉は

また来年のお楽しみですね。

 

 

晴れて乾燥した日が続いています。

洗濯物も鉢植えの土もすぐに乾きますね。

明日は曇り空、寒くなりそうです。

 

モミジの葉(11月中旬)

モミジの葉2016年11月17日

モミジの葉(2016年11月17日)

紅葉の季節になりました。

 

公園のイロハモミジは

真っ赤に染まったものあり

赤や橙色の斑のものあり

場所によってはまだ半分が

緑の葉のモミジもあります。

 

私のベランダにある鉢植えのモミジは

もう紅葉や黄葉は終わりですね。

 

上の写真は

今年のモミジの色づきぐあいです。

 

左から4枚がそれぞれ別の

鉢植えのヤマモミジの葉です。

右端の1枚は

公園のイロハモミジの葉です。

 

イロハモミジは真っ赤に紅葉しています。

綺麗ですね。

今年、実生用にタネをとった木の葉です。

 

一方、ヤマモミジの葉はどれも

黄色や橙色のなかに赤い斑が入ってます。

残念ながらあまり綺麗ではありませんね。

 

またモミジの葉の形ですが

このイロハモミジの葉は細長いタイプなので

ヤマモミジの葉とは違うようにも見えます。

 

ただし一般的にイロハモミジの葉は

全体に丸いタイプの葉が多いようです。

 

そうなると隣のヤマモミジの葉と

そっくりになってしまいますよね。

 

ヤマモミジの葉とイロハモミジの葉

私はどうしても区別できません。

 

ヤマモミジは本来雪国に育つので

雪が降らない暖かな地方で育つと

ヤマモミジの特徴を失くしてしまう?

のかもしれませんね。

 

モミジバフウの葉

モミジバフウ(紅葉葉楓)の葉

さて下の写真です。

大きなモミジの葉?

 

赤く染まった小さな葉は

イロハモミジです。

 

オオモミジよりも

さらに巨大な葉ですね。

 

モミジバフウ(紅葉葉楓)の葉です。

 

「楓」とう字はカエデと読みますが

本来はフウ=楓という植物を表す字です。

 

カエデはムクロジ科カエデ属で

フウはフウ科なので別種の植物です。

 

葉の形がモミジ・カエデそっくりなので

いつのまにか「楓」がカエデを

あらわすようになったようです。

 

モミジバフウは紅葉がきれいで

街路や公園に植えられるようです。

 

このモミジバフウの木は

近くの公園でみつけたのですが

まだまったく紅葉していませんでした。

 

 

公園のイチョウは黄色く色づきました。

昨日今日と小春日和で暖かです。

明日は雨になるようです。