室内の山苔と西洋シノブ・冬

山苔と西洋シノブ 2017年2月

山苔と西洋シノブ 2017年2月

山苔と西洋シノブ 2017年1月

山苔と西洋シノブ 2017年1月

山苔(ヤマゴケ)と西洋シノブを

室内のガラス鉢で育てています。

 

山苔はホソバオキナゴケが

徒長したもので

西洋シノブはダバリアです。

 

もともと小さな苔玉(こけだま)

だったのですが

山苔が伸び過ぎたので

根洗い風の鉢植えに

仕立て直したものです。

 

上の写真が今日の様子。

下の写真は先月一月に

ほぼ100日ぶりに

水やりしたときのものです。

 

前回(2016年7月3日)投稿の

室内で育つ山苔と西洋シノブ

で紹介してから7カ月経過しました。

 

山苔(ホソバオキナゴケ)は

以前よりも黒ずんでいるところが

少し増えたような気がします。

 

さすがにちょっと

伸ばし過ぎかもしれませんね。

 

西洋シノブ(ダバリア)は丈夫です。

古い葉が枯れては

また新しい葉が伸びてくるので

姿が変わらないようです。

 

2013年6月に作った小さな苔玉からだと

すでに三年半ほど経過しました。

 

このまま山苔が弱ってしまうのか

春には回復するのかわかりません。

見守るのみです。

 

 

風が冷たいです。

今日は節分、明日は立春

暦の上では春のはじまりです。

 

室内で育つ山苔と西洋シノブ

山苔と西洋シノブ

山苔(ヤマゴケ)と西洋シノブ

山苔(ヤマゴケ)と西洋シノブを

ガラス鉢に入れて

室内で育てています。

 

だいぶイメージが違いますが

山苔はホソバオキナゴケ!?

が徒長したものなんです。

 

西洋シノブはミニ観葉植物の

ダバリアです。

 

もともとはとても小さな

苔玉(こけだま)だったのですが

山苔がどんどん生長して

形が変わってしまいました。

 

北西向きの部屋の窓際

直射日光が当たらないよう

レースのカーテン越しに置いて

コレクションケースを使った

簡易テラリウムで育てています。

 

今年の冬(2016年2月)の投稿

山苔とシダのガラス鉢植え

から四カ月ほど経過しました。

 

写真ではあまり変わりがないように

見えるかもしれませんが

山苔の葉先が全体的に

少し白みがかっているようです。

 

山苔は蒸れに弱くすぐに変色するので

高温多湿となる夏場は

なるべく乾燥気味になるように

してあるからかもしれません。

 

ヤマゴケは乾燥すると白っぽくなります。

ただし

蒸れて白くなることもあるので要注意。

 

2013年6月に小さな苔玉を作り

ひとまわり大きな鉢への植え替えを経て

もう三年が経過しました。

 

今年の夏も

なんとかのりきって欲しいものです。

 

 

半夏生がすぎました。

梅雨明けはまだです。

もうすぐ小暑、暑気入りですね。

 

室内で育つ山苔(ヤマゴケ)

生長した山苔

生長した山苔(ホソバオキナゴケ)

k20160529b

山苔(ヤマゴケ)は

室内のテラリウムの中で

順調に生長しています。

 

きれいな黄緑色で

苔の新芽というか新葉も

どんどん伸びていますね。

 

写真でもわかると思いますが

山苔の葉先がガラス面に

くっついてきました。

 

2013年6月に作ったときは

ガラス面との間にだいぶ

間隔があいていたのですが

この3年ほどでだいぶ生長しましたね。

 

山苔はベランダで育てるのは難しいですが

室内のテラリウムなら手間いらずですよ。

 

そろそろ

もうひとまわり大きなガラス容器に

植え替えというか入れ替える予定です。

 

山苔(ホソバオキナゴケ)が

この先どこまで生長するのか愉しみです。

 

 

毎年五月は苔玉が人気ですね。

来週はもう六月。

雨に濡れた苔が美しい頃です。

 

山苔が回復途上のシダの苔玉

シダと山苔の苔玉

シダと山苔(回復途上)の苔玉

シダと山苔の苔玉です。

 

一年前(2015年)に撮影した

ヘッダー写真の真ん中に

写っている苔玉の

今の様子なのですが

状態が悪いのですよ。

 

まず苔(コケ)ですが

山苔(ヤマゴケ)といわれる

ホソバオキナゴケです。

 

ガラス鉢の中の苔玉の

上の方が茶色っぽく見えるのが

変色してしまった部分です。

 

それでもシダの根元から

下の方に広がるうすい黄緑の葉は

最近伸びてきた新葉なんですよ。

 

ここにきてようやく回復してきました。

 

これから梅雨にかけて

なんとか以前のようにきれいな緑に

回復してくれることを祈るのみです。

 

そもそも

どうして変色したのかというと

ヘッダー写真を撮影した後のことです。

 

夏になって気温が上がっても

しばらくの間は山苔の状態が良く

明るい日陰に置いてあることもあり

大丈夫かもと。油断ました。

 

そのまま真夏になっても

ベランダに置いたままにしたため

強烈な暑さによる蒸れで

変色してしまったのでした。

 

山苔は特に蒸れに弱いので

やはり真夏の高温は無理ですね。

 

その後

北側の室内の窓際に移して

回復を待っていましたが

最近になってようやく

新葉が伸びてきました。

 

山苔は室内だけでも育てられるので

一年中室内のテラリウムで育てるのが

蒸れる心配が少なく良いかもしれません。

もちろん直射日光はあてないように。

 

 

一方シダ(羊歯)のほうは

プテリス・フォーリーです。

 

2年前(2014年6月11日)に投稿した

苔玉は苔も植え込み植物も

にもシダの葉の茂りが悪いことを

書いたのですが今もあいかわらずです。

 

新芽が出ては葉先から枯れていく

の繰り返しです。

 

もっとも苔に害があるため

肥料などは一切与えていませんので

しかたがないのかもしれませんんね。

 

シダの葉も

日当たりのほうに伸びていくので

日があたる向きをうまく調整すれば

たとえ葉の茂りは悪くても

涼しげにしだれるような形には

できるかもしれません。

 

 

立夏を過ぎて暦の上では夏です。

実際の気温も25度を超え

夏日となりました。

今年も暑くなりそうですね。

 

山苔とシダのガラス鉢植え

山苔とシダの鉢植え

山苔と西洋シノブのガラス鉢植え

20160220b

もともとは小さな丸い

苔玉(こけだま)だったのが

いつのまにか四角になったので

ひとまわり大きなガラス鉢に

植え替えたのが昨年(2015年)

の5月23日。

ミニ苔玉が四角になったので

 

あれからもう9ヵ月経過しました。

 

写真を見くらべてみると

山苔(ヤマゴケ)はだいぶ生長して

ガラス鉢からとびだしています。

 

シダの西洋シノブ(ダバリア)も

葉が増えたようです。

 

ずっと北側の部屋の窓辺に置いて

透明のプラスチックケースを利用した

簡易テラリウムで育てています。

 

水やりは3カ月か4カ月に1回だけ。

 

ほぼほったらかしなのですが

まあまあ元気に生長しているようです。

 

この苔(コケ)の種類は

ホソバオキナゴケなのですが

徒長しているせいなのか

葉のイメージが違ってしまって

違う種類の苔のようです。

 

まあこれはこれで愉しめます。

 

この調子で苔が生長していくと

またガラス鉢の形にそって

四角になってしまうのかも。

 

 

昨日は二十四節気の雨水(うすい)

降るものが雪から雨にかわり

氷は溶けて水になる。

 

草木が芽生えはじめる頃で

昔から農耕の準備を始める

目安とされてきました。

園芸の準備もですね。

 

今日は雨です。

寒くありません。

ぐっと湿度が上がっています。

 

ガラス容器の中の苔(コケ)

趣味の園芸 先週(8月16日)の放送は

「テラリウム ガラス容器の植物園」。

 

暑い夏に室内で楽しむことができて

おしゃれなインテリアにもなる

おすすめのガーデニングがテラリウム。

 

テラリウムはガラス容器の中で

植物を育てることです。

 

terrarium(英語)とは

ラテン語のterra:大地とarium:場所

を組み合わせた造語なのだとか。

 

アメリカではもっとも人気のある

植物の植え方のひとつだそうです。

 

おすすめの植物は

やはり苔(コケ)やシダ(羊歯)です。

 

観葉植物や山野草などを使って

寄せ植えにすることもできますが

はじめてテラリウムを作る方には

まず1種類の植物と苔で作ることを

番組ではおすすめしていました。

 

また

手に入りやすいコケ植物として

ハイゴケと山苔が紹介されました。

 

テラリウムの作り方では

ガラス容器の底に珪酸塩白土を

敷きつめるのがポイントだと思います。

私は珪酸塩白土の代わりに

入手しやすいゼオライトを使ってます。

 

テラリウムの管理方法では

置き場所はレースのカーテン越し

水やりは毎日!きりふきで

容器の底に水が溜まらない程度

また普段は蓋をあけて管理する

ということでした。

 

私の苔テラリウムの方法とは

ちょっと違いもありますね。

 

テラリウムについて詳しくは
NHKテキスト 趣味の園芸 2015年 08 月号 [雑誌]
をご覧下さい。
(明日8月23日アンコール放送あり)

 

山苔のテラリウム

山苔(ホソバオキナゴケ)のテラリウム

写真は山苔のボトルテラリウムです。

ふたつのテラリウムとも

ずっと室内の窓際

ずっと蓋をしたまま

2、3カ月に一度の水やり

という管理方法です。

 

山苔はホソバオキナゴケですが

二つとも状態はとても良いですね。

 

少なくとも山苔のテラリウムについては

今のこの方法で良いのだと思います。

 

室内ではハイゴケより山苔のほうが

きれいな緑に育つようですね。

 

テラリウムを作るのなら

シンプルに苔だけ

或いは苔とシダの組み合わせ

を私はおすすめします。

 

 

明日は処暑

暑さがようやくおさまる頃ですが

今日はまた暑い一日でした。

残暑お見舞い申し上げます。

 

 

ミニ苔玉が四角になったので

山苔と西洋シノブ

山苔と西洋シノブ(植え替え後)

山苔とプミラ

山苔とプミラ(植え替え前)

151-20150523b2

もはや苔玉(こけだま)とは

とても言えません。

 

もともとは

とっても小さなミニ苔玉

だったのですが。

 

今日植え替えました。

上の写真が植え替え後です。

 

今後は

「山苔と西洋シノブの

苔玉風テラリウム

苔伸びほうだい」

ということにします。

(ちょっと長いですが)

 

真ん中の写真が

植え替える前のものです。

 

前回紹介したのが

昨年(2014年)の9月23日

室内だけで育てる苔テラリウム

なんですが

あれから8カ月ほど経過しました。

 

今朝

100日ぶり!に水をやろうとして

苔などの様子をよくよく見てみると。。。

 

山苔はぼうぼうに伸びて

ガラス鉢からだいぶ飛び出していて

かなり窮屈な感じになっています。

 

そこで

ひとまわり大きな鉢に替えようかな

などと思いながら

プミラの葉を眺めていると

下の方の葉が一部茶色なんですよね。

 

この際

シダの仲間の西洋シノブ(ダバリア)に

植え替えることにしました。

 

ガラス鉢から元はミニ苔玉だった

山苔のかたまりを抜き出すと

鉢の形のとおり四角!になっていました。

それが下の写真です。

 

プミラを取り出した山苔の塊を

苔玉の用土に植え付けた西洋シノブに

糸で巻かずに張りつける

これで植え替え終了です。

 

ガラス鉢は

これまでの5cm四方の鉢から

ひとまわり大きな8cm四方の鉢にしました。

 

鉢の底に根腐れ防止用のゼオライトを

敷いてから発泡錬石を入れてあるのは

いままでと同じです。

発泡錬石の粒は少し大きくしました。

 

あとはこれまで同様

プラスチックケースに入れて

北側の部屋の明るい窓辺に置いて

二カ月から三カ月おきに

水やりするだけです。

 

これから高温多湿の梅雨を迎えるので

注意深く観察してまた様子がかわったら

紹介する予定です。

 

ちなみに取り出したプミラは

別のポットに植えておきました。

 

冬を室内窓際で過ごした山苔

苔テラリウム(ホソバオキナゴケ)

苔テラリウム(ホソバオキナゴケ)

163-20150321a

山苔(やまごけ)と呼ばれる

ホソバオキナゴケ(細葉翁苔)は

室内だけで一年中育てても

きれいな緑のままで

少しずつですが生長します。

 

写真は昨年(2014年9月14日)の

投稿(夏をテラリウムで過ごした山苔)から

ほぼ半年となる今日の様子です。

 

この冬を室内の窓際に置いた

ガラス瓶の中だけで過ごしました。

 

写真でもわかると思いますが

苔(コケ)はとても良い状態で

きれいな黄緑色をしています。

 

良く見るとほんの少しですが

苔の葉が伸びているようです。

 

この苔テラリウムは

ホソバオキナゴケの苔ボールを

ガラス保存瓶に入れて蓋をしただけの

とっても簡単なボトルテラリウムです。

 

ほぼ同じものがふたつあります。

 

ひとつは南向きの部屋の窓際に

置いていあるもの。(写真のもの)

もうひとつは北側の部屋の窓際に

置いてあるものですが

どちらの苔も同じように

良い状態を保っています。

 

どちらも棚に置いてあるだけで

照明をあてるなど特別なことは

一切していません。

水やりも二、三カ月に一回だけ

今年に入ってからの水やりは

まだ一度だけです。

 

ちなみに

これはボール状の形をしてますが

形に関わらず平らでも同じように

良い状態で育てることができます。

 

日陰に強いホソバオキナゴケなら

簡単なものでもテラリウムにすれば

室内だけで窓際に置いたまま

ほとんど手間をかけずに

緑を愉しむことができますよ。

 

 

今日は春分で彼岸の中日。

今年はまだ春一番がふいていません。

このところ暖かい日が続きましたが

来週は寒の戻りがありそうです。

 

室内だけで育てる苔テラリウム

苔テラリウム(山苔)

苔テラリウム(山苔)

151-140923b

今年の猛暑も

なんとか乗りきりました。

 

二年目の夏を越えた

苔テラリウムです。

 

すっかり形が変わり

今では何なのか

よくわからなくなって

しまいましたが

もともとは

とっても小さなミニ苔玉

だったんですよ。

 

苔(コケ)の種類は

ホソバオキナゴケ(山苔)

植え込んだ植物は

プミラの挿し木でした。

 

前回(2014年7月4日)は

まだ苔玉テラリウムとして

紹介していましたが

さすがにもう苔玉というのは

かなり無理がありますね。

 

去年(2013年)の五月に作ってから

室内の明るい日陰に置いて

プラスチックケースを利用した

簡易テラリウムの中だけで

一年中ずっと育てました。

 

こんな簡単なテラリウムでも

2から3カ月に一度の水やりで

湿度はほぼ安定します。

 

温度も大きな変化がない環境なら

ホソバオキナゴケは

徒長ぎみにどんどん生長します。

 

ミニ苔玉に植え込んだプミラは

ここにきて弱り気味で

上の方の葉が少し傷んでます。

用土が少なく肥料もなし

明るい日陰という環境では

これ以上の生長は無理でしょうね。

 

苔(コケ)だけのテラリウムなら

室内だけで育てるとしても

ほとんど手間をかけずに

苔の生長を愉しむことができますね。

 

苔テラリウム-151

ホソバオキナゴケ(山苔)

フィカス・プミラ

ガラス鉢の大きさ:
5cm×5cm×5cm

 

 

今日は秋分の日

秋のお彼岸の中日です。

 

昼と夜の長さが

ほぼ等しくなる日ですが

実際に昼夜の長さが

同じになるのは

秋分から三日後の

彼岸明けなのだそうです。

 

これから徐々に

夜が長くなっていきますね。

 

今日は爽やかな秋晴れでした。

 

夏をテラリウムで過ごした山苔

苔テラリウム(山苔)

苔テラリウム(山苔)

163-20140914b

山苔は夏が苦手。

 

高温多湿で蒸れて

変色してしまうことも

しばしばです。

 

屋外の山苔の苔鉢は

この時期状態が悪い

ものが多いようです。

 

写真の苔ボールは

2014年4月29日に紹介した

山苔のテラリウム

今日の様子です。

 

今年の猛暑の夏を

室内の窓辺に置いた

ガラス瓶のテラリウムで

過ごしました。

 

写真では蓋をとってますが

実際にはガラス瓶の蓋を

した状態で置いてあります。

 

7月4日に水やりしてから

八月は水やりなし

九月に入って今日

72日ぶりに水やりしました。

山苔の状態はとても良いです。

 

山苔は暑さには弱いのですが

日陰でも耐えられるので

涼しい明るい日陰に置いて

テラリウムで育てれば

夏でも元気でいてくれます。

 

屋外でも日陰に置いた

テラリウムの山苔は

状態が良いですね。

 

デリケートな山苔も

テラリウムでなら

育てやすいようです。

 

今は第四十四候(白露の次候)

「鶺鴒鳴」(せきれい なく)」

鶺鴒が鳴き始める時季

ということなのですが

どういう意味なのでしょうか?

 

ちなみに鶺鴒は私の郷里

喜多方市指定の鳥です。

 

ここ千葉県北西部では

昨日、今日と秋晴れです。

 

気温25度を超える夏日でも

湿度が50%を下回れば

からりとさわやかですね。

 

明日も晴れそうです。