苔玉(こけだま)作りの適期

人気の苔玉(こけだま)ですが

自分で作るのならいつがいいのか?

 

苔玉(こけだま)の作り方

に書いてありませんでしたので

追加しておきます。

 

もちろんいつ作ってもいいのですが

寒い冬や暑い夏はどうもね。

 

ということよりも

作った苔玉を長く愉しむのであれば

やはり適期があります。

 

苔玉では植え付ける植物とともに

いやそれ以上に苔が重要です。

 

植物の状態がよかったとしても

苔の状態が悪ければ

苔玉としてはだいなしです。

 

植え付ける植物を

シダなどの丈夫な観葉植物とし

根鉢をあまり崩さないことにすれば

あとは苔です。

 

苔の生長期は春と秋です。

夏と冬、苔は休眠状態になります。

 

ですから

生長期の前半に苔玉を作って

夏(または冬)になる前までに

苔が生長し定着するようにすれば

その後の真夏(または真冬)を

乗り越えて育ってくれるでしょう。

 

苔玉 山苔とシダ 6月

苔玉(こけだま) 山苔とシダ 6月

写真は6月上旬の苔玉です。

 

ホソバオキナゴケという

山苔(ヤマゴケ)の状態が

とてもいいですね。

 

この苔玉を作ったのは

撮影の1年前の5月上旬です。

 

ということで苔玉を作るのなら

春なら3月から5月頃

春分から梅雨入り前まで

 

秋なら9月から11月頃

秋分から初霜が降りる前まで

がよさそうです。

 

 

まさにこれからが

春の苔玉作りの適期ですよ。

 

 

昨日は晴れて暖かでしたが

今日は寒くて雨も降りだしました。

明日からは四月ですね。

 

冬の室内で育つ苔とシダ

冬のプテリスと苔

冬のプテリス(シダ)と苔(コケ)

ずっと室内で育てている

プテリス(シダ)と苔(コケ)の

根洗い風ガラス鉢植えです。

 

プラスチックケースを利用した

簡易テラリウムにして

北側の窓際に置いてあります。

 

プテリス・ロウエリーは

葉の色が少しうすいですが

冬にしては元気なようですね。

 

苔(コケ)は伸び過ぎて

先端が茶色に変色したので

少し切り詰めました。

 

昨年(2016年)6月19日投稿の

室内で細長く伸びた苔とシダ

の写真でみると

苔の先端がかなりのびていますが

まだ緑色をしていましたね。

 

その後いつのまにか

茶色に変色したようです。

 

それでも苔は全体に広がり

勢いよく光に向かって

生長を続けています。

 

今日

106日!ぶりに水をやりました。

 

苔とシダの組み合わせなら

室内のテラリウムで育てれば

手間もかからず冬の緑を愉しめますよ。

 

 

年末からよく晴れた日が続いています。

昨日までは三月並みの暖かさでしたが

今日は小寒、寒さがもどりました。

 

 

苔玉やモミジの鉢植えなど

あいかわらず苔・シダ・モミジです。

今年もどうぞよろしくおねがいします。

 

ベランダの苔玉のハイゴケは

プテリスとハイゴケの苔玉

プテリス(シダ)とハイゴケの苔玉

ベランダで育てている

シダの仲間のプテリスと

ハイゴケ(這苔)の

苔玉(こけだま)です。

 

プテリス・アルボリネアータは

斑入りの黄緑の葉を

元気にひろげています。

 

新しい芽も出てきて

濡れた葉は瑞々しく涼しげですね。

 

しかしながら

ハイゴケのほうはというと

残念な色合いになってしまいました。

 

ハイゴケの葉先はほとんどが

うすい茶色に変色しています。

 

緑の部分も多少ありますが

既に黒ずんでいるところもあり

全体に元気がありません。

 

プテリスはこの時季のベランダでも

へっちゃらで生長するようですが

ハイゴケにとっては

かなり過酷な環境なのでしょうね。

 

残念ながら苔玉のハイゴケは

この夏を越せそうにありません。

 

 

大暑を過ぎて夏本番

今日はからりと晴れました。

でも関東の梅雨明けは?

 

室内で細長く伸びた苔とシダ

プテリスと長く伸びた苔

プテリス(シダ)と長く伸びた苔

室内の簡易テラリウムで

育てているシダと苔(コケ)の

根洗い風のガラス鉢植えです。

 

今年(2016年)1月に投稿した

冬でも瑞々しい苔とシダ

から5カ月ほど経過した今も

元気に生長を続けています。

 

苔は以前よりもだいぶ伸びて

細長くふわふわした感じになりました。

 

シダ植物の仲間のプテリスも

茎が長く伸びたようです。

 

置き場所は

北西向きの部屋の明るい窓際。

レースのカーテンで

西日が直接あたらないようにして

透明なプラスチックのケースの中に

ずっと入れてあります。

 

水やりは二カ月半に一度だけ。

水やりの時以外は

風にあてることもありません。

 

特別な世話は何もすることなく

毎朝様子を眺めています。

 

この苔はこの先

いったいどこまで伸びるのか。

 

苔とシダのテラリウムなら

手間がかからずに愉しめますよ。

 

 

もうすぐ夏至です。

今年は雨が少ないようですが

蒸し暑い日は続きます。

 

山苔が回復途上のシダの苔玉

シダと山苔の苔玉

シダと山苔(回復途上)の苔玉

シダと山苔の苔玉です。

 

一年前(2015年)に撮影した

ヘッダー写真の真ん中に

写っている苔玉の

今の様子なのですが

状態が悪いのですよ。

 

まず苔(コケ)ですが

山苔(ヤマゴケ)といわれる

ホソバオキナゴケです。

 

ガラス鉢の中の苔玉の

上の方が茶色っぽく見えるのが

変色してしまった部分です。

 

それでもシダの根元から

下の方に広がるうすい黄緑の葉は

最近伸びてきた新葉なんですよ。

 

ここにきてようやく回復してきました。

 

これから梅雨にかけて

なんとか以前のようにきれいな緑に

回復してくれることを祈るのみです。

 

そもそも

どうして変色したのかというと

ヘッダー写真を撮影した後のことです。

 

夏になって気温が上がっても

しばらくの間は山苔の状態が良く

明るい日陰に置いてあることもあり

大丈夫かもと。油断ました。

 

そのまま真夏になっても

ベランダに置いたままにしたため

強烈な暑さによる蒸れで

変色してしまったのでした。

 

山苔は特に蒸れに弱いので

やはり真夏の高温は無理ですね。

 

その後

北側の室内の窓際に移して

回復を待っていましたが

最近になってようやく

新葉が伸びてきました。

 

山苔は室内だけでも育てられるので

一年中室内のテラリウムで育てるのが

蒸れる心配が少なく良いかもしれません。

もちろん直射日光はあてないように。

 

 

一方シダ(羊歯)のほうは

プテリス・フォーリーです。

 

2年前(2014年6月11日)に投稿した

苔玉は苔も植え込み植物も

にもシダの葉の茂りが悪いことを

書いたのですが今もあいかわらずです。

 

新芽が出ては葉先から枯れていく

の繰り返しです。

 

もっとも苔に害があるため

肥料などは一切与えていませんので

しかたがないのかもしれませんんね。

 

シダの葉も

日当たりのほうに伸びていくので

日があたる向きをうまく調整すれば

たとえ葉の茂りは悪くても

涼しげにしだれるような形には

できるかもしれません。

 

 

立夏を過ぎて暦の上では夏です。

実際の気温も25度を超え

夏日となりました。

今年も暑くなりそうですね。

 

冬でも瑞々しい苔とシダ

プテリス(シダ)と苔の鉢植え

プテリス(シダ)と苔の鉢植え

20160116b

お正月飾り用に

松の苔玉(こけだま)や

苔(コケ)を張りつけたミニ盆栽を

よく見かけますよね。

 

お正月にも苔を愉しむ人が

ふえているのでしょうか。

 

一月十五日の小正月が過ぎれば

もう正月気分でもいられませんが

飾っていた苔玉はどうなるのでしょう?

 

乾燥した冬の季節に苔玉を育てるのは

かなり難しいことですよね。

 

松などの樹木のほうはともかく

苔についてはカラカラに乾いて

変色してしまったかもしれませんね。

 

お正月飾り用ということで割り切って

松の内に愉しめればよしとしますか。

 

松などの樹木は無理なのですが

苔とシダ植物の組み合わせなら

冬でも室内でも手間をかけずに

瑞々しい緑を愉しめる方法があります。

 

テラリウムです。

 

テラリウム専用の容器でなくても

ガラス瓶やプラスチックケースを利用した

簡易テラリウムで十分です。

 

写真はプテリス(シダ)と苔の

根洗い風の鉢植えです。

 

昨年の夏(2015年7月26日)に稿日した

やっぱり、気軽なのは鉢植え

で紹介してから約半年経過した

今日の様子です。

 

苔もシダのプテリスもとても状態がよく

少しずつ生長しています。

 

ずっと北側の明るい窓辺において

プラスチックケースに入れたままです。

今日二カ月半ぶりに水やりしました。

 

光に向かって思いっきり伸びる姿が

とても気に入ってます。

 

この方法なら一年中簡単に

瑞々しい緑を愉しめますよ。

もちろん苔玉でも大丈夫です。

 

 

小寒を過ぎてからは

この時季らしい寒さになりました。

ベランダでの水やりもおっくうですね。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

回復中の這苔とシダの苔玉

ハイゴケとプテリスの苔玉

ハイゴケとプテリスの苔玉

20151003b

ハイゴケ(這苔)とシダ植物の

プテリス・アルボリネアータの

苔玉(こけだま)です。

 

夏の間に弱ったハイゴケは

ようやく涼しくなってきた今頃

徐々に回復してきました。

 

まだまだ苔玉の全体が

美しい黄緑という状態には

なっていないのですが

新しい葉が伸びていますね。

 

苔玉に植え込んだプテリスのほうは

とても元気がいいですね。

茎葉をどんどん伸ばしていて

ちょっと葉が茂り過ぎなほどです。

 

プテリスだけを観葉植物として楽しむなら

葉がたくさん茂っているのがよいのですが

苔玉に植え込んだときには

葉が少なめのほうがバランスが良い

というか趣があるように感じます。

 

もう少しハイゴケが回復して

苔玉の全体がきれいな黄緑になったら

伸びたハイゴケとプテリスを整理して

仕立て直しする予定です。

 

ハイゴケは丈夫な苔なのですが

一年を通じて美しい黄緑色に保つのは

なかなか難しいですね。

精進あるのみです。

 

 

十月になったというのに

昨日今日と真夏の暑さに逆戻り

身体にこたえますね。

ご自愛ください。

 

フウラン(風蘭)と苔とシダ

風蘭(フウラン)の花

風蘭(フウラン)の白い花

フウラン(風蘭)の花が

いつのまにか咲いていました。

 

真っ白でちょっといい香りがします。

 

近くの園芸店で鉢植えを買ってから

三年目にして初めてです。

 

これまで一度も植え替えもせず

水だけあげていただけなので

一週間ほど前に白い花を見つけたときは

まったく予想外で、ちょっと驚きました。

 

いまさらですが、夏に花が咲くのですね。

 

枯れた蒴と蒴柄

苔の枯れた蒴と蒴柄

このフウランの鉢植えは

どちらかというと

苔(コケ)の様子

特に蒴(さく)と蒴柄(さくへい)を

観察するのが愉しみな鉢です。

 

その苔、たぶんミズゴケは

フウランの根元や根の間に

びっしりと苔むしているような

かんじになってきました。

 

蒴柄と蒴は

今年もたくさんでてきましたが

今はすっかり

枯れてしまいましたね。

 

この写真を見て気がついたのですが

フウランの枯れた葉が何枚か

これは取り除かないとだめですね。

 

フウランとプテリス

フウラン(風蘭)とプテリス

この鉢の苔はいつのまにか

かってに生えてきたものですが

なんとシダも生えてきました。

 

近くに置いてあるシダの鉢植えの

プテリスのようですね。

 

苔のなかからシダが生えてくるとは

やっぱり苔とシダは相性が良さそうです。

 

 

今日もまた猛暑です。

今夜はあちこちで花火があがりました。

夏、真っ盛りです。

 

やっぱり、気軽なのは鉢植え

プテリスの鉢植え

プテリス・ロウエリー(シダ)の鉢植え

229-20150726b
気軽に緑や園芸を愉しみたいので

やっぱり鉢植えにします。

 

未熟な園芸家の私は

盆栽家ではないので

ミニ盆栽も、苔盆栽も

盆栽というのはやめにします。

 

鉢植えと盆栽の違いは何か?

なんていうことを考えていると

ぜんぜん気軽に愉しめないので

すべて鉢植えということにしました。

 

ベランダや室内の苔玉(こけだま)。

その隣にあるのは

苔(コケ)の鉢植え、シダの鉢植え

そしてモミジの鉢植えもみんな

和の趣のある小さな鉢植えです。

 

 

ちょっと前に放送されたのですが

NHKの「生命大躍進 目の誕生」

という番組をみていたら驚きました。

 

最先端のDNA研究の成果によると

なんと私たちの目は

今からおよそ5億年前に

偶然にも植物から遺伝子をもらった!

ことにより生まれたのだそうです。

 

植物の葉や花をみると

安らげたり癒されたりするのは

そこが目の古里だということを

DNAが覚えているからかもしれませんね。

 

写真は、シダの仲間のプテリスを

小さなガラスの鉢に植えたものです。

プテリス・ロウエリーという種類ですが

ありふれた野草のような葉が

私は好みです。

 

室内の窓際に置いた

プラスチックケースの中で育てています。

 

横から写した写真を見るとわかりますが

プテリスも苔も、光のほうに向かって

思いっきり伸びていますね。

 

ちなみに苔は自然に生えてきたもので

苔の種類はまだわかりませんが

この先どうなるのか楽しみです。

 

 

今日は猛暑、毎日暑いです。

暑中お見舞い申し上げます。

苔八より

 

ハイゴケが回復しつつあります

苔玉(ハイゴケ、プテリス)

苔玉(ハイゴケ、プテリス)

139-141004b

夏の間に生長しすぎて

育てていたガラス瓶の中で

変色後に腐敗してしまった

ハイゴケとプテリスの苔玉。

 

今年(2014年)の8月30日

ハイゴケは伸び過ぎにも注意

で紹介してから1カ月ほど

経過 した今の様子です。

 

この苔玉(こけだま)は

ガラス瓶から取り出して

全体を水洗いした後

半日陰で風通しの良い所に

置いて経過をみてきました。

 

涼しくなるにつれだいぶ

ハイゴケが回復してきました。

 

しかしながら

テラリウムにしないと

どうしてもハイゴケの先端が

乾燥のために

ところどころ茶色に変色します。

 

すこし野草の芽も出てきていて

自然な趣もいいものなのですが

やはり青々としたハイゴケに

なんとか戻したいですね。

 

シダ植物のプテリスの方は

傷んだ葉は切りましたが

まずまずの状態です。

 

もうすこしハイゴケが回復したら

またガラス瓶の簡易テラリウムに

入れて育てる予定です。

また瑞々しい青々としたハイゴケに

戻ってくれることでしょう。

 

 

今は第四十八候(秋分の末候)

「水始涸(みず はじめてかる)」

田の水を抜いて乾かし、稲刈りに備える時季。

近くの田んぼは既に稲刈りが済んでいますね。

 

十月なのに台風がやってきそうです。