苔(コケ)の蒴(さく)が花のよう

苔(コケ)の蒴(さく)

苔(コケ)の蒴(さく)

清明の初候(第十三候)は

「玄鳥至(つばめ きたる)」

燕(玄鳥)が南から飛来する頃です。

 

苔(コケ)の蒴柄(さくへい)が伸びて

蒴(さく)がたくさん膨らんでいます。

 

まっすぐに上に伸びた

葉のない茎のようなものが蒴柄で

蒴柄の先端の丸みのある膨らみが

コケの胞子のうである蒴です。

 

二月上旬に紹介(スナゴケ(砂苔))したときは

蒴柄(さくへい)が伸びはじめた頃で

蒴はまだほとんど膨らんでいませんでしたが

今はたくさん伸びた蒴柄の先に

膨らんだ蒴がたくさんついています。

 

前回は自信がないものの

その形からスナゴケと判断したのですが

どうもスナゴケではなくミズゴケかもしれません。

 

スナゴケはギボウシゴケ科のコケ植物で

日当たりの良い湿った場所でよく育ち

黄緑色の群落をつくる剛健な苔です。

 

一方のミズゴケは世界で150種

日本でも35種以上が分布している

もっとも繁栄しているコケ植物です。

 

ミズゴケは湿地や

水のしたたるような岩場に

群落をつくります。

 

鉢の置き場所は半日陰で

過湿ぎみな状態なので

湿地に近い環境かもしれません。

 

それともともとフウランの鉢の

植え込み材料が

乾燥したミズゴケなので

ミズゴケの胞子から新芽が

育ったのかもしれません。

 

スナゴケでもミズゴケでも

瑞々しい苔の葉や

たくさんの蒴はいいものです。

 

コケ植物には所謂花はありませんが

この蒴を花に見立てたのが

「苔の花」(夏の季語)です。

 

「水打てば沈むが如し 苔の花(高浜虚子)」

 

苔(コケ)の蒴には

花の華やかさはありませんが

瑞々しくしっとりとした美しさがあり

まさに苔の花のようです。

 

スナゴケ(砂苔)がいつのまにか

スナゴケ

スナゴケ(風蘭の鉢の中)

七十二候の第一候は

「東風解凍

(とうふう こおりをとく)」

東から暖かい春風が吹いて

氷が解け始めるころです。

 

立春からの厳しい寒さが

今日も続いていますが

予報ではまだ真冬の寒さが続き

明日にはまた雪が降りそうです。

 

氷はまだ解けだしそうにありません。

 

暖かい春の風が待ち遠しいですね。

 

春の風は「東風(こち)」や「梅東風(うめごち)」

とも呼ばれます。

 

「東風(こち)吹かば匂ひおこせよ梅の花

主(あるじ)なしとて春な忘れそ」

 

大宰府に左遷されるときに

菅原道真が詠んだ歌です。

 

梅には風待草(かぜまちぐさ)や

春告草(はるつげぐさ)という別名もあります。

 

東風と梅の花は

待ち遠しい春の知らせ

とされてきたのですね。

 

 

写真はスナゴケ(砂苔)です。

いや、たぶんスナゴケだと思います。

 

というのも1年以上前に買った

風蘭(フウラン)の鉢の中に

いつのまにか生えていた苔(コケ)で

意図して育てたスナゴケではないのです。

 

形や色からスナゴケ(砂苔)だと判断しました。

 

スナゴケはキボウシゴケ科のコケ植物で

日当たりが良く湿った場所を好む苔です。

 

生長が早く丈夫な苔なので

屋上の緑化素材としても利用されるそうです。

 

うすい黄緑の葉と長く伸びた蒴(さく)が

とてもきれいで瑞々しく

ここには春がきているかのようです。