モミジに苔がよく似合います

モミジと苔

モミジと苔(2015年6月29日)

ヤマモミジのミニ盆栽

というか

盆栽風の小さな鉢植え

なんですが

その鉢土の表面に

ようやく苔(コケ)が

生えそろってきました。

 

ヘッダーの写真は今年(2015年)の

5月上旬に撮影したものですが

左側のモミジの鉢の表面に

苔はまだまばらですよね。

 

二カ月ほど経過した今日

同じ鉢を写しました。

 

ようやく苔がだいぶ増えて

鉢土の表面をほぼ覆っています。

 

モミジの根元には

苔がよく似合いますよね。

 

紅葉の季節なら

緑の苔に赤い葉が映えますが

新緑と苔の緑もよくあうと思います。

 

ちなみに苔の種類は

ギンゴケとホソウリゴケが

まざっているもののようです。

 

この苔は張りつけたものではなく

自然に生えた地苔ですよ。

 

 

夏至が過ぎて日が長くなりました。

 

日の入りの時刻が最も遅くなるのは

夏至から1週間後の今頃だそうです。

 

今日はからりと晴れて

湿度が低く爽やかな一日でしたが

梅雨はまだ半ばのようです。

 

 

ヤマモミジと出猩々の新葉

ヤマモミジと出猩々

ヤマモミジと出猩々

ヤマモミジとギンゴケ

ヤマモミジとギンゴケ

ヤマモミジ(山もみじ)のミニ盆栽と

出猩々(デショウジョウ)のミニ盆栽の

今日の様子です。

 

写真のように

他のモミジも新葉が広がりました。

 

ヤマモミジの新葉は

まだ広がったばかりで

少し赤みがかった緑です。

 

これから綺麗な黄緑色に

かわっていきます。

 

出猩々は春もみじなので

すでに赤く紅葉しています。

 

鮮やかな赤の新芽が

赤いまま新葉になり

そして徐々に緑になっていきます。

 

ヤマモミジのミニ盆栽の鉢土には

まばらにギンゴケが生えてきました。

 

冬の間は乾燥のため

苔がなくなったように見えましたが

春になって湿度が上がってくると

また生えてきて増えていきます。

 

まだまだすき間があいていますが

これからどんどん生長していき

夏ごろまでには綺麗な緑が

土の表面を覆ってくれるでしょう。

 

ところで

あの植物男子がまた始まりましたね。

植物男子ベランダー シーズン2

またなんとなく見てしまいました。

 

第1話は「帰ってきた俺」。

桜の花は下向き!に咲くのですね。

 

「愛しの草冠」は蕨(わらび)でした。

 

蕨は1000年以上前から

人々に愛され万葉集や源氏物語に

早蕨(さわらび)が登場します。

 

蕨はシダ植物です。

 

蕨はまだ葉の開いていない

若芽の早蕨を食べるので

シダのイメージがないかもしれませんが

葉が開くとシダ植物そのものですね。

 

 

なんだか今年の春は

雨が多いような気がしますが

今日は晴れて暖かです。

 

下向きに咲く桜は散りましたが

躑躅(ツツジ)の蕾がだいぶ膨らみ

ちらほらと咲き始めました。

こちらは上向きに咲くようです。

 

来週は穀雨(こくう)

春雨が大地を潤し

植物の生長を助ける頃です。

もう新緑の季節ですね。

 

ヤマモミジにはギンゴケ

ヤマモミジとギンゴケ

ヤマモミジとギンゴケ

100-20150518a

今日は爽やかに晴れています。

 

立夏も末候(第二十一候)

「竹笋生(たけのこ しょうず)」

筍が生えてくる頃になりました。

 

孟宗竹の筍の時季は

三月から四月ですから

ここでいう筍は五月から六月が旬の

日本原産ともいわれる真竹ですね。

 

五月はもみじ(カエデ)が

一番勢いよく生長する季節です。

五月の中旬からは

枝や葉がだいぶ伸びて込んできますので

剪定の時期となります。

 

込み過ぎた枝の枝抜きや

先の伸びすぎた枝を切ります。

 

まだまだ生長期なので

剪定してもまたあとから芽が伸びてきます。

 

この苔盆栽の鉢土には

ギンゴケ(銀苔)が生えていて

いくつか蒴柄(さくへい)も伸びて

蒴(さく)をつけています。

 

ギンゴケが鉢土全体を

覆いつくすまであともうすこしです。

 

ヤマモミジの葉には

ギンゴケがよく似あいます。

 

苔盆栽-100

ヤマモミジの寄せ植え(五本)

ギンゴケ

陶器鉢(丸い茶色)

鉢の大きさ 直径:約10.5cm、高さ:約5cm

全体の高さ:約20cm

 

ヤマモミジの新葉

ヤマモミジの新葉

ヤマモミジの新葉

今は穀雨(こくう)の初候

七十二候の十六番目

「葭始生(あし はじめてしょうず)」

葭(葦)が芽を出し始める時季です。

 

公園のもみじ(カエデ)は

新葉の緑を濃くして

小さな赤い花を無数に咲かせています。

 

私のヤマモミジも

新葉の緑が少しずつ濃くなり

形もしっかりとして葉を広げ

美しい姿になってきました。

 

新梢と新葉の時季から

秋の紅葉とならんで

もみじ(カエデ)がもっとも美しい

新緑の季節に移り変わります。

 

鉢土のギンゴケも少しずつですが

その緑を広げています。

 

これからしばらくの間

ヤマモミジとギンゴケの

美しい緑を愉しめる季節です。

 

苔盆栽-100(写真右)

ヤマモミジの寄せ植え(五本)

ギンゴケ

陶器鉢(丸い茶色)

鉢の大きさ 直径:約10.5cm、高さ:約5cm

全体の高さ:約20cm

 

ミニ苔盆栽-101(写真左)

ヤマモミジ

ギンゴケ

陶器六角ミニ鉢(青)

鉢の大きさ 直径:約6cm、高さ:約5cm

全体の高さ:約16cm

 

ヤマモミジの芽摘み(四月)

ヤマモミジの新梢(苔盆栽)

ヤマモミジの新梢(苔盆栽)

ギンゴケの蒴(さく)

ギンゴケの蒴(さく)

今日は清明(せいめい)

二十四節気の五番目です。

 

桜花爛漫。清浄明潔。

天地万物が清らかで

生き生きとする頃です。

 

もみじ(ヤマモミジ)は

四月になると本格的な

生育の時季に入ります。

 

私のヤマモミジの中には

三月の下旬頃から

どんどんと新芽が

伸びてきたものもあって

これらのヤマモミジは

いまは新梢から新葉が出ています。

 

この時季、新梢が伸びてきたら

樹形を整えるために

芽摘みを行います。

 

新梢は柔らかいので

指先で簡単に摘み取れます。

 

どんなふうに伸びるか考えながら

好みの樹形になるように

ちょうどよいところで摘み取るのですが

慣れないとなかなか難しいですね。

 

それとこの時季のヤマモミジは

とても生長がはやく

一日見逃しただけでも

かなり新梢が伸びるので

毎朝楽しみながら眺めては

タイミングを逃さずに

芽を摘むようにします。

 

この鉢の鉢土の表面には

ギンゴケが生えていて

緑で覆いつつあります。

 

よく見るとギンゴケから

蒴柄(さくへい)が伸びて

膨らんだ蒴(さく)がみえます。

 

これからどんどん

ギンゴケも増えていくでしょう。

 

苔盆栽-100

ヤマモミジの寄せ植え(五本)

ギンゴケ

陶器鉢(丸い茶色)

全体の高さ:約18cm

 

ヤマモミジの三月の作業

ヤマモミジの新芽

ヤマモミジの新芽(苔盆栽)

今は第八候(啓蟄の次候)

「桃始笑(もも はじめてわらう)」

桃の蕾がほころび

花が咲き始める頃です。

 

顔がほころぶといえば笑うこと

蕾がほころび花が咲くことを

笑うというのもわかります。

 

桃の開花はまだもうすこし先になりますが

もみじ(ヤマモミジ)の新芽は

すこしずつふくらみはじめています。

 

今年の三月上旬は三十年ぶりの寒さとのことで

昨日までは真冬の寒さが続いていましたが

今日は気温が上がり風もなくぽかぽか陽気で

ようやく春が来たなと感じる日になりました。

 

もみじ(ヤマモミジ)は年明け頃からは

木の内部や根が活動を開始していますが

三月も中旬から春のお彼岸を過ぎる頃からは

目に見えて生育期に入ってきます。

 

堅かった冬芽が暖かな日差しを受けて

すこしずつふくらみはじめますので

日陰に置いてあった鉢は

日当たりの良い場所に移動します。

 

水やりは先月同様に

鉢土の表面が乾いたら

鉢底から流れ出るくらいたっぷりと与えます。

 

寒肥を与えていない場合は

有機肥料を少し与えるタイミングでもあります。

 

鉢土の表面に生えているギンゴケも

こころなしか緑が濃くなったようにも見えます。

 

もみじの樹形を整えるための

芽摘み作業を始めるのも

もうすぐです。

 

 

苔盆栽-100

ヤマモミジの寄せ植え(五本)

ギンゴケ

陶器鉢(丸い茶色)

全体の高さ:約16cm

 

ヤマモミジの二月の作業は

苔盆栽(ヤマモミジ)

苔盆栽(ヤマモミジ)

二週連続での

記録的な大雪となりました。

 

ここ千葉県北西部では

二月十四日金曜日の夜は

まるで北国のように吹雪いて

雪がどんどん積もっていきました。

 

翌朝には雨になっていて

気温も上昇したため

昨夜積もった雪はほとんどが消えていました。

 

今日はよく晴れて、ぽかぽか陽気ですが

これは西高東低の冬型の天気とのこと。

 

ここのところの雪や雨こそが実は

春が近づいている証拠なのだとか。

 

もう第三候(立春 末候)

「魚上氷(うお こおりにのぼる」

川や湖の割れた氷の間から

魚が飛び跳ね動き始める時季です。

 

もみじ(ヤマモミジ)は

この時季、休眠期ですが

木の内部や根はすでに活動を開始しています。

 

ポット苗などの苗木の植え付けはできますが

剪定や植え替えはできません。

 

水やりだけは忘れてはいけません。

鉢の土の表面が乾いてきたら

鉢底から流れ出るくらいたっぷりと

水やりします。

 

水やりは何日に一回と決めるのではなく

あくまでも土の状態を良く観察して

表面が乾いていたら水やりをします。

水やり三年です。

 

二月も中旬を過ぎました。

もみじの芽が膨らみはじめるまで

あともうすこしです。

 

苔盆栽-100(右側)

ヤマモミジの寄せ植え(五本)

ギンゴケ

陶器鉢(丸い茶色)

全体の高さ:約16cm

 

ミニ苔盆栽-101(左側)

ヤマモミジ

ギンゴケ

陶器六角ミニ鉢(青)

鉢の大きさ 直径:約6cm、高さ:約5cm

全体の高さ:約14cm

 

ヤマモミジの育て方(冬)

ヤマモミジの苔盆栽と苔玉

ヤマモミジの苔盆栽と苔玉(冬)

もみじ(カエデ)は

春の芽吹き

初夏の新緑

秋の紅葉

そして冬枯れと

季節の移り変わりを感じながら

一年を通して楽しむことができる

人気のある樹木です。

 

もみじの園芸品種ヤマモミジを

鉢植えのミニ盆栽や苔玉として

育てる方法について

何回かに分けて

簡単にまとめておきます。

 

まずは美しい紅葉が終わった冬からです。

 

紅葉が終わり葉をおとしたら

まずはすぐに剪定をします。

 

一月に入ると木の内部や根は

はやくも活動を開始するので

剪定により水が出てくることがあります。

 

できるだけ十二月中

遅くとも一月中には

剪定を済ませた方がよさそうです。

 

もみじ(カエデ)の植え替えは

紅葉が終わって休眠期に入った

十二月から二月頃までが

適期とされています。

 

また鉢植えの植え替えは

通常は二年に一回行います。

劣化しにくい用土の場合には

三年に一回でもよいです。

 

写真のヤマモミジのミニ盆栽と苔玉は

まだ剪定するほど枝がのびていません。

 

そして植え付けてからまだ一年なので

植え替えの必要もありません。

 

ということで

剪定と植え替えの詳細は

また別の機会に解説します。

 

冬の間の置き場所は

葉が無いので

陽が当たらなくても大丈夫です。

水やりなど管理しやすい場所に

置くのが良いです。

 

冬でも水やりは必要です。

土の表面が乾いたら

鉢底から水が流れ出るぐらい

たっぷりと水をかけてください。

 

もみじ(カエデ)の楽しみは

寒い冬、十二月から一月の間に

葉の無いさみしい苗を

鉢に植え付けることから始まります。

 

苔盆栽-100(右側)

ヤマモミジの寄せ植え(五本)

ギンゴケ

陶器鉢(丸い茶色)

全体の高さ:約16cm

 

苔玉-138(中央)

ヤマモミジ

ハイゴケ

苔玉の大きさ:直径約8cm

全体の高さ:約18cm

 

ミニ苔盆栽-101(左側)

ヤマモミジ

ギンゴケ

陶器六角ミニ鉢(青)

鉢の大きさ 直径:約6cm、高さ:約5cm

全体の高さ:約14cm

 

微妙な紅葉のヤマモミジ。ミニ盆栽-101

ヤマモミジの苔盆栽

ヤマモミジの苔盆栽

101c-20131203b

12月に入り

朝晩はいっそう冷え込みますが

日中はぽかぽかと

暖かい日が続いています。

 

美しく紅葉していないので

ご紹介しないでおこうと

思っていたヤマモミジですが

来年の紅葉の時期に

状態を見くらべることが

できるように

写真を載せておくことにしました。

 

なんとも微妙な紅葉のヤマモミジです。

 

秋になり朝晩が涼しくなってからも

半日陰に置いたままにしていたために

日当たりが不足していたのが

大きな原因だとおもいますが

葉っぱを良く見ると

白っぽい粉のようなものが

ところどころについていました。

 

「うどんこ病」かもしれません。

 

うどんこ病が悪影響したのかどうかも

よくわかりませんが

すくなくとも葉が美しくないですね。

 

ちょうど三か月前(2013年9月3日)に

投稿したヤマモミジのミニ盆栽-101には

「晩秋の頃には

ふかふかのギンゴケの緑と

ヤマモミジの紅葉が

きっと楽しめるでしょう。」

なんて書いてますが

ギンゴケのほうも

多少は増えていますが

ふかふかの苔の絨毯とは

なりませんでした。

 

紅葉したヤマモミジと

ギンゴケの緑との

コントラストを楽しめるのは

残念ながら来年に持ち越しです。

 

ミニ盆栽-101

ヤマモミジ

ギンゴケ

陶器六角ミニ鉢(青)

鉢の大きさ 直径:約6cm、高さ:約5cm

全体の高さ:約14cm

 

ヤマモミジのミニ盆栽-101

ミニ盆栽(ヤマモミジ)

ミニ盆栽(ヤマモミジ)

ヤマモミジのミニ盆栽です。

 

直径約6cmの六角型植木鉢に

ヤマモミジの幼木が二本。

 

鉢底から上の葉先までの高さが

15cmほどと本当に小さな盆栽です。

 

土の上にうっすらとした緑が

見えるでしょうか。

ギンゴケが生えてきました。

 

ヤマモミジはカエデ科の落葉樹で

日向から半日陰を好むのですが

夏の強い直射日光にあたると

葉がちりちりに傷んでしまいます。

 

特に幼木の間は直射日光は避けて

夏の間は明るい日陰に置きます。

 

ギンゴケは半日陰では育つのですが

明るい日陰では育ちません。

ですから夏の間はまったく

ギンゴケは生えていませんでした。

 

8月下旬から徐々に朝日があたるようになり

少しずつギンゴケが生えてきました。

 

これからの季節は日差しも和らぎ

だんだんと涼しくなってきますので

木漏れ日があたる場所に

ミニ盆栽を移動してあげます。

 

たっぷりと水やりを続けていれば

晩秋の頃には

ふかふかのギンゴケの緑と

ヤマモミジの紅葉が

きっと楽しめるでしょう。

 

ミニ盆栽-101

ヤマモミジ

ギンゴケ

陶器六角ミニ鉢(青)

直径:約6cm、高さ:約5cm