モミジの苔玉のモミジは

イロハモミジ実生苗1年5カ月

イロハモミジ実生苗1年5カ月

モミジの苔玉(こけだま)

いいですよね。

 

園芸書『苔玉と苔』にある

モミジの苔玉の写真は

なんともいえずクールです。

 

ぜひ、ひとつほしい

という方も多いと思います。

 

そこで園芸店をさがしてみると

どうでしょうね

なかなか園芸書にあるような

苔玉は見つからないかもしれません。

 

では自分で作ればどうでしょう?

モミジのポット苗か鉢植えを探します。

 

園芸店にはもちろん

いろんな種類のモミジがあります。

 

でも苔玉にあうモミジはというと

なかなか難しいですね。

 

園芸書の写真に載っている

苔玉のモミジは幹に曲がりをつけた

盆栽用の苗木なんですよね。

 

そこでこんどは

モミジのミニ盆栽を探すことに。

 

盆栽用の苗木を育てるには

技術が必要ですし年月もかかります。

やはり良いものはそれなりに高価です。

 

そこで私はもうひとつの方法

自分でモミジの実生苗を育てて

苔玉のモミジを作ることにしました。

 

イロハモミジのタネを適期にまけば

ほぼ確実に発芽します。

あるていど沢山タネをまいておけば

中には良い形になりそうな苗もあります。

 

モミジの寄せ植えもいいかもしれません。

 

盆栽家のような技術がなくても

2年から3年で苔玉にできると思います。

 

写真はイロハモミジの実生苗です。

発芽から1年5カ月経過しました。

根元の幹が曲がっているので

ちょっといいかもしれませんね。

 

この秋(2017年)か来春には

苔玉にできるかもしれません。

 

モミジの苔玉を作るのに

まずモミジのタネまきからというのは

気の長い話ですがどうでしょう?

 

モミジ実生苗の育て方

 

 

台風のあと猛暑日がありました。

昨日と今日は涼しいです。

明日は雨のようですね。

 

モミジのモヤシを間引き

イロハモミジ実生苗5ヵ月

イロハモミジ実生苗発芽から5ヵ月

イロハモミジのタネをまいて

発芽してから5ヵ月経過した

実生苗です。(最初の写真)

 

3ヵ月前に投稿した

モミジ発芽から1年2ヵ月

3番目の写真と比べると

ある程度は生長しています。

 

でもあまり葉の状態はよくありませんね。

少し葉やけしているようなので

置き場所を調整してみます。

 

モミジモヤシ発芽から5ヵ月間引前

モミジモヤシ発芽から5ヵ月 間引き前

こちら(2番目の写真)は

モミジのモヤシを植えてから

5ヵ月経過した実生苗。

 

イロハモミジのタネを

冷蔵庫で保存していたら

発芽してモヤシになっていたのを

鉢に植えたのがモミジのモヤシ。

 

同じく3ヵ月前投稿の

2番目の写真と比べると

生長ぶりがよくわかります。

 

しかしながら

やはり葉の状態があまりよくないですね。

少しうどんこ病の症状があるようです。

葉が込み過ぎていて蒸れてしまうのかも。

 

モミジモヤシ発芽から5ヵ月間引後

モミジモヤシ発芽から5ヵ月 間引き後

おもいきって間引きしました。

(3番目の写真)

 

だいぶすっきりしたと思います。

 

ここまで元気に育ってきた

モミジのモヤシなので

生長を続けて欲しいものです。

 

今回紹介したモミジの実生苗は

今年(2017年)発芽したものですが

昨年(2016年)発芽の実生苗も

たいぶ茂って風通しが悪いようでした。

 

モミジのポット苗がたくさんあったので

こちらも間引きして半分に減らしました。

 

モミジ実生苗の育て方

 

 

八月に入ってずっと曇り空です。

今年はセミが少ないかもしれません。

明日もまた曇りのようですね。

 

モミジ発芽から1年4ヵ月

モミジ実生ポット苗1年4カ月

イロハモミジ実生ポット苗1年4カ月

イロハモミジの実生苗

発芽から1年4ヵ月経過。

 

梅雨入りの頃

モミジの生長は一段落

梅雨が明ける頃には

生長はひと休み

のはずなのですが。

 

私が育てているイロハモミジたちは

地上からベランダに戻ってきて3週間

ベランダ育ちだからなのかどうか

元気にぐんぐん生長しています。

 

新梢が伸びて新葉も広がってますね。

 

ビニールポットの実生苗(上の写真)は

今回初登場のイロハモミジなのですが

いつも紹介している実生苗(下の写真)と

同時にタネをまいて育てている苗です。

 

プラスチック鉢にまいたモミジのタネが

もしもまったく発芽しなかったり

うまく育たないといったときのために

念のためビニールポットにも

たくさんタネをまいておいたものです。

 

ところが

まいたタネは鉢でもポットでも

ほとんどすべて発芽して

同じように生長してきました。

これまでは。

 

ここにきて

実生苗によって生長度合いに

差が目立ってきました。

 

ビニールポットの大きな苗は

苗の丈が16cmから18cmほど

小さな苗は8cmから10cmほどなので

ほぼ倍の大きさにまで生長しました。

 

イロハモミジ実生苗1年4カ月

イロハモミジ実生苗1年4カ月

プラスチック鉢の実生苗は

ほとんどが10cmほどです。

 

2ヵ月前(2017年5月)投稿の

モミジ発芽から1年2ヵ月

で紹介した最初の写真と

比べると葉の色や大きさ

はかわっていますが

丈はほとんど伸びていません。

 

タネを取った親木の違いなのか

なにか環境の違いが影響しているのか

まったくわかりません。

 

ちなみに

素焼き鉢で育てていた実生苗で

それぞれ小さな鉢に植え替えした

イロハモミジでも生長度合いに

差がでてきたようです。

 

生長度合いの違いはともかく

今後の植え替えのことを考えると

モミジの実生苗を育てるのなら

ビニールポットや小さな鉢に

タネをまいたほうがよさそうですね。

 

モミジ実生苗の育て方

 

 

今日も真夏日、毎日暑いです。

七月に入ってあまり雨が降ってません。

関東の梅雨明けは来週でしょうか?

 

モミジの葉を食べる虫

イロハモミジとナメクジ

イロハモミジ(発芽2年目)とナメクジ

モミジの葉がなにものかに

食べられているようです。

 

気づいたのは五月中旬ごろ

一部の新葉が虫食い状態に。

 

朝や夕方に観察していますが

葉に虫はみつかりません。

 

これまで

うどんこ病が発生したことはありましたが

害虫のことは気にしていませんでした。

 

実はいま

外壁とベランダの修繕工事のため

ベランダで育てていた鉢植えはすべて

地上の空きスペースに置いてあります。

 

モミジ・カエデの鉢植えを

ベランダ以外の環境で育てるのは

初めての経験なのですよ。

 

地上の雑草が伸びた土の上に

スチール棚や板などを置いて

その上に植木鉢をのせてあります。

 

モミジ・カエデの害虫といえば

カミキリムシ、アブラムシ、カイガラムシ

それに蛾の幼虫などですが

いずれもみあたりませんね。

 

ただし

植木鉢の下には数匹のナメクジ

ダンゴムシもたくさんいました。

 

ナメクジもダンゴムシも

新芽や新葉を食べるようです。

 

そしてなんとダンゴムシは

苔(コケ)も食べる!のだとか。

 

写真は発芽から2年目の

実生イロハモミジの鉢植えです。

 

このモミジの葉は幸いにも

まだ食べられていませんが

この鉢の下のほうに

ナメクジがはりついていました。

 

ピントがモミジの葉に合っているので

ナメクジはボケていますが

こげ茶色の鉢に白っぽく写っています。

 

さっそくピンセットでつまんで

遠くにとばしましたが

よく見るとあちこちにたくさんいます。

 

葉を食べているのが

ナメクジやダンゴムシなのかどうか

まだわかりませんが

とにかく

はやくベランダに戻したい!

 

 

関東は梅雨入りしたそうです。

雨は降っていませんね。

明日は真夏の暑さになるのだとか。

 

ヤマモミジの葉は大きめ

ヤマモミジの葉と苔

ヤマモミジの大きめの葉と鉢土の苔

モミジ・カエデが

勢いよく生長する

新緑の季節です。

 

鉢植えのモミジも

新梢を伸ばしています。

 

モミジはこの時期に

芽摘みや剪定をします。

 

自然な樹形を愉しむことが多い

モミジの鉢植えですが

不要枝の枝抜き剪定は必要です。

 

ひこばえや胴ぶき

内側に向かって伸びる枝や

他の枝に交差している枝

勢いよく伸びる徒長枝など

基本どおりに剪定します。

 

また五月下旬からは

肥料の時期になります。

 

発酵油かすの固形肥料を

鉢の縁に置き肥します。

 

写真はヤマモミジの鉢植えです。

新葉が大きく広がりました。

鉢土の苔(コケ)の緑も

深い色になってきました。

 

ちょっと心配もあります。

本当にヤマモミジなのかな?

実はイロハモミジ!なのかも。

 

ようやく新葉が生長して

葉がだいぶ大きくなりました。

イロハモミジと比べると

ひとまわり以上大きいようです。

 

オオモミジの変種とされる

ヤマモミジは葉が大きめです。

 

ヤマモミジだと信じている

モミジの鉢植えの葉が

大きな葉になったので

少しほっとしています。

 

でも個体差もあるので

まだ確信はもてませんが。。。

 

 

昨日まで曇り空が続きましたが

今日はよく晴れて夏日になりました。

もうすぐ小満(しょうまん)

明日も暑くなりそうです。

 

モミジ発芽から1年2ヵ月

イロハモミジ実生苗1年2ヵ月

イロハモミジ実生苗1年2ヵ月

イロハモミジの実生苗

発芽から1年2ヵ月経過。

(最初の写真)

すこし赤みを帯びた

切れ込みの深い葉が

広がっています。

 

苗の丈は10cmほどに。

 

今年(2017年)3月24日投稿の

モミジ実生1年と2年目発芽

でも紹介しましたが

今年発芽した実生苗も二つあって

双葉から本葉にかわりつつあります。

 

モミジモヤシ発芽から2ヵ月

モミジモヤシ発芽から2ヵ月

こちら(2番目の写真)は

モミジのモヤシを植えてから

2ヵ月経過した実生苗。

 

先月(2017年4月7日)投稿の

モミジのモヤシが双葉に

の写真と比べると

生長ぶりが一目瞭然。

 

ほとんどが双葉から本葉にかわりました。

元気よく生長しています。

 

イロハモミジ発芽から2ヵ月

イロハモミジ発芽から2ヵ月

そして最後(3番目の写真)は

イロハモミジのタネをまいて

発芽してから2ヵ月経過した

実生苗です。

 

こちらも双葉から本葉に

ほぼかわりましたね。

 

タネをまいて芽がでると嬉しい。

双葉になると嬉しい。

双葉から本葉になると嬉しい。

モミジの実生は愉しいですよ。

 

モミジ実生苗の育て方

 

 

今日は立夏

暦の上では夏のはじまり

新緑の季節になりました。

 

モミジの新葉と春紅葉

モミジ新葉と春紅葉2017年

モミジの新葉と春紅葉4月21日

モミジの新葉が広がりました。

 

うすい黄緑で少し赤みがかった

葉(写真左側)はヤマモミジ。

 

真っ赤な葉(写真右側)は

春紅葉(はるもみじ)の

出猩々(デショウジョウ)です。

 

イロハモミジも新葉が開きました。

この春に発芽したモミジの実生苗は

双葉から本葉にかわりつつあります。

 

この時季から初夏にかけて

ヤマモミジやイロハモミジの葉は

美しい新緑にかわります。

 

出猩々は今が一番きれいな時季で

葉は徐々に緑色にかわっていきます。

 

今の時季はモミジの新梢が伸びるので

樹形を整えるために芽摘みをします。

 

どのように伸びるかを考えながら

葉が水平に伸びている節の上で

芽を摘むのがコツのようです。

 

ちなみに

ヤマモミジだと信じている木と

イロハモミジの葉の違いが

まったくわかりません。

 

本当にヤマモミジなのか

自信がなくなりました。。。

もしかして

ぜんぶイロハモミジなのかも。

 

 

数日前に夏日がありました。

昨日は爽やかに晴れましたが

今日はくもり空。

二十四節気の穀雨(こくう)を過ぎ

新梢がぐんぐん伸びています。

 

モミジのモヤシが双葉に

モミジのモヤシから双葉

イロハモミジのモヤシが双葉に4月上旬

イロハモミジの双葉が

たくさん広がりました。

 

冷蔵庫の野菜室で

保存しておいたタネが

発芽したモミジの実生苗です。

 

このモミジの双葉は

野菜室の中で発芽してしまい

モヤシになっていたものを

そのまま植えてみたものです。

 

干からびた白いモヤシの残骸も

少し残っていますね。

 

2017年3月10日投稿の

モミジの芽ふくらむ三月上旬

にある写真(下)が

鉢に植える前のモヤシです。

 

せめて1本か2本だけでも

根づいてほしいという思いでしたが

こんなにたくさん育っています。

 

どうやらモヤシ全体が

土(赤玉土細粒)に

埋まっていたものが

育っているようにみえます。

 

土からはみ出でいたモヤシは

干からびてしまったようですね。

 

タネがモヤシになっていても

ちゃんと土に埋めてあげれば

育つものなのですね。

 

モミジはほんとに丈夫です。

 

すでに双葉の間からは

小さなモミジの新葉も

出てきていますね。

 

このまま順調に

生長してほしいものです。

 

この春にタネをまいた鉢からも

モミジの芽がどんどんでてきました。

 

2年目のモミジからは新葉が

ひらきはじめましたよ。

 

毎日モミジの生長を見るのが

愉しみな季節になりました。

 

モミジ実生苗の育て方

 

 

二十四節気の清明(せいめい)を過ぎ

ようやく暖かくなりました。

今日は雨ですが桜は見頃です。

 

モミジ実生1年と2年目発芽

イロハモミジ実生苗1年

イロハモミジ実生苗1年と2年目の発芽

イロハモミジの実生苗

ようやく新葉が

ひらきはじめました。

(上の写真)

 

発芽から丸1年経過

タネをまいてから

二度めの春です。

 

今春は気温が低いのか

モミジの新葉がひらくのが

昨年より少し遅いようですね。

 

昨年(2016年10月15日)投稿の

イロハモミジ発芽から七カ月

で紹介しましたが

葉が落ちるの早かったので

枯れたのではないかと

心配していました。

 

実生苗の新葉がひらいてよかった。

 

ちなみにイロハモミジの実生苗の

丈は8cmほどに伸びています。

 

そして

嬉しいことがもうひとつ。

 

プラスチック鉢の中央あたりに

ちょっとわかりにくいのですが

ひらきかけている双葉が二つあります。

 

モミジ・カエデの完熟したタネは

まいてから発芽するまで

2年かかることが多くあります。

 

一昨年(2015年9月23日)投稿の

モミジのタネをまいてみます

を読み返してみました。

 

まだ熟していない緑のタネと

完熟したような茶色のタネと

両方まいたのを忘れていました。

 

完熟したイロハモミジのタネが

2年目にちゃんと発芽したのですね。

なんかモミジってスゴイな。

 

イロハモミジ発芽2017年3月

イロハモミジのタネ発芽 2017年3月

それから下の写真。

 

昨年(2016年)九月にとりまきした

イロハモミジのタネから

この春数日前に発芽しました。

 

まいたタネから芽が出ると

嬉しいものですね。

 

それと

昨年から冷蔵庫に保存しておいて

この春にまいたイロハモミジの

タネからもようやく発芽しそうです。

 

さらに

冷蔵庫の野菜室の中で発芽して

モヤシになっていた実生苗?を

鉢に植えておいたのですが

なんだか根づきそうな感じです。

 

イロハモミジは丈夫ですね。

また後日紹介します。

 

モミジ実生苗の育て方

 

 

東京では桜が開花しました。

今日はすこし肌寒いようです。

桜の見頃は来週末のようですね。

モミジの芽ふくらむ三月上旬

モミジの芽・三月上旬

イロハモミジの芽がふくらむ3月9日

イロハモミジの実生苗

発芽から1年経過しました。

 

硬かった冬芽が

先週あたりから

ふくらみはじめました。

(上の写真)

 

モミジ・カエデは春分頃から

本格的な生育期に入ります。

 

芽がふくらみはじめたら

日陰に置いた鉢は

日当たりのよい場所に

移動するようにしています。

 

遅くとも三月下旬までには

移動したほうがよいでしょうね。

 

また

保存しておいたタネがあれば

種まきする時季でもあります。

 

昨日、私も

冷蔵庫の野菜室に保存しておいた

イロハモミジのタネを取り出して

小さな鉢にタネをまきました。

 

イロハモミジのタネは

昨年の九月下旬に

2本の木からとったものを

それぞれ濡らした新聞紙に包み

ビニール袋に入れ口をしばって

野菜室にずっといれておきました。

 

とりだして新聞の包みを開いてみると。

 

まずひとつめは

ほんのすこしですが

発芽しかかっているタネがひとつ。

 

そんなこともあるのかと思いつつ

二つに分けてタネをまきました。

 

そしてふたつめ

新聞の包みをあけてびっくり。

 

なんとすでにたくさん発芽していて

まるでモヤシ!のようでした。

下の写真はその中の一本です。

モミジの発芽モヤシ

イロハモミジの発芽モヤシ

 

5cmほどに生長していますが

発芽してから何日ぐらい

経過しているのでしょう?

 

大豆のモヤシなら

1週間ほどで

食べられるようですが。

 

とりあえず

まだ発芽していないタネは

普通にタネまき。

 

モヤシのような発芽苗は

食べるわけにもいかないので

ものは試し、だめもとで

まとめて鉢に植えてみました。

 

大豆モヤシは植えれば

なんと育つ!ようです。

 

用土は赤玉土小粒のみ

ふるいにかけて微塵を除いたものです。

鉢はミニ盆栽用の陶器鉢を使いました。

 

ちなみに

昨年の秋にとりまきしたタネは

まだまったく発芽していません。

 

冬の間は冷蔵庫の野菜室より

外(ベランダ)の温度の方が

低いですからね。

 

次回のタネの保存は

野菜室ではなく

もちろん冷凍庫でもなく

冷蔵室にしてみます。

 

種まきのタイミングは

もう少し早いほうがよいのかも。

また来年ですね。

 

イロハモミジの発芽の様子と

モミジモヤシのその後について

変化があればまた紹介します。

 

モミジ実生苗の育て方

 

 

きのう今日とよく晴れました。

朝はまだ冷えますが昼は暖かです。

今年の春は気温が低くなりそうだとか。