モミジ発芽から2年3ヵ月

イロハモミジ実生苗2年3カ月

イロハモミジ実生苗2年3カ月

イロハモミジの実生苗です。

 

2016年3月上旬の発芽から

2年3カ月経過しました。

 

高さは15センチほど

幹の太さは3から4ミリ

鉢は3号の駄温鉢です。

 

どんどん伸びる新梢は剪定しているので

切る前は30㎝近くあったかもしれません。

 

うどんこ病などの病気もなく

順調に成長しているようです。

 

鉢土の一部に苔(コケ)が生えてきました。

 

ありふれたイロハモミジですが

タネから育てるのは愉しいですよ。

鉢土に生えた地苔もいいものです。

 

モミジ実生苗の育て方

 

 

梅雨らしい天気が続いています。

梅雨寒です。

明日も雨で寒いようです。

 

モミジのモヤシ1年3ヵ月

モミジモヤシ発芽から1年3ヵ月

モミジのモヤシ発芽から1年3ヵ月

イロハモミジのタネを

冷蔵庫で保存しておいたら

冷蔵庫のなかで発芽して

モヤシになっていたのが

モミジのモヤシです。

 

そのモミジのモヤシを

鉢に植えてから

もう1年3ヵ月経過しました。

 

前回(2017年8月4日投稿)

モミジのモヤシを間引き

で紹介してから10ヵ月経過しましたが

生長が遅いように見えます。

 

モミジの幹は少し太ってきていますが

高さはあまりかわっていないようです。

 

写真でも上のほうには新葉がでていますが

長く伸びてはいません。

 

ところが他のモミジの実生苗は

新梢が伸びる勢いがすごいです。

どんどん長く伸びて徒長ぎみなので

今日も大幅に剪定しました。

 

モヤシを植えたのとタネをまいたのでは

なにか違いがあるのか

鉢の違いによるものなのか

その他の理由なのかよくわかりません。

 

ただモミジのモヤシは

ずんぐりとしていい感じです。

 

ちなみにですが

鉢土の表面の一部に苔が生えてきました。

 

モミジ実生苗の育て方

 

 

6日に関東は梅雨入りしました。

昨日と今日はよく晴れました。

週明けには台風が接近しそうです。

 

苔は駄温鉢でよく育つのかも

素焼き鉢の苔6月1日

素焼き鉢の苔(コケ)6月1日

モミジの鉢植えの鉢土に

うっすらと広がっている苔は

ギンゴケのようです。

(上の写真)

 

まだまだ土が見えてますね。

 

この鉢は素焼き鉢です。

 

下の写真は別のモミジの鉢植えです。

こちらの鉢土は全体が苔で覆われています。

こちらは駄温鉢です。

駄温鉢の苔6月1日

駄温鉢の苔(コケ)6月1日

 

このふたつの鉢植えは

同じサイズ(4号)で

同じ赤玉土主体の用土。

 

そして

隣同士に置いてあり

鉢の種類以外は同じ環境です。

 

水やりのタイミングも同じなのですが

やはり素焼き鉢のほうが乾きが早いですね。

 

これまでに何度か紹介してきた

鉢土に広がった苔の写真は

みな駄温鉢の鉢植えのほうなのですよね。

苔(コケ)の鉢

 

もしかしたら苔は

駄温鉢でよく育つのかもしれません。

たまたまかもしれませんが。

 

 

今日は爽やかに晴れました。

明日は蒸し暑くなるそうです。

そして来週には梅雨入りするのだとか。