街道をゆく35・栃の実

『街道をゆく35』はオランダです。

 

残念ながら苔(コケ)は登場しません。

 

オランダの風景といえば

風車とチューリップが思いうかびますが

チューリップの原産地はオランダ

ではなくトルコなのだそうです。

 

十七世紀初頭

フランスの植物学者がライデン大学に

赴任するときに持ち込んだのが

オランダでのチューリップ園芸

そして球根産業の始まりのようですね。

 

ライデンにはシーボルトハウスや

シーボルトコレクションを所蔵する

国立民族学博物館があります。

 

シーボルトは医師でもあり

博物学者でもありました。

 

シーボルトは日本で収集した

植物や植物標本一万点以上を

オランダに持ち帰ったそうです。

 

そのなかにはモミジ・カエデやシダ類

それにきっとコケ植物もあったでしょう。

 

「シーボルトの栃の実」より

「園内の芝生に、

大きな日本のトチ(栃)の木があって、

(中略)

茂るあまり、枝や葉が地面に垂れてた。

実がたくさん地面にころがっていて」

 

園内というのはライデン大学植物園

シーボルトが日本から持ち帰ったという

トチの大樹なのだそうです。

 

私が小学生の頃

神社にだったかトチの木があって

その実をひろって笛を作りました。

 

トチの実の真ん中にクギで穴をあけて

実の中身をほじくりだせばできあがり。

簡単でしたね。

 

 

今週ひさしぶりに雨が降って

涼しい日がありほっとしました。

来週は八月ですね。

 

 

『街道をゆく』司馬遼太郎
35・オランダ紀行

苔玉を初めて作るまえに

苔玉(山苔とアジアンタム)

苔玉(山苔とアジアンタム)

人気の苔玉(こけだま)作り

ですが

初めて苔玉を作るまえに

決めておいたほうがよいこと

があります。

 

それは一時飾るだけなのか

それとも

できるだけ長く育てたいのかです。

 

もしも季節の花を飾るように

苔玉を作ったときの姿を短い期間だけ

愉しむことができればよいのであれば

自分の好みで自由に作ればよいです。

 

作った苔玉がどれほど長持ちするのか

それは運しだいですね。

 

それとも鉢植えや盆栽のように

できるだけ長く育てて愉しみたい

ということであれば

作り方をよく検討する必要があります。

 

まず

苔玉をどこに置いて育てるのか

それを決めることが大事です。

 

室内なのかベランダなのか庭なのか。

 

当たり前ですが育てる場所によって

育てることができる植物は限られます。

 

たとえばモミジの苔玉を

室内だけで育てることは無理です。

 

室内で苔玉を育てるのであれば

やはりほとんどの樹木は無理ですから

自ずとシダなどの観葉植物になりますね。

 

苔玉作りに使う苔(コケ)にも

いくつか種類はありますが

室内で育てるのであれば

よく使われるハイゴケ(這苔)よりも

ホソバオキナゴケなどの山苔(ヤマゴケ)

のほうが育てやすいようです。

 

ベランダや庭で育てるのであれば

日あたりや風通しなど

やはりその場所の環境に合う

植物や苔を選ぶことです。

 

写真はシダ植物のアジアンタムと

山苔(ヤマゴケ)で作った苔玉です。

室内だけで育てられますよ。

 

暑い時期、外での園芸は厳しいですが

苔玉作りなら室内でもできます。

一度作ってみてはいかがでしょうか。

 

苔玉(こけだま)の作り方

 

 

関東は梅雨明けしました。

もうすぐ大暑

暑中お見舞い申し上げます。

 

モミジ発芽から1年4ヵ月

モミジ実生ポット苗1年4カ月

イロハモミジ実生ポット苗1年4カ月

イロハモミジの実生苗

発芽から1年4ヵ月経過。

 

梅雨入りの頃

モミジの生長は一段落

梅雨が明ける頃には

生長はひと休み

のはずなのですが。

 

私が育てているイロハモミジたちは

地上からベランダに戻ってきて3週間

ベランダ育ちだからなのかどうか

元気にぐんぐん生長しています。

 

新梢が伸びて新葉も広がってますね。

 

ビニールポットの実生苗(上の写真)は

今回初登場のイロハモミジなのですが

いつも紹介している実生苗(下の写真)と

同時にタネをまいて育てている苗です。

 

プラスチック鉢にまいたモミジのタネが

もしもまったく発芽しなかったり

うまく育たないといったときのために

念のためビニールポットにも

たくさんタネをまいておいたものです。

 

ところが

まいたタネは鉢でもポットでも

ほとんどすべて発芽して

同じように生長してきました。

これまでは。

 

ここにきて

実生苗によって生長度合いに

差が目立ってきました。

 

ビニールポットの大きな苗は

苗の丈が16cmから18cmほど

小さな苗は8cmから10cmほどなので

ほぼ倍の大きさにまで生長しました。

 

イロハモミジ実生苗1年4カ月

イロハモミジ実生苗1年4カ月

プラスチック鉢の実生苗は

ほとんどが10cmほどです。

 

2ヵ月前(2017年5月)投稿の

モミジ発芽から1年2ヵ月

で紹介した最初の写真と

比べると葉の色や大きさ

はかわっていますが

丈はほとんど伸びていません。

 

タネを取った親木の違いなのか

なにか環境の違いが影響しているのか

まったくわかりません。

 

ちなみに

素焼き鉢で育てていた実生苗で

それぞれ小さな鉢に植え替えした

イロハモミジでも生長度合いに

差がでてきたようです。

 

生長度合いの違いはともかく

今後の植え替えのことを考えると

モミジの実生苗を育てるのなら

ビニールポットや小さな鉢に

タネをまいたほうがよさそうですね。

 

モミジ実生苗の育て方

 

 

今日も真夏日、毎日暑いです。

七月に入ってあまり雨が降ってません。

関東の梅雨明けは来週でしょうか?

 

麋角羊歯の吊り苔玉

夏には「つりしのぶ」を飾ると

涼しげで和風の趣もあります。

 

シノブ以外のシダ(羊歯)類を

苔玉にして吊ってもいいですね。

 

趣味の園芸(2017年7月2日放送)では

麋角羊歯(ビカクシダ)の吊り苔玉を

紹介していましたよ。

 

ビカクシダ(別名コウモリラン)は

熱帯に育つ着生シダ植物です。

 

「麋角(ビカク)」とは大きな鹿のつの

という意味だそうです。

たしかに

葉の形が鹿の角のように見えますね。

 

その独特で派手な姿から

インテリアグリーンとして

人気が高まっているそうですよ。

 

ビカクシダの仕立て方は色々ありますが

苔玉に仕立てることもできるようですね。

 

ビカクシダを苔玉に仕立てるには

根の部分をミズゴケで包み

さらにそのミズゴケの上を

ハイゴケなどの苔玉作りに適した

苔(コケ)でくるめば出来上がりです。

 

テグスで巻くのがいいようですね。

ミズゴケの量がポイントのようですよ。

 

シダなので高い湿度を好みます。

エアコンのきいた室内では

乾燥しやすいので気をつけます。

 

水やりは乾いたらたっぷり

葉も含めて全体に水をかけます。

 

洋風のインテリアグリーンとして

ビカクシダの苔玉仕立て

試してみてはいかがでしょうか。

 

麋角羊歯(ビカクシダ)について詳しくは

NHK趣味の園芸 2017年7月号

をご覧ください。

 

 

今日は小暑

本格的な夏のはじまりです。

今年の梅雨明けはいつでしょうね。