街道をゆく27・苔古び

『街道をゆく27』は因幡・伯耆と

檮原街道です。

 

苔(コケ)、羊歯(シダ)、紅葉(モミジ)

に関する記述がありました。

 

まず最初に登場するのはシダ。

 

『因幡・伯耆のみち 人と物と自然』より

「かれは江戸期の人らしく、

年次計画をたてた。

まず砂ふせぎの羊歯垣をつくって、

その内側にクロマツをうえた。」

 

因幡(いなば)は鳥取県の東半分で

西半分が伯耆(ほうき)

鳥取砂丘は因幡になります。

 

「かれ」とは船越作左衛門。

米子の商人でしたが生業をすて

鳥取砂丘への植林事業を

生涯の仕事にした人です。

 

羊歯垣(シダがき)とは

シダ類のウラジロで作った

垣のようですね。

 

次は苔です。

 

『因幡・伯耆のみち しづやしづ』より

「さらには白木が青く古びた

清潔そのものの社殿があったが、

神職も番人もいなかった。」

 

「しづやしづ しづのをだまき・・・」

白拍子の静御前が頼朝の前でうたった

義経を恋い無情を嘆く即興の歌です。

 

倭(しづ)や倭文(しとり)は織物をさし

「しづのをだまき」は

織るための糸をまるめた玉のこと。

 

伯耆の国の一ノ宮だという

機織(はたおり)の神を祀る

倭文(しとり)神社の描写です。

 

司馬さんは倭文ということばから

静御前の歌を連想したそうです。

 

そして紅葉です。

 

『因幡・伯耆のみち 伯耆の鰯売り』より

「あの旅は、

紅葉の見頃を見はからって

行ったのである。」

 

司馬さんが「凄い紅葉」とも書いたのは

伯耆富士とも呼ばれる大山(だいせん)に

昭和三十年ごろに登ったときのこと。

 

山の中腹より上は

「あらゆる種類の落葉樹が

紅や黄に色を変えていた」そうです。

 

「とくに黄がうつくしく」

とも書いていますので

ヤマモミジの黄葉の色

だったのかもしれませんね。

 

最後にもうひとつ苔です。

 

『檮原街道 坂龍飛騰』より

「墓は、樹々の木下闇の中にあって、

までが冷たかった。」

 

檮原(ゆすはら)街道は

脱藩の道ともよばれます。

 

坂本龍馬が同志とともに

土佐(高知県)から伊予(愛媛県)へ

脱藩するときに通った道です。

 

脱藩の日の夜

龍馬らが泊めてもらったのが

檮原の郷士那須家でした。

 

この夜、酒を飲んだ主客四人は

ことごとく非業の最期を遂げました。

その那須家の墓の描写です。

 

 

雪です。

54年ぶりの11月の初雪。

地面が真っ白になるほど積もりました。

小雪は過ぎましたが積雪とは。

まるで雪国のようです。

 

『街道をゆく』司馬遼太郎
27・因幡・伯耆のみち、檮原街道

モミジの葉(11月中旬)

モミジの葉2016年11月17日

モミジの葉(2016年11月17日)

紅葉の季節になりました。

 

公園のイロハモミジは

真っ赤に染まったものあり

赤や橙色の斑のものあり

場所によってはまだ半分が

緑の葉のモミジもあります。

 

私のベランダにある鉢植えのモミジは

もう紅葉や黄葉は終わりですね。

 

上の写真は

今年のモミジの色づきぐあいです。

 

左から4枚がそれぞれ別の

鉢植えのヤマモミジの葉です。

右端の1枚は

公園のイロハモミジの葉です。

 

イロハモミジは真っ赤に紅葉しています。

綺麗ですね。

今年、実生用にタネをとった木の葉です。

 

一方、ヤマモミジの葉はどれも

黄色や橙色のなかに赤い斑が入ってます。

残念ながらあまり綺麗ではありませんね。

 

またモミジの葉の形ですが

このイロハモミジの葉は細長いタイプなので

ヤマモミジの葉とは違うようにも見えます。

 

ただし一般的にイロハモミジの葉は

全体に丸いタイプの葉が多いようです。

 

そうなると隣のヤマモミジの葉と

そっくりになってしまいますよね。

 

ヤマモミジの葉とイロハモミジの葉

私はどうしても区別できません。

 

ヤマモミジは本来雪国に育つので

雪が降らない暖かな地方で育つと

ヤマモミジの特徴を失くしてしまう?

のかもしれませんね。

 

モミジバフウの葉

モミジバフウ(紅葉葉楓)の葉

さて下の写真です。

大きなモミジの葉?

 

赤く染まった小さな葉は

イロハモミジです。

 

オオモミジよりも

さらに巨大な葉ですね。

 

モミジバフウ(紅葉葉楓)の葉です。

 

「楓」とう字はカエデと読みますが

本来はフウ=楓という植物を表す字です。

 

カエデはムクロジ科カエデ属で

フウはフウ科なので別種の植物です。

 

葉の形がモミジ・カエデそっくりなので

いつのまにか「楓」がカエデを

あらわすようになったようです。

 

モミジバフウは紅葉がきれいで

街路や公園に植えられるようです。

 

このモミジバフウの木は

近くの公園でみつけたのですが

まだまったく紅葉していませんでした。

 

 

公園のイチョウは黄色く色づきました。

昨日今日と小春日和で暖かです。

明日は雨になるようです。

 

ヤマモミジの紅葉(2016)

ヤマモミジの紅葉2016

ヤマモミジの紅葉(2016年11月11日)

ヤマモミジが紅葉?

したようなのですが

あまり美しくないです。

 

写真(1番目)のヤマモミジは

うすい橙色で斑があるものと

まだ色づきはじめなのか

黄色い葉のもののふたつ。

 

橙のヤマモミジはあまり綺麗でないうえに

葉が下を向いていて元気もありませんね。

 

この鉢植えのヤマモミジ

昨年(2015年)は真っ赤に紅葉しました。

ヤマモミジの紅葉2015

ヤマモミジの紅葉(2015年11月11日)

2015年11月14日に投稿した

モミジの紅葉(2015年)

この写真(2番目)は

ちょうど一年前の今日

11月11日に撮影したものです。

 

綺麗に紅葉していましたね。

 

さらにこの同じヤマモミジ

一昨年(2014年)は橙色の紅葉でした。

ヤマモミジの紅葉2014

ヤマモミジの紅葉(2014年11月22日)

2014年11月23日に投稿した

ヤマモミジの紅葉

こちらの写真(3番目)は

11月22日に撮影したものです。

 

赤くはありませんが

この色も味がありました。

 

今年の上の写真(1番目)にある

ヤマモミジの黄色い葉を

アップにしたのが下の写真(4番目)です。

ヤマモミジの黄葉2016

ヤマモミジの黄葉?(2016年11月11日)

まだ色づきはじめなのか

ヤマモミジの特徴なのか

比較的きれいな

黄色に色づいています。

 

これから橙色になるのか

赤くなるのかわかりませんが

黄色いままでもいいですね。

 

今年はついこの間まで夏日があって

暑いくらいだと思っていましたが

十一月に入って急に寒くなりました。

 

近くの公園のイロハモミジも

赤く色づきはじめています。

 

 

立冬をすぎてからは

十二月頃の気温なのだとか。

東京では木枯らし一号が吹きました。

今日は冷たい雨、寒いです。

明日からは少し暖かくなるとのこと。

 

ヤマモミジの葉(11月初旬)

ヤマモミジの葉11月4日

ヤマモミジの葉(11月4日)

ヤマモミジの新葉

ヤマモミジの新葉(4月15日)

ヤマモミジ(山紅葉)の葉

今日の様子(上の写真)です。

 

全体に黄色みがかったなかに

橙色の斑がたくさんあって

なんだか残念な状態です。

 

もしかしたら

紅葉あるいは黄葉の

色づき始めなのかも

というかすかな期待が

ないこともないのですが

まったく綺麗ではないですね。

 

なんとなくですが

このまま葉が枯れてゆき

散ってしまうのでしょうね。

 

このヤマモミジの鉢植えは

春の新葉(下の写真)が

赤みを帯びてとても綺麗でした。

 

今年の紅葉はどうなるのかと

期待していただけに残念です。

 

ちなみに鉢土は

一面苔(コケ)で覆われています。

 

ホソウリゴケだと思いますが

これもあまり綺麗ではありませんね。

 

 

他のモミジの鉢植えは

同じような葉のモミジもあれば

まだほとんど色がかわっていない

モミジもあります。

 

このあたり(千葉県北西部の平地)では

概ね11月下旬から12月上旬頃が

紅葉の時季です。

 

近所の公園にあるイロハモミジは

まだまったく紅葉していません。

 

なんとか一つのモミジだけでも

綺麗に紅葉してほしいものです。

 

 

十一月に入り、朝は冷え込みます。

昨日、今日と爽やかに晴れました。

もうすぐ立冬ですね。