街道をゆく26・楓(カエデ)

『街道をゆく26』は嵯峨と仙台・石巻。

 

苔(コケ)、シダ、モミジが

たくさん登場すると期待しましたが

楓と苔が一度登場するだけでした。

 

まず楓(カエデ)です。

 

「嵯峨散歩 水尾の村」より

「赤い鳥居のむこうに、

蒼寂びたわらぶきの茶屋があり、

鳥居の手前にも似たような茶屋がある。

鮎を食べさせる家々で、坂といい、

の樹叢といい、なまの景色を舞台にして

上質の演劇ができそうなあたりである。」

 

嵯峨鳥居本(とりいもと)の描写です。

 

このカエデの種類はわかりませんが

タカオモミジもあるでしょうね。

 

モミジと名のつくイロハモミジ

オオモミジ、ヤマモミジは

すべてカエデの仲間です。

 

タカオモミジ(高雄モミジ)は

イロハモミジの別名です。

 

ちなみに「楓」という字は本来

フウという別の植物のことでした。

カエデを表す字は「槭」。

いつのまにかかわってしまったようです。

 

ところが

中国で「三角楓」はトウカエデのこと

葉がフウに似ているのだそうです!?

まぎらわしいですね。

 

 

次は苔です。

 

「仙台・石巻 千載古人の心」より

「ふたりは碑面のをぬぐい、

一字ずつ解読した。」

 

ふたりとは、芭蕉と曾良のこと。

碑は多賀城碑という奈良時代の石碑。

歌枕の「壺の碑(いしぶみ)」として

世に知られるようになったのだそうです。

 

 

昨日は夏日でした。

今日は爽やか秋晴れです。

来週は寒くなりそうだとのこと。

 

『街道をゆく』司馬遼太郎
26・嵯峨散歩、仙台・石巻

 

イロハモミジとヤマモミジ

イロハモミジとヤマモミジの葉

その違いがよくわからないので

カエデ識別ハンドブック』で

改めて調べてみました。

 

まず

モミジ(紅葉)と名のつくカエデの仲間は

イロハモミジ(伊呂波紅葉)

オオモミジ(大紅葉)

ヤマモミジ(山紅葉)

の3種類がよく知られています。

 

ほかにもオオモミジの変種で

ナンブコハモミジ(南部小葉紅葉)

という種類もあるようです。

 

また、イロハモミジには

京都の高雄山に由来する

タカオモミジ(高雄紅葉)という

別名もありますね。

 

それでモミジの葉の特徴なのですが

 

イロハモミジの葉は

小さくて切れ込みが深く

粗く不ぞろいな重鋸歯があります。

紅葉は橙から赤まで色鮮やかです。

 

オオモミジは

とにかく葉が大きいですね。

切れ込みの深さは様々で

鋸歯は細かく整っています。

紅葉は燃えるような赤です。

 

イロハモミジとオオモミジでは

葉の大きさが倍ほども違うので

区別するのは簡単ですね。

 

重鋸歯があるのかどうかも

判断材料になります。

 

オオモミジは日本全国の山地に

広く分布しているのですが

日本海側の多雪地帯だけは

分布していません。

 

日本海側の多雪地帯に分布するのは

オオモミジの変種のヤマモミジです。

 

ヤマモミジの葉は

やや大きく切れ込みの深さは様々

やや不ぞろいな重鋸歯があります。

紅葉は黄色に色づくものが多いようです。

 

ヤマモミジはオオモミジにも

イロハモミジにも似た特徴がありますね。

 

葉は大きめですがオオモミジよりは

やや小さいようです。

重鋸歯はイロハモミジに似ています。

 

私が鉢植えで育てているヤマモミジは

まだ小さな幼木のためなのか

大きめの葉もありますが小さな葉もあって

イロハモミジの葉よりもあきらかに

大きいというほどではありません。

 

葉の大きさでは区別できないとなると

もうひとつの判断材料である重鋸歯は

イロハモミジに似た特徴をもっているので

区別するのが難しかったのですね。

 

ところで紅葉(こうよう)のことです。

 

私はモミジの鉢植えを

ベランダで育てているので

日当たりの調整がうまくいかずに

真っ赤に染まるきれいな紅葉に

ならないのかと思っていたのですが

 

そもそもヤマモミジの紅葉は

黄色になることが多いとは

知りませんでした。。。

 

ただし

綺麗な黄色に色づいていた

ということでもありませんので。

 

まだまだ精進が不足してるようです。

 

 

今日は二十四節気の霜降

冬支度を始める頃ともいわれます。

朝晩はだいぶ涼しくなりました。

 

 

参考書籍
『カエデ識別ハンドブック』
著者:猪狩 貴史

イロハモミジ発芽から七カ月

イロハモミジ発芽から七カ月

イロハモミジ発芽から七カ月後の十月

m20161014b

イロハモミジの実生苗

発芽から七カ月経過

種をとりまきしてからだと

まる1年を過ぎました。

 

ご覧のとおり

イロハモミジの葉は

ほとんど落ちてしまいました。

 

実生苗の細い幹のサイズは

長さは3センチから6センチほど

太さは1ミリから2ミリ弱です。

 

まだまだ小さくか細いですね。

 

ほかのある程度生長した

モミジ・カエデの鉢植えの木は

葉がたんくさん残っています。

 

このあたり(千葉県北西部)では

紅葉はまだだいぶ先で

今は落葉の時季ではありません。

 

なかには再萌芽している

モミジの鉢植えさえあります。

 

上の写真はプラスチック鉢で

下の写真は素焼き鉢ですが

モミジの種、用土、置き場所

など条件はほぼ同じです。

 

素焼き鉢は土が乾きやすいので

水やりは頻繁になりましたが

イロハモミジの実生苗の様子は

ほぼ同じような状態です。

 

先月(2016年9月11日)投稿の

イロハモミジ発芽から半年

では葉が焼けて落ちた写真を

紹介しました。

 

それでも今の状態と比べれば

まだ緑の葉が多くありました。

 

この一カ月ほどのあいだに

どんどん葉が傷んで

ほとんどが落ちてしまいました。

 

これはどういうことなのか?

 

葉やけが進んで枯れてしまったのか

病気にかかってしまったのか

虫にやられてしまったのか

それとも

ひと足早く落葉しただけなのか

よくわかりません。

 

よく見ると

イロハモミジの細い幹は

赤い色で先端に冬芽らしきものがあり

枯れてしまったようにはみえません。

 

1年もたたないモミジの苗木は

落葉が早いのかもしれませんね。

 

しかしながら枯れたのかどうかは

来年の春にならないとわかりません。

 

来春にイロハモミジの実生苗から

新芽が出ることを祈るのみです。

先は長いです。

 

 

十月も中旬

朝晩はだいぶ涼しくなりました。

今日は爽やかな秋晴れです。

 

街道をゆく25・掃苔

『街道をゆく25』は中国の閩(びん)。

現在の福建省です。

 

福建省は台湾海峡を挟んで

隣が台湾になりますね。

 

苔(コケ)は登場するのですが

中国ではやはり

取り除かれる存在でした。

 

「掃苔」という言葉があります。

 

掃苔(そうたい)とは

墓石の苔をきれいに取り去ること

お墓の掃除ですね。

転じて墓参りの意味。

俳句では秋の季語のようです。

 

「異教徒たち」より

「この広大な陵墓の石段、石の欄干、

あるいは石の建造物など、

いずれも緑の中でしろじろとしすぎ、

歳月の暗いを感じさせなかった。

おそらく墓地の掃苔がつねに

おこなわれているのにちがいなく」

 

「この広大な陵墓」とは

古いイスラム聖者の墓で

泉州城郊外の丘陵にあります。

 

この墓の主は

唐の時代の初め(七世紀初頭)

イスラム教布教のために

はるばるアラビアから

この地にやってきたのだとか。

 

千年以上の歳月を経てもなお

石が苔むしていないというのは

日本的な趣とはだいぶ違いますね。

 

ちなみに

泉州は元の時代(十三世紀)に

マルコ・ポーロが訪れ

「東方見聞録」に記録されました。

 

 

カエデが意外な登場をしています。

 

「福州の橋」より

「テグスというふしぎな糸は、

福建・広東のカエデや樟などにつく

大きな蛾の幼虫から抽きとられる。」

 

このカエデの種類はわかりませんが

イロハモミジなどカエデの仲間には

葉を食べる蛾の幼虫がつくようです。

 

モミジ・カエデの葉を食べるのは

なにもイモムシだけじゃありません。

 

モミジの天ぷらというのがあります。

 

さらにサトウカエデの樹液は

メープルシロップになりますね。

 

モミジ・カエデには観賞だけでなく

食でもお世話になってますね。

 

 

十月に入ってから

二度も真夏日がありましたが

寒露(かんろ)が過ぎて

ようやく涼しくなりました。

今朝は雨です。

 

『街道をゆく』司馬遼太郎
25・中国・閩のみち

ヤマモミジと苔(10月)

モミジとホソウリゴケ(10月)

ヤマモミジとホソウリゴケ(10月)

ヤマモミジとジャゴケ(10月)

ヤマモミジとジャゴケ(10月)

ヤマモミジの鉢植えに

自然に生えた苔(コケ)が

どんどん生長しています。

 

上の写真がヤマモミジと

ホソウリゴケ(蘚類)。

 

下の写真はヤマモミジと

ジャゴケ(苔類)。

 

2ヵ月ほど前の7月30日

に投稿した

モミジの鉢植えの苔(コケ)

の写真と比べると

その後の生長がよくわかります。

 

ホソウリゴケのほうは

以前はまだ茶色い土が目立ちましたが

今は二つの角の隅を除いて

ほとんど土が見えないくらいに

ホソウリゴケが広がっています。

 

ホソウリゴケにはギンゴケも少し

まざっているかもしれませんが

今は見てもよくわかりません。

 

コケの色は瑞々しく綺麗ですよ。

 

ちなみに

コケが生えていない角の隅は

固形肥料を置いた場所です。

 

やはり肥料があるところには

コケは育たないようですね。

 

ジャゴケのほうは勢いがあります。

完全に土は見えなくなって

ヤマモミジの根元のあたりにまで

ジャゴケが張り付いていますね。

 

コケは11月頃までは生長しますので

その頃のモミジとコケの様子を

追ってまた紹介したいと思います。

 

 

今年(2016年)九月の日照時間が

記録的に少なかったそうです。

たしかに雨と曇ばかりでした。

十月に入り

今日は爽やかな秋晴れです。