イロハモミジの種をとりまき

イロハモミジの緑の種

イロハモミジの緑の種

イロハモミジの葉と種

イロハモミジの葉と種

モミジ、カエデの種は

九月下旬には熟しています。

 

今年もイロハモミジの種を

とりまきしてみます。

 

上の写真が今朝とってきた

イロハモミジの種と葉です。

 

下の写真のように

モミジの葉の間に

たくさん種があるのですが

葉も種も同じ緑色なので

写真ではわかりにくいですね。

 

モミジの種は九月下旬から十月上旬に

まだ緑色の種を取るのが良いようです。

 

十月も下旬になると

モミジの種は完熟してしまうので

早いほうがよいとのことです。

 

茶色になって完熟した種は

発芽するまでに

なんと二年!かかってしまう

ことが多いのだそうです。

 

昨年(2015年9月23日)投稿の

モミジのタネをまいてみます

では緑の種と茶色の種と

両方とってきてまきましたが

今年は緑色の種だけにします。

 

また今年は

モミジの種を保存しておいて

来春にまく方法も試してみます。

 

保存方法は

イロハモミジの種を

湿らせた新聞紙などで包み

ビニール袋に入れて口を縛り

冷蔵庫に入れておくだけです。

 

そして来年の三月に取り出して

鉢に種を植え付けます。

 

もちろん今、種をまいてもよいのですが

土だけの鉢にこれから来春までの半年間

水をやり続けるのもつらいものがあります。

 

いずれにしても

イロハモミジの芽が出るかどうかは

来年の三月にならないとわかりません。

先は長いです。

 

モミジの実生を試してみたい方は

モミジ実生苗の育て方

もご覧下さい。

 

 

秋分の日を過ぎて

今日は彼岸の明け

久しぶりに晴れ間がありました。

 

参考書籍:
カエデ、モミジ (NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12か月)

街道をゆく24・苔むした

『街道をゆく24』は近江と奈良です。

 

「苔むした」という言葉が

二回使われていました。

 

まずひとつめ。

 

「近江散歩 寝物語の里」より

「関所跡の敷地を南にはずれると、

むしたようにして

中山道の切れっぱしが残っており、

古道に面して、

無人のわらぶきの家が

朽ちたまま立っている。」

 

寝物語の里は

近江(滋賀県)と美濃(岐阜県)

の国境(県境)にある集落。

 

現在の地名は

近江側が滋賀県米原市長久寺

美濃側は岐阜県関ケ原町です。

 

司馬さん一行は関ヶ原から

寝物語の里をめざしている途中

立ち寄った関所跡の描写です。

 

関所跡とは関ヶ原の関

古代史(壬申の乱)に登場する

不破関(ふわのせき)のこと。

 

 

そしてふたつめ。

 

「近江散歩 安土城跡と琵琶湖」より

「わずか標高一九九メートルの山ながら、

登るのが苦しかった。

麓からはことごとく赤ばんだ石段で、

むした石塁のあいだをさまざまに曲折し、

まわりの谷はみな密林だった。」

 

標高一九九メートルの山とは

琵琶湖東岸の安土山のこと。

 

司馬さんが中学生のころに

この山に登ったときの

最高所の天守台跡からの眺めは

「目の前いっぱいに湖がひろがっていた」

のだそうです。

 

しかしこのとき(1984年ごろ)には

すでに埋め立てられてしまっていて

「見わたすかぎり赤っぽい陸地」

になっていました。

 

 

最後はモミジ(カエデ)です。

 

「奈良散歩 歌・絵・多武峯」より

「石段の両側は、夏のだった。

そのあおあおとした華やぎを通して、

檜皮葺の屋根に春日造りの

朱塗の社殿の一部を見たとき、

記憶のなかの多武峯とさほどに

違わないことに安堵した。」

 

多武峰(とうのみね)は

奈良県桜井市南部にある山ですが

ここでは談山(たんざん)神社のこと。

 

談山神社は紅葉の名所だそうですが

司馬さんが訪れたのは夏。

 

モミジ・カエデといえば秋の紅葉ですが

春の芽ぶき、初夏の新録

そして夏の青葉もいいものですよ。

 

ちなみに

私はイロハモミジやヤマモミジなど

葉の切れ込みが深いモミジが好きなので

楓(かえで)はモミジと呼んでいます。

 

 

十五夜を過ぎて

明日から彼岸の入り

朝夕は涼しくなりました。

 

 

『街道をゆく』司馬遼太郎
24・近江散歩、奈良散歩

イロハモミジ発芽から半年

イロハモミジ発芽から六カ月

イロハモミジ発芽から六カ月後の九月

発芽から半年経過した

イロハモミジの実生苗です。

 

葉がやけて傷んでいます。

既に落ちてしまった葉も

たくさんありますね。

 

先月(8月14日)投稿の

イロハモミジ発芽から五カ月

の写真とくらべると

葉の数がだいぶ減ってしまい

明らかに状態が悪いですね。

 

八月の下旬、処暑を過ぎた頃に

スダレを一部取り除いて

日当たりを良くしたのですが

タイミングが早すぎたようです。

 

七月に目立っていた葉やけは

スダレで陽射しを遮ったことで

きれいな緑の葉に回復していたので

ちょっと残念ですね。

 

ある程度生長した

他の鉢植えのモミジには

目立った葉やけはありません。

 

苗木のイロハモミジは

やはり秋分の頃までは

強い陽射しを避ける必要があるようです。

 

 

九月も半ばを過ぎると

モミジ・カエデは成長期に入ります。

 

葉が落ちてしまった茎から

再萌芽することはないかもしれませんが

まだ元気な実生苗だけでも

なんとか生長を続けてほしいものです。

 

 

白露を過ぎましたが

暑い日がまだ続いていますね。

九月も気温が高めだとのこと。

ご自愛ください。

 

コケ(苔)とモミジ

出猩々とコケ

出猩々(デショウジョウ)とコケ

出猩々(デショウジョウ)の鉢に

ホソウリゴケらしき苔が

まばらに生えています。

 

モミジの赤い葉は

紅葉しているのでは

ありませんよ。

 

出猩々は春もみじと言われる

イロハモミジ系のモミジです。

 

新芽から新葉は真っ赤に染まり

まるで紅葉しているかのようになります。

 

春に赤かった新葉は

夏には若緑色にかわります。

 

そして秋には春の葉のように

真っ赤とはなりませんが

やや紅葉するようです。

 

今頃の時期はうすい緑の葉と赤い葉

赤から緑にかわりつつある葉のなかに

再萌芽してきた真っ赤な新芽が

入り混じって独特の姿となります。

 

なかなかいいものですね。

 

鉢の苔(コケ)はまだまばらですが

これから秋が深まるにつれ

苔も増えていくでしょう。

 

鉢土を苔が覆う頃には

ホソウリゴケとギンゴケが

混ざって生えていると思います。

 

自然に生えたコケと

丈夫で育てやすいモミジなら

ベランダに置いた鉢植えでも

気軽に愉しめますよ。

 

 

苔八 koke8.jp は四周年。

サイトのタイトルを

「コケとモミジ」にしました。

 

五年目となるこれからも

室内やベランダで

気軽に愉しめる和風の緑として

コケ・シダ・モミジを使った

苔玉や鉢植えの作り方や育て方を

紹介していく予定です。

 

今後ともどうぞよろしくお願いします。

苔八より