街道をゆく23・葦(アシ)

『街道をゆく23』は南蛮の二回目

ポルトガルです。

 

残念ながら今回も

苔(コケ)もシダもモミジも

登場しません。

 

和風?な植物としては

葦(アシ・ヨシ)が登場します。

 

「リスボンの駅」より

「ポルトガル領に入ると、

牧草地には草がよく育ち、

点在するオリーヴなどの

樹林の密度も濃くなった。

まれに細流を越えたり、

小さな湖沼の岸を過ぎたりしたが、

そこにおどろくべき植物が生えていた。

葦(あし)であった。

(中略)

私ども水辺の民は、

葦を見ると、変に安堵するところがある。

葦が生えている以上、

稲も育つだろうという弥生人以来の

遺伝(?)が頭をもたげるらしい。」

 

豊葦原(とよあしはら)の瑞穂の国

の葦ですね。

 

身近なところでは

すだれや葦簀(よしず)の材料

として知られています。

 

葦はイネ科の多年草。

温帯から熱帯にかけての湿地帯に

分布するようです。

 

ポルトガルは一年を通して温暖で

司馬さんは

「いわば常春(とこはる)といっていい。」

と書いていますから

葦が育つ気候なのでしょう。

 

ちなみに

「ベランダ」という言葉は

もともとポルトガル語だったのですね。

 

 

処暑をすぎました。

朝夕はすこし涼しいようです。

来週はもう九月ですね。

 

『街道をゆく』司馬遼太郎
23・南蛮のみち2

イロハモミジの樹皮に苔

モミジの樹皮の苔

イロハモミジの樹皮の苔

イロハモミジの樹皮についた

苔(コケ)の写真(上)です。

 

このモミジの木の高さは

3メートルほどでしょうか。

高さはさほどありませんが

幹回りは太いですね。

 

幹の一番太い部分は

大人でも腕をまわせないほどです。

 

樹皮は若いモミジの木とは違い

灰色のつるりとしたものではないですね。

 

古木というほどの樹齢ではないでしょうが

ひび割れた樹皮と生えた苔が

年輪を感じさせます。

 

ケヤキの樹皮の苔

ケヤキの樹皮の苔

下の写真はケヤキの

大きな木についた苔です。

 

ケヤキはもともと落葉高木で

この木も優に10メートル以上は

ありますがまだ若い木なのでしょう。

 

しかし樹皮に苔がついていると

なんだか古木の趣があります。

 

イロハモミジについた苔も

ケヤキについた苔も

コケ植物なのか地衣類なのか

よくわかりません。

 

でもどちらにしても苔です。

 

コケ植物も地衣類も

小さなシダさえも苔ですからね。

 

 

八月も下旬

なんだか台風ラッシュ。

ベランダの鉢植えを片付けます。

 

イロハモミジ発芽から五カ月

イロハモミジ発芽から五カ月後

イロハモミジ発芽から五カ月後の八月

今年(2016年)の三月上旬に

発芽した実生苗のモミジです。

 

五カ月経過した今も

順調に生長しているようですね。

 

先月(7月10日)投稿の

イロハモミジ発芽から四カ月

では葉焼けのため

赤茶けた葉が目立ちましたが

今はほぼ黄緑に戻りました。

 

スダレで木洩れ日があたる半日陰に

なるように日当たりを調整したので

回復してくれたようです。

 

モミジの葉の大きさがわかるように

ある程度生長した別のモミジの葉も

一緒に写してみました。

 

比べると一目瞭然

葉の形はイロハモミジですが

まだまだ小さくて弱々しいですね。

 

半日陰にしたからなのか

早くも新葉がだいぶ伸びている

モミジもありますね。

 

なんとかこの夏をのりきって

綺麗な葉のままで

秋を迎えてほしいものです。

 

 

八月も半ばになりました。

今年の夏は平年より暑いのだとか。

残暑お見舞い申し上げます。

 

街道をゆく22・南蛮黍

『街道をゆく22』は南蛮です。

 

日本でいう南蛮というのは

スペインとポルトガルのこと。

 

全編、フランシスコ・ザヴィエルと

バスクの話になっています。

 

ザヴィエルはフランスとスペインの

国境線が走るピレネー山脈の

スペイン側の麓にあるバスク地方

に生まれた人のようですね。

 

それはともかく今回は

苔(コケ)もシダもモミジも

登場しません。

 

植物もほとんど登場しないのですが

トウモロコシのことが書かれていました。

 

世界の三大穀物のひとつである

トウモロコシは南米が原産地です。

 

1493年、コロンブスによって

スペインにもたらされ

その後30年で

全ヨーロッパに広がったとのこと。

 

日本へは天正七年(1579)

織田信長の時代に

ポルトガル人が長崎にきて

植えたのが始まりだそうです。

 

それで呼び方なのですが

地方によって異なるようですね。

 

はじめは南蛮黍(なんばんきび)と

よばれていたようですが

関東での呼び名はトウモロコシ。

トウキビとよんでいる地方も多いとか。

 

私の郷里は福島県会津地方ですが

トウミギだったかトウミニのように

よんでいたように記憶しています。

 

 

今日は立秋。

暦の上では秋の始まり。

まだまだ真夏の暑さは続きます。

 

『街道をゆく』司馬遼太郎
22・南蛮のみち1