モミジの種から芽が出ました

イロハモミジの双葉

イロハモミジの双葉

イロハモミジの種から

芽が出てきました。

 

イロハモミジの種を蒔いたのは

昨年(2015年9月23日)投稿した

もみじのタネをまいてみます

の後、9月下旬から10月上旬です。

 

芽が出たのは今年3月上旬なので

モミジの種をまいてからほぼ半年

何もない赤玉土に水をやり続けてました。

 

イロハモミジの発芽というものを

これまで見たことがなかったので

初めて芽が出たのを見つけたときは

雑草かもしれないなと思いました。

 

その後、写真右下にもありますが

葉の先にモミジの種のカケラが

ついている葉があったので

イロハモミジの発芽だと確信しました。

 

種から芽が出ると嬉しいものですね。

 

種を蒔いた時に駄温鉢がなかったので

写真のプラスチック鉢と

素焼きの鉢それとビニールポットにと

いくつかに分けて蒔いておきました。

 

ベランダの明るい日陰において

赤玉土の用土が乾かないように

水やりだけしてました。

 

素焼き鉢からも芽は出ましたが

素焼き鉢はとても乾きやすいので

水やりが頻繁になり面倒です。

種まきには不向きでしたね。

 

種は1から2センチほどの間隔をあけて

まばらに蒔いておきました。

 

ちなみに

ミニ盆栽と苔玉―失敗しない育て方 (別冊NHK趣味の園芸)

という園芸本には

小さな盆栽鉢にモミジの種をびっしり蒔いて

育てる方法が紹介されていますので

また今度試してみたいと思います。

 

イロハモミジの芽がたくさん出てきたので

今の明るい日陰から半日陰の場所に

移したほうがよいのでしょうね。

 

この時期の育て方については

園芸本にも詳しい解説がないようです。

まあなんとかやってみます。

 

今はまだ双葉ですが

かえるでの形のモミジの葉が

出てきたらまた紹介します。

 

 

桜は咲きましたが

今週の花見は寒そうですね。

来週末はあたたかくなりそうです。

 

最も繁茂しているミズゴケ

『苔の話』という本を

久しぶりに読み直してみました。

 

著者の秋山弘之さんは

兵庫県立大学(准教授)

兵庫県立 人と自然の博物館(主任研究員)

コケ植物の研究をされています。

 

この本を最初に紹介したのは

2012年の11月28日に投稿した

苔のテラリウムによるポット栽培

ですからもう3年以上前になりますね。

 

今回はミズゴケ(水苔)の話を少し。

 

ミズゴケの仲間は世界に約200種

日本国内には少なくとも35種

あることがわかっている

というのですが

 

なんと

「地球全体の陸地面積の

少なくとも1%がミズゴケ湿原で

占められている」

のだそうです。すごい!

 

「コケ植物の中で最も繁茂している」

のがミズゴケの仲間なのですね。

 

ミズゴケというと

園芸では乾燥させたミズゴケを

よく利用します。

 

ラン植物の根をまいたり

鉢植えの用土に混ぜて

保湿性を高めるのに

かかせないものですね。

 

抗菌性があることから

苗木の保護にも使われるようです。

 

ミズゴケは園芸以外でも

人の生活に利用されているそうです。

 

ミズゴケには

「体内に自分の重さの数十倍もの大量の

水を蓄えることができる力があることと、

優れた抗菌性を併せ持つこと」から

フランスのナポレオン時代から

第一次、第二次世界大戦でも

脱脂綿の代用品として広く

利用されたようです。

 

また

ミズゴケはおいしく食べることのできる

唯一つのコケ植物で

天ぷら!にして食べるのだそうですよ。

 

ただし

ミズゴケ湿原や良好な地球環境を

後世に伝えていくためには

節度ある利用にとどめることが

大切だと述べられています。

 

ほかにもいろいろと

コケ植物に関する興味深い話が

書いてあります。

 

この本は

苔(コケ)好きの人なら

一度は読んでみることをお勧めします。

 

明日は春分。

今日、福岡や名古屋では

平年より早く桜が咲いたようです。

春ですね。

 

『苔の話―小さな植物の知られざる生態』
著者:秋山 弘之

 

苔玉とコケの本

 

ハイゴケのテラリウムその後

ハイゴケのテラリウム

ハイゴケのテラリウム(3月12日)

ハイゴケの生長観察

ハイゴケの生長観察(3月12日)

ハイゴケ(這苔)をガラス保存瓶を

利用した簡易テラリウムで育て

生長の様子を観察しています。

 

前回(2015年6月7日)

ハイゴケは窮屈なのがいい?

で紹介してから8カ月ほど経過。

 

ある程度生長したハイゴケの

苔ボールのテラリウム(上の写真)。

 

このハイゴケはだいぶ生長しました。

ガラス瓶の底が見えないぐらいです。

横のガラス面に貼りついて伸びる

ハイゴケが増えましたね。

 

もともと丸い苔ボールだったのですが

日が当たる面の生長が進むため

形がくずれてきました。

 

日当たりが少ないせいなのか

ハイゴケの緑が薄くなっています。

 

下の写真は

あまった苔玉用の用土から

自然に生えてきたハイゴケを

用土ごとガラス瓶に入れて

生長観察しているものです。

 

前回は黒い用土が目立っていましたが

ハイゴケが増えて横にも広がり

いまでは黒い用土が

あまり見えなくなってきました。

 

ハイゴケは確実に生長しています。

でもとてもゆっくりですね。

 

これから生長がはやまるのか?

ある程度生長するまでは

生長スピードが遅いのか?

よくわかりません。

 

ハイゴケは日当たりを好むので

山苔(ホソバオキナゴケなど)とは違い

室内ではうまく育たないようです。

 

このふたつのハイゴケのテラリウムは

両方とも屋外、ベランダの半日陰

になる場所に置いてあります。

 

水やりは数カ月に一度

霧吹きで全体を濡らしてやるだけです。

 

もうすこし日が当たる場所のほうが

良いのかもしれません。

調整してみます。

 

ハイゴケの育て方についてのポイントは

ハイゴケ(這苔)の育て方

にまとめてあります。

興味のある方はどうぞご覧ください。

 

 

ここ数日は真冬の寒さに逆戻り。

でも雨が増えてきましたね。

もみじ(カエデ)の芽が

ふくらんできました。

 

『街道をゆく16』叡山苔

『街道をゆく16』は叡山(えいざん)。

 

今回は期待どおり

苔(コケ)とシダ(羊歯)、さらに

もみじ(カエデ)も登場します。

 

まずは苔(コケ)。

 

「石垣の町」より

比叡山のふもと

滋賀県大津市坂本にある

慈眼堂(じげんどう)を訪れた司馬さんが

歴代天台座主の墓所を見たとき。

 

の上に饅頭笠をかぶって

堵列している石灯籠の列が美しかった。」

 

苔の地面と石畳と石燈籠が美しいですね。

コケの種類はスギゴケ(杉苔)でしょうか。

 

もうひとつ苔です。

 

「曼殊院門跡」より

曼殊院門跡(まんしゅいんもんぜき)は

京都の一乗寺竹ノ内に所在することから

竹の内御殿とも呼ばれます。

 

司馬さんがはじめて訪れたのは

「昭和二十四年の暑いころ」といいます。

 

「曼殊院の建物と庭を、

陽が落ちるまで、柱の一つずつから

屋根のこけらのにいたるまで

ゆっくり見せてもらった。」

 

司馬さんは

寺院というより公家の別荘といったもの

だと感じたと書いています。

 

暑い夏の午後に

屋根の苔までよく見ているとは

司馬さんも苔好きですね。

 

つぎは楓(カエデ)です。

 

「水景の庭」より

曼殊院の正門へ向かう坂道にて

 

「坂をのぼりきると、

土塁が築かれている。

塁上の(かえで)の葉が、

紅葉を待ちつつ青さに耐えている。」

 

土塁も苔で覆われているようです。

緑の苔とまだ青々としたカエデの葉も

苔の緑と紅葉したカエデの赤や橙の

コントラストもどちらもすばらしい。

紅葉の名勝としても有名ですね。

 

そしてシダ(羊歯)です。

 

遠州好みの枯山水庭園にて

「庭は、水景を表現している。

水を用いず、白い砂の海、

青い叡山苔の島々、

あるいは島に老いる松

といった配置のなかに、

やがて樹叢の暗い陸に入り、

陸の表現として滝石が組まれている。」

 

叡山苔(エイザンゴケ)とは

鞍馬苔(クラマゴケ)の別名です。

名前に苔(コケ)とついているとおり

コケ植物に似た姿をしていますが

実は小型のシダ植物です。

 

苔(コケ)というのは

コケ植物、地衣類あるいは小さなシダなど

地面や岩や木などの表面に張り付くように

生えているものをさす言葉なんですね。

 

おまけ。

「タクワンの歴史」には

草苔(そうたい)という言葉が

使われています。

 

今日は二十四節気の啓蟄。

あたたかな朝でした。

 

『街道をゆく16』司馬遼太郎
叡山の諸道