『街道をゆく13』枯れ苔

『街道をゆく13』は壱岐・対馬の道。

 

苔(コケ)とシダ(羊歯)が登場します。

 

まず苔ですが

「枯れ苔」という記述がありました。

 

「曾良の墓」より

枯れ苔でおおわれた墓石の前に立つと、

曾良そのひとが

そこに居るようにも思われた。」

 

河合曾良(かわいそら)は江戸時代の俳人。

松尾芭蕉の身辺を小まめにみていた門人で

『奥の細道』の奥羽への旅に同行しました。

 

芭蕉の死後

曾良は幕府の巡見使の随員となり

九州を廻り壱岐島に上陸しましたが

壱岐の勝本で病没しました。

 

曾良の墓の写真を見ると

司馬さんが枯れ苔と表現したのは

墓石に付着している地衣類と

乾燥したコケ植物だと思います。

 

コケ植物の種類はわかりませんが

たしかにカラカラに乾いたコケ植物は

枯れたように見えるものもありますね。

 

でも雨が降って水に濡れれば

枯れたように見えた茶色の苔が

すぐにまた瑞々しい緑に回復します。

自然に生えているコケ植物は

丈夫なので簡単には枯れません。

 

司馬さん一行が訪れたのは

たまたまよく晴れた日が続いたあとで

苔が乾いていたのかもしれませんね。

 

司馬さんはそこにあった苔を

見たままに描写したのでしょう。

 

 

次は苔とシダです。

「山ぶどう」より

 

羊歯(しだ)も、石段の疲れを

こころよく癒してくれた。」

 

対馬にある海神(わだつみ)神社

を訪れた司馬さん一行が

長い石段をゆっくり降りてきたときに見た

苔とシダ(羊歯)です。

 

なんだか苔とシダを見ていると

癒されるような気がしていたのですが

国民的作家の司馬さんが書いているので

多くの人がそう感じるのでしょう。

 

 

もうひとつ苔です。

「赤い米」より

 

「芝生を踏んで奥へ入ると、

山への鄙びた石段があり、

むしていた。」

 

やはり対馬にある

天神多久頭魂(あめのたくづだま)神社。

この境内にある石段の描写です。

 

石段に苔やシダはよく似合いますね。

 

 

今日は彼岸の明け。

明日は十五夜、中秋の名月です。

見られるといいですね。

 

『街道をゆく13』司馬遼太郎
壱岐・対馬の道

モミジのタネをまいてみます

イロハモミジのタネ

イロハモミジのタネ

イロハモミジ(カエデ)を

タネから育ててみます。

 

モミジのタネまきの適期は

春三月と九月下旬頃から

十一月までとされています。

 

九月の下旬になれば

タネが茶色になっていなくても

すでに熟しているのだそうです。

 

十月中旬を過ぎてタネが完熟すると

発芽するまでに二年かかることが

多いのだとか。

 

ですから今頃タネをまけば

来年の春には発芽するはずです。

 

イロハモミジのタネを取ってきました。

写真のようにまだ黄緑色のタネと

すでに茶色になったタネがありました。

 

なにせはじめてのことなので

どうなるかわかりませんが

緑のも茶色のも両方まいてみます。

 

ちなみにプロペラのような羽は

不要なので取り除きます。

 

モミジのタネまきと管理は

鹿沼土小粒7と赤玉土小粒3の配合土

または赤玉土小粒のみの用土を準備。

駄温鉢平鉢に

タネの間隔を1から2cmあけてばらまき

タネがかくれるぐらいに覆土します。

鉢は明るい日陰に置いて

土を乾かさないように管理します。

 

さて先は長いですが

どうなることでしょうね。

来春が楽しみです。

 

参考書籍:
カエデ、モミジ (NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12か月)

苔が育つという高級じょうろ

じょうろ(如雨露)は園芸やガーデニングに

欠かせないアイテムのひとつなのですが

近くの園芸店ではなんと1種類!だけしか

じょうろを置いていませんでした。

 

ネットでさがしてみると

凄いじょうろがありました。

 

東京都墨田区にある根岸産業が作っている

高級な如雨露(じょうろ)です。

根岸産業はじょうろ専門のメーカー

というか町工場みたいですね。

 

テレビや雑誌でもたびたび紹介されていて

「趣味の園芸」のテキストにも

載ったことがあるようです。

 

盆栽専用の如雨露(じょうろ)は

いかにも盆栽家が使いそうな逸品ですね。


根岸産業 銅製竿長如雨露(じょうろ)4号

 

盆栽専用のほかにもガーデニング用の

英国型如雨露というのもありますね。

海外からの注文も多いのだとか。

 

根岸産業のホームページに気になることが

書いてありました。

 

根岸産業のじょうろは銅製、ステンレス製

そして真鍮製とあるのですが、

銅製の如雨露(じょうろ)の説明文に

「水に溶けだす銅イオンの効果により、

盆上の苔の生育が良くなる」

とあります。

 

銅イオンで苔が育つという話は

まったく知りませんでしたが

長いあいだ盆栽家に愛用されている

じょうろなのでそうなんでしょうね。

なんだか使ってみたいです。

 

ちょっと値段がねー・・・

一生ものの如雨露(じょうろ)ですよね。

 

今使っているじょうろが

だいぶ傷んできているので

良いじょうろを探しているところです。

 

山苔の育て方(2015年秋)

土の表面が乾いたらたっぷり

というのが水やりの基本なのですが

実は

苔(コケ)にとっては良くありません。

 

苔は安定した環境を好むので

乾燥と過湿を繰りかえされると

適応できずに弱っていきます。

 

蒸れに弱い山苔にとっても

基本の水やりは良くありません。

特に夏場にはダメージが大きく

変色してしまう原因になります。

 

山苔が夏を乗り切るには

できるだけ涼しい場所で

乾燥ぎみの安定した環境に

置いてあげるのがいいのです。

 

山苔は人気のある苔ですが

とてもデリケートで

育てるのはなかなか難しく

他の植物と一緒に育てると

失敗することが多いのです。

 

ミニ盆栽で樹木を引き立てるため

鉢土に山苔をはりつけたりしますが

きれいな黄緑色なのは最初だけで

徐々に変色して黒褐色になりがちなのは

樹木にとっては正しい水やりが

山苔にはダメージとなるからなのです。

 

一年をとおして

山苔のきれいな緑を愉しむには

山苔だけの苔ボールか苔鉢を

室内の窓際に置いたテラリウムで

やや乾きぎみに育てるといいようです。

 

 

秋は園芸シーズン

ベランダでの園芸やガーデニングも

ようやく楽しめるようになりますね。

 

秋は苔(コケ)を植え付けるのにも

良い季節です。

 

夏の暑さで弱っていた山苔も

ようやく元気を取りもどす頃です。

 

これから山苔を使って何か作るとすれば

ちょっとめずらしい山苔の苔玉(こけだま)

山苔を小さな鉢にこんもり植え付ける苔鉢

モミジのミニ盆栽に山苔をはりつけるなど

楽しみ方はいろいろあると思いますが

一番のおすすめは苔テラリウムですよ。

 

 

詳しい解説は山苔の育て方をご覧ください。

今回少し内容を改訂しました。

 

苔八は三周年!を迎えました

苔八 koke8.jp は三周年を迎えました。

 

いまでは

毎日300人から500人ほどの方々に

サイトを見ていただいています。

月間では一万人をこえるようになりました。

 

皆さま、ありがとうございます。

 

このサイトを訪れた方に人気のページ

トップ3を紹介します。

 

1位

苔玉(こけだま)の作り方

2位

山苔の育て方

3位

苔(コケ)の育て方

 

ちなみに4位は

苔玉はケト土なしで作れます

そして5位以降も

ハイゴケの育て方や苔玉の育て方

と作り方や育て方が続きます。

 

四年目となるこれからも

室内やベランダで気軽に愉しむ和風の緑

苔玉やコケのある鉢植えの作り方や育て方

できるだけ簡単で手間がかからない方法を

みつけて紹介していく予定です。

 

今後ともどうぞよろしくお願いします。

苔八より

 

『街道をゆく12』苔と蘚苔

『街道をゆく12』は十津川街道。

 

苔(コケ)と蘚苔(せんたい)が

一か所ずつ登場します。

 

まず苔の記述は

「五條・大塔村 下界への懸橋」より

 

吉野川の流域にある奈良県五條は

江戸幕府の代官所があった町で

いまも江戸期の雰囲気が残るという。

 

司馬さんは五條の町に

「江戸や明治期のにおいが残っている」

といい

「その昔の混雑が、いまは苔むし

かつは煤けているという

ふしぎな味わいなのである。」

と書いています。

 

そして蘚苔のほうは

「十津川 安堵の果て」にあります。

 

司馬さんは

明治二十二年八月の十津川大水害について

「災害という通念をはるかに超えたもの」

といい

大規模な山腹崩壊のあとをみて

「この天変は大きかった」とも。

 

山が大きく崩れたあとには

「そのまま太古からそうであったように

蘚苔が覆っているところがあった。」

と書いています。

 

 

「苔むす」とは

苔が生えること

また、年月を経て古めかしくなること

ですが

苔と蘚苔との違いは

 

まず「苔」というのは

コケ植物と地衣類、或いは小さなシダなど

石や樹木や土や湿地などに生える

小さな緑色の植物、菌類、藻など

ひっくるめて苔なんですね。

 

いっぽうの蘚苔とは

蘚類(せんるい)と苔類(たいるい)を

あわせた言葉でコケ植物のことです。

 

ちなみにコケ植物の中では

蘚類がもっとも種類が多く

園芸によく使われるハイゴケも山苔も

蘚類のコケ植物なんですよ。

 

 

九月一日は「防災の日」ですが

台風による被害に警戒が必要な

「二百十日」でもあります。

 

災害に備える水や食料の備蓄は

各家庭で1週間分は必要だとのこと。

確認しておきます。

 

『街道をゆく12』司馬遼太郎

十津川街道

五條・大塔村

十津川