『街道をゆく4』の冬苔

『街道をゆく4』には「冬苔」(ふゆごけ)

という言葉がでてきます。

 

「堺・紀州街道 氷雨の中の五輪塔」

冬の冷たい雨が降る中

南宗寺を訪れた司馬さん。

 

「南宗寺は周知のように臨済禅の名刹で、

堺第一等の大寺である。」

 

古田織部(おりべ)の作庭といわれている

枯山水の庭(国の名勝)に入りこみ

「利休遺愛の手水鉢」をながめ

さらに

「土を踏んで庭のすみへ行ってみると、

そこに五つばかりの小さな五輪塔がならんでいた。

(中略)

冬苔が雨をふくんでいかにも暗鬱な色をみせている。」

 

この「冬苔」という言葉ですが

手持ちの国語辞典には載っていません。

 

冬でも枯れない木や草を

冬木、冬草というように

冬でも緑の苔を冬苔と書いたのでしょうか。

 

この冬苔とは

五輪塔についた地衣類のことなのか

地面に生えているコケ植物なのか?

 

雨に濡れた路傍のギンゴケなどは

冬でも鮮やかな緑色なので

石に張り付いている地衣類の

ことかもしれませんね。

 

ちなみに私の国語辞典で

「苔(こけ)」は蘚苔類と地衣類

と説明されています。

 

『街道をゆく5』へつづく(いずれ)

 

三が日を過ぎたと思ったら

もう鏡開きです。

無病息災を祈願していただきます。

 

『街道をゆく4』司馬遼太郎

 

お正月飾りのシダはウラジロ

毎年のことながら

正月三が日はテレビを見ている間に

あっというまに過ぎてしまいました。

 

今年も苔八は

シダを使った苔玉と苔盆栽の

作り方と育て方に関する情報を

お届けする予定です。

 

ちなみに

お正月飾りの「しめ飾り」と「鏡餅」には

本来はシダが使われます。

 

ウラジロ(裏白)というシダです。

 

ウラジロ科のシダは葉の裏が白く

後ろ暗いところがない

清廉潔白を表すとされています。

 

ところこが最近は

裏白なしの「しめ飾り」や「鏡餅」が

多いかもしれませんね。

 

世相の現れなのでしょうか?

 

来年は裏白付きのしめ飾りを探します。

 

皆さまが幸せな年を過ごせますように。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

参考書籍:

『シダを楽しむ
人気の日本種・海外種200余種といろいろな育て方・楽しみ方
(別冊趣味の山野草)』