『街道をゆく3』のスギゴケ

『街道をゆく3 陸奥のみちほか』には

スギゴケとゼニゴケが登場しました。

 

「苔(コケ)」や「苔むす」という言葉は

これまでもときどき使われていましたが

特定のコケ植物名が書かれたのは

今回が初めてになります。

 

スギゴケとゼニゴケが登場するのは

「肥薩のみち 竜ケ城」の

薩摩蒲生(かも)郷の竜(りゅう)ケ城(じょう)

という小山の中腹に

梵字(ぼんじ)が彫られている

ビルほどの大きな岩の断崖を

見に行く途中の描写です。

 

先達が「腐葉土を踏みかためつつ

登ってゆくあとをかろうじてくっついてゆく」

司馬さんと須田さん(須田剋太画伯)。

 

「須田さんがあちこち指さしつつ名を

よんだ植物だけでも十五、六種類もあった。

カラスノキュウ、スギゴケ、ゼニゴケ、

竜の笹、山ミツバ。・・・・・・」

 

スギゴケは苔庭によく使われる苔で

やや日陰の湿った場所や

腐葉土のたまるようなところに群生し

山の急斜面の岩盤の多いところ

などにも見られるコケ植物です。

 

ゼニゴケも湿気の多い場所に生えます。

人家の周辺などでもよく見かけますが

園芸では嫌われものの苔ですね。

 

ちなみにカラスノキュウとは

ノボロギク(野襤縷菊)の方言

のようです。

 

そのほか「苔むす」が二か所でてきます。

 

まず「肥薩のみち 桃山の楼門」

熊本県の人吉にある願成寺という

寺の裏山の描写です。

「無数といっていいほどの五輪塔が

青く苔むし、ところどころにツバキや

山桜の老樹が陽をさえぎり」

 

つぎに「河内みち 香華の山」

大阪府南河内郡にある高貴寺

本堂の裏の奥山にある磐船神社での

須田画伯の様子です。

「この神代さながらの磐船(いわふね)の

苔むす樹林であちこちしゃがみこんでは

香華を嗅いでまわっているのである。」

 

「空海が感嘆して香華の山」とよんだとか。

ここで香華(こうげ)とは

「芳香を放つ下草」です。

 

『街道をゆく4』へつづく(いずれ)

 

『街道をゆく3 陸奥のみちほか』司馬遼太郎

ヤマモミジの紅葉

ヤマモミジの紅葉

ヤマモミジの紅葉

鉢植えのヤマモミジは

今年もなんだか微妙な

紅葉となりました。

 

写真のヤマモミジは

赤と橙が入り混じった

葉の色になり

それなりに紅葉した

といえる唯一の鉢植えです。

 

他の鉢植えのほとんどは

なんとも微妙な色になって

紅葉とは言い難い状態です。

 

なかにはまったく紅葉せず

葉が散ってしまったものも。

 

ちなみにハゼノキの鉢植えは

すべて真っ赤に紅葉したあと

今はほとんど葉が散っています。

 

ヤマモミジの鉢植えを

綺麗に紅葉させるのは

特に小さいミニ盆栽だと

難しいのかもしれません。

 

また一年後に向けて精進します。

 

近くの公園などのモミジは

日当たりがよい枝先から

紅葉が始まったところなので

来週あたりが見頃になりそう。

 

成田山の紅葉は

もう見頃を迎えたようです。

 

昨日は小雪

今日は勤労感謝の日

旧新嘗祭(にいなめさい)。

 

昨日、今日と

良く晴れて暖かでした。

立冬を過ぎたので

小春日和というのでしょうが

紅葉が終わらないと

冬という感じはありませんね。

 

七十二候の植物

一年を七十二等分した七十二候。

 

去年(2013年)の十月下旬

第五十二候(霜降の初候)

からはじめて

最後の第七十二候(大寒の末候)

が今年(2014年)の二月上旬。

 

節分で二十四節気とともに一巡して

翌日の立春から

第一候(立春の初候)が再スタート。

 

そして

今年(2014年)の十月中旬

第五十一候(寒露の末候)

で一年間七十二候を一周しました。

 

七十二候には苔(コケ)は登場しません。

 

しかし植物などはたくさん登場します。

 

第六候(雨水の末候)
「草木萠動(そうもく ほうどうす)」の草木

第八候(啓蟄の次候)
「桃始笑(もも はじめてわらう)」の桃

第十一候(春分の次候)
「桜始開(さくら はじめてひらく)」の桜

第十六候(穀雨の初候)
「葭始生(あし はじめてしょうず)」の葭(葦)

第十八候(穀雨の末候)
「牡丹華(ぼたん はなさく)」の牡丹

第二十一候(立夏の末候)
「竹笋生(たけのこ しょうず)」の筍

第二十二候(小満の初候)
「蚕起食桑(かいこ おきて くわをはむ)」の桑

第二十三候(小満の次候)
「紅花栄(べにばな さかう)」の紅花

第二十四候(小満の末候)
「麦秋至(ばくしゅう いたる)」の麦

第二十七候(芒種の末候)
「梅子黄(うめのみ きばむ)」の梅

第二十八候(夏至の初候)
「乃東枯(なつかれくさ かるる)」の夏枯草

第二十九候(夏至の次候)
「菖蒲華(あやめ はなさく)」の菖蒲

第三十候(夏至の末候)
「半夏生(はんげ しょうず)」のカラスビシャク

第三十二候(小暑の次候)
「蓮始開(はす はじめてひらく)」の蓮

第三十四候(大暑の初候)
「桐始結花(きり はじめて はなをむすぶ)」の桐

第四十候(処暑の初候)
「綿柎開(わたのはなしべ ひらく)」の綿

第四十二候(処暑の末候)
「禾乃登(こくもの すなわちみのる)」の稲

第四十三候(白露の初候)
「草露白(そうろ しろし)」の草

第五十候(寒露の次候)
「菊花開(きくばな ひらく)」の菊

第五十四候(霜降の末候)
「楓蔦黄(もみじ つた きなり)」の楓や蔦

第五十五候(立冬の初候)
「山茶始開(つばきはじめてひらく)」の山茶花(さざんか)

第五十七候(立冬の末候)
「金盞香(きんせんこうばし)」の水仙(すいせん)

第五十九候(小雪の次候)
朔風払葉(さくふうはをはらう)の葉

第六十候(小雪の末候)
「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」の橘

第六十四候(冬至の初候)
「乃東生(なつかれくさ しょうず)」の夏枯草

第六十六候(冬至の末候)
「雪下出麦(せっか むぎをいだす)」の麦

第六十七候(小寒の初候)
「芹乃栄(せり すなわちさかう)」の芹

第七十候(大寒の初候)
「款冬華(ふきのはなさく)」の蕗の薹(ふきのとう)

 

なんと

七十二候のうち二十八の季節は

植物で象徴しているのですね。

 

あたりまえですが

植物が季節の移り変わりを

教えてくれます。

 

参考書籍:
『イラストで楽しむ 日本の七十二候』

イングリッシュガーデンにも苔

苔(コケ)が使われている

イングリッシュガーデンが

美の壺「和の英国庭園(イングリッシュガーデン)」

という番組で紹介されていました。

 

そもそも

イングリッシュガーデン

または英国庭園とは

どんな庭なのでしょうか?

 

この番組では

「野山のような自然らしさを

表現するのが英国庭園です。」

と解説していました。

 

ある本には

日本でガーデニングブームを起こしている

いわゆる「イングリッシュガーデン」

と呼ばれる庭は

イギリスのコッテジガーデンの流れを

受け継いでいると書かれています。

 

そのコテッジガーデンについては

「田園地帯の田舎家では、
イギリスでもともと生育していた
たくさんの多年生植物を使った庭園が
相変わらずつくられていた。
この庭はコテッジガーデンと呼ばれ、
そもそも
イギリスの長い庭園の歴史に見られる
時代や様式の変化と関わりなく
存在してきた庭である。
農家の庭であることから、
室内を飾る草花もあるし、
毎日の食卓にのぼる野菜や果樹も
当然植えられており、
持ち主が自分自身でつくりだし、
かつ手入れも行う、
いわば生活の庭であるといえる。」

 

この農家の庭であるコテッジガーデンを

都市の富裕層が新しいタイプの庭として

とり入れていったものだそうです。

 

番組で正統派イングリッシュガーデン

として紹介されたのが

恵泉女学園大学の

恵泉蓼科ガーデン(長野県茅野市)

一般に公開されていないので

「秘密の花園」と呼ばれるそうです。

 

このイングリッシュガーデンには

イギリスでは使われない石が

使われていて

その石にはびっしりと苔が

生えているとのこと。

 

もうひつとつは

苔を大胆に用いた英国庭園で

高い評価を得たガーデンデザイナー

mossman(コケ男)こと

石原和幸さんの庭。

里山の風景がデザインのベースなのだとか。

 

湿度が高い日本では

英国庭園にも苔が生えて

なんとなく和風の庭になりますね。

 

参考書籍
『“イングリッシュガーデン”の源流―ミス・ジーキルの花の庭』宮前保子

 

十一月七日は立冬

暦の上では冬に入りました。

昨日も今日も曇り空

寒い一日が続いています。

 

ハゼノキは簡単に紅葉するかも

ハゼノキの紅葉

ハゼノキの紅葉

鉢植えのハゼノキが

紅葉しています。

 

ハゼノキ(黄櫨)は

鮮やかな紅葉が人気で

ミニ盆栽や苔玉にも

よく利用されます。

 

写真のハゼノキもそうですが

寄せ植えにして愉しむことが

多いようです。

 

ウルシの仲間なので

樹液によるかぶれに

注意する必要があります。

 

かぶれるのがいやで

剪定をせずにいたら

いつのまにか樹高が

40cmほどになってしまいました。

もうミニ盆栽とは

いえない大きさですね。

 

それでこのハゼノキの鉢植えですが

とくに気をつけて育てた

というわけでもありません。

 

もちろん水はやってますが

あとはほぼほったらかしです。

それでも写真くらいには

ちゃんと紅葉してくれました。

 

ヤマモミジの鉢植えの方は

気をつけて育てていても

なかなかきれいに紅葉してくれません。

たぶん今年も残念ながら

微妙な紅葉になりそうです。

 

ハゼノキはヤマモミジにくらべて

簡単に紅葉するのかもしれませんね。

 

 

ところで近所の公園のモミジは

まだまったく色づいていません。

 

ここ千葉県北西部の紅葉は

まだちょっと先の

十一月中旬から色づきはじめ

下旬ごろに見頃となりそうです。