『街道をゆく1』の苔(コケ)

司馬遼太郎の作品が好きで

いろいろと読みました。

 

『竜馬がゆく』や『坂の上の雲』など

長編小説はもちろん面白いのですが

私は『街道をゆく』シリーズを

一番気に入ってます。

 

『街道をゆく1』から『街道をゆく43』まで

全43巻を読破したあとも

ところどころ読み返しています。

 

また最初から読みなすことにしました。

今度は時々書かれている植物や

特に苔(コケ)のことを確認しながら

読んでみます。

 

まず、『街道をゆく1』

最初に登場する植物は

なんと「大根葉」でした。

 

野菜を除けば、桜、杉、

そして三番目に苔が登場します。

 

「湖西のみち 朽木の興聖寺」

第十二代足利将軍義晴が作った

枯山水の庭園のある寺に向かう山坂で

 

「坂は老いた杉のために陽がわずかに射し、

苔のにおいがしたのをおぼえている」

 

杉の根元など半日陰で育つ苔は

ホソバオキナゴケかもしれませんね。

 

次は水苔です。

「竹内街道 三輪山」

三輪神社に登っていく参道にて

 

「この細流の小石の水苔の下から、

ときに勾玉が出てくるという」

 

この水苔がコケ植物のミズゴケ

のことなのかどうかは?

 

最後は翠苔(すいたい)という言葉。

「長州路 湯田」

湯田の宿の庭にて

 

「おそらく

作庭して二百年は経ているらしい赤松が、

こまかい雨に濡れて

枝もその根方の翠苔も

じつにあざやかであった。」

 

翠苔とは緑色のコケ。青々としたコケ。

という意味。

 

コケ植物と地衣類との両方かも。

 

ちなみにマツタケが植物として登場します。

『週刊朝日』に掲載されたのが1971年。

植物と菌類が別になる五界説が

ホイタッカーによって提唱されたのが1969年。

まだまだ知られていなかったのでしょうね。

 

『街道をゆく2』へつづく(いずれ)

 

『街道をゆく1 湖西のみち、甲州街道、長州路ほか』

 

すでに第四十六候(秋分の初候)

「雷乃収声(かみなり すなわち こえをおさむ)」

雷がならなくなる頃は過ぎ

今は第四十七候(秋分の次候)

「蟄虫坏戸(ちっちゅう とをとざす)」

虫が隠れて土の穴をふさぐ頃です。

 

でもまだ虫が鳴いてますね。

実際に虫が隠れるのは

もっと寒くなってからのようです。

 

室内だけで育てる苔テラリウム

苔テラリウム(山苔)

苔テラリウム(山苔)

151-140923b

今年の猛暑も

なんとか乗りきりました。

 

二年目の夏を越えた

苔テラリウムです。

 

すっかり形が変わり

今では何なのか

よくわからなくなって

しまいましたが

もともとは

とっても小さなミニ苔玉

だったんですよ。

 

苔(コケ)の種類は

ホソバオキナゴケ(山苔)

植え込んだ植物は

プミラの挿し木でした。

 

前回(2014年7月4日)は

まだ苔玉テラリウムとして

紹介していましたが

さすがにもう苔玉というのは

かなり無理がありますね。

 

去年(2013年)の五月に作ってから

室内の明るい日陰に置いて

プラスチックケースを利用した

簡易テラリウムの中だけで

一年中ずっと育てました。

 

こんな簡単なテラリウムでも

2から3カ月に一度の水やりで

湿度はほぼ安定します。

 

温度も大きな変化がない環境なら

ホソバオキナゴケは

徒長ぎみにどんどん生長します。

 

ミニ苔玉に植え込んだプミラは

ここにきて弱り気味で

上の方の葉が少し傷んでます。

用土が少なく肥料もなし

明るい日陰という環境では

これ以上の生長は無理でしょうね。

 

苔(コケ)だけのテラリウムなら

室内だけで育てるとしても

ほとんど手間をかけずに

苔の生長を愉しむことができますね。

 

苔テラリウム-151

ホソバオキナゴケ(山苔)

フィカス・プミラ

ガラス鉢の大きさ:
5cm×5cm×5cm

 

 

今日は秋分の日

秋のお彼岸の中日です。

 

昼と夜の長さが

ほぼ等しくなる日ですが

実際に昼夜の長さが

同じになるのは

秋分から三日後の

彼岸明けなのだそうです。

 

これから徐々に

夜が長くなっていきますね。

 

今日は爽やかな秋晴れでした。

 

小さな鉢で小さく育てる

ミニ盆栽や草もの盆栽は

小さい姿のままで

長く持ち込むところに

味わいと愉しみがあります。

 

樹高や草丈を低くするには

小さな鉢で育てるのが

大事なポイントのひとつです。

 

樹木でも草ものでも

小さな鉢で育てると小さく

大きな鉢で育てると大きく

生長します。

 

ミニ盆栽のつもりでも

木を大きな鉢で育てると

木の幹がいつまでも若く

上に向かって伸びるので

下枝がなくなり

古さが出てきません。

 

ところが

小さな鉢で育てると

木の根元が太くなり

樹高も低いままで

木に古さが表われます。

 

ただし

小さな鉢ほど

水切れには注意が必要です。

 

以前

苔(コケ)と砂と石それと

小さなハゼの寄せ植えで

苔盆景を作ったのですが

大きめの鉢に小さな木を

そのまま植えてしまった

ことがあります。

 

その後

その木はどんどん生長して

いまでは

苔盆景でもミニ盆栽でもなく

たんなる鉢植えの体です。

 

ハゼノキはウルシの仲間で

かぶれることもあるので

剪定もせずにそのままに。

どうしたものか思案中です。

 

なんとかうまく

仕立て直すことができたら

紹介したいと思います。

 

小さな盆栽鉢は

その形や模様が様々で

植え込む植物にあうものを

よく吟味してみるのも

愉しみのひつとですね。

 

しかしながら

いい鉢はそれなりに高価

だったりするので

自分で好みの鉢を

手作りする方も

いるようですよ。

 

参考:『図解 群境介のミニ盆栽コツのコツ』

 

今は白露の末候(第四十五候)

「玄鳥去(つばめ さる)」

春にやってきた燕が

台湾や東南アジアなど

南の国へ帰って行く時季です。

 

明日から秋のお彼岸です。

今朝はだいぶ涼しく感じました。

 

 

夏をテラリウムで過ごした山苔

苔テラリウム(山苔)

苔テラリウム(山苔)

163-20140914b

山苔は夏が苦手。

 

高温多湿で蒸れて

変色してしまうことも

しばしばです。

 

屋外の山苔の苔鉢は

この時期状態が悪い

ものが多いようです。

 

写真の苔ボールは

2014年4月29日に紹介した

山苔のテラリウム

今日の様子です。

 

今年の猛暑の夏を

室内の窓辺に置いた

ガラス瓶のテラリウムで

過ごしました。

 

写真では蓋をとってますが

実際にはガラス瓶の蓋を

した状態で置いてあります。

 

7月4日に水やりしてから

八月は水やりなし

九月に入って今日

72日ぶりに水やりしました。

山苔の状態はとても良いです。

 

山苔は暑さには弱いのですが

日陰でも耐えられるので

涼しい明るい日陰に置いて

テラリウムで育てれば

夏でも元気でいてくれます。

 

屋外でも日陰に置いた

テラリウムの山苔は

状態が良いですね。

 

デリケートな山苔も

テラリウムでなら

育てやすいようです。

 

今は第四十四候(白露の次候)

「鶺鴒鳴」(せきれい なく)」

鶺鴒が鳴き始める時季

ということなのですが

どういう意味なのでしょうか?

 

ちなみに鶺鴒は私の郷里

喜多方市指定の鳥です。

 

ここ千葉県北西部では

昨日、今日と秋晴れです。

 

気温25度を超える夏日でも

湿度が50%を下回れば

からりとさわやかですね。

 

明日も晴れそうです。

 

苔玉のシダの葉をどう切るか

夏の間

苔玉(こけだま)に

植え込んであるシダの葉が

だいぶ伸びました。

 

葉先などが傷んだもの

枯れた茎葉もあります。

 

傷んだ茎葉は根元から

切り戻すのですが

それだけでは

趣のある葉姿の苔玉

にはなりません。

 

鉢植えのシダなら

元気よく葉が茂っているほうが

よいのですが

苔玉に植え込んだシダの場合は

あまりいい姿にはなりませんね。

 

かといって葉が少なすぎると

今度はさみしい姿になります。

 

きれいな葉姿の苔玉にするには

どのように仕立てればよいのか?

 

草花を美しく飾るのは

やはり生け花なので

『はじめての池坊いけばな入門』

という入門書を読んでみました。

 

生け花ではアジアンタムやタマシダなど

シダ植物も葉物としてよく使うようです。

ちなみに

もみじ(カエデ)は使いますが

苔(コケ)は使わないようですね。

 

この本で解説されている

美しい基本の形は参考になりました。

うまく苔玉に活かせればよいのですが。

 

精進あるのみです。

 

 

今は第四十三候(白露の初候)

「草露白(そうろ しろし)」

朝、草の葉に露が白く光る頃。

 

子供の頃から今まで

朝露のついた野草のことを

種類に関わらずみんな露草と

呼ぶものと思い込んでいました。

 

露草(ツユクサ)という植物が

ちゃんとあるのですね。

道端などでもみかけることがある

青い花を咲かせる一年草で

別名「月草」とも。

 

朝咲いた花が昼にはしぼむことが

朝露を連想させることから

その名が付いたとか。

 

クローバーの葉に付いた

朝露もきらきらと光っています。

 

ハイゴケの苔玉にコスギゴケが

苔玉(ハイゴケ、タマシダ)

苔玉(ハイゴケ、タマシダ)

211-140906c

この苔玉(こけだま)も

苔(コケ)の部分を

ガラス瓶の中に

すっぽりと入れる

簡易テラリウムで

育てているものです。

 

今年(2014年)7月9日に

紹介した苔玉の写真でも

ハイゴケ(這苔)はかなり

伸びてはいたのですが

ハイゴケの色はまだ

瑞々しい黄緑でした。

 

その後もハイゴケは伸び続け

ガラス瓶の中のすき間が減ると

空気が淀むようになるためか

猛暑によりハイゴケが蒸れて

変色気味になってきました。

 

一番下の写真(3枚目)が

今日、苔玉をガラス瓶から

取り出したときの様子です。

 

ハイゴケはだいぶ伸びていて

ぼうぼうになっていましたが

幸いそれほど変色は

進んでいませんでした。

 

この苔玉のハイゴケ全体が

もとの瑞々しい黄緑に戻るよう

ハイゴケの葉を切り戻しました。

 

一番上の写真(1枚目)が

ハイゴケの葉を切り戻して

苔玉がすっきりと丸い形に

戻った後のものです。

 

この写真で見ると7月に比べて

タマシダの葉もだいぶ伸びたのが

よくわかりますよね。

 

いつのまにか苔玉の下の方に

ハイゴケとは明らかに違う形の

苔が二本、コスギゴケ?

らしきものが育っていました。

(2枚目の写真の右下)

 

もともと

ハイゴケにまじっていたものが

夏の間に生長したのでしょう。

切らずにそのままにしました。

ハイゴケが伸びた苔玉

ハイゴケが伸びた苔玉

 

苔玉-211

ハイゴケ(這苔)

ネフロレピス(タマシダ)

苔玉の直径:約8cm

苔玉の高さ:約15cm

 

 

ちなみに

苔八 koke8.jp は2周年です。

皆さま、ありがとうございます。

これからも

室内やベランダで気軽に楽しめる

しっとりとした和風の緑を

紹介していく予定です。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

昨日、今日と蒸し暑いですが

来週にはもう白露(はくろ)ですね。

 

植物界最強の脇役、苔(コケ)

植物男子ベランダーという番組に

ようやく苔(コケ)が登場しました。

 

ストーリーとは直接関係のない

ミニコーナー「愛しの草冠」で

「草かんむりに台と書いて苔(こけ)」

との紹介。

 

まずコケ植物については

「蘚苔類またはコケ類の植物

世界で約2万種が知られている」

と簡単な説明。

 

苔のイメージは

地面に這いつくばるように増えていく

地味

侘(わび)、寂(さび)の世界

盆栽の引き立て役

 

そして

「自らを主張せず

主役を活かすことに徹するその姿は

まさに植物界最強の脇役」だと。

 

地味な脇役の苔。

そこがいいのかもしれません。

 

苔に関するトピックとしては

バイ菌をよせつけないほど

高い抗菌性を持ち

第一次世界大戦時には

脱脂綿の代用品になったことや

 

ワニの身体に付着する

コケと名のつく地衣類があること

 

苔寺として有名な

京都の西芳寺も紹介されました。

 

この番組の原作は

『ボタニカル・ライフ―植物生活』(いとう せいこう)

という本ですが

著者のいとうせいこうさんは

他にも植物に関する本を

何冊か書いているようですね。

 

今は第四十二候(処暑の末候)

「禾乃登(こくもの すなわちみのる)」

禾(のぎ)とは稲、麦、粟など穀物のこと。

登は、ここでは実るという意味。

稲が実り穂を垂らす時季です。

 

朝夕はだいぶ涼しくなりました。