ハイゴケの育て方(2014年夏)

ハイゴケ(這苔)

ハイゴケ(這苔)

【ハイゴケの特徴】

ハイゴケ(這苔)は

黄緑か茶色みを帯びた色で

土手、岩、倒木の上などに

這うように広がります。

 

日当たりと湿度を好み

生長が早く丈夫な苔です。

 

美しい黄緑色のハイゴケですが

乾燥すると葉が茶色に変色し

立ち上がったようになります。

 

ハイゴケは苔玉の材料として

もっともよく使われています。

また

苔庭、苔盆栽、テラリウムなどにも

よく利用される人気のある苔です。

 

ただしハイゴケは

土の上に軽く載っているだけなので

簡単にはがれてしまうのが難点です。

 

【ハイゴケの育て方】

ハイゴケをきれいな黄緑色のままで

育てるには日当たりと湿度がポイントです。

ハイゴケが乾燥すると

葉の先端から茶褐色に変色して

立ち上がってくるのですぐにわかります。

 

置き場所:

ハイゴケは基本的に日当たりを好みます。

ただし

日当たりが良すぎても乾燥してしまうので

木漏れ日があたる半日陰がよさそうです。

また強い風があたる場所は

やはり乾燥がすすむので避けてください。

 

水やり:

ハイゴケは湿度を好みます。

毎日でも水やりや霧吹きなど

とにかく乾燥しないようにします。

過湿ぎみでも大丈夫なので

できるだけ空中湿度を保ってください。

 

用土:

用土はなくてもハイゴケは育ちます。

栄養のない素材の用土であれば

大丈夫だと思います。

 

肥料:

ハイゴケに肥料は必要ありません。

肥料は苔にとっては有害なので

ハイゴケには与えないで下さい。

 

ハイゴケは湿度を保ったうえで

適度に日にあててあげれば

瑞々しい黄緑色のままで

どんどん生長してくれますよ。

苔ボール(ハイゴケ)

苔ボール(ハイゴケ)

 

ハイゴケの苔玉の育て方なら

ボールやシリンダの形をした

ガラス容器などに

苔玉をすっぽりと入れた

苔玉の半テラリウムが

おすすめです。

 

 

このページは

ハイゴケの育て方(お世話)
ハイゴケの育て方(お世話)その2

の内容を改めたものです。

 

なおこの投稿以降に書き改められる

最新の解説については

ハイゴケの育て方をご覧ください。

 

今は大暑の初候(第三十四候)

「桐始結花(きり はじめて はなをむすぶ)」

桐が実をつけ始める頃。

梅雨が明けて

厳しい暑さになりました。

 

赤玉土小粒・極小粒のサイズ

赤玉土極小粒のサイズ

赤玉土極小粒のサイズ

苔玉(こけだま)や

ミニ盆栽の

用土の材料となる

赤玉土(園芸用語集)。

 

赤玉土には

粒のサイズにより

大粒、中粒、小粒、極小粒、

そして細粒とがあります。

 

それぞれの粒のサイズは

以下のとおりです。

 

大粒:10mm~20mm

中粒:6mm~10mm

小粒:3mm~6mm

極小粒:2mm~3mm

細粒:1mm~2mm

 

苔玉やミニ盆栽の用土としては

大粒、中粒は使いません。

小粒以下の粒を使います。

 

近くの園芸店では

赤玉土小粒はあるのですが

極小粒や細粒は置いてません。

 

ネットでは見つかりますが

ちょっと高価ですね。

 

手頃なところで

園芸店の赤玉土小粒を

使うことになるのですが

小粒といっても実際には

6mmより大きい粒も

ある程度まじっています。

 

赤玉土はみじんを取り除くため

ふるいにかける必要があるので

網目の違うふるいを使って

2回ふるいにかけます。

参考
赤玉土、ふるいにかけて水はけよし

 

みじんをとるために

細かい網目のふるいにかけるのと

大きな粒を分けるために

粗めのふるいにかけるのとの

あわせて2回です。

 

私の使っているふるいなら

2mm~4mmと

ほぼ極小粒のサイズと

4mmより大きな粒に分かれます。

 

このほぼ極小粒サイズの土を

苔玉やミニ盆栽の用土の

材料として使っています。

 

苔玉の用土の材料として

赤玉土の細粒を使うという

解説書もありますが

極小粒で問題ありません。

 

大きな方の粒は

4mm~8mmほどなのですが

極小粒に比べると

かなり大きく感じます。

こちらはミニ盆栽の鉢底の

ごろ土として使っています。

 

ちなみに

みじんの使いみちは検討中です。

いい方法がみつかったら

ご紹介します。

 

 

今日

関東も梅雨が明けました。

 

明日は大暑(たいしょ)。

二十四節気の

もう十二番目です。

 

ミンミンゼミが

鳴きはじめました。

 

山苔の育て方(2014年夏)

山苔の育て方について

山苔の育て方(2013年)

の内容を改めました。

ホソバオキナゴケ(細葉翁苔)

ホソバオキナゴケ(細葉翁苔)

アラハシラガゴケ(粗葉白髪苔)

アラハシラガゴケ(粗葉白髪苔)

【山苔とは】

山苔というのは

園芸店などで販売されるときの

名前で本当は

ホソバオキナゴケ(細葉翁苔)と

アラハシラガゴケ(粗葉白髪苔)

のことです。

 

ホソバオキナゴケ(写真上)は

その細葉という名前のとおり

葉先が細く真っすぐで揃っています。

 

アラハシガラゴケ(写真下)は

ホソバオキナゴケに比べて

葉先が曲がり向きが揃っていないので

ふさふさした感じに見えます。

 

どちらもシラガゴケ科のコケで

乾燥すると葉が白くなって

まるで白髪のようになります。

 

逆に過湿な状態だと

山苔の葉は濃い緑色になります。

 

また、こんもりとした形から

「まんじゅうごけ」とも呼ばれます。

 

生長はとてもゆっくりで

杉の大木の根元などで

半球状に盛り上がるように生えます。

 

日陰から半日陰を好み

乾燥や寒さには強い苔ですが

蒸れには弱いという特徴があります。

 

苔庭に使われることも多く

苔寺といわれる京都西芳寺の

苔庭の主要な苔のひとつで

こんもりとした群落をつくり

独特の色合いと質感に人気があります。

 

「苔八」では

山苔を苔盆栽や苔玉に利用しています。

 

【山苔の育て方】

山苔はとてもデリケートな苔で

温度や湿度が安定した環境

に置くことがポイントです。

山苔は比較的乾燥に強いのですが

瑞々しい緑のままで山苔を育てるには

適度な空中湿度で安定した環境

に置く必要があります。

 

また寒さにも強い山苔ですが

屋外だと冬は休眠するので

冬の間も緑を愉しむには

室内などに置いて

防寒する必要があります。

 

置き場所:

山苔は半日陰でも大丈夫ですが

温度変化の少ない

明るい日陰の方がよいです。

室内であれば

レースのカーテン越しの窓辺など

明るい日陰に置いて下さい。

直射日光やエアコンの風が

直接当たらない場所です。

できるだけ

気温や湿度の変化が少ない場所に

置いてあげるとよいです。

 

水やり:

山苔に直接水をかけるよりも

空気中の湿気が高い場所に

置いてあげることが重要です。

特に蒸れには弱いので

葉が濡れた状態で気温が上がると

苔が弱って変色してしまいます。

日中は蒸れをおこすので避けて

朝か夕方にの水やりして下さい。

 

用土:

用土は栄養のない素材の用土

例えば

赤玉土や砂などで大丈夫です。

山苔と用土を密着させることが

大事なポイントです。

 

肥料:

山苔に肥料は必要ありません。

肥料は苔にとっては有害なので

山苔には与えないで下さい。

 

 

山苔は日当たりと温度湿度が

安定した環境に置いてあげれば

一年中緑のままで生長します。

山苔の苔ボール

山苔の苔ボール

山苔の苔玉の育て方なら

ガラス容器などに

苔玉をすっぽりと入れた

苔玉の半テラリウムが

おすすめです。

 

写真のように苔ボールを

ガラス保存瓶に入れた

テラリウムなら

明るい日陰に置いて

数か月に一度の水やりだけで

いつもきれいな緑を愉しめます。

 

参考
山苔の色(変色について)

 

なおこの投稿以降に書き改められる

最新の解説については

山苔の育て方をご覧ください。

 

いまは第三十三候(小暑の末候)

「鷹乃学習(たか すなわち がくしゅうす)」

鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える頃。

来週は大暑ですね。

 

ハイゴケは必ず這うとは限りません

ハイゴケのボトルテラリウム

ハイゴケのボトルテラリウム

ハイゴケ(這苔)は

その名のとおり

横の方へと這うように

伸びるのが普通です。

 

ただし

以前(2013年10月29日)

ガラスを這いあがるハイゴケ

で紹介したように

せまい場所ではガラスに沿って

上の方向に這いあがる

ということもありました。

 

この場合でもハイゴケは

ガラス面を這うように

生長したのだと

思っていたのですが。

 

しかしながら

必ず這うように生長する

というものでもなさそうです。

 

上の写真は

ハイゴケのボトルテラリウムです。

 

ガラス瓶の中のハイゴケが

上に向かって伸びているのが

わかると思います。

 

ハイゴケとガラス面の間には

少し余裕があって

ガラス面を這うように

伸びているのではありません。

真上にあるハイゴケも

まっすぐ上に伸びています。

 

この苔テラリムは

やや変色ぎみのハイゴケを

元気を取り戻すために

ガラス瓶に入れたものです。

今年の5月下旬のことです。

 

それから

約1カ月半経過した今は

ガラス瓶の中で

ハイゴケは元気に生長し

瑞々しい緑色になりました。

 

変色した部分はその名残が

根元部分にほんの少しだけ

みえるだけに回復しています。

 

ハイゴケにしても

風で乾燥する心配がなく

光と湿度が十分あれば

這うことなく上に伸びるようです。

 

 

台風が過ぎてからは

ほとんど雨も降らず

連日の真夏日と熱帯夜

いったい梅雨はどこへ

いってしまったのでしょう。

梅雨明けが近いのかも。

 

苔玉は作り方より育て方

苔玉(ハイゴケ、プテリス)

苔玉(ハイゴケ、プテリス)

苔玉(こけだま)の作り方

をまとめてはみました。

 

けれども

つまるところ

苔玉というのは

植え込む植物の根鉢を

苔(コケ)でくるめば

それで出来上がりです。

 

難しいことをする必要は

まったくありません。

 

植物の根鉢は

ほとんど崩さなくていいんです。

苔玉用の用土に替える

必要もありません。

 

初めて苔玉を作るときは

できるだけシンプルな方法を

おすすめします。

参考
苔玉(こけだま)の作り方

 

苔玉を作った後に

植え込んだ植物が弱ったり

枯れてしまったりするのは

根鉢を崩したときに

大切な根を傷つけていたり

苔玉用の用土がその植物に

あわなかったのかも。

 

根鉢をほとんど崩さず

根のまわりの土を

かえなければ

植え込む植物に

ダメージを与える

心配はありません。

 

また

苔玉に巻いた緑の苔が

しばらくすると

茶色に変色してしまうのは

ほとんどの場合

苔玉の作り方が悪いのではなく

苔玉の育て方の問題です。

 

苔玉を上手に育てるには

水やりがポイントなのですが

ちょっとしたテクニックが必要です。

 

一般的には水切れしないように

毎朝

腰水という方法で水やりします。

そして夏場には

朝晩の水やりが必要なんです。

さらに

苔玉が軽くなるほど

乾燥しているときには

ドブ漬けといって

水を入れたバケツなどに

苔玉を沈めて

数分間吸水させる

ということも必要です。

 

はっきり言って

かなり手間がかかります。

 

ベランダで育てる場合には

それでも苔が茶色に変色して

しまうことが多いかもしれません。

 

もっと簡単に緑の苔のままで

しかも室内に飾りながら

苔玉を育てることができる

いい方法があります。

 

苔玉テラリムという方法です。

いくつかの条件がありますが

ぜひ一度ためしてみてください。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

苔玉(こけだま)の育て方

 

写真は二年目の苔玉です。

去年(2013年)の8月9日に

紹介(苔玉瓶-139)してから

もう1年近くになります。

 

もちろん今も

ガラス瓶の中に入れて

テラリウムで育てています。

ハイゴケが伸びて

すこし手狭になりました。

 

プテリスの葉はすべて

今年になって伸びたものです。

全体に小ぶりになりましたが

写真右上の方には

渦巻き状の新芽もあります。

 

ハイゴケもきれいな緑色です。

 

これからどんどん暑くなりますが

ハイゴケとプテリスの組み合わせなら

真夏でも元気に生長して

瑞々しい緑をみせてくれますよ。

 

苔玉-139

ハイゴケ(這苔)

プテリス・エバージェミエンシス

苔玉の直径:約6.5cm~約7cm

苔玉の高さ:約11cm

 

苔テラリウムで生長を観察

苔テラリウム(ハイゴケ)7月12日

苔テラリウム(ハイゴケ)7月12日

苔テラリウム(ハイゴケ)5月23日

苔テラリウム(ハイゴケ)5月23日

苔玉を作ったあとの

あまった用土から

いつのまにか

ハイゴケらしき苔が

生えていました。

 

さっそく

まわりの用土ごと

すくいとって

ガラス瓶に入れて

蓋をしておきました。

 

苔テラリウムにして

苔の生長を観察してます。

 

ハイゴケ(這苔)は用土がなくても

テラリウムで育てれば

どんどん生長します。

 

これまではいつも

マット状に生長したハイゴケを

テラリウムにしていたので

ある程度生長する前の姿は

あまり見たことがありません。

 

苔盆栽の山苔の間にかくれて

すこしずつ生長を続け

ハイゴケだと気づいたときには

山苔にからみついて

ひょろっと伸びている状態です。

 

下の写真が

ハイゴケらしき苔が生えた用土を

ガラス保存瓶に入れた日の状態で

5月23日に撮影したものです。

 

まだハイゴケらしき苔の緑は

ほんの少ししかみえません。

 

それから1カ月半ほど経過した

今日の状態が上の写真です。

 

ハイゴケらしき苔は

だいぶ生長してきましたね。

 

この苔がマット状になるまで

うまく生長するかどうか

わかりませんが

引き続き生長を観察してみます。

 

ガラス保存瓶などを使った

苔のテラリム栽培に興味のある方は

苔のテラリウムによるポット栽培

もご覧ください。

 

 

第三十二候(小暑の次候)は

「蓮始開(はす はじめてひらく)」

清らかさの象徴とされてきた

蓮の花が開き始める頃です。

 

台風が過ぎたら

真夏日と熱帯夜

今夜も寝苦しくなりそうです。

 

苔玉にする植物の根鉢は崩さない

苔玉(ハイゴケ、タマシダ)

苔玉(ハイゴケ、タマシダ)

苔玉(こけだま)の作り方は

YouTubeでもいろいろと

紹介されていますね。

 

やっぱり動画だと

一目瞭然よくわかります。

 

でも作る人によって

作り方に違いがあって

なかにはちょっと首をかしげる

内容のものもありました。

 

なかでも

ひとつ気になったのが

苔玉に植え込む植物の

根鉢を崩すのかどうかです。

 

根鉢の土をほとんど取ってから

苔玉用の用土で根を包む

という方法のものがありました。

 

この方法はちょっと

初心者にはおすすめできません。

 

根鉢から土を落とすときに

大切な根を傷つけるかもしれないし

さらに苔玉の用土が

その植物に合うとはかぎりません。

 

苔玉の用土は

ケト土を主体として赤玉土などを

ブレンドしたものが多いのですが

(苔八ではケト土を使いません)

ケト土は形を作りやすくするための

粘土質の土で植物にとっては

あまりいいものではありません。

 

苔玉に植え込む植物にとって

最適の用土をブレンドする

ことができるのでないかぎり

根鉢はできるだけ崩さずに

もともとの土を残すべきです。

 

形を丸くしやすいように

根鉢の角をほんの少しだけ

崩す程度にするのがよいですよ。

 

苔玉(こけだま)の作り方もご覧ください。

 

写真の苔玉(こけだま)は

三カ月半ほど前に紹介した

苔玉-211(投稿:3月26日)

の今日の様子です。

 

もちろんこの苔玉も

半テラリウムで育てています。

ハイゴケの球の部分を

ガラス瓶の中にすっぽり入れて

育てる方法です。

 

ハイゴケが全体に瑞々しく

きれいな黄緑色です。

 

ガラス瓶の中でどんどん生長し

特に苔玉の下の方は

形がわからいほどぼさぼさです。

 

苔玉を作ったときの直径は約8cm

だったのですが

今は10cmほどに膨らんでます。

 

ちなみに

タマシダの茎葉は

すべて新芽が伸びたものです。

前の写真に写っている

古い茎葉は傷んでいたので

すべて根元から切り取りました。

 

タマシダの状態は良いのですが

肥料を与えないので

どんどん伸びることはありません。

 

 

今は第三十一候

小暑(しょうしょ)の初候

「温風至(あつかぜ いたる)」

南から暖かい風が

吹いてくる時季です。

 

しばらくは大型で強い台風8号の

動きから目が離せませんね。

 

苔玉-211

ハイゴケ(這苔)

ネフロレピス(タマシダ)

苔玉の直径:約8cm~10cm

苔玉の高さ:約11cm

 

信濃川源流には苔(コケ)

日本で一番長い川

信濃川(長野では千曲川)の源流は

甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)にあります。

 

甲州(山梨)、武蔵(埼玉)、信州(長野)

の境にあることから甲武信ヶ岳と

名付けられたといわれる

奥秩父の山(標高2475m)です。

 

NHKのにっぽん百名山という番組で

信濃川(千曲川)の水源近くの様子と

苔むした森が紹介されていました。

 

美しい形のムツデチョウチンゴケや

小さな木のような形をした

フジノマンネングサなど

様々な瑞々しい苔が

岩や倒木などの上に広がって

細流沿いに緑が続いています。

 

信濃川の水源は甲武信ヶ岳の

中腹2160m地点にあります。

 

日本一長い川の最初の一滴は

苔とシダと岩にかこまれた場所の

ダケカンバ(岳樺)の根元から

しみだすように流れ出ていました。

 

しみだした水は苔と岩を伝って

下流へとながれていきます。

 

苔から滴り落ちた一滴の水が

やがて大河となり

日本海に注がれるのは

およそ5日後だそうです。

 

 

今日は二十四節気の十一番目

小暑(しょうしょ)、

暦の上では梅雨が明け

本格的な夏に向かう頃です。

 

そして今夜は七夕なのですが

残念ながら雨空です。

なんだか毎年

雨だったり曇っていたりで

星は見えないことが多いですね。

 

天の川を見るのには

旧暦の七夕(八月)のほうが

よい時季なのでしょうね。

 

有名な仙台七夕まつり

旧暦だったころの名残で

月遅れの8月6日から8日に

毎年開催されています。

 

今日から暑気に入ります

梅雨明けはまだ先ですが

暑中お見舞い申し上げます。

 

苔玉テラリウムなら一年中室内で

ミニ苔玉(山苔、プミラ)

ミニ苔玉(山苔、プミラ)のテラリウム

ミニ苔玉の簡易テラリウム

前回(2013年12月20日

冬でも瑞々しい苔玉テラリウム

紹介してから約半年経過した

今の様子です。

 

今年の三月上旬から

ほぼ四カ月ぶりに水やりをしました。

 

苔がだいぶ生長

というかずいぶんと徒長して

ぼうぼうになってしまいました。

 

苔はホソバオキナゴケなのですが

山苔らしからぬ姿になってしまい

なんだか

違う種類の苔のようですね。

 

ずっと室内なので

もっと水は少なめでよさそうです。

 

挿し木したプミラは

前回と比べて

ほとんど生長していません。

 

プミラの状態は良いのですが

苔玉が小さくて用土が少ないので

これ以上大きくなれないようです。

 

このミニ苔玉を作ったのは

去年の五月下旬なので

もう一年以上になります。

 

室内の明るい窓辺に置いたまま

数か月に一度の水やり以外は

苔玉を外に出すことはありません。

 

ちなみに写真は

プラスチックケースから出して

撮影しましたが

前回の写真と同じ

プラスチックケースに

入れて飾ってあります。

 

小さめの苔玉のテラリウムなら

ほとんど手間をかけなくても

一年中室内の窓辺で

小さな緑を愉しむことができますよ。

 

今日は霧雨

来週にはもう小暑ですね。

 

ミニ苔玉-151

ホソバオキナゴケ(山苔)

フィカス・プミラ

苔玉の直径:約4cm

全体の高さ:約9cm

ガラス鉢の大きさ:5cm×5cm×5cm

 

春もみじの新芽がうどんこ病に

春もみじ(出猩々)新芽がうどんこ病

春もみじ(出猩々)新芽がうどんこ病

2-20140701b

春もみじが終わり

六月上旬から中旬に

すこしずつ葉の色は

緑にかわっていきました。

 

ところが

いつのまにかまた

真っ赤な新芽が

伸び出してきたのです。

 

緑の葉の間に

真っ赤な葉がまざると

これはこれで

コントラストがきれいで

愉しめますね。

 

ところが

新しい赤い葉に

白い粉のようなものが

付着していました。

 

うどんこ病です!

 

春から初夏にかけて

発生しやすいうどんこ病は

特に新芽がかかりやすいとも。

 

このところの梅雨らしい

じめじめした日が続いた後

晴れて気温が上がったのが

関係しているのかどうか。

 

いまのところ

ヤマモミジは無事なので

出猩々(デショウジョウ)の新葉は

切り取ってしまうことにしました。

 

薬剤は使いたくないので

引き続きうどんこ病には

注意が必要です。

 

ちなみに今年の春の紅葉も

昨年(2013年4月4日)同様

春もみじ出猩々の真っ赤な葉

がきれいでした。

 

今日は雑節のひとつ

半夏生(はんげしょう)。

そして

七十二候の三十番目は

「半夏生(はんげ しょうず)」

半夏(はんげ)と呼ばれる

烏柄杓(からすびしゃく)という

薬草が生える頃です。

 

昨日も今日も晴れ

梅雨のなかやすみ

梅雨明けはまだ先ですね。

 

ミニ盆栽-2

出猩々(春もみじ)

陶器楕円鉢(水色)

鉢の大きさ:4号(横幅約12cm)

全体の高さ:約18cm