苔玉の大きさと形

苔玉(こけだま)と苔ボール

苔玉(こけだま)と苔ボール

昨日三月二十五日

東京の桜の開花宣言がありました。

平年より一日早く

統計史上最も早かった昨年よりは

九日遅いそうです。

 

「桜始開(さくら はじめてひらく)」

まさに桜が咲き始める時季

第十一候(春分の次候)になりました。

 

このあたり(千葉県北西部)の

桜も咲き始めました。

 

昨日はよく晴れたポカポカ陽気でしたが

今日はいわゆる花曇りとなりました。

 

今回は、苔玉(こけだま)の

大きさと形についてです。

 

苔玉を作るときには

まず大きさを決める必要があります。

 

植え込む植物の大きさや

苔玉を載せるお皿の大きさ

それと使う用土の種類などにも

関係するのですが

まずは作りやすさの点から

小さめのサイズをおすすめします。

 

片手の手のひらに載せて

両手でおにぎりをまるめるように

握ることができるサイズであれば

比較的簡単に苔玉を作れます。

 

少し小さめな私の手の場合で

直径約8cmほどの大きさになります。

 

(粘土のように形を作りやすい

ケト土を使わない方法で)

ピートモス主体の用土により

苔玉を作る場合は

10cmを越えるようになると

うまくまとまらなくなってきます。

 

大きめな苔玉の作り方については

またいずれ別の機会にします。

 

そして苔玉の形ですが

きれいなまん丸じゃなくて

少し重心が下になるように

したほうが座りがいいです。

苔玉の作り方、次回につづく。

 

あわせて苔玉の作り方もご覧ください。

 

桜が満開になるのももうすぐですね。

 

苔玉-210(写真右)

ハイゴケの苔ボール

苔玉の直径:約7cm

 

苔玉-211(写真左)

ハイゴケとタマシダ

苔玉の直径:約8cm

全体の高さ:約15cm

 

苔玉(こけだま)の用土

苔玉の用土

苔玉の用土

春分(しゅんぶん)の日も過ぎて

明日は彼岸の明けです。

 

春分は二十四節気の四番目

太陽が真東から昇り

真西に沈むので

昼と夜の長さが同じになります。

これからは徐々に

昼の長さが長くなっていきます。

 

七十二候では第十候(春分の初候)

「雀始巣(すずめ はじめてすくう)」

雀が巣を作り始める時季になりました。

 

今日は苔玉(こけだま)の用土についてです。

 

もっとも簡単な苔玉を作るのなら

根鉢に苔をまきつけるだけなので

用土はなくても作ることはできます。

 

でも、すこし大きめの苔玉を

本格的に作るのであれば

やはり苔玉の用土が必要となります。

 

苔玉の用土については

園芸書によって解説は様々ですが

ケト土を使うかどうかがポイントです。

 

結論から言うと

「苔はち」ではケト土は使いません。

 

たしかにケト土を使えば

苔玉の形を作りやすくなります。

しかしながら

実際にやってみるとわかることですが

ケト土で手がすごくまっくろになって

爪の間に入るとなかなかとれません。

手袋をしてもちょっと扱いにくいですね。

それと、湿っている状態ではやわらかですが

乾燥するとかちかちにかたまる特徴があります。

 

「苔はち」では

ピートモスを主体にした用土を使います。

ピートモス(写真右上)と

赤玉土小粒(写真左上)

桐生砂(写真左下)や

富士砂(写真右下)などをブレンドして作ります。

 

苔玉と苔~小さな緑の栽培テクニック (別冊NHK趣味の園芸)』では

「ピートモス単品、または赤玉土小粒か

極小粒を3割程度ブレンドして水をくわえる。」

と解説されていますが

用土の割合については

いろいろと試してみるとよいでしょう。

 

あわせて苔玉の作り方もご覧ください。

 

ようやく穏やかですごしやすい季節になりました。

桜が咲くのも、もうすぐですね。

 

苔玉の苔はハイゴケ(這苔)

ハイゴケ(這苔)

ハイゴケ(這苔)

今日は彼岸の入りで

杜日(しゃにち)でもあります。

 

杜日とは雑節のひとつで

春分、秋分にもっとも近い

戊(つちのえ)の日で

土地と土の神を祀り祝う日

とされてきました。

 

春は春杜(しゅんしゃ)ともいい

穀物の生育と豊作を祈り

秋は秋杜(しゅうしゃ)ともいい

その年の収穫に感謝をします。

 

七十二候では第九候(啓蟄の末候)

「菜虫化蝶(なむし ちょうとかす)」

青虫が羽化して蝶となる時季です。

 

暑さ寒さも彼岸までといいますが

今日は気温が上がり暖かです。

強めの南風が吹いていますので

ちょっと遅めの春一番となりそうです。

 

ようやく園芸シーズン到来です。

「苔はち」でも今年の苔玉を作り始めます。

 

苔玉(こけだま)を作るには

まず苔(コケ)を準備しなければなりません。

苔玉用の苔、まずはハイゴケ(這苔)です。

 

ハイゴケはその名のとおり

這うように平らな群落を作る

黄緑色の美しい苔です。

比較的丈夫で生長がはやく

園芸店などで入手しやすいこともあり

苔玉用の苔として人気があります。

 

ハイゴケは湿度が高ければ

日当たりでも半日陰でも育つので

シダやもみじ(ヤマモミジ)との

相性も良いです。

 

どちらかというと明るい場所に置いたほうが

みずみずしくきれいな葉を楽しめるようです。

 

あわせて苔玉の作り方もご覧ください。

 

今年の苔玉が元気に生長しますように。

 

ヤマモミジの三月の作業

ヤマモミジの新芽

ヤマモミジの新芽(苔盆栽)

今は第八候(啓蟄の次候)

「桃始笑(もも はじめてわらう)」

桃の蕾がほころび

花が咲き始める頃です。

 

顔がほころぶといえば笑うこと

蕾がほころび花が咲くことを

笑うというのもわかります。

 

桃の開花はまだもうすこし先になりますが

もみじ(ヤマモミジ)の新芽は

すこしずつふくらみはじめています。

 

今年の三月上旬は三十年ぶりの寒さとのことで

昨日までは真冬の寒さが続いていましたが

今日は気温が上がり風もなくぽかぽか陽気で

ようやく春が来たなと感じる日になりました。

 

もみじ(ヤマモミジ)は年明け頃からは

木の内部や根が活動を開始していますが

三月も中旬から春のお彼岸を過ぎる頃からは

目に見えて生育期に入ってきます。

 

堅かった冬芽が暖かな日差しを受けて

すこしずつふくらみはじめますので

日陰に置いてあった鉢は

日当たりの良い場所に移動します。

 

水やりは先月同様に

鉢土の表面が乾いたら

鉢底から流れ出るくらいたっぷりと与えます。

 

寒肥を与えていない場合は

有機肥料を少し与えるタイミングでもあります。

 

鉢土の表面に生えているギンゴケも

こころなしか緑が濃くなったようにも見えます。

 

もみじの樹形を整えるための

芽摘み作業を始めるのも

もうすぐです。

 

 

苔盆栽-100

ヤマモミジの寄せ植え(五本)

ギンゴケ

陶器鉢(丸い茶色)

全体の高さ:約16cm

 

シダの葉を切る時季は

暦の上では今日は啓蟄(けいちつ)

二十四節気の三節気。

 

七十二候では第七候(啓蟄 初候)

「蟄虫啓戸(ちっちゅう こをひらく)」

になります。

 

どちらも意味は同じで

春の暖かさにさそわれて

土の中で冬ごもりしていた虫たちが

穴から這いだして動き始める時季です。

 

ところが今日は真冬のような寒さで

冷たい北風が吹いています。

予報では来週も寒さが続くそうです。

 

今年二月の二度の大雪は

三十年に一度の異常気象とのことですが

三月は平年並みに暖かくなってほしいものです。

 

今頃はワラビ(蕨)、ゼンマイ(薇)などの山菜が

渦巻き状の新芽をのぞかせる時季でもあります。

 

ワラビもゼンマイもシダの仲間で

ワラビなどは夏緑性で春に新芽が出てきます。

 

苔玉に植えているプテリス(イノモトソウ)は

常緑性で多年草のシダ植物になります。

 

冬の間に傷んだプテリスの葉は

この時季に根もとから切り取ります。

 

葉を切り取るタイミングですが

新芽が出始めてからが無難です。

 

時季を間違えて丸刈りにすると

枯れてしまうこともありますから。

 

またこの時季はシダ植物にとって

植え替えや株分けの適期となりますので

苔玉のコケの補修にあわせて

苔玉を仕立て直すのもよいかもしれません。

 

今年の三月

暖かい日が続くようになるのは

やはりお彼岸頃からでしょうか。

 

コケ・シダ・もみじの苔八

三月三日は雛祭り

桃の節句ともいわれますが

桃の花が咲くのはもう少し遅くて

三月下旬から四月中旬頃で

旧暦の三月三日の頃と一致します。

 

旧暦の昔の雛祭りは

もっと暖かい時季の行事だったのですね。

 

今は第六候(雨水 末候)

「草木萠動(そうもく ほうどうす)」

野山の草木が芽吹き始める時季です。

 

もみじ(ヤマモミジ)の芽も

心なしかふくらんできたように見えます。

 

これから今年の苔園芸シーズンが始まります。

 

「苔はち」の苔(コケ)は

今年も入手しやすく比較的丈夫な

ハイゴケ(這苔)と山苔です。

 

山苔とはホソバオキナゴケ

またはアラハシラガゴケです。

 

苔玉に植える植物は

草ものでは素朴な

タマシダ(ネフロレピス)や

イノモトソウ(プテリス)などの

シダ(羊歯植物)です。

 

樹木では、やっぱり

もみじ(ヤマモミジ)がいいですね。

紅葉はもちろん新緑も鮮やかです。

 

苔もシダも、もみじ(ヤマモミジ)も

しっとりした和風の趣があります。

 

人気の植物は他にいろいろあるでしょうが

「苔はち」は和風観葉ともいえる

コケ、シダ、もみじを究めたいと思います。

 

ところで雛人形は

三月三日を過ぎたらすぐにしまうのが

よいとされていますが

三節気の啓蟄(けいちつ)までというのが

目安にもなっているようですね。

今年は三月六日、もうすぐです。