シダの苔玉は素朴な緑

昨日は良く晴れて春のポカポカ陽気でした。

 

今日は曇り空で今にも雨が降りだしそうですが

気温が高く風もないので寒さは感じません。

 

七十二候では

第四候(雨水 初候)

「土脉潤起(つちのしょう うるおいおこる)」

しっとりとした春の雨が大地を潤し始め

大地が湿り気を含みだす頃を過ぎ

 

第五候(雨水 次候)

「霞始靆(かすみ はじめて たなびく)」

山々に春の霞がたなびく時季になっています。

 

春霞(はるがすみ)とは

大気中に細かな水滴が浮かんでいて

遠くがかすんでぼんやりと見えること

 

なのですが、昨日は全国各地で

PM2.5といわれる微小粒子状物質が観測され

山もビルもかすんでしまいました。

 

健康に害があるそうなので

現代の春霞は情緒がないどころか

危険なものとなってしまいました。

 

さらには

そろそろ本格的に花粉が飛びはじめます。

アレルギーのある方にとっては

目もかすむつらい季節になりますね。

 

せめて春の緑を愉しみたいところです。

 

素朴な緑なら

ハイゴケとシダの苔玉がおすすめです。

 

私はシンプルなプテリス(イノモトソウ)と

ハイゴケや山苔の苔玉が気に入ってます。

 

シダについて調べるのに

図鑑はあるのですが

シダの育て方などの園芸書は少ないようです。

 

ネットなら『みんなの趣味の園芸』に

プテリスやアジアンタム、タマシダなどの

特徴や育て方の情報が載っています。

 

私の手元にある園芸書は

『シダを楽しむ―増補版―

人気の日本種・海外種200余種といろいろな育て方・楽しみ方』

(別冊趣味の山野草)の一冊だけです。

 

シダの基礎知識、栽培の基礎、始めての栽培

そしてシダ図鑑と充実した内容の本なので

いまのところはこれ一冊で十分です。

 

二月(如月)も明日で終わり

ようやく三月(弥生)ですね。

 

 

苔玉の補修や苔の準備

今日二月十九日は二節気の雨水(うすい)

降る雪が雨にかわり

積もった雪や氷が解け始めて

水はぬるみ春の気配に

草木が発芽しはじめる時季です。

 

雨水は昔から農耕の準備を始める

目安とされてきました。

 

苔玉(こけだま)や苔盆栽などの苔園芸も

そろそろ再開の準備にとりかかる頃になります。

 

まずは苔玉の補修や苔の準備です。

 

苔玉でも苔盆栽の苔(コケ)でも

また屋外でも室内に置いてあっても

冬の間に傷んでしまうことが少なくありません。

 

立派なテラリウム容器はもちろん

プラスチックケースやガラス瓶などを使った

簡易テラリウムであっても

安定した環境に置かれた苔ならば

葉が傷んでしまうことはまずありません。

 

しかし屋外に置いた場合は

冷たい風にあたって葉が傷んだり

用土が凍結して苔が浮き上がったりします。

 

室内に置いた場合でも

エアコン暖房による乾燥により苔が弱り

茶色や黒褐色に変色してしまうことも。

 

春の成長期に新芽が出てくる前に

苔玉の糸を巻きなおしたり

黒褐色に変色しり傷みが激しい部分は

新しい苔に張り替える準備をします。

苔玉の作り方

苔玉の育て方

もあわせてご覧ください。

 

必要な苔を園芸店で探したり

注文して取り寄せてもらったりするのも

この時季の楽しみのひとつですね。

 

ちなみに桃の節句とも呼ばれる雛祭りの

ひな人形は立春から雨水の日までに

飾るのが一般的なようです。

 

三月はもうすぐですね。

 

ヤマモミジの二月の作業は

苔盆栽(ヤマモミジ)

苔盆栽(ヤマモミジ)

二週連続での

記録的な大雪となりました。

 

ここ千葉県北西部では

二月十四日金曜日の夜は

まるで北国のように吹雪いて

雪がどんどん積もっていきました。

 

翌朝には雨になっていて

気温も上昇したため

昨夜積もった雪はほとんどが消えていました。

 

今日はよく晴れて、ぽかぽか陽気ですが

これは西高東低の冬型の天気とのこと。

 

ここのところの雪や雨こそが実は

春が近づいている証拠なのだとか。

 

もう第三候(立春 末候)

「魚上氷(うお こおりにのぼる」

川や湖の割れた氷の間から

魚が飛び跳ね動き始める時季です。

 

もみじ(ヤマモミジ)は

この時季、休眠期ですが

木の内部や根はすでに活動を開始しています。

 

ポット苗などの苗木の植え付けはできますが

剪定や植え替えはできません。

 

水やりだけは忘れてはいけません。

鉢の土の表面が乾いてきたら

鉢底から流れ出るくらいたっぷりと

水やりします。

 

水やりは何日に一回と決めるのではなく

あくまでも土の状態を良く観察して

表面が乾いていたら水やりをします。

水やり三年です。

 

二月も中旬を過ぎました。

もみじの芽が膨らみはじめるまで

あともうすこしです。

 

苔盆栽-100(右側)

ヤマモミジの寄せ植え(五本)

ギンゴケ

陶器鉢(丸い茶色)

全体の高さ:約16cm

 

ミニ苔盆栽-101(左側)

ヤマモミジ

ギンゴケ

陶器六角ミニ鉢(青)

鉢の大きさ 直径:約6cm、高さ:約5cm

全体の高さ:約14cm

 

苔(コケ)は雪に守られます

第二候は「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」

ウグイスが山里で鳴き始める時季です。

 

ウグイス は「春告鳥」とも呼ばれ

「ホーホケキョ」という鳴き声で

春の訪れを知らせてくれるのですが

今年の初音はいつごろになるでしょう。

 

ここ千葉県北西部は

二月八日の記録的な大雪に続いて

昨日の十一日にも雪が降りました。

 

たくさんの雪が解けずに残っているせいか

空気がとても冷たく感じられます。

 

雪が庭やベランダの中にも積もって

鉢植えが雪に埋まってしまった方も

多かったのではないでしょうか。

 

苔(コケ)と雪の相性はどうなのでしょうか?

 

苔庭に一般的に使われるスギゴケなどの苔や

苔玉にするハイゴケ(這苔)や山苔でも

降雪によって生育を害されることはありません。

 

苔が雪に覆われてしまったとしても

それによって苔が傷むこともありません。

 

雪は保温性や通気性、防風効果があります。

むしろ雪は寒風によって苔が傷むのを防ぎ

苔を守ってくれるはたらきをするようです。

 

ただし雪国でなければ

そうそう雪も積もらないでしょうから

冬の間はプラスチックケースなどの

簡易保温容器に苔玉(こけだま)を

入れておくことをおすすめします。

 

鶯が初音を響かせるまでは。

 

スナゴケ(砂苔)がいつのまにか

スナゴケ

スナゴケ(風蘭の鉢の中)

七十二候の第一候は

「東風解凍

(とうふう こおりをとく)」

東から暖かい春風が吹いて

氷が解け始めるころです。

 

立春からの厳しい寒さが

今日も続いていますが

予報ではまだ真冬の寒さが続き

明日にはまた雪が降りそうです。

 

氷はまだ解けだしそうにありません。

 

暖かい春の風が待ち遠しいですね。

 

春の風は「東風(こち)」や「梅東風(うめごち)」

とも呼ばれます。

 

「東風(こち)吹かば匂ひおこせよ梅の花

主(あるじ)なしとて春な忘れそ」

 

大宰府に左遷されるときに

菅原道真が詠んだ歌です。

 

梅には風待草(かぜまちぐさ)や

春告草(はるつげぐさ)という別名もあります。

 

東風と梅の花は

待ち遠しい春の知らせ

とされてきたのですね。

 

 

写真はスナゴケ(砂苔)です。

いや、たぶんスナゴケだと思います。

 

というのも1年以上前に買った

風蘭(フウラン)の鉢の中に

いつのまにか生えていた苔(コケ)で

意図して育てたスナゴケではないのです。

 

形や色からスナゴケ(砂苔)だと判断しました。

 

スナゴケはキボウシゴケ科のコケ植物で

日当たりが良く湿った場所を好む苔です。

 

生長が早く丈夫な苔なので

屋上の緑化素材としても利用されるそうです。

 

うすい黄緑の葉と長く伸びた蒴(さく)が

とてもきれいで瑞々しく

ここには春がきているかのようです。

 

苔八のカテゴリ(2014年)

今日は立春(りっしゅん)

二十四節気の一節気です。

 

暦の上で春が始まる日、新春ですが

今日は真冬の寒さで雪になるとの予報

まだまだ寒さの厳しい日が続きます。

 

でもこの寒さが極まったこの時季こそ

暖かい春の始まりなのだと

古くから考えられてきたようです。

 

暦の上での春は

立春から立夏の前日まで

旧暦なら一月から三月ですが

今年は二月四日から五月四日まで

となります。

 

因みに旧暦では

立春に近い新月の日が元日となるので

今年は一月三十一日でした。

 

節分の夜は

恵方を向いて太巻きを食べる

というのは最近定着した?習慣ですが

古くは立春の日に

恵方の井戸から水を汲む

という行事があったそうです。

若水(わかみず)と呼ばれ

一年の邪気を除くものとされていたようです。

 

 

新春なので「苔はち」のカテゴリを整理しました。

 

当サイトのタイトルどおりまずは

「苔玉(こけだま)」

ハイゴケ、山苔など苔(コケ)の種類を問わず

また植えてある植物もシダなどの観葉植物でも

もみじ(ヤマモミジ)などの樹木でも

あるいは苔だけの玉であっても

テラリウムであっても、そうでなくても

とにかく苔を球状にまるめたものは

すべて苔玉とします。

 

次に「苔盆栽・苔盆景」

(こけぼんさい・こけぼんけい)です。

苔だけの鉢植えである苔鉢

苔ともみじ(ヤマモミジ)などの苔盆栽

苔と石と砂で風景を作る苔盆景など

陶器鉢でもガラス鉢でも

苔の鉢植えはすべてこのカテゴリに入ります。

 

「苔テラリウム」は

苔玉、苔盆栽にかかわらず

プラスチックケースやガラス瓶などの中に

すっぽりと入れてしまう簡易テラリウム

またはガラス瓶などの口を開けておく

半テラリウムがあります。

 

「苔鉢」は

苔だけの鉢植えなんですが

これも陶器鉢とガラス鉢とがあります。

 

あとはカテゴリ名のとおりの

「苔園芸・作り方」

「苔(コケ)の育て方」

「苔(コケ)のはなし」

そして「苔はち」よりの合計8種類です。

 

因みに苔の育て方や苔玉の作り方などは

固定のまとめページを作成中です。

 

昨年はサイトのタイトルやカテゴリを

ちょくちょく変更していましたので

戸惑われた方がいたかもしれませんが

今年からはこれでずっといければな

と思っている次第です。

 

屈斜路湖の冬の苔とマリゴケ

今日は節分(せつぶん)です。

 

二十四節気が一巡した大寒の末日

暦(こよみ)の始まりとなる立春の前日。

 

豆まきをしたり

柊(ひいらぎ)の枝にイワシの頭を刺して

玄関にかざすなど

旧暦の大晦日としての行事が行われます。

 

もともと節分は

二十四節気の季節が移り変わる

立春、立夏、立秋、立冬の前日のことでした。

 

それが次第に春だけに用いられるようになり

現在では立春の前日のことになっています。

 

最近?流行り?の節分の行事に

節分の夜に食べる恵方(えほう)巻きがあります。

 

その年の神様がいる方角を向いて

太巻き一本をまるごと無言で食べると

縁起がよいとされ

また願い事が叶うともいわれています。

 

節分は七十二候の最後でもあります。

鶏始乳(にわとり はじめて とやにつく)

春の訪れを感じた鶏が卵を産み始めるころ

という意味です。

 

鶏は本来は冬場には卵を産まず

日照時間が長くなると産み始めるそうです。

因みに「乳」という字は「産む」という意味もあります。

 

昔から鶏は夜明けを告げる鳥として尊ばれてきました。

 

鶏が夜明けを告げるように

長い冬の終わりと春の到来を伝えてくれる

ということのようです。

 

苔の話をひとつ。

NHK『さわやか自然百景』屈斜路湖で

冬の苔(コケ)が紹介されていました。

 

北海道の東部に日本最大のカルデラ湖である

屈斜路湖(くっしゃろこ)があります。

 

「カルデラ湖」とは

火山活動によってできた盆地に

水が溜まってできた湖です。

 

屈斜路湖の周辺で続く火山活動は

いまも植物や動物に大きな影響を与えています。

 

冬でも地熱で雪がつもらず

気温がマイナス20度以下のときでも

地表は20度ほどに保たれる場所では

地面を青々とした苔が覆っています。

 

火山の熱で暖められた水蒸気が湯気となって

苔が好む水分を供給しているため

苔は一年中青々として枯れることがないそうです。

残念ながら苔の種類は不明です。

 

また屈斜路湖では「マリゴケ」が見られます。

阿寒湖のマリモと違って

枯れたコケ(ヤナギゴケなど)が集まって

茶褐色の球状となったものです。

 

屈斜路湖の他には福島県の猪苗代湖でみられるようです。

さわやか自然百景 北海道屈斜路湖にマリゴケの写真が載ってます。

番組ではマリゴケは紹介されていません。
HPではなぜか冬の苔の写真は載っていません。

 

明日は立春です。