ガラスを這いあがるハイゴケ-155.2

苔玉(ハイゴケ、プテリス)

苔玉(ハイゴケ、プテリス)

10月28日から11月1日ごろは

七十二候の第五十三候

霜降(そうこう)の次候

霎時施(こさめときどきふる)

のころです。

 

「こさめ」と読む

霎(しょう)という字は

小雨がぱらぱらと降るような

音を表しているようです。

 

ここ千葉県の北西部では

昨日はさわやかな秋晴れの

よいお天気でしたが

今日は曇り時々雨

どんよりとした寒い一日に

なりそうです。

 

まさに「こさめときどきふる」です。

 

ひと雨ごとに気温が下がり

秋が深まっていきますね。

 

写真の苔玉は

今年(2013年)の8月17日に

紹介した苔玉-155.2

現在の様子です。

 

小さなグラスに入った

ハイゴケとプテリスの苔玉ですが

ハイゴケがだいぶ伸びてきて

コップの中が狭くなってきたようです。

 

ハイゴケがガラスの壁に沿って

上にまっすぐに這いがっています。

 

元気良く伸びるのは良いのですが

あまりきれいには見えないので

もう少し大きな容器に

移しかえようとおもいます。

 

ガラス容器をかえて

しばらく様子をみて

ハイゴケの状態がかわったら

また紹介します。

 

苔玉-155.2

ハイゴケ

プテリス

グラス(小)

 

二十四節気と七十二候で「気候」

二十四節気のなかの十八節気

霜降(そうこう)も過ぎたというのに

二つの台風とは。

 

秋も終盤にちかずいて

朝露にかわり霜が降りはじめる

ころとされる霜降。

 

山々が美しい紅葉に彩られ

いよいよ山粧(よそお)う

紅葉シーズン

となるはずなのですが

このところの気候で

今年はどうなりますか。

 

ところで「気候」という言葉は

二十四節気(にじゅうしせっき)の「気」と

七十二候(しちじゅうにこう)の「候」が

あわさってできたそうです。

 

冬至、夏至、春分、秋分を基点として

一年を二十四等分したのが

二十四節気で約15日ごとです。

 

これをさらに三等分して

約5日ごとに季節がめぐるのが

七十二候です。

 

1週間にも満たない期間を

植物や鳥、気象などによって

季節の変化をあらわしています。

 

因みに今頃は

第五十二候 霜降 初候

霜始降(しもはじめてふる)

となりますが

地球温暖化の影響なのか

初霜は年々遅くなっているとも

いわれています。

 

今後は二十四節気とともに

七十二候についても

苔の様子とあわせて

折に触れて紹介していきます。

 

ハゼノキの紅葉。苔盆栽-25

苔盆栽(山苔、ハゼノキ)

苔盆栽(山苔、ハゼノキ)

今日は寒い朝でした。

 

紅葉の重要な条件の

ひとつが「冷え込み」です。

 

最低気温が8度を下回る

ようになってから

2~3週間後に

紅葉の見頃を迎えるそうです。

 

天気予報で

その地域の最低気温を

注意してみていれば

紅葉の見頃が予想できる

というわけです。

 

もうひとつ

紅葉に必要なものは

たくさんの日差しです。

 

今年の日照時間は

記録的な長さでしたので

この点では問題ありません。

 

ここ千葉県の北西部では

最低気温はまだ10度以上ありますが

これから徐々に気温が下がって

「冷え込み」が強まれば

美しい紅葉が見られるでしょう。

 

写真はハゼノキの苔盆栽です。

俳句では「はぜもみじ」といって

秋の季語となっているようです。

 

去年の秋(2012年9月10日ハゼノキ)は

まだまだ小さな幼木のようでしたが

その後は芽を摘み取ることもせず

水やりも多めでしたので

この1年でだいぶ大きく生長しました。

 

因みに山苔は

水やりが多かったせいか

状態がわるいです。

 

ハゼノキは葉の全体ではなく

ところどころ一部の葉が

紅葉しはじめています。

 

鮮やかに色づいたら

また紹介します。

 

苔盆栽-25

ホソバオキナゴケ(山苔)

ハゼノキ

陶器長方植木鉢(ベージュ)

 

ハイゴケの苔だるま、その後。-197

苔だるま(ハイゴケ)

苔だるま(ハイゴケ)

ハイゴケの苔のボールを

ふたつ重ねて作った

雪だるま風の苔だるま。

 

前回2013年8月21日、

ハイゴケのトピアリー苔だるま

で紹介してから1カ月半ほど

経過した現在の様子です。

 

前回の写真にあるとおり

大きめのガラス保存瓶に入れ

蓋を開けたままで

半日陰の屋外に置いてありました。

 

上よりも下の方のハイゴケが

だいぶ伸びてきて

ふたつの苔玉の境が

ほとんどわからなくなりつつあり

縁起物のだるまさん風の形に

なってきたようにも見えます。

 

また、風に乗った種が

飛びこんできたのは

たぶんカタバミだと思いますが

小さな葉がいくつも出てきています。

 

ハイゴケの葉がまばらに伸びたり

野草の芽が出てきたりと

なんだか野趣に富んだ姿に

なってきて趣があります。

 

本来なら不要なカタバミの芽は

早めに取り除いたほうがよいのですが

この苔だるまは、もうしばらく

このままで様子を見てみようと思います。

 

また折を見て紹介します。

 

ホソバオキナゴケの苔だるま

も近日中に現在の様子を

紹介する予定です。

 

関東地方はここ数日

まるで真夏に戻ったようで

身体にこたえます。

体調を崩さないようご自愛ください。

 

苔だるま(瓶テラリウム)-197

ハイゴケ

 

苔(コケ)で巣を作る鳥

十月八日は二十四節気の十七番目

寒露(かんろ)です。

 

野草に宿る朝露が一段と冷たく輝き

秋の深まりを感じる頃とされています。

 

ところが

昨日、今日と関東地方は蒸し暑く

30度近くまで気温が上がり

まるで真夏のようです。

 

朝、道端のクローバーには

朝露が光っているのですが

日中は熱中症に注意しなければ

ならないような気候です。

 

この時期らしい

すがすがしい秋に戻るのは

来週になりそうです。

 

ところで

苔(コケ)を巣の材料にする

鳥がいることをご存じでしょうか。

オオルリ、シジュウカラ、メジロなどです。

 

バードウォッチャーあこがれの

青い鳥オオルリ(大瑠璃)は

夏鳥として4月下旬ごろ

日本の全国各地に渡来し

冬は東南アジアで越冬します。

 

オオルリはメスが

岩のすきまなどに

主に苔を材料として巣を作り

つがいで子育てします。

 

ちなみに

光沢のある青い鳥はオスで

オオルリのメスは茶色です。

 

苔は保温性と保湿性に優れ

卵や雛を衝撃から守る

やわらかいクッションにもなります。

 

さらに巣の外側に張り付けることで

苔の緑が木の葉の緑にまぎれて

巣を目立たなくする効果もあり

まさに巣の材料にうってつけのようです。

 

苔ははじめに岩について

次に続くシダや樹木を育てる

大切な働きがありますが

鳥の役にもたっているのですね。

 

苔の花はコケの蒴(さく)です。苔玉-161

ホソバオキナゴケの蒴(さく)

ホソバオキナゴケの蒴(さく)

161pc-20131007b

「水打てば沈むが如し

苔の花(高浜虚子)」

 

この句で詠まれた苔が

どんな苔なのかは

わかりません。

 

しかし

どの種類の苔であっても

コケ植物(蘚苔類)には

いわゆる花はありません。

 

苔は胞子(ほうし)を飛ばして

増えていきます。

 

苔の葉の間から伸びる

細い茎のようにも見える

蒴柄(さくへい)の先端に

蒴(さく)という胞子嚢(ほうしのう)

があります。

 

この蒴から胞子を風に乗せて

遠くまで飛ばすのです。

 

蒴柄(さくへい)や蒴(さく)は

花と同じ働きをしているのですね。

 

俳句で「苔の花」は

初夏の季語とのことですが

蒴柄が伸びて蒴がふくらむのは

春や秋の苔の生長期です。

 

たくさんの蒴柄と蒴が

赤や黄や緑に色づいて

びっしりと並んで伸びる姿が

花のようにも見えたのでしょう。

 

前回2013年8月26日に紹介した

ホソバオキナゴケの蒴(さく)の時よりも

蒴柄が長く伸びて

蒴もだいぶふくらんだようです。

 

この写真でわかるとよいのですが。

 

苔玉-161

ホソバオキナゴケ(栽培)

ヘデラ

ガラス鉢(丸型)

 

じっくり育てるなら山苔の苔鉢

苔鉢(アラハシラガゴケ)

苔はち(山苔の苔鉢)

苔(コケ)を育ててみたい。

苔盆栽を作ってみたい。

そう思っている人が

たくさんいらっしゃるようです。

 

人気のある苔玉(こけだま)ではなく

盆栽の土を隠す脇役としてでもなく

苔そのものが主役の園芸です。

 

苔の緑、葉の形や質感

そして苔を育てることなど

愉しみはいろいろありますよ。

 

意外に思われるかもしれませんが

美しい苔をみたことがある方なら

その気持ちが理解できると思います。

 

ただ実際に苔を育てたことがある人は

まだまだまれな存在かもしれません。

 

苔はどうやって育てればよいのか。

苔盆栽はどうやって作るのか。

 

苔玉の作り方の本などに

おまけで少し解説されている程度で

一般にはあまり知られていません。

 

「苔はち」では

山苔だけの苔鉢盆栽をおすすめします。

 

山苔は園芸店などで

小さなパック詰めで売られているので

比較的入手しやすいです。

 

深めのガラス鉢や陶器平鉢に

植え付ける方法であれば

作るのも育てるのも

比較的簡単です。

 

ただし

山苔は丈夫なわりに

デリケートな苔でもあります。

 

季節や環境の変化で

変色してしまうこともしばしばです。

 

それでも日々

山苔の状態を見ながら

お世話をしていれば

苔の生長期となる季節には

きっときれいな緑をみせてくれます。

 

これからも

山苔の苔鉢の作り方や育て方を

折に触れて紹介していきます。

 

山苔の苔鉢を

じっくりと育てる愉しみを

味わってみてはいかがでしょうか。

 

昨日は蒸し暑い一日でしたが

一転して今日は寒いくらいです。

体調を崩しやすいので

皆さまどうぞご自愛ください。

 

会津の山々の紅葉

司馬遼太郎(しば りょうたろう)が

晩秋の会津を訪れたとき

そのみごとな紅葉を絶賛しています。

 

「晩秋の会津盆地は、はなやかである。」

「列車が会津に近づくにつれ、

山々のあらゆる種類の落葉樹が、

あらゆる種類の赤とあらゆる種類の黄にいろどられ、

それが蒼天の下で映えわたっているはなやかさと大きさは、

日本のどの景観にもないであろう。」

「会津の山々の紅葉は

人を壮大な色彩のなかにうずめつくしてしまう紅葉である。」

『歴史を紀行する』司馬遼太郎
「会津人の維新の傷あと」より抜粋

 

この時の司馬さんは上野駅から列車に乗り

郡山から磐越西線で会津若松に向かっている

列車の車窓から見た紅葉を描写しています。

 

司馬さんは会津藩ひいきのようで

「会津藩というのは、

封建時代の日本人がつくりあげた藩というもののなかでの

最高の傑作のように思える。」

とも書いています。

 

晩秋の会津で紅葉を堪能し

会津藩ゆかりの地を訪ねたり

東山や芦ノ牧で温泉につかったり

喜多方まで足をのばして

ラーメンを味わったりと。。。

 

なんだか会津地方の観光案内

のようになってしまいましたので

コケの話題をひとつ。

 

旧国鉄会津線を引き継いだ

第三セクターの会津鉄道に

会津高原尾瀬口駅があります。

この駅の鉄道電報の略号が

「コケ」なっているようです。

苔とは関係ないと思いますが。

 

 

裏側のハイゴケにも光をあてる。苔玉-160.2

苔玉(ハイゴケ、プテリス)

苔玉(ハイゴケ、プテリス)

160g-20131002b 160g-20131002c

十月に入って、昨日今日と雨です。

一時的な雷雨ではない雨の日は

なんだか久しぶりに思えます。

 

九月は秋晴れの日が

じっさい多かったようです。

 

気象庁によると

九月の日照時間は

統計を取り始めた1946年以降で

東日本は二番目に

西日本は三番目に

長かったそうです。

 

十月の日照時間は平年並み

気温は平年より高くなる

見込みだそうです。

 

十月は苔(コケ)の生長期。

夏に弱っていた苔も

秋は本格的に回復

する季節となります。

 

写真は先月の8月19日(苔玉瓶-160.2

に紹介してから二度めの登場となる

ハイゴケとプテリスの小さな苔玉です。

 

普段はガラスコップの中に入れて

飾ってあるのですが

ハイゴケの様子を見るために

グラスから取り出したところです。

 

まずプテリスの葉先が

少し傷んでいるところがあります。

(上の写真)

 

プテリスは茎を切っても

また生えてきますので

葉の傷みが気になるときは

根もとから茎を切れば大丈夫です。

 

ハイゴケは丈夫な苔なので

夏の間も元気に生長していましたが

秋になればいっそうきれいな緑に

なってくれるでしょう。

 

ただし

明るい方を向いていたハイゴケは

きれいな緑色をしていますが

(真ん中の写真)

裏側の暗い方を向いていた部分は

あまり生長ぜず黒い色が目立ちます。

(下の写真)

 

これは苔に限ったことではなく

おおかたの植物に言えることだと思いますが

まんべんなくハイゴケに光があたるように

時々向きをかえてあげてましょう。

 

この苔玉も

しばらく向きをかえて置いてみます。

黒っぽいところに

ハイゴケが回復してきたら

また紹介します。

 

苔玉グラス-160.2

ハイゴケ

プテリス

グラス(小)