まだ回復途上のホソバオキナゴケ。苔玉-158

苔玉(ホソバオキナゴケ、プテリス)

苔玉(ホソバオキナゴケ、プテリス)

158g-20130930b

尾瀬に広がる湿原の草や低木が

黄金色やオレンジ色に染まる

草紅葉(くさもみじ)が見頃を

迎えているとのこと。

 

10月上旬からは湿原周辺の

木々の紅葉も見頃となるそうです。

 

秋の尾瀬での紅葉狩りも

楽しそうですね。

 

平安時代の昔には

紅葉した木の枝を

実際に手折る

紅葉狩りを愉しんでいた

ようですが

現代の紅葉狩りは

眺めて愉しむものです

お間違えなく。

 

今回紹介する苔玉は

3回目の登場になります。

 

前回は先月の2013年8月28日に

夏に弱ったホソバオキナゴケ

として紹介しました。

 

9月、10月と涼しくなってくれば

きれいなうぐいす色に

戻ってくれるはずと

期待していたのですが。。。

 

ほぼ1カ月経過した

9月末になっても

まだ写真のような状態で

まだまだ回復途上です。

 

すでにきれいな緑色に回復した

ホソバオキナゴケもあれば

まだまだこれからといった

状態の苔もあります。

 

はっきりしたことは

まだわかりませんが

どうやらグラスに入れた

小さめの苔玉の回復が

遅れているような気もします。

 

苔玉に植えてあるプテリスは

とても元気なので

なんとかホソバオキナゴケも

きれいに回復してほしいものです。

 

秋分の日を境に

室内と屋外の気温が逆転し

外の方が涼しくなりました。

 

夏の間の暑さを避けるため

室内に置いたこの苔玉も

これからは屋外に移して

半日陰の木漏れ日と

涼しい風にあててあげます。

 

きっとこの

ホソバオキナゴケも

回復してくれることでしょう。

 

苔玉グラス-158

ホソバオキナゴケ(栽培)

プテリス

グラス(小)

 

ホソバオキナゴケの緑も回復。苔鉢-1.3

苔鉢(ホソバオキナゴケ)

苔鉢(ホソバオキナゴケ)

ホソバオキナゴケも

いい緑色になってきました。

 

この苔鉢のホソバオキナゴケは

4回目の登場になります。

 

昨年2012年6月21日に

細長く深めの陶器鉢に

植え付けました。

 

その鉢にヒビが入ってしまったため

同年(2012年)11月29日に

同じよう形の陶器鉢に

1回目の植え替えをしました。

 

植え替え後の2012年12月1日に

苔鉢(ホソバオキナゴケ)を初めて紹介。

 

今年(2013年)に入った1月7日に

苔鉢(山苔ホソバオキナゴケ)-1を2回目の紹介。

 

ここまで、このホソバオキナゴケは

その季節なりのよい状態でした。

 

ところが本来は苔の生長期で

瑞々しく美しい緑であるはずの

6月ごろにホソバオキナゴケの

葉がだいぶ傷んでしまいました。

 

そこで深いタイプの陶器鉢から

楕円平鉢に2回目の植え替えをしました。

 

その時の写真が3回目の紹介となる

今年(2013年)6月21日の

ホソバオキナゴケ(苔鉢)の植え替えです。

 

平鉢に植え替えてから3カ月ほど

苔にとってもよい季節になってきて

ホソバオキナゴケの色が

きれいな緑になってきました。

 

葉が元気そうに見えますので

なんとか回復してくれたようです。

 

やはり苔鉢に使う陶器鉢は

用土の乾き具合がわかりやすい

平鉢をつかうのがよさそうですね。

 

また様子がかわったら紹介します。

 

苔鉢-1.3

ホソバオキナゴケ(山苔)

陶器楕円平鉢(ベージュ)

鉢の外寸:(4.1号)

縦125mm×横103mm×高さ18mm

 

都合により山苔を植え替えました。苔鉢-89.2

苔鉢(ハラハシラガゴケ)

苔鉢(ハラハシラガゴケ)

89c-20130925a

この苔盆景風の苔鉢は

3度目の登場です。

 

最初は昨年(2012年)の

12月25日(苔盆景-89

ほぼ休眠に入った冬の状態。

 

2回目は今年(2013年)の

7月29日(山苔の鉢植え-89

成長期の春から梅雨を経て

真夏の暑さで弱ってくる時期。

右側の山苔だけが

だいぶ弱っていました。

 

そして今回の下の写真が

9月25日の植え替え前の状態です。

右側の山苔の塊が全体的に

うすいこげ茶のような色に

変色してしまいました。

 

秋の生長期に入って

左側と中央の山苔はとても良い状態で

きれいな緑色をしているというのに

右側の山苔は回復のきざしがなく

ほぼ絶望的な状態です。

 

今回やむなくこの山苔だけを

別の元気な山苔に

張り替えることにしました。

 

この右側の山苔を用土からはがして

取り除いてみると

その下の用土が固まっていました。

 

水はけが悪くなって山苔が

蒸れたのかもしれません。

 

そんなことを考えていたら

陶器鉢を持っていた手をすべらせて

鉢を落としてしまい元気な山苔も

はがれおちてしまいました。

ショック!

 

そんな訳で全面的に

山苔の植え替えとなってしまいました。

 

植え替え後が上の写真です。

 

左側と中央の山苔は

そのままほぼ同じ場所に植えて

右側には別の元気な山苔を

植え付けました。

 

11月ごろまでは成長期がつづくので

これからまたしっかり鉢に定着して

きれいな緑をみせてくれることを

祈りつつ様子を見守ります。

 

苔鉢-89.2

アラハシラガゴケ(山苔)

陶器楕円盆栽鉢(釉薬ベージュ)

鉢の外寸(6号

縦100mm×横180mm×高さ15mm)

 

元気な山苔、でもよく見てみると-189

苔鉢(アラハシラガゴケ)

苔鉢(アラハシラガゴケ)

山苔といわれる

アラハシラガゴケや

ホソバオキナゴケの緑が

きれいになってきました。

 

苔(コケ)は

ようやく秋の生長期に

入ったようです。

 

山苔を育てるのは

陶器鉢に植え付けるよりも

写真のガラス鉢のように

深めのガラス鉢のまん中あたりに

植え付けたほうが育てやすいです。

 

ガラス鉢は、風が直接

山苔の葉にあたるのをふせいで

山苔を乾燥から守ります。

 

ガラス鉢のなかの環境は

比較的安定した状態を

保てるからではないかと思います。

 

山苔にとってよい環境は

ハイゴケにとっても

良い環境のようです。

 

特に過湿ぎみな状態が続くと

ハイゴケにとって絶好の環境となり

ハイゴケはどんどんと伸びてきます。

 

写真の下にちらばっているのが

山苔の間に絡んでいたハイゴケを

ピンセットで抜きとったものです。

 

ハイゴケの葉があるていど伸びないと

山苔にまじってわかりにくいのですが

そのままハイゴケが伸びるのを放置すると

やがて山苔が負けて変色してしまいます。

 

秋は山苔にとっても

そしてハイゴケにとっても成長期です。

 

元気な山苔でもよーく注意して

みてみることが必要です。

山苔に絡みついているハイゴケは

見逃さずに抜きとるようにしましょう。

 

苔鉢-189

アラハシラガゴケ(山苔)

ガラス鉢(丸型)

 

山苔がうぐいす色になりました。苔鉢-178

苔鉢(アラハシラガゴケ)

苔鉢(アラハシラガゴケ)

178c-20130923b

今日は秋分の日、

秋のお彼岸の中日です。

 

これから少しずつ

昼が短くなり

夜が長くなって

秋が深まっていきます。

 

「暑さ寒さも彼岸まで」

昔から言われているとおり

今年の夏の暑さも

ようやく峠を越えたようです。

 

空気は乾燥して

からっとして爽快

吹く風には

涼しさを感じるようになりました。

 

苔(コケ)にとっても

ようやく快適な季節になります。

 

山苔はこの苔本来の

きれいなうぐいす色になってきました。

 

写真は苔盆景風の

アラハシラガゴケ(山苔)の

苔鉢です。

 

前回、9月6日(苔鉢-178)に

紹介したときの写真と比べてみると

緑が微妙にうすくなっています。

 

どちらの色でも

山苔はとてもよい状態で

空気の湿度や

水やりのぐあいによって

山苔の色は微妙に変化します。

 

おおむね11月ごろまでは

このようなうすい緑でいながら

ほんの少し生長もします。

 

この秋は小さな苔鉢で

山苔の緑を愉しんでみては

いかがでしょうか。

 

苔鉢-178

アラハシラガゴケ(山苔)

陶器長方型盆栽鉢 釉薬6.0号

 

いつのまにかジャゴケが生えていた

ジャゴケ

ジャゴケ

いつのまにかジャゴケが

生えてきていました。

 

ジャゴケ(蛇苔)というのは

もちろんコケ植物なのですが

苔園芸によく利用される

蘚類(せんるい)ではなく

苔類(たいるい)の苔です。

 

その名の由来は

葉の表面にヘビのウロコに似た

模様があることから

蛇苔(ジャゴケ)という

名がついたとのこと。

 

苔の見た目が好まれないのと

この苔には独特の臭気もあるので

苔園芸に利用されることは

ほとんど無いと思います。

 

どちらかといえば

生えてきたら退治される

嫌われものの苔ですね。

 

ジャゴケは水がたまりやすく

じめじめした場所に生えるようです。

 

写真のジャゴケが生えたのは

植木鉢を置く棚の一番下

棚の上から水をかけるので

水がたまりやすく

陽もあまりあたらないので

いつもじめじめしている場所です。

 

すこし離れたところに

屋久島シャクナゲの鉢があるのですが

以前その鉢の土にジャゴケが

びっしり生えていたことがあります。

 

そのジャゴケはすべて取り除いて

今はまったく生えていないので

安心していたのですが

いつのまにか別の鉢に

生えてきているとは。

 

ジャゴケは退治のしかたが悪いと

よけいに増えてしまうので

今度こそ慎重に取り除きます。

 

紅葉が楽しみなヤマモミジの苔玉-138

苔玉(ヤマモミジ)

苔玉(ヤマモミジ)

138c-20130920b

北海道では紅葉のシーズンを

迎えたようです。

 

大雪山系の黒岳周辺は

ナナカマドやダケカンバが

鮮やかな赤や黄に色ずき

美しい風景となっています。

 

山頂付近では18日の夕方に

今季初の降雪も確認され

すでに冬の気配だとか。

 

ここ千葉県北西部は

日中の残暑はまだ厳しく

紅葉を見れるようになるのは

まだまだだいぶ先になります。

 

それでも今から楽しみなのが

ヤマモミジの紅葉です。

 

紅葉(こうよう)とは

秋になって木々の葉が

赤や黄色に色づくことですが

「もみじ」といった場合でも

様々な樹木の紅葉の総称で

特にカエデの仲間だけを

「もみじ」というのではありません。

 

それでも「もみじ」といったときに

カエデの紅葉をイメージするのは

あざやかな紅葉を代表する

樹木だからなのでしょうね。

 

ヤマモミジはカエデの園芸品種で

特に紅葉が美しいといわれています。

 

実はこの写真のヤマモミジは

夏の間に葉が焼けて

すべて落ちてしまいました。

 

置き場所の風通しが悪く

蒸れたのかもしれません。

 

置き場所を変えたら

また葉が出てきて

今は以前よりもきれいな

緑の葉になっています。

 

このまま育てば

晩秋のころには

美しい紅葉を見せてくれるでしょう。

 

今から楽しみなヤマモミジの苔玉です。

 

苔玉-138

ハイゴケ

ヤマモミジ(高さ約18cm)

 

気軽に愉しめるのはハイゴケの苔玉瓶

苔はち(シダとハイゴケの苔玉)

苔はち(シダとハイゴケの苔玉)

今日は十五夜の望月。

お天気が良いので

仲秋の名月を

楽しむことができそうです。

午後8時13分ごろが真の満月とのことなので

お月さまを見上げて眺めてみることにします。

 

秋の空気にかわってきました。

気温が高くても湿度が低いので

からっとした爽やかな気候です。

 

空気が乾燥してきたことにより

山苔はきれいなうぐいす色に

徐々にかわってきているようです。

 

苔(コケ)は乾燥には意外に強くて

からからに乾いてしまったとしても

すぐに枯れるようなことはありません。

 

ですが当然のことながら

苔の瑞々しさは失われてしまいます。

 

かといってあまりに過湿にするのも

苔が弱ってしまうので良くありません。

 

ちょうどよい加減の湿り具合を

みきわめないといけないのですが

慣れないとなかなか難しいかもしれません。

 

ハイゴケならお世話が簡単です。

ハイゴケは比較的丈夫な苔なので

水やりに気を使うこともありません。

 

ある程度、風にあててあげれば

過湿ぎみでも元気に生長します。

 

苔玉をガラス瓶に入れた苔玉瓶なら

週に2度ほどの水やりだけなので

お世話の手間がかかりません。

 

「苔はち」おすすめの

ハイゴケとシダなどの観葉植物との

苔玉瓶なら

素朴な緑を気軽に愉しめますよ。

 

ミニ苔玉のプミラも伸びてます-151

ミニ苔玉(ホソバオキナゴケ、プミラ)

ミニ苔玉(ホソバオキナゴケ、プミラ)

151ps-20130917b

ミニ苔玉に挿し木したプミラが

元気に生長しています。

 

前回8月23日(ミニ苔玉-151)に

紹介してから25日経過した

現在の様子になります。

 

プミラの葉が増えて

茎葉の先端はケースの

天井に届きました。

 

また左下に

細い糸のようなプミラの根が

苔玉からいくつも

飛び出してきています。

(いつものことですが

写真が下手ですみません)

 

元気に生長している証拠です。

プミラはもともと

挿し木で簡単に増やせる

観葉植物なのですが

こんな形でも根を伸ばして

くれるようです。

 

これまでのプラスチックケースの高さは

約10cmだったのですが

プミラの葉がもっと上に

伸びることができるよう

高さが約16cmあるケースに

交換しました。

 

置き場所は引き続き

室内の明るい窓辺です。

 

水やりは

前回紹介したとき以来なので

25日ぶりになります。

 

苔玉の直径が4cm弱と小さく

すでに根が飛び出しているので

これからうまく生長するかどうか

注意して見守っていきます。

 

ミニ苔玉-151

苔玉の直径:約4cm弱

ホソバオキナゴケ(栽培)

フィカス・プミラ(挿し木)

ミニガラス鉢(角)

 

アジアンタムの葉が復活。苔玉瓶-153

苔玉瓶(ハイゴケ、アジアンタム)

苔玉瓶(ハイゴケ、アジアンタム)8月12日

苔玉(ハイゴケ、アジアンタム)

苔玉(ハイゴケ、アジアンタム)9月17日

153bs-20130917a

台風一過の青空です。

秋らしい晴天になりました。

 

アジアンタムが

元気を取り戻してきたようです。

 

上の写真は8月12日に

傷んだアジアンタムの葉を

大幅に切り戻した後に

撮影したものです。

 

ここまで切り戻すのなら

思い切って全部の茎を

切ってしまったほうが

よかったなと思うほど

すかすかな状態ですね。

 

そして1カ月ほど経過した

今日の様子が下の2枚です。

 

アジアンタムのやさしげな葉が

だいぶ伸びてきて

ふわったとした感じが

復活してきました。

 

今年の八月の猛暑のなかでも

元気に生長してくれました。

 

ハイゴケはもともと丈夫な苔なので

夏の猛暑もへっちゃらのようですが

九月に入ってからは

いっそうハイゴケの緑が

きれいに見えます。

 

ガラス瓶に入れたままの写真だと

どうしても苔玉の部分が暗く

写ってしまうので

(素人の写真でまいどすみません)

今日は瓶から取り出した状態で

ハイゴケの緑がよく見えるように

撮影してみました。

 

肉眼で見ると

ガラス瓶に入っているときでも

ハイゴケを直接見ているのと

ほぼ同じように見えます。

 

ハイゴケとシダの仲間の苔玉瓶なら

きれいな緑を手軽に愉しめますよ。

 

苔玉瓶-153

ハイゴケ、アジアンタム

ガラス瓶(小)