お世話の手間がかからない苔瓶-52

苔瓶(アラハシラガゴケ)

苔瓶(アラハシラガゴケ)

ガラス保存瓶を利用した

苔のボトルテラリウムなら

お世話の手間がかかりません。

 

写真の苔瓶は

昨年2012年10月24日苔瓶(山苔)

今年2013年1月11日苔瓶(山苔)

つづいて三度目の紹介になります。

 

秋、冬、春そして夏と

山苔は季節によって

色や質感に微妙な違いがあります。

 

今はこのところの夏の暑さのせいか

部分的に少しだけ変色があるようですが

状態はけして悪くはありません。

 

どんな種類の苔でも

テラリウムにすることができますが

私は山苔が気に入っているので

アラハシラガゴケやホソバオキナゴケを

使うことが多いです。

 

苔瓶は蓋をして

室内の明る日陰に置いてあげれば

あとは苔が乾燥しないように

瓶の底の水の減りぐあいを見て

水をたしてやるだけで

苔の緑を楽しめます。

 

季節や部屋の乾燥ぐあいにもよりますが

数週間から数カ月

だいたいは1カ月に1回ほどの水やりで

大丈夫そうです。

 

ただし

長期間蓋をしめたままにすると

まれにカビがはえることがありますので

週に一度くらいは蓋をあけて

よく中をのぞいてみたほうがよいでしょう。

 

また

瓶の蓋をあけたままの状態にすると

水分の蒸発がはやいので

週に一度か二度くらいは

水をあげることになると思います。

 

いそがしくてお世話ができないという方でも

苔瓶(ボトルテラリム)なら

お世話の手間があまりかからないので

気軽に苔の緑を楽しめますよ。

 

苔瓶(テラリウム)-52

アラハシラガゴケ

ガラス保存瓶(小)コルク蓋

 

山苔はガラス鉢なら育てやすい-184

苔鉢(アラハシラガゴケ)

苔鉢(アラハシラガゴケ)

フラワーベースなど深めのガラス鉢に

山苔を植え付ければ

元気に育つことが多いようです。

 

この写真の苔鉢(ガラス鉢)は

1カ月ほど前の6月26日に

植え付けたものですが

その後の真夏の暑さにも負けず

良い状態を保っています。

 

陶器鉢にくらべて

苔にとっての良い環境を保ちやすいようです。

 

深めの鉢の真ん中あたりに

山苔を植え付けるのですが

鉢の中がテラリウムのような

効果があるのではないかと思います。

 

山苔に直接風があたるのを防げるので

苔の葉が傷むことがなく

ほぼ一定の湿度を保ってあげれば

苔が定着しやすいようです。

 

苔鉢の置き場所と

水やりさえまちがえなければ

比較的育てやすいですよ。

 

この暑い夏をのりきって

秋の生長期にはいるころには

完全にこの鉢に定着しているでしょう。

 

黒っぽい用土が見えているところに

化粧砂(寒水砂)をしいてあげれば

ガラスの苔鉢の出来上がりです。

 

苔は時間の経過とともに

その味わいを増していきます。

ガラス鉢の中で生長する

山苔をながめるのもいいものですよ。

 

苔鉢-184

アラハシラガゴケ(山苔)

ガラス鉢(丸)

 

ちょっと気難しい山苔の鉢植え-89

苔鉢(アラハシラガゴケ)

苔鉢(アラハシラガゴケ)

89c-20130729b山苔はちょっと気難しい。

その一例がこちらの写真です。

 

この苔盆景風の苔鉢(山苔)

前回(2012年12月25日)

紹介してから

7か月経過したものです。

 

白い陶器楕円鉢に

植え付けてある三つの山苔

アラハシラガゴケ(粗葉白髪苔)は

この春から梅雨の生長期に

少し葉を伸ばしましたが

それぞれ苔の状態が違っています。

 

左の山苔はとても元気で良い状態です。

きれいな緑色で葉もだいぶ生長しました。

 

まんなかの山苔はまずまずの状態ですが

ところどころ微妙に変色があります。

 

そして右側の山苔は見てのとおり

塊の裾のあたりの状態はよいのですが

上の部分のほとんどが蒸れのためか

よごれた白っぽい色に変色しています。

 

一つの鉢、同じ環境の中で育てたのに

なぜかこんなに違いが出てしまいます。

一つの苔の塊の中でさえも

状態のよい部分と

変色した部分にわかれてしまいます。

 

同じ鉢に植えられていても

その位置の違いによって

微妙に環境にも違いがあったり

苔の生長による厚みの違いで

蒸れやすさにも違いがあるようです。

 

気難しいというか

ほんとにデリケートで

お世話が難しい陶器鉢の苔鉢ですが

いいものが出来たらまた紹介します。

 

シンプルな苔鉢と苔玉瓶がおすすめ

苔玉、苔鉢、苔ボール瓶

苔玉、苔鉢、苔玉瓶

苔の緑を気軽に楽しむなら

やっぱりシンプルな苔鉢や

苔だけの苔玉、苔ボールを

おすすめします。

 

苔の種類は山苔と呼ばれる

ホソバオキナゴケ、またはアラハシラガゴケです。

苔寺として有名な京都西芳寺の庭を覆う苔で

とてもきれいな緑色で独特の質感があります。

 

山苔はハイゴケなどの丈夫な苔に比べると

ちょっと気難しいというかデリケートな苔で

環境の変化により変色したり

ハイゴケが入ってくると負けてしまいます。

 

庭や陶器鉢に山苔を植え付けて

きれいな状態を維持するのは

手間をかけてお世話しないと

なかなか難しいかもしれません。

 

苔はちでは

できるだけお世話が簡単になるように

苔鉢、苔玉とも一種類の苔だけを使い

ガラス鉢やガラス瓶を容器にしてみました。

 

その理由は

きれいな緑を清潔感のあるガラス容器で

楽しむことができるということ。

深めの鉢や瓶の中は湿度を保ちやすく

苔にとって良い環境であること。

また、中が見えることにより

水やりの量がわかりやすくなり

お世話が簡単になることです。

 

さらにガラス瓶に蓋をしてしまえば

簡単なテラリウムになりますので

水分もほとんど蒸発しません。

水がある間は水やりの必要はありません。

季節や部屋の乾燥ぐあいによりますが

数週間から数か月に一度の水やりでよい

ので忙しい方でも大丈夫です。

もちろん山苔は

きれいな緑のままで楽しめます。

 

だだし、密閉したままだと

カビが生えてしまうことがあるので

1週間から2週間に一度くらいは

蓋を開けて様子をみたほうがよいでしょう。

 

一番お世話が簡単なのは苔玉瓶です。

その次が深めのガラス鉢の苔鉢。

 

山苔だけじゃシンプルすぎて

ものたりない方は

シダや観葉植物のある苔鉢や

苔玉が深めのガラス瓶やグラスに入ったもの

がよいとおもいます。

 

ある程度手間をかけて

苔を育ててみたい方は

陶器鉢の苔鉢や苔盆景を

作ってみるのもよいかもしれません。

 

岩と苔(コケ)とシダ

青木ヶ原樹海の苔とシダ

青木ヶ原樹海の苔とシダ

苔(コケ)に似あうのは

岩や石

それと植物なら

やはりシダ(羊歯)ですね。

 

和風の庭では

石や砂があって

苔のなかから

シダが伸びている

というイメージがありますが

自然の中では

まさに岩があって

岩についた苔のなかから

シダが生えています。

 

写真は青木ヶ原樹海の中の

溶岩と苔とシダの様子です。

 

噴火により流れ出た溶岩に

地衣類がつき、コケ植物が生え

わずかな土壌からシダ植物が育ちます。

それが自然の姿なんですね。

 

石と苔とシダの庭に

自然を感じるのは当然なことですね。

 

和風の庭だけでなく

苔玉や苔盆栽でも

やはり苔にはシダがよく似あいます。

より自然な組み合わせなんですね。

 

鉢の中の庭ともいえる苔盆景なら

白砂と石(岩)

苔(コケ)とシダ(羊歯)

樹木ならヤマモミジ

この組み合わせで

小さな自然が再現できますね。

 

青木ヶ原樹海の苔(コケ)

青木ヶ原樹海の苔

青木ヶ原樹海の苔1

富士山の北西の裾野に広がる

3000haにおよぶ青木ヶ原樹海。

 

溶岩の表面や

倒木の上やまわり

大小の樹木の根元も

多彩な苔に覆われています。

 

青木ヶ原樹海は

平安時代の貞観大噴火により

流出した大量の溶岩の上に

千年以上の歳月をかけて

形成された原始林です。

青木ヶ原樹海の苔2

青木ヶ原樹海の苔2

溶岩の上に降った雨の

わずかな水分によって

地衣類やコケ類が生え

つぎにシダなどが育ち

やがて樹木が生長し

現在の姿になりました。

 

またこの場所は

富士山に湿った風があたって

雨が降りやすいことと

富士五湖からの水蒸気で

湿度が高いことにより

苔や植物が育ちやすいそうです。

青木ヶ原樹海の苔3

青木ヶ原樹海の苔3

 

写真は西湖の近くにある

コウモリ穴という洞くつの

近くの遊歩道で写しました。

 

夏でもこんな一面の苔なので

きっと梅雨の季節なら

もっとすばらしい苔が見れるでしょうね。

 

この日は晴天で

富士山の全体の姿を

見ることができたのはよかったのですが

気温が高くとても暑い日になりました。

 

それでも樹海の中に入ると

直射日光が樹木で遮られていて

すずしく感じましたが

湿度が高いとは感じませんでした。

 

青木ヶ原樹海を案内してくれる

ネイチャーガイドさんによると

これまで樹海の中は真夏でも

30度になることはなかったが

今年初めて30度を超えたそうです。

 

ガイドさんは樹海には

もののけがいる

ような気がするそうですが

それよりも

暑さの中での樹海案内が

きつそうでした。

 

草もの盆栽と苔(コケ)

草もの盆栽をご存じでしょうか?

園芸店で扱われている、いわゆる山野草ではなく

道端や庭の隅など、身近にあるありふれた野草を

小さな鉢に植えて楽しむものです。

 

草もの盆栽でも苔(コケ)は大事な脇役です。

鉢には、かならずといっていいほど

苔を張り付けます。

苔鉢を作ってから

苔に穴をあけて差し芽をすることもあります。

 

あるときは主役でもあります。

スナゴケやタマゴケの苔鉢は

苔だけで十分味わいがあり楽しめます。

 

また

苔玉(こけだま)は根洗いを応用したもの

といわれていますが

やはり根鉢のまわりの苔が

草ものの風情をひきたてますね。

 

身近な野草と苔で

草もの盆栽を楽しんでみてはいかがですか。

 

『草もの盆栽入門 四季の野草を鉢植えに』

著者:西山伊三郎
大正10年、鎌倉生まれ。盆栽に魅せられ「松籟園」を開く。
とくに草もの盆栽にいそしみ「鎌倉路野風致盆栽会」を主宰した。

この本に詳しく解説されています。

たとえば

春ならタンポポやツクシ・スギナ

夏は、オトギリソウ、ヘビイチゴ

秋ならリンドウ、シダ類、ノギク

そして冬は

冬枯れのヒメオトギリソウやリンドウ

などなど

野草の選び方や育て方から

用土や鉢の選び方、置き場所、施肥、水やり

四季の管理、飾り方、観賞法まで

草もの盆栽の作り方、楽しみかたについて

写真や図で詳しく説明されています。

 

どんどん生長するハイゴケ-194

苔玉瓶(ハイゴケ)

苔玉瓶(ハイゴケ)

ハイゴケはどんどん生長します。

 

苔玉(こけだま)をつくるときには

根鉢や用土の玉に

ハイゴケを糸でまいて

ぴったりとくっつけておくので

苔玉はコロンとした感じに

なっています。

 

ハイゴケが生長するにつれて

葉が広がってきて

写真のようにふわっとした感じになります。

 

この段階で

陶器の皿に載せた苔玉なら

広がった葉の先が

ところどころ茶色に変色してきて

あまり伸びなくなってきます。

 

ところが

瓶やグラスでテラリウムにすると

どんどん生長を続けます。

 

伸びてきたハイゴケの葉は

やがてまっすぐ上に向かって伸びはじめ

さらにどんどん生長して

そのままほっておくと

瓶の中はぼうぼうの感じになります!

 

ぼうぼうになったハイゴケも

それはそれでまた違った趣がありますが

あるていど伸びたら葉を切り詰めるなり

ひとまわり大きな容器に移したりすれば

また楽しめます。

 

ハイゴケは湿気を好むので

湿度を保てるテラリウムなら

育てるのは簡単ですよ。

 

苔玉瓶-194

ハイゴケのシンプルな苔玉

苔玉が乾燥しないようにガラス瓶に入れて
ボトルテラリウムにしてあります。

苔玉の大きさ
苔玉の直径:約6cm

ガラス保存瓶
大きさ:直径約9cm×高さ約9.5cm
瓶の蓋:コルク

苔玉の用土:
ピートモス、くん炭、砂

鉢底:
ハイドロボール
ゼオライト(水腐れ防止用)

苔玉のお世話について

置き場:
明るい日陰または半日陰
室内窓際のレースのカーテン越しなど

水やり:
蓋をした状態であれば1週間に1回ほどの水やりで大丈夫です。
霧吹きで苔に水をかけてください。
鉢底のハイドロボールが濡れている状態を保つようにしてください。

ハイゴケの育て方もご覧ください。

 

瓶の中でも生長する山苔

苔瓶(山苔)

苔瓶(山苔)

小さなガラス保存瓶の中でも

山苔はちゃんと育ちます。

 

山苔の苔瓶(テラリウム)です。

 

写真の右側が

去年(2012年)の11月6日に紹介した

苔瓶(山苔ホソバオキナゴケ)

左側が同じく12月11日に紹介した

苔瓶(山苔アラハシラガゴケ)です。

 

どちらも同じミニガラス保存瓶で

大きさは、高さ・横幅が8cm、奥行6cm

瓶の口の直径は約5cmと

とても小さなガラスの瓶です。

 

山苔が瓶の中の用土(赤玉土など)に

張り付けであるだけの

簡単な苔のテラリウムですが

瓶の中の山苔は

冬の寒さと乾燥を乗り越え

春から梅雨の間には生長し

今は夏の猛暑に耐えています。

 

瓶の中は風にあたることがなく

湿度も保たれるので

苔にとってはとても良い環境です。

 

お世話の手間もほとんどかかりません。

 

作るのもお世話もほんとに簡単なので

ためしに一度

苔瓶をつくってみてはいかがでしょうか。

苔のテラリウムによるポット栽培

あわせてご覧ください。

苔瓶(ホソバオキナゴケ)

苔瓶(ホソバオキナゴケ)

苔瓶(アラハシラガゴケ)

苔瓶(アラハシラガゴケ)

ちなみに

去年の写真が小さくて

どのくらい生長したのか

わかりにくいので

現在の様子を

少し大きめに写しました。

 

このところ猛暑が続いていますが

さいわい変色した部分もなく

全体的にきれいな緑色です。

 

 

苔(コケ)の庭

苔(コケ)の庭というと

飛び石のまわりをかこむ苔

苔におおわれた地面からのびるシダ

杉やヤマモミジからの木漏れ日が

苔の上に葉の影をつくっている

 

そんな風景を思い浮かべます。

 

しっとりとした苔が美しい庭

それこそが和風の庭

日本庭園というイメージがあります。

 

日本庭園について調べてみると

大きく三つに分類できるようです。

 

池泉(ちせん)庭園

平安期の貴族が邸宅内に設けた庭園で

広大な土地に山や水のある池を築き

池を大海にみたてて島をおきました。

池に船を浮かべて楽しんだようです。

 

枯山水(かれさんすい)

禅の思想とともに禅寺で発達し

室町時代に成熟したといわれています。

水を使わずに

水の代わりに砂や石で

滝などの水を表現しました。

おもに建物の中から観賞します。

 

池泉庭園も枯山水も

大自然を小さく凝縮して表現した

という点では同じです。

 

茶庭(ちゃにわ)または露地(ろじ)

茶事(ちゃじ)のもてなしのための庭で

侘びた山居(さんきょ)の佇まいを現しています。

池泉庭園や枯山水とは少し表現が違い

身近にある山あいの風景を再現したものです。

 

また露地は壺庭(つぼにわ)に影響をあたえました。

壺庭は

屋敷内の建物や塀でかこまれた小さな庭で

露地に似た作りになっています。

江戸時代に富裕な商人がつくりはじめたとのこと。

 

私がイメージする苔の庭は

露地や壺庭のようです。

 

露地や壺庭のイメージを

小さな鉢の中に再現するのが

苔盆景や苔鉢ということもできますね。