山苔の育て方(お世話)夏

今日(7月2日)は半夏生(はんげしょう)。

農作業の節目の日とされてきました。

 

関東地方では今週の後半から

真夏日や熱帯夜となり

本格的な夏になりそうです。

 

夏は苔(コケ)にとっても

きびしい季節です。

どうしても高温と強い日差しに

さらされるようになります。

 

高温と多湿により蒸れて弱ったり

それとは逆に乾燥して

からからに乾いてしまうことも。

 

苔鉢や苔玉(こけだま)の

夏の置き場所は

直射日光には絶対にあたらない

明るい日陰で

風通しの良い涼しい場所です。

 

冷房のきいた涼しい室内なら

エアコンの風が直接あたる場所はさけて

直射日光があたらない

明るい日陰に置きます。

室内が乾燥しているようであれば

コレクションボックスなどに

鉢ごと入れておくのも良い方法です。

 

水やりは

早朝か夕方の涼しい時間帯に

たっぷりと与えます。

ただし

日中の気温があがる時間帯に

過湿のままだと蒸れてしまうので

水のやりすぎにも注意します。

もちろん

日中の水やりはさけてください。

 

また夏場は

雑草が伸びる季節でもあります。

苔鉢や苔玉からも

雑草が伸びることがありますので

すぐに引き抜きます。

 

山苔の苔鉢や苔玉の中に

ハイゴケがからんで

伸びてくることもあります。

ハイゴケが小さいうちは

山苔の葉にまじって目立たないのですが

注意してよく見ておく必要があります。

もしみつけたら

すぐに引き抜いてください。

ほうっておくと

山苔がハイゴケに負けて

徐々に変色してしまいますよ。

 

暑い夏

人も苔も元気に乗り越えられますように。

 

次回は、秋のお世話についてです。

 

山苔の育て方もご覧ください。

 

ハイゴケの育て方(お世話)その2

苔玉(ハイゴケ、ヤマモミジ)

苔玉(ハイゴケ、ヤマモミジ)

138d-20130626b

ハイゴケ(這い苔)の育て方を

調べている方が

たくさんいらっしゃいます。

 

たぶん

ハイゴケの苔玉(こけだま)を

購入後しばらくして

きれいな緑色だった苔が

いつのまにか茶褐色に

変色してしまって

がっかりされているのでは

ないでしょうか。

 

写真は先月の5月11日(苔玉-138

から2回目の紹介になりますが

ハイゴケ(ヤマモミジ)の苔玉です。

 

きれいな黄緑の葉のところどころに

茶色の部分が見えると思います。

 

ハイゴケは乾燥すると

茶褐色に変色し葉が立ち上がってきます。

さらに乾燥がすすむと全体に茶色になって

葉がよれよれした感じになります。

 

とにかくハイゴケの場合は

乾燥させないことです。

過湿気味に管理するくらいでも

よいと思います。

但し、植えられている植物が

過湿を嫌う場合は

管理が難しいでしょうね。

 

置き場所については

一般的に苔玉は屋外で育てるのが

基本とされています。

明るい日陰または半日陰の

風通しがよい場所に置いて下さい。

 

陽があたりすぎたり

強い風があたったりすると

やはり苔が乾燥しますので

そういった場所はさけてください。

 

苔には肥料は必要ありません。

ただし

植えられている植物に

肥料が必要な場合は

できるかぎり(規定の2倍以上に)薄めて

苔にはできるだけかからないように

あたえるようにするのがよさそうです。

 

写真の苔玉の水やりは

朝夕霧吹きでハイゴケに水をかけて

受け皿には少し水をいれて

腰水に近い状態にしてあります。

 

参考になれば幸いです。

以下のページもご覧ください。

ハイゴケの育て方(お世話)

ハイゴケの育て方

 

山苔の育て方(お世話)梅雨

関東地方では、平年よりも10日も早く梅雨入り!

したはずなのですが?

ほとんど雨が降らない日が続いています。

梅雨入り宣言が、早すぎたのかもしれませんね。

 

それでも6月に入って、気温も湿度も上昇してきています。

この季節の山苔のお世話で注意することは、

やはりカビの発生でしょう。

 

室内に置いた苔(コケ)に

白いホコリのようであったり

うっすらとわたゴミのような

カビがついてしまうことがあります。

 

そんなときは、苔(コケ)を

外の空気にあててあげるとカビはなくなります。

もちろん直射日光はさけて半日陰か明るい日陰において下さい。

強い風やエアコン室外機の風にはあたらないようにします。

 

苔玉(こけだま)、苔鉢、苔瓶(テラリウム)

どれも基本的には同じ対応でよいのですが

テラリウムの場合は、気温が急上昇して

蒸れる可能性がありますので

日光にはあたらないように

特に置き場所には注意します。

 

苔にカビがつくのを予防するためには

この季節の水やりは控えめにします。

ただし、苔を乾燥させてもいけません。

そして1週間に2,3回は

苔を外気にあてるようにしてください。

 

苔が美しい季節です。

みずみずしい苔の緑をお楽しみください。

 

次回は、夏のお世話についてです。

 

山苔の育て方もご覧ください。

 

ハイゴケの育て方(お世話)

ハイゴケ

ハイゴケの瓶テラリウム

ハイゴケは苔玉をはじめとして

苔庭、鉢の土かくし、テラリウムなど

使いみちが多く人気の苔です。

でも、きれいな緑の苔玉だったのに

しばらくすると茶色に変色?!

なんていうこともありますね。

ハイゴケは高い湿度を好みます。

乾燥すると茶色になって

葉が立ち上がったようになります。

あるていど陽があたったほうが

きれいな緑になるようです。

あまり日当たりがよすぎても

乾燥がすすむことになるので、

やはり半日陰が最適な場所のようです。

用土は選ばないというか

土はなくても育ちます。

写真は、今年の2月1日(苔瓶ハイゴケ)

2月12日(苔瓶ハイゴケ)で紹介したコケの

今日現在の状態です。

どちらの苔瓶のハイゴケも

だいぶ緑が回復しているのがわかります。

私の場合は、ガラス瓶に入れて

半日陰に置いて、たまに蓋をあけて水をかける

ようにしています。

これからの季節もっときれいな緑がふえて

茶色い部分はなくなってくれるでしょう。

まとめると

ハイゴケを育てるには、

高い湿度を保って

適度に陽に当てる(半日陰で育てる)

ということのようです。

 

以下のページもご覧ください。

ハイゴケの育て方(お世話)その2

ハイゴケの育て方

 

山苔の育て方(お世話)春

苔(コケ)が1年でもっとも生長するのは春です。

4月と5月が苔盆栽などの植え付けや植え替えに

もっとも適した時期になります。

できるだけ梅雨入りまでには植えて

高温となる夏までに定着させておきます。

山苔(ホソバオキナゴケ、アラハシラガゴケ)

についてもやはり春がもっとも

植え付けなどに適した季節です。

地域にもよりますが、3月ごろから

6月ごろまでがぎりぎりでしょうか。

植え付け、または植え替え後は、

こまめに水やりをして乾燥しないようにします。

植え付けから1カ月ほどで新芽が出てきます。

新しい芽は特に乾燥に弱く、

一度乾燥により新芽が枯れてしまうと

その後は、発芽しにくくなるようです。

春は、苔や植物がもっとも生長する季節なので

たっぷりと水をやって乾かさないようにします。

室内では、コレクションボックスなどに入れたり、

室外では、プラスチックの衣装ケースなどの

簡易保湿容器に入れて乾燥を防ぐのも良い方法です。

ただし、蒸れには注意が必要です。

直射日光を当てたりしないよう気をつけて、

涼しい朝夕に水やりをするようにしましょう。

山苔の育て方(お世話)早春」もあわせてご覧ください。

次回は、梅雨時と夏のお世話についてです。

 

山苔の育て方もご覧ください。

 

苔(コケ)の殖やし方

苔(コケ)を栽培して増やすための

植え付け方には三つの方法があります。

張り苔法、移植法、まき苔法です。

苔の種類によって向き不向きがあります。

まず、張り苔法は

もっとも一般的な方法です。

文字どうり、苔の塊を用土に張り付けます。

苔と用土をぴったりと密着させるのが

ポイントです。

密着させ固定していないと

苔が用土からはがれて

乾燥し枯れてしまいます。

次に移植法ですが、

苔をいくつかの束状に小分けして、

用土に間隔をあけて植え穴をあけ

埋め込む方法です。

手間はかかりますが

張り苔よりは少ない苔で栽培できます。

この方法は、

山苔、ヒノキゴケ、スギゴケなどには適しますが、

ハイゴケやシノブゴケは土に埋めると枯れやすく、

スナゴケやギンゴケは小さいので

移植法には適しません。

最後に、まき苔法です。

苔をほぐしてバラバラにし、

タネのように用土の上にまきます。

種にする苔は乾燥したものでも

もみほぐせば大丈夫なようです。

まいたタネ苔が半分ほど埋まるように

用土をかぶせて新芽を吹かせます。

新芽が生えそろうまでは

時間と手間がかかりますが

少ない苔から増やすには良い方法です。

 

山苔の育て方(お世話)早春

苔(コケ)の植え付けに適した季節は春と秋です。

高温多湿の夏と、寒さで休眠する冬は

植え付けには適しません。

春先からは植え付けた後に、

新芽が伸びて定着しやすくなります。

植え付けた苔が真夏になる前に定着して、

夏の暑さに耐えられるようにします。

春先に注意することは

やはり気温の上昇による蒸れです。

2月に入り、立春を過ぎて

中旬から下旬にもなると

最低気温がマイナスになることもなく

日中の気温はかなり高くなってきます。

日差しも少しずつ強くなってきますので

直射日光による蒸れには要注意です。

新芽が伸びるには、適度な湿気も必要です。

乾燥しないようにも注意します。

冬の間、室内で弱って変色した苔は

外に出して半日陰に置きます。

水をあげ乾燥させないようにして

新芽がでてくるようにします。

 

早春、苔の緑を楽しむには

保温と保湿のためケースに入れる。

やはり蒸れとカビには注意。

1週間に2度か3度、外に出して水をやる。

ただし、冷たい風にさらさないこと。

乾燥しないようにして発芽を促す。

次回は、春の生長期のお世話についてです。

 

山苔の育て方もご覧ください。

 

山苔のお世話(2012年)

山苔のお世話(育て方)

山苔(ホソバオキナゴケ、アラハシラガゴケ)は、

半日陰(朝日だけ当たる、木漏れ日があたる)を好みます。

また、乾燥に強く蒸れに弱いという性質です。

苔鉢、苔盆景のお世話のしかた

苔のお世話

苔のお世話

【置き場所】

室内では、コレクションボックス(プラスチックケース)に入れて

レースのカーテン越しの窓辺など明るい日陰に置いて下さい。

直射日光は当たらないようにして下さい。

エアコンの風が直接当たらない場所に置いて下さい。

週に2~3回は、コレクションボックスから出してベランダなど外に出して、

ある程度風通しがよい場所に置いて下さい。

(室内に置いたままにするとカビが生えることがあります。)

朝日や木漏れ日など弱い日光に数時間当てると良いです。

直射日光や西日には当たらない明るい日陰に置いても良いです。

地面やコンクリート上に直接置かないで棚などの上に置いて下さい。

また、強い風やエアコンの室外機からの風に当たらないようにして下さい。

【水やり】

外に出したときの朝か夕方に霧吹きで苔に水をかけて下さい。

霧吹きで数回水をかけて苔の葉に朝露がついたようになればOKです。

日中の水やりは蒸れをおこすことがありますので避けて下さい。

苔の葉が白っぽくなったら乾燥しているので霧吹きで水をかけて下さい。

霧吹きで水をかけるとすぐに緑色(うぐいす色)になってきます。

また、苔の葉が茶色っぽく黒ずんできたら水のやり過ぎですから

水やりは控えて下さい。

【その他】

肥料は一切必要ありません。

肥料を与えると枯れてしまいます。

※最新の情報は、山苔の育て方をご覧下さい。

 

山苔の育て方(お世話)冬

苔(コケ)は、意外に寒さには強いようです。

しかし、乾燥した冷たい風にさらされると

茶色っぽっく変色して枯れたようになります。

でも枯れてしまったわけではありません。

春になればまた緑色に回復します。

気温の下がる冬、

屋外の苔は休眠します。

あたたかい室内に置いた苔は

休眠せず成長を続けます。

冬でも苔の緑を楽しむには

あたたかい室内に置くことです。

しかし、暖房のきいた室内は乾燥しています。

室内では保湿の必要があります。

テラリウムであれば問題ありません。

また、口の空いた半テラリウムなら

蓋をして湿度を保ちます。

苔鉢などは、コレクションボックスなどの

透明な容器に入れておけば

あるていど湿度が保たれます。

ただし、冬でも蒸れには注意が必要です。

テラリウム容器やコレクションボックスを

直射日光には当てないようにします。

置き場所は半日陰、

レースのカーテン越しなどです。

また、容器に入れたままにすると

カビが発生することもあります。

1週間に1度か2度は、外に出して

空気を入れ替えてあげましょう。

あわせてこの時に、

霧吹きで水をあげればよいでしょう。

ベランダに置いて越冬する場合は、

保温フレームやプラスチックケースなどに入れて

日中はすこし空気が入るようにします。

 

冬でも苔の緑を楽しむには

保温と保湿のためケースに入れる。

蒸れとカビに注意。

1週間に1度か2度、外に出して水をやる。

ただし、冷たい風にさらさないこと。

次回は、春のお世話についてです。

 

山苔の育て方もご覧ください。

 

山苔の育て方(お世話、お手入れ)基本

山苔のきれいなうぐいす色を

四季を通じて楽しむ方法。

それはまず、山苔を知ること。

山苔と呼ばれているのは

ホソバオキナゴケ(ホソバシラガゴケ)と

アラハシラガゴケの二つです。

どちらもシラガゴケ科シラガゴケ属のコケで

その形からマンジュウゴケとも呼ばれます。

日当たりについては、半日陰を好みます。

半日陰とは、朝日だけがあたる場所や

終日木漏れ日があたる場所のことです。

室内であれば、レースのカーテン越しなどになります。

ホソバオキナゴケは、乾燥気味の場所を好みますので

水やりはひかえめがよいです。

アラハシラガゴケは、湿度の高い場所を好みます。

どちらも蒸れには弱いので、

日の当たっている日中はさけて

朝や夕方に水をやります。

用土は、苔を支え固定することと

湿度を保つのが役割です。

水はけがよくかつ湿度を保持できることが

用土の条件です。

一般的には、畑土など粉状の土に

川砂、富士砂、ピートモスなどを

混ぜたものがよいとされています。

私の経験では、

他の条件がよければ赤玉土だけでも

定着し成長するようです。

肥料は与えないでください。

強い風に当てるのも禁物です。

寒さや乾燥には強いといわれていますが

冷たい空っ風にあたるとコケが傷みます。

環境があわないないと、変色します。

ただし、環境の変化により

徐々に変色することもあります。

蒸れてしまって短期間で変色したときは

回復しないようですが、

環境の変化により徐々に変色した場合は

次の春や秋の成長期には回復するようです。

基本をまとめると、

半日陰に置くこと

適度な湿度をたもつこと

蒸れに注意すること

強い風に当てないこと

肥料を与えないこと

次回はもうすこし詳しく説明します。

 

山苔の色(変色について)もご覧ください。

山苔の育て方もご覧ください。