苔とシダの苔玉テラリウム

苔玉のテラリウム

苔玉(こけだま)をガラス容器に

山苔(ヤマゴケ)の

苔テラリウムふたつめは

苔玉(こけだま)に

仕立て直してみました。

 

ひとつめの山苔については

2017年9月15日投稿の

苔テラリウムの容器替え

をご覧下さい。

 

苔玉になったふたつめの山苔も

また大きめのガラス容器の中へ

納めました。

 

1枚目の写真が完成した

苔玉テラリウムです。

 

ガラス容器の底には

ゼオライトと発泡錬石の中粒を

いつものように敷いてあります。

 

山苔取り出し後

山苔(ヤマゴケ)取り出し後

2枚目の写真が

苔玉にする前の山苔で

ガラス容器から取り出した

直後の状態です。

 

ガラス面に密着していた部分

(写真の左側)が

平らになってくっついてます。

 

あちこち変色もしていて

状態はあまりよくありませんね。

山苔がガラス容器の中で成長しすぎて

蒸れ気味だったのでしょうね。

 

山苔の苔玉

山苔とプテリスの苔玉

3枚目の写真が

苔玉に仕立てたところで

なかはシダのプテリスと

種類不明の苔です。

 

このシダ植物は

今年(2017年)1月5日投稿の

冬の室内で育つ苔とシダ

で紹介したプテリスです。

 

ガラス容器にすっぽり収まるように

長い茎と大きな葉は切り取りました。

 

なんだかシダのプテリスよりも

周りに生えている苔のほうがめだつので

苔の苔玉?のようですね。

 

室内に置く新しいガラス容器の中で

元気に育ってくれるとよいのですが。

 

 

彼岸が明けて朝夕は涼しくなりました。

今日は爽やかな秋晴れ

来週はもう十月です。

 

苔玉を初めて作るまえに

苔玉(山苔とアジアンタム)

苔玉(山苔とアジアンタム)

人気の苔玉(こけだま)作り

ですが

初めて苔玉を作るまえに

決めておいたほうがよいこと

があります。

 

それは一時飾るだけなのか

それとも

できるだけ長く育てたいのかです。

 

もしも季節の花を飾るように

苔玉を作ったときの姿を短い期間だけ

愉しむことができればよいのであれば

自分の好みで自由に作ればよいです。

 

作った苔玉がどれほど長持ちするのか

それは運しだいですね。

 

それとも鉢植えや盆栽のように

できるだけ長く育てて愉しみたい

ということであれば

作り方をよく検討する必要があります。

 

まず

苔玉をどこに置いて育てるのか

それを決めることが大事です。

 

室内なのかベランダなのか庭なのか。

 

当たり前ですが育てる場所によって

育てることができる植物は限られます。

 

たとえばモミジの苔玉を

室内だけで育てることは無理です。

 

室内で苔玉を育てるのであれば

やはりほとんどの樹木は無理ですから

自ずとシダなどの観葉植物になりますね。

 

苔玉作りに使う苔(コケ)にも

いくつか種類はありますが

室内で育てるのであれば

よく使われるハイゴケ(這苔)よりも

ホソバオキナゴケなどの山苔(ヤマゴケ)

のほうが育てやすいようです。

 

ベランダや庭で育てるのであれば

日あたりや風通しなど

やはりその場所の環境に合う

植物や苔を選ぶことです。

 

写真はシダ植物のアジアンタムと

山苔(ヤマゴケ)で作った苔玉です。

室内だけで育てられますよ。

 

暑い時期、外での園芸は厳しいですが

苔玉作りなら室内でもできます。

一度作ってみてはいかがでしょうか。

 

苔玉(こけだま)の作り方

 

 

関東は梅雨明けしました。

もうすぐ大暑

暑中お見舞い申し上げます。

 

はじめて苔玉を手にしたら

山苔と観葉植物の苔玉

山苔と観葉植物の小さめな苔玉

五月と六月は

苔玉(こけだま)のシーズンです。

 

苔玉が好きで自分で買ったり

材料をそろえて自分で作る人は

育て方も調べているでしょう。

 

でもこの時季は

プレゼントされて

はじめて苔玉を手にする人も

多いかもしれませんね。

 

苔玉をみてうれしい反面

どうやって育てればいいのか

とまどうのではないでしょうか。

 

まず置き場所。

水やり。

肥料は?

 

園芸が趣味という人なら

まずは基本どおりに

お世話をするかもしれませんね。

 

でもしばらくすると

きれいな緑色だった苔が

茶色などに変色してしまうことに。

 

苔は丈夫な反面

デリケートでもあります。

 

他の植物とはちょっと違う

苔(コケ)のことを調べて育てれば

瑞々しい苔の緑を長く楽しめる

かもしれませんよ。

 

でもはじめての苔玉なら

梅雨を過ぎて夏本番前まで

なんとか愉しむことができれば

よしとすべきかもしれません。

 

参考までにこちらもご覧下さい。

苔玉(こけだま)の育て方

 

 

昨日今日と夏日、今年一番の暑さです。

明日は気温が下がって雨だとのこと。

ご自愛ください。

 

苔玉を室内で育てるなら山苔

苔玉(こけだま)を室内で育てる!

実は簡単にできるのです。

 

苔玉を作るのに使う苔(コケ)には

ハイゴケ(這苔)をおすすめしています。

 

苔玉はベランダや庭など屋外で育て

室内に飾るのは2~3日までとする

というのが一般的な解説です。

 

苔玉を外で育てるのであれば

比較的日当たりを好むハイゴケが

育てやすいといえます。

 

さらに

ハイゴケは比較的丈夫で生長がはやく

園芸店などで入手しやすく

マット状なので巻くのが簡単なことから

苔玉用の苔として人気があるからです。

 

もし

ハイゴケの苔玉を室内で育てると

どうなるでしょう?

 

室内は窓辺など明るく感じる場所でも

外の明るさに比べると

実際にはかなり暗いものです。

 

ハイゴケには明るさが足りないようで

徐々に弱り綺麗な黄緑色だったのが

変色したりカビが生えたりします。

 

残念な苔玉になってしまいます。

 

しかしながら苔玉を

数日室内に飾るだけではなく

ずうっと室内で育てる方法もあります。

 

安定した温度や湿度であれば

明るさの不足する室内でも

良い状態で生長する苔があります。

 

ホソバオキナゴケなどの山苔です。

山苔(ヤマゴケ)で作る苔玉

山苔(ヤマゴケ)で作る苔玉

 

写真は山苔と観葉植物で

作った苔玉です。

 

室内で育てていたら

ホソバオキナゴケから

蒴柄(さくへい)が伸びて

蒴(さく)もふくらみました。

 

この苔玉は山苔の部分を

すっぽりとガラス容器に入れて

明るい窓辺で育てていました。

 

観葉植物を含む苔玉の全体を

プラスチックケースなどに入れて

テラリウムにしても育てられます。

 

苔玉にする植物は

モミジなどの樹木は無理ですが

シダなどの観葉植物であれば

室内で育てることができますよ。

 

ただし

ホソバオキナゴケなどの山苔は

とてもデリケートな苔で

ベランダなど過酷な環境では

育てるのが難しくすぐに変色します。

 

また苔玉を作るときにも

山苔は半球状のかたまりなので

根鉢に巻くのが難しいかもしれません。

 

栽培されたマット状の山苔もあるので

それを使えば作るのは簡単です。

 

室内で育てる山苔の苔玉を

一度作ってみてはいかがですか。

 

苔玉(こけだま)の作り方

 

 

昨日今日とよく晴れて暖かです。

満開の桜は散りはじめましたが

モミジの花が咲きはじめています。

小さくて赤い花ですよ。

 

苔玉(こけだま)作りの適期

人気の苔玉(こけだま)ですが

自分で作るのならいつがいいのか?

 

苔玉(こけだま)の作り方

に書いてありませんでしたので

追加しておきます。

 

もちろんいつ作ってもいいのですが

寒い冬や暑い夏はどうもね。

 

ということよりも

作った苔玉を長く愉しむのであれば

やはり適期があります。

 

苔玉では植え付ける植物とともに

いやそれ以上に苔が重要です。

 

植物の状態がよかったとしても

苔の状態が悪ければ

苔玉としてはだいなしです。

 

植え付ける植物を

シダなどの丈夫な観葉植物とし

根鉢をあまり崩さないことにすれば

あとは苔です。

 

苔の生長期は春と秋です。

夏と冬、苔は休眠状態になります。

 

ですから

生長期の前半に苔玉を作って

夏(または冬)になる前までに

苔が生長し定着するようにすれば

その後の真夏(または真冬)を

乗り越えて育ってくれるでしょう。

 

苔玉 山苔とシダ 6月

苔玉(こけだま) 山苔とシダ 6月

写真は6月上旬の苔玉です。

 

ホソバオキナゴケという

山苔(ヤマゴケ)の状態が

とてもいいですね。

 

この苔玉を作ったのは

撮影の1年前の5月上旬です。

 

ということで苔玉を作るのなら

春なら3月から5月頃

春分から梅雨入り前まで

 

秋なら9月から11月頃

秋分から初霜が降りる前まで

がよさそうです。

 

 

まさにこれからが

春の苔玉作りの適期ですよ。

 

 

昨日は晴れて暖かでしたが

今日は寒くて雨も降りだしました。

明日からは四月ですね。

 

ベランダの苔玉のハイゴケは

プテリスとハイゴケの苔玉

プテリス(シダ)とハイゴケの苔玉

ベランダで育てている

シダの仲間のプテリスと

ハイゴケ(這苔)の

苔玉(こけだま)です。

 

プテリス・アルボリネアータは

斑入りの黄緑の葉を

元気にひろげています。

 

新しい芽も出てきて

濡れた葉は瑞々しく涼しげですね。

 

しかしながら

ハイゴケのほうはというと

残念な色合いになってしまいました。

 

ハイゴケの葉先はほとんどが

うすい茶色に変色しています。

 

緑の部分も多少ありますが

既に黒ずんでいるところもあり

全体に元気がありません。

 

プテリスはこの時季のベランダでも

へっちゃらで生長するようですが

ハイゴケにとっては

かなり過酷な環境なのでしょうね。

 

残念ながら苔玉のハイゴケは

この夏を越せそうにありません。

 

 

大暑を過ぎて夏本番

今日はからりと晴れました。

でも関東の梅雨明けは?

 

山苔が回復途上のシダの苔玉

シダと山苔の苔玉

シダと山苔(回復途上)の苔玉

シダと山苔の苔玉です。

 

一年前(2015年)に撮影した

ヘッダー写真の真ん中に

写っている苔玉の

今の様子なのですが

状態が悪いのですよ。

 

まず苔(コケ)ですが

山苔(ヤマゴケ)といわれる

ホソバオキナゴケです。

 

ガラス鉢の中の苔玉の

上の方が茶色っぽく見えるのが

変色してしまった部分です。

 

それでもシダの根元から

下の方に広がるうすい黄緑の葉は

最近伸びてきた新葉なんですよ。

 

ここにきてようやく回復してきました。

 

これから梅雨にかけて

なんとか以前のようにきれいな緑に

回復してくれることを祈るのみです。

 

そもそも

どうして変色したのかというと

ヘッダー写真を撮影した後のことです。

 

夏になって気温が上がっても

しばらくの間は山苔の状態が良く

明るい日陰に置いてあることもあり

大丈夫かもと。油断ました。

 

そのまま真夏になっても

ベランダに置いたままにしたため

強烈な暑さによる蒸れで

変色してしまったのでした。

 

山苔は特に蒸れに弱いので

やはり真夏の高温は無理ですね。

 

その後

北側の室内の窓際に移して

回復を待っていましたが

最近になってようやく

新葉が伸びてきました。

 

山苔は室内だけでも育てられるので

一年中室内のテラリウムで育てるのが

蒸れる心配が少なく良いかもしれません。

もちろん直射日光はあてないように。

 

 

一方シダ(羊歯)のほうは

プテリス・フォーリーです。

 

2年前(2014年6月11日)に投稿した

苔玉は苔も植え込み植物も

にもシダの葉の茂りが悪いことを

書いたのですが今もあいかわらずです。

 

新芽が出ては葉先から枯れていく

の繰り返しです。

 

もっとも苔に害があるため

肥料などは一切与えていませんので

しかたがないのかもしれませんんね。

 

シダの葉も

日当たりのほうに伸びていくので

日があたる向きをうまく調整すれば

たとえ葉の茂りは悪くても

涼しげにしだれるような形には

できるかもしれません。

 

 

立夏を過ぎて暦の上では夏です。

実際の気温も25度を超え

夏日となりました。

今年も暑くなりそうですね。

 

モミジの苔玉のハイゴケは

ヤマモミジの苔玉

ヤマモミジの苔玉(ハイゴケ)

ヤマモミジの苔玉(こけだま)です。

 

ちょうど一年前に撮影した

このブログのヘッダー写真の右に

写っている苔玉の今の様子です。

 

ヤマモミジは1年経過しても

ほとんど変わりなく元気ですね。

もちろん剪定はしていますよ。

 

問題は苔(コケ)、ハイゴケです。

冬の間にだいぶ傷んでしまいました。

 

樹木は屋外で育てる必要があるので

ベランダに置いて育てていますが

冬の乾燥した空っ風のあたる環境では

ハイゴケはどうしても傷んでしまいますね。

 

これからの快適な季節には

ハイゴケもいくらか回復するでしょうが

全体が瑞々しい緑の苔玉には

たぶん戻らないでしょうね。

 

苔が少し傷んでいたり

雑草の芽が伸びていたりするのも

自然な感じでそれなりに趣があるので

このまま育てるのもいいかもしれません。

 

それとも

過ごしやすい今ごろの時季に

新しいハイゴケで仕立て直すのも

苔玉の愉しみなのかもしれませんね。

 

五月と六月は苔玉をプレゼントしたり

贈られたりする人も多いでしょうが

花に愉しめる時季があるように

苔にも美しい時季があります。

 

これからベランダで育てるのであれば

まずは真夏になる前までは

きれいな苔玉をたのしめるでしょう。

 

高温で苔が蒸れないように

なんとか夏をうまくのりきれば

秋の生長も愉しめます。

 

ここまで苔を育てられれば

一応よしとすべきかもしれません。

 

苔玉や苔をベランダで育てて

冬を越すのは難しいですね。

 

 

今日は夏も近づく八十八夜。

新緑の季節がはじまりました。

明日も園芸日和のようです。

 

回復中の這苔とシダの苔玉

ハイゴケとプテリスの苔玉

ハイゴケとプテリスの苔玉

20151003b

ハイゴケ(這苔)とシダ植物の

プテリス・アルボリネアータの

苔玉(こけだま)です。

 

夏の間に弱ったハイゴケは

ようやく涼しくなってきた今頃

徐々に回復してきました。

 

まだまだ苔玉の全体が

美しい黄緑という状態には

なっていないのですが

新しい葉が伸びていますね。

 

苔玉に植え込んだプテリスのほうは

とても元気がいいですね。

茎葉をどんどん伸ばしていて

ちょっと葉が茂り過ぎなほどです。

 

プテリスだけを観葉植物として楽しむなら

葉がたくさん茂っているのがよいのですが

苔玉に植え込んだときには

葉が少なめのほうがバランスが良い

というか趣があるように感じます。

 

もう少しハイゴケが回復して

苔玉の全体がきれいな黄緑になったら

伸びたハイゴケとプテリスを整理して

仕立て直しする予定です。

 

ハイゴケは丈夫な苔なのですが

一年を通じて美しい黄緑色に保つのは

なかなか難しいですね。

精進あるのみです。

 

 

十月になったというのに

昨日今日と真夏の暑さに逆戻り

身体にこたえますね。

ご自愛ください。

 

ハイゴケが回復しつつあります

苔玉(ハイゴケ、プテリス)

苔玉(ハイゴケ、プテリス)

139-141004b

夏の間に生長しすぎて

育てていたガラス瓶の中で

変色後に腐敗してしまった

ハイゴケとプテリスの苔玉。

 

今年(2014年)の8月30日

ハイゴケは伸び過ぎにも注意

で紹介してから1カ月ほど

経過 した今の様子です。

 

この苔玉(こけだま)は

ガラス瓶から取り出して

全体を水洗いした後

半日陰で風通しの良い所に

置いて経過をみてきました。

 

涼しくなるにつれだいぶ

ハイゴケが回復してきました。

 

しかしながら

テラリウムにしないと

どうしてもハイゴケの先端が

乾燥のために

ところどころ茶色に変色します。

 

すこし野草の芽も出てきていて

自然な趣もいいものなのですが

やはり青々としたハイゴケに

なんとか戻したいですね。

 

シダ植物のプテリスの方は

傷んだ葉は切りましたが

まずまずの状態です。

 

もうすこしハイゴケが回復したら

またガラス瓶の簡易テラリウムに

入れて育てる予定です。

また瑞々しい青々としたハイゴケに

戻ってくれることでしょう。

 

 

今は第四十八候(秋分の末候)

「水始涸(みず はじめてかる)」

田の水を抜いて乾かし、稲刈りに備える時季。

近くの田んぼは既に稲刈りが済んでいますね。

 

十月なのに台風がやってきそうです。