ハイゴケは窮屈なのがいい?

苔テラリウム(ハイゴケ)

苔テラリウム(ハイゴケ)

ハイゴケの観察(6月7日)

ハイゴケの生長観察(6月7日)

ハイゴケのボトルテラリウム

ハイゴケのボトルテラリウム

ハイゴケ(這苔)は

その名前の由来どおり

這うように生長する苔です。

 

ガラス瓶の中であれば

ハイゴケはガラス面を這うように

上に向かって伸びてゆきます。

 

上の写真はハイゴケの苔ボールを

ガラス保存瓶の中で育てている

簡易テラリウムなんですが

生長したハイゴケの先端が

ガラス面に張り付いて

上に伸びています。

 

苔ボールとガラス瓶の間に

ある程度の空間があるためか

ハイゴケの生長はまばらで

密生はしていません。

 

まんなかの写真のテラリウムは

生長観察中のハイゴケです。

 

去年(2014年)の10月19日

テラリウムのハイゴケ、その後

で紹介してから8カ月ほど経過しました。

 

写真ではあまり変化がわかりませんね。

ほんの少しずつですが生長はしています。

でもどんどん伸びるわけではないですね。

 

そして下の写真のボトルテラリウムは

やはり去年(2014年)の7月16日

ハイゴケは必ず這うとは限りません

で紹介してから11カ月ほど経過もの。

 

ハイゴケはガラス瓶の中でさらに伸び続け

ぎゅうぎゅうに密生している状態です。

 

生長したハイゴケのマットと同じように

下のほうは茶色になってきています。

 

そろそろこのガラス瓶から出して

植え替えというかボトル替え?

したほうが良さそうですね。

 

ちなみにこれらの苔テラリウムは

室内ではなく屋外に置いてあります。

 

ハイゴケは山苔と違って

室内の明るさでは生長できないようです。

 

本当は少し陽にあたるように

半日陰に置いてあげれば

もっと生長するのでしょうが

蓋を閉めたままにしてあるので

高温で蒸れてしまわないように

明るい日陰に置いてあります。

 

ハイゴケという苔は

明るさなど他の条件が同じなら

空間に余裕があるときよりも

ちょっと窮屈な状態のほうが

生長が早いのかもしれませんね?

 

生長観察はつづく。

 

ミニ苔玉が四角になったので

山苔と西洋シノブ

山苔と西洋シノブ(植え替え後)

山苔とプミラ

山苔とプミラ(植え替え前)

151-20150523b2

もはや苔玉(こけだま)とは

とても言えません。

 

もともとは

とっても小さなミニ苔玉

だったのですが。

 

今日植え替えました。

上の写真が植え替え後です。

 

今後は

「山苔と西洋シノブの

苔玉風テラリウム

苔伸びほうだい」

ということにします。

(ちょっと長いですが)

 

真ん中の写真が

植え替える前のものです。

 

前回紹介したのが

昨年(2014年)の9月23日

室内だけで育てる苔テラリウム

なんですが

あれから8カ月ほど経過しました。

 

今朝

100日ぶり!に水をやろうとして

苔などの様子をよくよく見てみると。。。

 

山苔はぼうぼうに伸びて

ガラス鉢からだいぶ飛び出していて

かなり窮屈な感じになっています。

 

そこで

ひとまわり大きな鉢に替えようかな

などと思いながら

プミラの葉を眺めていると

下の方の葉が一部茶色なんですよね。

 

この際

シダの仲間の西洋シノブ(ダバリア)に

植え替えることにしました。

 

ガラス鉢から元はミニ苔玉だった

山苔のかたまりを抜き出すと

鉢の形のとおり四角!になっていました。

それが下の写真です。

 

プミラを取り出した山苔の塊を

苔玉の用土に植え付けた西洋シノブに

糸で巻かずに張りつける

これで植え替え終了です。

 

ガラス鉢は

これまでの5cm四方の鉢から

ひとまわり大きな8cm四方の鉢にしました。

 

鉢の底に根腐れ防止用のゼオライトを

敷いてから発泡錬石を入れてあるのは

いままでと同じです。

発泡錬石の粒は少し大きくしました。

 

あとはこれまで同様

プラスチックケースに入れて

北側の部屋の明るい窓辺に置いて

二カ月から三カ月おきに

水やりするだけです。

 

これから高温多湿の梅雨を迎えるので

注意深く観察してまた様子がかわったら

紹介する予定です。

 

ちなみに取り出したプミラは

別のポットに植えておきました。

 

冬を室内窓際で過ごした山苔

苔テラリウム(ホソバオキナゴケ)

苔テラリウム(ホソバオキナゴケ)

163-20150321a

山苔(やまごけ)と呼ばれる

ホソバオキナゴケ(細葉翁苔)は

室内だけで一年中育てても

きれいな緑のままで

少しずつですが生長します。

 

写真は昨年(2014年9月14日)の

投稿(夏をテラリウムで過ごした山苔)から

ほぼ半年となる今日の様子です。

 

この冬を室内の窓際に置いた

ガラス瓶の中だけで過ごしました。

 

写真でもわかると思いますが

苔(コケ)はとても良い状態で

きれいな黄緑色をしています。

 

良く見るとほんの少しですが

苔の葉が伸びているようです。

 

この苔テラリウムは

ホソバオキナゴケの苔ボールを

ガラス保存瓶に入れて蓋をしただけの

とっても簡単なボトルテラリウムです。

 

ほぼ同じものがふたつあります。

 

ひとつは南向きの部屋の窓際に

置いていあるもの。(写真のもの)

もうひとつは北側の部屋の窓際に

置いてあるものですが

どちらの苔も同じように

良い状態を保っています。

 

どちらも棚に置いてあるだけで

照明をあてるなど特別なことは

一切していません。

水やりも二、三カ月に一回だけ

今年に入ってからの水やりは

まだ一度だけです。

 

ちなみに

これはボール状の形をしてますが

形に関わらず平らでも同じように

良い状態で育てることができます。

 

日陰に強いホソバオキナゴケなら

簡単なものでもテラリウムにすれば

室内だけで窓際に置いたまま

ほとんど手間をかけずに

緑を愉しむことができますよ。

 

 

今日は春分で彼岸の中日。

今年はまだ春一番がふいていません。

このところ暖かい日が続きましたが

来週は寒の戻りがありそうです。

 

テラリウムのハイゴケ、その後

苔テラリウム(ハイゴケ)

苔テラリウム(ハイゴケ)10月18日

koketerra-141018b

朝夕はだいぶ涼しくなりました。

 

テラリウムで生長を観察している

ハイゴケのその後の様子ですが

ここにきてぐんぐんと

生長を再開したようです。

 

猛暑の夏の間は

ハイゴケが蒸れてしまわないよう

涼しい日陰に置いていたので

ほとんどまったくといっていいほど

生長が見られませんでした。

 

涼しくなってきた十月からは

木漏れ日があたる半日陰に移動したので

ハイゴケが生長をはじめたようです。

 

真上から写した写真(上)でみると

今年(2014年)7月12日投稿の

苔テラリウムで生長を観察

で紹介した写真とくらべて

あまり変化がわかりませんが

実際にはその七月時点よりも

だいぶ縦方向に生長しています。

 

それが横から写した下の写真です。

なんとなくハイゴケらしい姿に

なってきたように見えますよね。

 

寒くなるにつれてハイゴケに

たくさん陽があたるようにします。

 

ハイゴケはこれからしばらくの間

さらにどんどん生長すると思います。

 

 

今は第五十候(寒露の次候)

「菊花開(きくばな ひらく)」

菊の花が咲く時季を過ぎ

第五十一候(寒露の末候)

「蟋蟀在戸(きりぎりす とにあり)」

キリギリスが戸口で鳴く頃

になりました。

 

昨日今日とさわやかな秋晴れです。

この時季の晴天は菊晴れとも。

明日も晴れそうです。

 

室内だけで育てる苔テラリウム

苔テラリウム(山苔)

苔テラリウム(山苔)

151-140923b

今年の猛暑も

なんとか乗りきりました。

 

二年目の夏を越えた

苔テラリウムです。

 

すっかり形が変わり

今では何なのか

よくわからなくなって

しまいましたが

もともとは

とっても小さなミニ苔玉

だったんですよ。

 

苔(コケ)の種類は

ホソバオキナゴケ(山苔)

植え込んだ植物は

プミラの挿し木でした。

 

前回(2014年7月4日)は

まだ苔玉テラリウムとして

紹介していましたが

さすがにもう苔玉というのは

かなり無理がありますね。

 

去年(2013年)の五月に作ってから

室内の明るい日陰に置いて

プラスチックケースを利用した

簡易テラリウムの中だけで

一年中ずっと育てました。

 

こんな簡単なテラリウムでも

2から3カ月に一度の水やりで

湿度はほぼ安定します。

 

温度も大きな変化がない環境なら

ホソバオキナゴケは

徒長ぎみにどんどん生長します。

 

ミニ苔玉に植え込んだプミラは

ここにきて弱り気味で

上の方の葉が少し傷んでます。

用土が少なく肥料もなし

明るい日陰という環境では

これ以上の生長は無理でしょうね。

 

苔(コケ)だけのテラリウムなら

室内だけで育てるとしても

ほとんど手間をかけずに

苔の生長を愉しむことができますね。

 

苔テラリウム-151

ホソバオキナゴケ(山苔)

フィカス・プミラ

ガラス鉢の大きさ:
5cm×5cm×5cm

 

 

今日は秋分の日

秋のお彼岸の中日です。

 

昼と夜の長さが

ほぼ等しくなる日ですが

実際に昼夜の長さが

同じになるのは

秋分から三日後の

彼岸明けなのだそうです。

 

これから徐々に

夜が長くなっていきますね。

 

今日は爽やかな秋晴れでした。

 

夏をテラリウムで過ごした山苔

苔テラリウム(山苔)

苔テラリウム(山苔)

163-20140914b

山苔は夏が苦手。

 

高温多湿で蒸れて

変色してしまうことも

しばしばです。

 

屋外の山苔の苔鉢は

この時期状態が悪い

ものが多いようです。

 

写真の苔ボールは

2014年4月29日に紹介した

山苔のテラリウム

今日の様子です。

 

今年の猛暑の夏を

室内の窓辺に置いた

ガラス瓶のテラリウムで

過ごしました。

 

写真では蓋をとってますが

実際にはガラス瓶の蓋を

した状態で置いてあります。

 

7月4日に水やりしてから

八月は水やりなし

九月に入って今日

72日ぶりに水やりしました。

山苔の状態はとても良いです。

 

山苔は暑さには弱いのですが

日陰でも耐えられるので

涼しい明るい日陰に置いて

テラリウムで育てれば

夏でも元気でいてくれます。

 

屋外でも日陰に置いた

テラリウムの山苔は

状態が良いですね。

 

デリケートな山苔も

テラリウムでなら

育てやすいようです。

 

今は第四十四候(白露の次候)

「鶺鴒鳴」(せきれい なく)」

鶺鴒が鳴き始める時季

ということなのですが

どういう意味なのでしょうか?

 

ちなみに鶺鴒は私の郷里

喜多方市指定の鳥です。

 

ここ千葉県北西部では

昨日、今日と秋晴れです。

 

気温25度を超える夏日でも

湿度が50%を下回れば

からりとさわやかですね。

 

明日も晴れそうです。

 

ハイゴケは伸び過ぎにも注意

苔玉(ハイゴケ、プテリス・エバージェミエンシス)

苔玉(ハイゴケ、プテリス・エバージェミエンシス)

222-140830a

今年(2014年)の夏は

気温も湿度も平年より高く

数字の上でも蒸し暑い夏

だったそうです。

 

ハイゴケ(這苔)も

シダ植物のプテリスも

梅雨時から夏にかけて

気温と湿度の上昇とともに

どんどん生長します。

 

今年もガラス瓶の中で

苔玉(こけだま)を育てる

簡易テラリウムでは

ハイゴケもプテリスも

元気に生長しました。

 

なかには生長し過ぎて

ハイゴケがガラス瓶に

びっしりとくっついて

すき間がないほどのものも。

 

上の写真(2枚)は

生長したハイゴケが

ガラス瓶にくっついて

筒状の形になった

ハイゴケの苔玉です。

 

八月上旬の立秋の頃までは

問題なく生長していたのですが

八月半ばを過ぎた頃からの

猛暑続きで異変が起きました。

 

ガラス瓶に密着したハイゴケ

ガラス瓶に密着し変色、腐敗したハイゴケ

139-140830b

下の写真(2枚)も

ハイゴケとプテリスですが

上の写真とは別の苔玉です。

 

今年(2014年)7月14日に

苔玉は作り方より育て方

に載せた写真の苔玉の

今日現在の状態です。

 

ガラス保存瓶の中で

ハイゴケが伸び過ぎて

瓶の中のすき間を

ふさいでしまっています。

 

それでも立秋の頃までは

状態は悪くなかったのですが

八月中旬からの猛暑続きで

一気に変色が進み

その後腐敗してしまいました。

 

丈夫なハイゴケも

気温が35度を超えると

さすがに弱るようですね。

 

特に簡易テラリウムの場合

瓶の中の隙間がなくなるほど

ハイゴケが伸び過ぎると

空気が淀み蒸れやすいようです。

 

夏場にハイゴケが伸び過ぎたら

空気が淀むことがないように

ハイゴケを短くカットするか

苔玉を少し大きなガラス瓶に

入れ替える必要がありますね。

ご注意ください。

 

ちなみに下の苔玉は

全体を水洗いして

風通しのよい日陰に置いて

様子を見ます。

この状態からハイゴケが

回復するのは難しいと思いますが。

 

 

今は第四十一候(処暑の次候)

「天地始粛(てんち はじめてさむし)」

粛とは鎮まるという意味。

ようやく暑さが鎮まる頃です。

 

ここ数日は涼しい日が続いてます。

 

苔玉-222(写真上)
苔玉-139(写真下)

ハイゴケ

プテリス・エバージェミエンシス

 

ハイゴケは必ず這うとは限りません

ハイゴケのボトルテラリウム

ハイゴケのボトルテラリウム

ハイゴケ(這苔)は

その名のとおり

横の方へと這うように

伸びるのが普通です。

 

ただし

以前(2013年10月29日)

ガラスを這いあがるハイゴケ

で紹介したように

せまい場所ではガラスに沿って

上の方向に這いあがる

ということもありました。

 

この場合でもハイゴケは

ガラス面を這うように

生長したのだと

思っていたのですが。

 

しかしながら

必ず這うように生長する

というものでもなさそうです。

 

上の写真は

ハイゴケのボトルテラリウムです。

 

ガラス瓶の中のハイゴケが

上に向かって伸びているのが

わかると思います。

 

ハイゴケとガラス面の間には

少し余裕があって

ガラス面を這うように

伸びているのではありません。

真上にあるハイゴケも

まっすぐ上に伸びています。

 

この苔テラリムは

やや変色ぎみのハイゴケを

元気を取り戻すために

ガラス瓶に入れたものです。

今年の5月下旬のことです。

 

それから

約1カ月半経過した今は

ガラス瓶の中で

ハイゴケは元気に生長し

瑞々しい緑色になりました。

 

変色した部分はその名残が

根元部分にほんの少しだけ

みえるだけに回復しています。

 

ハイゴケにしても

風で乾燥する心配がなく

光と湿度が十分あれば

這うことなく上に伸びるようです。

 

 

台風が過ぎてからは

ほとんど雨も降らず

連日の真夏日と熱帯夜

いったい梅雨はどこへ

いってしまったのでしょう。

梅雨明けが近いのかも。

 

苔テラリウムで生長を観察

苔テラリウム(ハイゴケ)7月12日

苔テラリウム(ハイゴケ)7月12日

苔テラリウム(ハイゴケ)5月23日

苔テラリウム(ハイゴケ)5月23日

苔玉を作ったあとの

あまった用土から

いつのまにか

ハイゴケらしき苔が

生えていました。

 

さっそく

まわりの用土ごと

すくいとって

ガラス瓶に入れて

蓋をしておきました。

 

苔テラリウムにして

苔の生長を観察してます。

 

ハイゴケ(這苔)は用土がなくても

テラリウムで育てれば

どんどん生長します。

 

これまではいつも

マット状に生長したハイゴケを

テラリウムにしていたので

ある程度生長する前の姿は

あまり見たことがありません。

 

苔盆栽の山苔の間にかくれて

すこしずつ生長を続け

ハイゴケだと気づいたときには

山苔にからみついて

ひょろっと伸びている状態です。

 

下の写真が

ハイゴケらしき苔が生えた用土を

ガラス保存瓶に入れた日の状態で

5月23日に撮影したものです。

 

まだハイゴケらしき苔の緑は

ほんの少ししかみえません。

 

それから1カ月半ほど経過した

今日の状態が上の写真です。

 

ハイゴケらしき苔は

だいぶ生長してきましたね。

 

この苔がマット状になるまで

うまく生長するかどうか

わかりませんが

引き続き生長を観察してみます。

 

ガラス保存瓶などを使った

苔のテラリム栽培に興味のある方は

苔のテラリウムによるポット栽培

もご覧ください。

 

 

第三十二候(小暑の次候)は

「蓮始開(はす はじめてひらく)」

清らかさの象徴とされてきた

蓮の花が開き始める頃です。

 

台風が過ぎたら

真夏日と熱帯夜

今夜も寝苦しくなりそうです。

 

苔玉テラリウムなら一年中室内で

ミニ苔玉(山苔、プミラ)

ミニ苔玉(山苔、プミラ)のテラリウム

ミニ苔玉の簡易テラリウム

前回(2013年12月20日

冬でも瑞々しい苔玉テラリウム

紹介してから約半年経過した

今の様子です。

 

今年の三月上旬から

ほぼ四カ月ぶりに水やりをしました。

 

苔がだいぶ生長

というかずいぶんと徒長して

ぼうぼうになってしまいました。

 

苔はホソバオキナゴケなのですが

山苔らしからぬ姿になってしまい

なんだか

違う種類の苔のようですね。

 

ずっと室内なので

もっと水は少なめでよさそうです。

 

挿し木したプミラは

前回と比べて

ほとんど生長していません。

 

プミラの状態は良いのですが

苔玉が小さくて用土が少ないので

これ以上大きくなれないようです。

 

このミニ苔玉を作ったのは

去年の五月下旬なので

もう一年以上になります。

 

室内の明るい窓辺に置いたまま

数か月に一度の水やり以外は

苔玉を外に出すことはありません。

 

ちなみに写真は

プラスチックケースから出して

撮影しましたが

前回の写真と同じ

プラスチックケースに

入れて飾ってあります。

 

小さめの苔玉のテラリウムなら

ほとんど手間をかけなくても

一年中室内の窓辺で

小さな緑を愉しむことができますよ。

 

今日は霧雨

来週にはもう小暑ですね。

 

ミニ苔玉-151

ホソバオキナゴケ(山苔)

フィカス・プミラ

苔玉の直径:約4cm

全体の高さ:約9cm

ガラス鉢の大きさ:5cm×5cm×5cm