テラリウムの苔玉にカビが

苔玉のカビ 7月13日

苔玉(こけだま)のカビ 7月13日

テラリウムで育てている

苔玉(こけだま)に

カビが生えてしまいました。

 

上の写真の苔玉の山苔

その下の部分に白いカビ

が生えてしまってます。

 

 

今年は梅雨明けが早く

気温の高い日が続いたのに

テラリウム内の水分が

多い状態のままだったようです。

油断しました。

 

苔玉テラリウムにカビ 7月13日

苔玉テラリウムにカビ 7月13日

 

この苔玉テラリウムは

二番目の写真のように

室内でガラス容器に入れて

蓋をして育てています。

 

3カ月ほど前(4月20日)に投稿の

苔玉テラリウム四月下旬

の写真と比べても変わりなく

上から見ているとカビには気づきませんね。

 

今日

ベランダでガラス容器から苔玉を取り出し

カビをとりあえず割りばしでぬぐい取って

しばらく風にあてておきました。

熱風ですけどね。

 

 

三番目の写真は

カビが無くなった苔玉です。

 

ちなみに苔玉の上のほうで

糸のように伸びているのは

苔の蒴柄(さくへい)ですよ。

 

 

昨日は真夏日そして熱帯夜でした。

明日は猛暑になりそうです。

暑中お見舞い申し上げます。

 

苔玉テラリウム四月下旬

苔玉テラリウム4月20日

苔玉テラリウム4月20日

苔玉(こけだま)を

ガラス容器の中で

育てている

苔玉テラリウムです。

(上の写真)

 

シダ類のプテリスと

プテリスの根鉢に生えた

種類不明の苔(コケ)を

山苔(ヤマゴケ)でくるんだ苔玉を

室内のテラリウムで育てています。

 

3か月半ほど前に投稿(2018年1月5)した

冬の苔玉テラリウム2018 の写真

と比べてもほとんど変わりありません。

 

苔たちの状態はとても良いのですが

プテリスはちょっと小さくなったかも。

 

 

下の写真は山苔だけの苔玉?の

テラリウムです。

 

前回の投稿(2017年10月27日)の

苔テラリウム容器替えその後

で紹介してから半年経過しました。

 

苔の状態はまあまあ良いのですが

伸びすぎなのか蒸れ気味なのか

一部がちょっと黒っぽくみえます。

(写真の右上あたり)

 

これから気温があがっていく時季なので

蒸れには要注意です。

山苔テラリウム4月20日

山苔テラリウム4月20日

 

昨日は爽やかに晴れましたが

今日は夏日になりました。

週末はもっと暑くなりそうです。

 

どうやらヤマゴケのようです

ハイゴケとヤマゴケ観察

ハイゴケと山苔観察(2月2日)

苔玉作りのあまった用土から

自然に生えてきた苔(コケ)を

ガラス保存瓶を利用した

簡易テラリウムで育て

生長を観察しています。

 

もう3年6カ月経過しました。

 

前回(2016年12月16日)投稿の

ハイゴケの観察2016年12月

からでも1年以上経過していますが

生長は遅々としています。

 

それでも少しは生長していますね。

 

真ん中のふわふわの苔も伸びています。

これまで何苔なのかわかりませんでしたが

どうやら山苔(ヤマゴケ)のようです。

 

苔玉を作るときには用土は同じで

苔にはハイゴケ(這苔)か山苔の

どちらかを使っています。

 

用土から自然に生えてきたのが

ハイゴケでなければ

まあ、山苔になりますよね。

 

この苔を育てているガラス容器は

以前はベランダの明るい日陰でしたが

この1年ほどは室内に置いてあります。

 

ベランダに比べると暗い室内では

日当たりを好むハイゴケよりも

半日陰の場所に生える山苔のほうが

生長がはやいようですね。

 

引き続き観察を続けます。

 

 

ベランダの朝の気温はマイナス続きです。

今日はまた雪が降りました。

来週も寒くなりそうです。

 

苔テラリウム容器替えその後

山苔の苔テラリウム

山苔の苔テラリウム10月27日

山苔(ヤマゴケ)の

苔テラリウムです。

 

先月(2017年9月15日)投稿の

苔テラリウムの容器替え

で紹介してから1か月半ほど

経過した今日の様子です。

 

山苔の苔玉?

というか苔の玉(ボール)を入れる

ガラス容器を大きなものにかえただけで

お世話の方法はなにもかえていません。

 

実はお世話といっても

これといって何もないのです。

もちろん置き場所も同じ

北側の部屋の窓際です。

 

今のところ特に問題はないようです。

もともと茶色に変色していた一部の他は

変色もなくきれいな黄緑色です。

 

ただし

容器の中の空間に余裕があるせいなのか

苔の葉先が所々広がってきたようです。

まあしばらくはこのまま様子見ですね。

 

 

昨日今日と爽やかに晴れましたね。

でも明日はまた雨になりそうです。

そしてまた台風が近づいてます。

 

苔テラリウムの容器替え

山苔(ヤマゴケ)の容器替え

山苔(ヤマゴケ)の容器替え

山苔(ヤマゴケ)の

苔テラリウム

大きなガラス容器に

入れ替えました。

 

これまでのガラス容器

(上の写真左側)は

口の直径が8cm高さ12.5cm

もう4年3カ月ほど

この小さなガラス瓶の中で

生長を続けてきました。

 

これまでの様子は

先々週(2017年9月1日)投稿の

室内で育つ山苔・九月

をご覧ください。

 

こんどの大きなガラス容器

(上の写真右側)は

口の直径が12cm高さ15cmです。

 

これまでの容器と比べると

丸い型のためかだいぶ大きく見えますね。

 

ガラス容器の中というか底ですが

まずこれまで同様

一番下にはゼオライトを敷きつめ

その上に発泡錬石を厚めにおきました。

 

今回はさらに平べったい石を置いてから

その上に山苔の苔ボールを載せました。

 

このガラス容器なら10年もつかな。

 

山苔を取り出す

山苔を容器から取り出す

 

写真の順番は前後しますが

二枚目の写真は

いままでのガラス容器から

山苔の苔ボールを

取り出したところです。

 

山苔(ヤマゴケ)の葉先が

ガラスの側面にくっついていましたが

ふわふわなので葉先をおさえて

ガラス瓶からそっと取り出しました。

 

取り出してみると形はほぼ丸ですね。

 

苔の状態は写真でもみえる

一部の茶色い変色を除くと

きれいな黄緑色です。

良い状態ですね。

 

うすい茶色に変色した部分も

そのまま残すことにしました。

 

ガラス容器は大きくなりましたが

この苔テラリウムは

室内の同じ場所に置きます。

 

これからも生長を続けてくれるでしょう。

なにか変化があればまた紹介します。

 

 

昨日今日とよく晴れました。

湿度が低いのでからっとしています。

来週はモミジのタネを取るつもりです。

 

室内で育つ山苔・九月

室内の山苔(ヤマゴケ)・九月

室内の山苔(ヤマゴケ)・九月

山苔(ヤマゴケ)の

苔テラリウムです。

 

ホソバオキナゴケの

苔ボールをガラス瓶に入れ

室内で育て始めて

もう4年2カ月ほど経過

まだ生長を続けています。

 

前回この苔テラリウムを紹介したのは

今年(2017年)の2月17日に投稿した

室内で育つ山苔・二月

それから半年経過しました。

 

半年前の写真と比べると

山苔の上の方の一部が

茶色に変色しているところなど

同じようにみえますが

ガラス面の近くの苔の葉先が

上に向かって伸びていますよ。

 

今年の夏は雨や曇りが多かったので

普通なら休眠する夏の間も

苔が生長したのかもしれませんね。

 

ガラス保存瓶を横から見ると

山苔の葉先はガラス面に

密着してしまっています。

 

早く容器を替えないと

と思いつつもう一年以上

先延ばししてしまいました。

 

なんとかこの九月こそは

ひとまわり大きなガラス容器に

入れ替えしますよ

たぶん秋晴れの爽やかな日に。

 

 

九月になりました。涼しいです。

今日は二百十日、台風が接近しています。

明日は雨ですね。

 

室内で育つ山苔・二月

室内の山苔・二月

室内の山苔(ヤマゴケ)・二月

山苔(ヤマゴケ)を

ガラス保存瓶を利用した

テラリウムで育てています。

 

コケリウム!

というのでしょうか?

 

ホソバオキナゴケの

苔ボールを作り

ガラス保存瓶に入れ

室内に置いて育て始め

はや3年8カ月ほど経過

なんとか生長を続けています。

 

山苔の上の方の一部が

白っぽい茶色に変色して

枯れたようになっていますが

全体的には元気な様子です。

 

昨年(2016年)5月29日投稿の

室内で育つ山苔(ヤマゴケ)

の写真の状態と比べると

苔の色も微妙に違いますね。

 

山苔の葉先がガラス面に

くっついてしまっているので

容器を替えるつもりなのですが

もう8カ月もサボっています。

 

山苔が枯れてしまわないうちに

植え替えというか入れ替えします。

もうすこし暖かくなったら。。。

 

 

昨日は暖かな一日でした。

今日の風は春一番だそうです。

明日は二十四節気の雨水(うすい)

草木が芽生える頃です。

 

ハイゴケの観察2016年12月

ハイゴケの生長観察(12月)

ハイゴケの生長観察(12月16日)

ハイゴケ(這苔)を

ガラス保存瓶を利用した

簡易テラリウムで育て

生長を観察しています。

 

もともとこのハイゴケは

あまった苔玉用の用土から

自然に生えてきた苔です。

 

ベランダの半日陰に置いて

たまに霧吹きで水をやりながら

観察を続けています。

 

最初(2014年7月12日投稿)に

苔テラリウムで生長を観察

で紹介してからだと

すでに2年5カ月も経過しました。

 

前回(2016年3月12日投稿)

ハイゴケのテラリウムその後

で紹介してからは9ヵ月ほど経過。

 

このハイゴケの生長は

本当にゆっくりですね。

 

最初に比べればある程度の

生長と広がりがわかりますが

前回9ヵ月前の写真と見比べても

ほとんど変わりないように見えます。

 

ある程度生長してマット状になった

ハイゴケをテラリウムで育てると

どんどん生長します。

 

どういう訳なのかわかりませんが

このハイゴケは

まったく生長のスピードが違うようです。

 

それとまんなかからやや左下にある

ふわふわしたように見える苔

どうもハイゴケではなさそうです。

 

何苔なのか不明ですが

このまま観察を続けたいと思います。

 

 

今朝のベランダの温度は

なんとマイナス1℃。

この冬一番の冷え込みでした。

明日も寒くなりそうです。

 

室内で育つ山苔(ヤマゴケ)

生長した山苔

生長した山苔(ホソバオキナゴケ)

k20160529b

山苔(ヤマゴケ)は

室内のテラリウムの中で

順調に生長しています。

 

きれいな黄緑色で

苔の新芽というか新葉も

どんどん伸びていますね。

 

写真でもわかると思いますが

山苔の葉先がガラス面に

くっついてきました。

 

2013年6月に作ったときは

ガラス面との間にだいぶ

間隔があいていたのですが

この3年ほどでだいぶ生長しましたね。

 

山苔はベランダで育てるのは難しいですが

室内のテラリウムなら手間いらずですよ。

 

そろそろ

もうひとまわり大きなガラス容器に

植え替えというか入れ替える予定です。

 

山苔(ホソバオキナゴケ)が

この先どこまで生長するのか愉しみです。

 

 

毎年五月は苔玉が人気ですね。

来週はもう六月。

雨に濡れた苔が美しい頃です。

 

ハイゴケのテラリウムその後

ハイゴケのテラリウム

ハイゴケのテラリウム(3月12日)

ハイゴケの生長観察

ハイゴケの生長観察(3月12日)

ハイゴケ(這苔)をガラス保存瓶を

利用した簡易テラリウムで育て

生長の様子を観察しています。

 

前回(2015年6月7日)

ハイゴケは窮屈なのがいい?

で紹介してから8カ月ほど経過。

 

ある程度生長したハイゴケの

苔ボールのテラリウム(上の写真)。

 

このハイゴケはだいぶ生長しました。

ガラス瓶の底が見えないぐらいです。

横のガラス面に貼りついて伸びる

ハイゴケが増えましたね。

 

もともと丸い苔ボールだったのですが

日が当たる面の生長が進むため

形がくずれてきました。

 

日当たりが少ないせいなのか

ハイゴケの緑が薄くなっています。

 

下の写真は

あまった苔玉用の用土から

自然に生えてきたハイゴケを

用土ごとガラス瓶に入れて

生長観察しているものです。

 

前回は黒い用土が目立っていましたが

ハイゴケが増えて横にも広がり

いまでは黒い用土が

あまり見えなくなってきました。

 

ハイゴケは確実に生長しています。

でもとてもゆっくりですね。

 

これから生長がはやまるのか?

ある程度生長するまでは

生長スピードが遅いのか?

よくわかりません。

 

ハイゴケは日当たりを好むので

山苔(ホソバオキナゴケなど)とは違い

室内ではうまく育たないようです。

 

このふたつのハイゴケのテラリウムは

両方とも屋外、ベランダの半日陰

になる場所に置いてあります。

 

水やりは数カ月に一度

霧吹きで全体を濡らしてやるだけです。

 

もうすこし日が当たる場所のほうが

良いのかもしれません。

調整してみます。

 

ハイゴケの育て方についてのポイントは

ハイゴケ(這苔)の育て方

にまとめてあります。

興味のある方はどうぞご覧ください。

 

 

ここ数日は真冬の寒さに逆戻り。

でも雨が増えてきましたね。

もみじ(カエデ)の芽が

ふくらんできました。