モミジの魅力いろいろ

モミジの葉6月30日

モミジ緑の葉と新葉6月30日

モミジの緑の葉にまじって

赤みを帯びたうすい黄緑の

新葉も広がっています。

 

写真はヤマモミジ

のはずなのですが

ヤマモミジの特徴を

なにもみつけられません。

 

もしかすると

イロハモミジかもしれませんね。

 

どちらにしても

モミジには魅力があります。

 

モミジの魅力はもちろん紅葉

紅葉といえばモミジといえるほどです。

 

紅葉にまけずに美しいのが

新芽から新葉が広がるころ

真っ赤な春紅葉もいいものです。

 

初夏の新緑もきれいですね。

うすい黄緑から濃い緑への

葉の色の移り変わりも楽しめます。

 

モミジ・カエデは日本の野山に

普通に見られるありふれた樹木なのに

日本庭園でも公園でも家庭でも

庭にはかかせない樹木ですね。

 

庭木としてだけでなく

盆栽でも鉢植えでも人気があります。

 

葉の切れ込みが深い日本のモミジは

今では外国でも人気があるそうです。

 

 

六月末

モミジの肥料の時期は終わり。

今日、固形肥料を取り除きました。

 

 

梅雨らしい空模様が続いてます。

明日からは七月。

来週は真夏の暑さなのだとか。

 

モミジと苔の鉢、ベランダに

モミジの鉢の苔6月

モミジの鉢の苔(コケ)6月23日

モミジの鉢植えなどが

地上からベランダに

ようやく帰ってきました。

 

写真はモミジの鉢植えに

生え広がった苔(コケ)。

 

今年(2017年)2月投稿の

モミジの鉢に苔の蒴柄・二月

それから地上に降りた3月投稿の

苔の蒴ふくらむ・三月中旬

 

あの頃の写真と比べると

今は苔が鉢土の全体に広がって

色も緑が濃くなりましたね。

 

最初に生えてきた

蒴柄(さくへい)と蒴(さく)は

もう枯れて茶色になっていますが

また緑色の新しい蒴柄が

ふたつみっつと伸びています。

 

苔が増えたのは

地上の土の上に置いたからなのか

時間が経過したからなのか

梅雨の時期になったからなのか

 

どちらにしてもこのまま

ベランダでも生長してほしいものです。

 

 

ところで

鉢植えをベランダに運ぶために

鉢を移動するときに驚きました。

 

鉢を載せていた木の板の下や

鉢の裏、鉢底穴の周辺には

すごい数のナメクジが

びっしりとはりついていました。

 

そのほかにもダンゴムシやら

なにやら得体のしれないムシが

鉢土にもくっついていたのです。

 

よーく鉢全体をチェックして

ムシなどを取り除いてから

ベランダに運びました。

 

ガーデニングは虫との戦いなんですね。

ベランダーでよかった。

 

 

吉永小百合さんの苔観察の続いて

南アルプス天然水のテレビCMでは

宇多田ヒカルさんが苔の風景の中に。

 

 

夏至を過ぎました。

今日は地上もベランダも暑かった。

来週は梅雨らしい天気になりそうです。

 

ヤマモミジの葉は大きめ

ヤマモミジの葉と苔

ヤマモミジの大きめの葉と鉢土の苔

モミジ・カエデが

勢いよく生長する

新緑の季節です。

 

鉢植えのモミジも

新梢を伸ばしています。

 

モミジはこの時期に

芽摘みや剪定をします。

 

自然な樹形を愉しむことが多い

モミジの鉢植えですが

不要枝の枝抜き剪定は必要です。

 

ひこばえや胴ぶき

内側に向かって伸びる枝や

他の枝に交差している枝

勢いよく伸びる徒長枝など

基本どおりに剪定します。

 

また五月下旬からは

肥料の時期になります。

 

発酵油かすの固形肥料を

鉢の縁に置き肥します。

 

写真はヤマモミジの鉢植えです。

新葉が大きく広がりました。

鉢土の苔(コケ)の緑も

深い色になってきました。

 

ちょっと心配もあります。

本当にヤマモミジなのかな?

実はイロハモミジ!なのかも。

 

ようやく新葉が生長して

葉がだいぶ大きくなりました。

イロハモミジと比べると

ひとまわり以上大きいようです。

 

オオモミジの変種とされる

ヤマモミジは葉が大きめです。

 

ヤマモミジだと信じている

モミジの鉢植えの葉が

大きな葉になったので

少しほっとしています。

 

でも個体差もあるので

まだ確信はもてませんが。。。

 

 

昨日まで曇り空が続きましたが

今日はよく晴れて夏日になりました。

もうすぐ小満(しょうまん)

明日も暑くなりそうです。

 

モミジの新葉と春紅葉

モミジ新葉と春紅葉2017年

モミジの新葉と春紅葉4月21日

モミジの新葉が広がりました。

 

うすい黄緑で少し赤みがかった

葉(写真左側)はヤマモミジ。

 

真っ赤な葉(写真右側)は

春紅葉(はるもみじ)の

出猩々(デショウジョウ)です。

 

イロハモミジも新葉が開きました。

この春に発芽したモミジの実生苗は

双葉から本葉にかわりつつあります。

 

この時季から初夏にかけて

ヤマモミジやイロハモミジの葉は

美しい新緑にかわります。

 

出猩々は今が一番きれいな時季で

葉は徐々に緑色にかわっていきます。

 

今の時季はモミジの新梢が伸びるので

樹形を整えるために芽摘みをします。

 

どのように伸びるかを考えながら

葉が水平に伸びている節の上で

芽を摘むのがコツのようです。

 

ちなみに

ヤマモミジだと信じている木と

イロハモミジの葉の違いが

まったくわかりません。

 

本当にヤマモミジなのか

自信がなくなりました。。。

もしかして

ぜんぶイロハモミジなのかも。

 

 

数日前に夏日がありました。

昨日は爽やかに晴れましたが

今日はくもり空。

二十四節気の穀雨(こくう)を過ぎ

新梢がぐんぐん伸びています。

 

モミジ実生1年と2年目発芽

イロハモミジ実生苗1年

イロハモミジ実生苗1年と2年目の発芽

イロハモミジの実生苗

ようやく新葉が

ひらきはじめました。

(上の写真)

 

発芽から丸1年経過

タネをまいてから

二度めの春です。

 

今春は気温が低いのか

モミジの新葉がひらくのが

昨年より少し遅いようですね。

 

昨年(2016年10月15日)投稿の

イロハモミジ発芽から七カ月

で紹介しましたが

葉が落ちるの早かったので

枯れたのではないかと

心配していました。

 

実生苗の新葉がひらいてよかった。

 

ちなみにイロハモミジの実生苗の

丈は8cmほどに伸びています。

 

そして

嬉しいことがもうひとつ。

 

プラスチック鉢の中央あたりに

ちょっとわかりにくいのですが

ひらきかけている双葉が二つあります。

 

モミジ・カエデの完熟したタネは

まいてから発芽するまで

2年かかることが多くあります。

 

一昨年(2015年9月23日)投稿の

モミジのタネをまいてみます

を読み返してみました。

 

まだ熟していない緑のタネと

完熟したような茶色のタネと

両方まいたのを忘れていました。

 

完熟したイロハモミジのタネが

2年目にちゃんと発芽したのですね。

なんかモミジってスゴイな。

 

イロハモミジ発芽2017年3月

イロハモミジのタネ発芽 2017年3月

それから下の写真。

 

昨年(2016年)九月にとりまきした

イロハモミジのタネから

この春数日前に発芽しました。

 

まいたタネから芽が出ると

嬉しいものですね。

 

それと

昨年から冷蔵庫に保存しておいて

この春にまいたイロハモミジの

タネからもようやく発芽しそうです。

 

さらに

冷蔵庫の野菜室の中で発芽して

モヤシになっていた実生苗?を

鉢に植えておいたのですが

なんだか根づきそうな感じです。

 

イロハモミジは丈夫ですね。

また後日紹介します。

 

モミジ実生苗の育て方

 

 

東京では桜が開花しました。

今日はすこし肌寒いようです。

桜の見頃は来週末のようですね。

モミジの鉢に苔の蒴柄・二月

苔の蒴2月24日

モミジの鉢に苔の蒴柄2月24日

ヤマモミジの鉢植えに生えた

苔(コケ)から蒴柄(さくへい)が

たくさん伸びています。

 

コケ植物は蒴(さく)から

胞子を飛ばして増えます。

 

長く伸びた蒴柄の先端に

蕾のような蒴をつけるのですが

まだふくらんではいませんね。

 

蒴をつけた蒴柄がたくさん伸びた姿は

苔の花のようにもみえますよ。

 

このコケ植物は

かってに生えてきた苔で

たぶんホソウリゴケか

あるいはギンゴケの

蒴柄だと思います。

 

去年(2016年)の11月下旬に

3号鉢から4号鉢に

植え替えをしたばかりなので

いまのところ苔は

鉢の中心付近にしか生えていません。

 

でもこれから

蒴が胞子を飛ばしてくれれば

この鉢も、まわりにある鉢も

苔が鉢全体に広がっていくことでしょう。

 

苔はもう春の準備を

ととのえつつあるようです。

 

 

昨日は南風が強く春三番?だとか。

今日は晴れましたが冷え込みました。

来週はもう三月弥生、春本番ですね。

 

ヤマモミジの紅葉(2016)

ヤマモミジの紅葉2016

ヤマモミジの紅葉(2016年11月11日)

ヤマモミジが紅葉?

したようなのですが

あまり美しくないです。

 

写真(1番目)のヤマモミジは

うすい橙色で斑があるものと

まだ色づきはじめなのか

黄色い葉のもののふたつ。

 

橙のヤマモミジはあまり綺麗でないうえに

葉が下を向いていて元気もありませんね。

 

この鉢植えのヤマモミジ

昨年(2015年)は真っ赤に紅葉しました。

ヤマモミジの紅葉2015

ヤマモミジの紅葉(2015年11月11日)

2015年11月14日に投稿した

モミジの紅葉(2015年)

この写真(2番目)は

ちょうど一年前の今日

11月11日に撮影したものです。

 

綺麗に紅葉していましたね。

 

さらにこの同じヤマモミジ

一昨年(2014年)は橙色の紅葉でした。

ヤマモミジの紅葉2014

ヤマモミジの紅葉(2014年11月22日)

2014年11月23日に投稿した

ヤマモミジの紅葉

こちらの写真(3番目)は

11月22日に撮影したものです。

 

赤くはありませんが

この色も味がありました。

 

今年の上の写真(1番目)にある

ヤマモミジの黄色い葉を

アップにしたのが下の写真(4番目)です。

ヤマモミジの黄葉2016

ヤマモミジの黄葉?(2016年11月11日)

まだ色づきはじめなのか

ヤマモミジの特徴なのか

比較的きれいな

黄色に色づいています。

 

これから橙色になるのか

赤くなるのかわかりませんが

黄色いままでもいいですね。

 

今年はついこの間まで夏日があって

暑いくらいだと思っていましたが

十一月に入って急に寒くなりました。

 

近くの公園のイロハモミジも

赤く色づきはじめています。

 

 

立冬をすぎてからは

十二月頃の気温なのだとか。

東京では木枯らし一号が吹きました。

今日は冷たい雨、寒いです。

明日からは少し暖かくなるとのこと。

 

ヤマモミジの葉(11月初旬)

ヤマモミジの葉11月4日

ヤマモミジの葉(11月4日)

ヤマモミジの新葉

ヤマモミジの新葉(4月15日)

ヤマモミジ(山紅葉)の葉

今日の様子(上の写真)です。

 

全体に黄色みがかったなかに

橙色の斑がたくさんあって

なんだか残念な状態です。

 

もしかしたら

紅葉あるいは黄葉の

色づき始めなのかも

というかすかな期待が

ないこともないのですが

まったく綺麗ではないですね。

 

なんとなくですが

このまま葉が枯れてゆき

散ってしまうのでしょうね。

 

このヤマモミジの鉢植えは

春の新葉(下の写真)が

赤みを帯びてとても綺麗でした。

 

今年の紅葉はどうなるのかと

期待していただけに残念です。

 

ちなみに鉢土は

一面苔(コケ)で覆われています。

 

ホソウリゴケだと思いますが

これもあまり綺麗ではありませんね。

 

 

他のモミジの鉢植えは

同じような葉のモミジもあれば

まだほとんど色がかわっていない

モミジもあります。

 

このあたり(千葉県北西部の平地)では

概ね11月下旬から12月上旬頃が

紅葉の時季です。

 

近所の公園にあるイロハモミジは

まだまったく紅葉していません。

 

なんとか一つのモミジだけでも

綺麗に紅葉してほしいものです。

 

 

十一月に入り、朝は冷え込みます。

昨日、今日と爽やかに晴れました。

もうすぐ立冬ですね。

 

イロハモミジ発芽から七カ月

イロハモミジ発芽から七カ月

イロハモミジ発芽から七カ月後の十月

m20161014b

イロハモミジの実生苗

発芽から七カ月経過

種をとりまきしてからだと

まる1年を過ぎました。

 

ご覧のとおり

イロハモミジの葉は

ほとんど落ちてしまいました。

 

実生苗の細い幹のサイズは

長さは3センチから6センチほど

太さは1ミリから2ミリ弱です。

 

まだまだ小さくか細いですね。

 

ほかのある程度生長した

モミジ・カエデの鉢植えの木は

葉がたんくさん残っています。

 

このあたり(千葉県北西部)では

紅葉はまだだいぶ先で

今は落葉の時季ではありません。

 

なかには再萌芽している

モミジの鉢植えさえあります。

 

上の写真はプラスチック鉢で

下の写真は素焼き鉢ですが

モミジの種、用土、置き場所

など条件はほぼ同じです。

 

素焼き鉢は土が乾きやすいので

水やりは頻繁になりましたが

イロハモミジの実生苗の様子は

ほぼ同じような状態です。

 

先月(2016年9月11日)投稿の

イロハモミジ発芽から半年

では葉が焼けて落ちた写真を

紹介しました。

 

それでも今の状態と比べれば

まだ緑の葉が多くありました。

 

この一カ月ほどのあいだに

どんどん葉が傷んで

ほとんどが落ちてしまいました。

 

これはどういうことなのか?

 

葉やけが進んで枯れてしまったのか

病気にかかってしまったのか

虫にやられてしまったのか

それとも

ひと足早く落葉しただけなのか

よくわかりません。

 

よく見ると

イロハモミジの細い幹は

赤い色で先端に冬芽らしきものがあり

枯れてしまったようにはみえません。

 

1年もたたないモミジの苗木は

落葉が早いのかもしれませんね。

 

しかしながら枯れたのかどうかは

来年の春にならないとわかりません。

 

来春にイロハモミジの実生苗から

新芽が出ることを祈るのみです。

先は長いです。

 

 

十月も中旬

朝晩はだいぶ涼しくなりました。

今日は爽やかな秋晴れです。

 

ヤマモミジと苔(10月)

モミジとホソウリゴケ(10月)

ヤマモミジとホソウリゴケ(10月)

ヤマモミジとジャゴケ(10月)

ヤマモミジとジャゴケ(10月)

ヤマモミジの鉢植えに

自然に生えた苔(コケ)が

どんどん生長しています。

 

上の写真がヤマモミジと

ホソウリゴケ(蘚類)。

 

下の写真はヤマモミジと

ジャゴケ(苔類)。

 

2ヵ月ほど前の7月30日

に投稿した

モミジの鉢植えの苔(コケ)

の写真と比べると

その後の生長がよくわかります。

 

ホソウリゴケのほうは

以前はまだ茶色い土が目立ちましたが

今は二つの角の隅を除いて

ほとんど土が見えないくらいに

ホソウリゴケが広がっています。

 

ホソウリゴケにはギンゴケも少し

まざっているかもしれませんが

今は見てもよくわかりません。

 

コケの色は瑞々しく綺麗ですよ。

 

ちなみに

コケが生えていない角の隅は

固形肥料を置いた場所です。

 

やはり肥料があるところには

コケは育たないようですね。

 

ジャゴケのほうは勢いがあります。

完全に土は見えなくなって

ヤマモミジの根元のあたりにまで

ジャゴケが張り付いていますね。

 

コケは11月頃までは生長しますので

その頃のモミジとコケの様子を

追ってまた紹介したいと思います。

 

 

今年(2016年)九月の日照時間が

記録的に少なかったそうです。

たしかに雨と曇ばかりでした。

十月に入り

今日は爽やかな秋晴れです。