街道をゆく35・栃の実

『街道をゆく35』はオランダです。

 

残念ながら苔(コケ)は登場しません。

 

オランダの風景といえば

風車とチューリップが思いうかびますが

チューリップの原産地はオランダ

ではなくトルコなのだそうです。

 

十七世紀初頭

フランスの植物学者がライデン大学に

赴任するときに持ち込んだのが

オランダでのチューリップ園芸

そして球根産業の始まりのようですね。

 

ライデンにはシーボルトハウスや

シーボルトコレクションを所蔵する

国立民族学博物館があります。

 

シーボルトは医師でもあり

博物学者でもありました。

 

シーボルトは日本で収集した

植物や植物標本一万点以上を

オランダに持ち帰ったそうです。

 

そのなかにはモミジ・カエデやシダ類

それにきっとコケ植物もあったでしょう。

 

「シーボルトの栃の実」より

「園内の芝生に、

大きな日本のトチ(栃)の木があって、

(中略)

茂るあまり、枝や葉が地面に垂れてた。

実がたくさん地面にころがっていて」

 

園内というのはライデン大学植物園

シーボルトが日本から持ち帰ったという

トチの大樹なのだそうです。

 

私が小学生の頃

神社にだったかトチの木があって

その実をひろって笛を作りました。

 

トチの実の真ん中にクギで穴をあけて

実の中身をほじくりだせばできあがり。

簡単でしたね。

 

 

今週ひさしぶりに雨が降って

涼しい日がありほっとしました。

来週は八月ですね。

 

 

『街道をゆく』司馬遼太郎
35・オランダ紀行

苔玉を初めて作るまえに

苔玉(山苔とアジアンタム)

苔玉(山苔とアジアンタム)

人気の苔玉(こけだま)作り

ですが

初めて苔玉を作るまえに

決めておいたほうがよいこと

があります。

 

それは一時飾るだけなのか

それとも

できるだけ長く育てたいのかです。

 

もしも季節の花を飾るように

苔玉を作ったときの姿を短い期間だけ

愉しむことができればよいのであれば

自分の好みで自由に作ればよいです。

 

作った苔玉がどれほど長持ちするのか

それは運しだいですね。

 

それとも鉢植えや盆栽のように

できるだけ長く育てて愉しみたい

ということであれば

作り方をよく検討する必要があります。

 

まず

苔玉をどこに置いて育てるのか

それを決めることが大事です。

 

室内なのかベランダなのか庭なのか。

 

当たり前ですが育てる場所によって

育てることができる植物は限られます。

 

たとえばモミジの苔玉を

室内だけで育てることは無理です。

 

室内で苔玉を育てるのであれば

やはりほとんどの樹木は無理ですから

自ずとシダなどの観葉植物になりますね。

 

苔玉作りに使う苔(コケ)にも

いくつか種類はありますが

室内で育てるのであれば

よく使われるハイゴケ(這苔)よりも

ホソバオキナゴケなどの山苔(ヤマゴケ)

のほうが育てやすいようです。

 

ベランダや庭で育てるのであれば

日あたりや風通しなど

やはりその場所の環境に合う

植物や苔を選ぶことです。

 

写真はシダ植物のアジアンタムと

山苔(ヤマゴケ)で作った苔玉です。

室内だけで育てられますよ。

 

暑い時期、外での園芸は厳しいですが

苔玉作りなら室内でもできます。

一度作ってみてはいかがでしょうか。

 

苔玉(こけだま)の作り方

 

 

関東は梅雨明けしました。

もうすぐ大暑

暑中お見舞い申し上げます。

 

モミジ発芽から1年4ヵ月

モミジ実生ポット苗1年4カ月

イロハモミジ実生ポット苗1年4カ月

イロハモミジの実生苗

発芽から1年4ヵ月経過。

 

梅雨入りの頃

モミジの生長は一段落

梅雨が明ける頃には

生長はひと休み

のはずなのですが。

 

私が育てているイロハモミジたちは

地上からベランダに戻ってきて3週間

ベランダ育ちだからなのかどうか

元気にぐんぐん生長しています。

 

新梢が伸びて新葉も広がってますね。

 

ビニールポットの実生苗(上の写真)は

今回初登場のイロハモミジなのですが

いつも紹介している実生苗(下の写真)と

同時にタネをまいて育てている苗です。

 

プラスチック鉢にまいたモミジのタネが

もしもまったく発芽しなかったり

うまく育たないといったときのために

念のためビニールポットにも

たくさんタネをまいておいたものです。

 

ところが

まいたタネは鉢でもポットでも

ほとんどすべて発芽して

同じように生長してきました。

これまでは。

 

ここにきて

実生苗によって生長度合いに

差が目立ってきました。

 

ビニールポットの大きな苗は

苗の丈が16cmから18cmほど

小さな苗は8cmから10cmほどなので

ほぼ倍の大きさにまで生長しました。

 

イロハモミジ実生苗1年4カ月

イロハモミジ実生苗1年4カ月

プラスチック鉢の実生苗は

ほとんどが10cmほどです。

 

2ヵ月前(2017年5月)投稿の

モミジ発芽から1年2ヵ月

で紹介した最初の写真と

比べると葉の色や大きさ

はかわっていますが

丈はほとんど伸びていません。

 

タネを取った親木の違いなのか

なにか環境の違いが影響しているのか

まったくわかりません。

 

ちなみに

素焼き鉢で育てていた実生苗で

それぞれ小さな鉢に植え替えした

イロハモミジでも生長度合いに

差がでてきたようです。

 

生長度合いの違いはともかく

今後の植え替えのことを考えると

モミジの実生苗を育てるのなら

ビニールポットや小さな鉢に

タネをまいたほうがよさそうですね。

 

モミジ実生苗の育て方

 

 

今日も真夏日、毎日暑いです。

七月に入ってあまり雨が降ってません。

関東の梅雨明けは来週でしょうか?

 

麋角羊歯の吊り苔玉

夏には「つりしのぶ」を飾ると

涼しげで和風の趣もあります。

 

シノブ以外のシダ(羊歯)類を

苔玉にして吊ってもいいですね。

 

趣味の園芸(2017年7月2日放送)では

麋角羊歯(ビカクシダ)の吊り苔玉を

紹介していましたよ。

 

ビカクシダ(別名コウモリラン)は

熱帯に育つ着生シダ植物です。

 

「麋角(ビカク)」とは大きな鹿のつの

という意味だそうです。

たしかに

葉の形が鹿の角のように見えますね。

 

その独特で派手な姿から

インテリアグリーンとして

人気が高まっているそうですよ。

 

ビカクシダの仕立て方は色々ありますが

苔玉に仕立てることもできるようですね。

 

ビカクシダを苔玉に仕立てるには

根の部分をミズゴケで包み

さらにそのミズゴケの上を

ハイゴケなどの苔玉作りに適した

苔(コケ)でくるめば出来上がりです。

 

テグスで巻くのがいいようですね。

ミズゴケの量がポイントのようですよ。

 

シダなので高い湿度を好みます。

エアコンのきいた室内では

乾燥しやすいので気をつけます。

 

水やりは乾いたらたっぷり

葉も含めて全体に水をかけます。

 

洋風のインテリアグリーンとして

ビカクシダの苔玉仕立て

試してみてはいかがでしょうか。

 

麋角羊歯(ビカクシダ)について詳しくは

NHK趣味の園芸 2017年7月号

をご覧ください。

 

 

今日は小暑

本格的な夏のはじまりです。

今年の梅雨明けはいつでしょうね。

 

モミジの魅力いろいろ

モミジの葉6月30日

モミジ緑の葉と新葉6月30日

モミジの緑の葉にまじって

赤みを帯びたうすい黄緑の

新葉も広がっています。

 

写真はヤマモミジ

のはずなのですが

ヤマモミジの特徴を

なにもみつけられません。

 

もしかすると

イロハモミジかもしれませんね。

 

どちらにしても

モミジには魅力があります。

 

モミジの魅力はもちろん紅葉

紅葉といえばモミジといえるほどです。

 

紅葉にまけずに美しいのが

新芽から新葉が広がるころ

真っ赤な春紅葉もいいものです。

 

初夏の新緑もきれいですね。

うすい黄緑から濃い緑への

葉の色の移り変わりも楽しめます。

 

モミジ・カエデは日本の野山に

普通に見られるありふれた樹木なのに

日本庭園でも公園でも家庭でも

庭にはかかせない樹木ですね。

 

庭木としてだけでなく

盆栽でも鉢植えでも人気があります。

 

葉の切れ込みが深い日本のモミジは

今では外国でも人気があるそうです。

 

 

六月末

モミジの肥料の時期は終わり。

今日、固形肥料を取り除きました。

 

 

梅雨らしい空模様が続いてます。

明日からは七月。

来週は真夏の暑さなのだとか。

 

モミジと苔の鉢、ベランダに

モミジの鉢の苔6月

モミジの鉢の苔(コケ)6月23日

モミジの鉢植えなどが

地上からベランダに

ようやく帰ってきました。

 

写真はモミジの鉢植えに

生え広がった苔(コケ)。

 

今年(2017年)2月投稿の

モミジの鉢に苔の蒴柄・二月

それから地上に降りた3月投稿の

苔の蒴ふくらむ・三月中旬

 

あの頃の写真と比べると

今は苔が鉢土の全体に広がって

色も緑が濃くなりましたね。

 

最初に生えてきた

蒴柄(さくへい)と蒴(さく)は

もう枯れて茶色になっていますが

また緑色の新しい蒴柄が

ふたつみっつと伸びています。

 

苔が増えたのは

地上の土の上に置いたからなのか

時間が経過したからなのか

梅雨の時期になったからなのか

 

どちらにしてもこのまま

ベランダでも生長してほしいものです。

 

 

ところで

鉢植えをベランダに運ぶために

鉢を移動するときに驚きました。

 

鉢を載せていた木の板の下や

鉢の裏、鉢底穴の周辺には

すごい数のナメクジが

びっしりとはりついていました。

 

そのほかにもダンゴムシやら

なにやら得体のしれないムシが

鉢土にもくっついていたのです。

 

よーく鉢全体をチェックして

ムシなどを取り除いてから

ベランダに運びました。

 

ガーデニングは虫との戦いなんですね。

ベランダーでよかった。

 

 

吉永小百合さんの苔観察の続いて

南アルプス天然水のテレビCMでは

宇多田ヒカルさんが苔の風景の中に。

 

 

夏至を過ぎました。

今日は地上もベランダも暑かった。

来週は梅雨らしい天気になりそうです。

 

街道をゆく34・石も苔も

『街道をゆく34』は大徳寺と

中津・宇佐です。

 

「大徳寺散歩」になんと四か所

苔(コケ)が登場します。

 

まずひとつめの苔。

 

「大徳寺散歩 念仏と禅」より

「石もも土も樹も、みな清らかで、

これは臨済禅とふかくむすびついている。」

 

大慈院の描写の一部です。

 

京都の紫野にある大徳寺は

鎌倉時代末期に大燈国師が開創した

臨済宗の大本山です。

 

応仁の乱で荒廃しましたが

あの一休和尚が復興し

江戸初期には沢庵和尚がいたそうです。

 

ふたつめの苔。

 

「大徳寺散歩 松柏の志」より

「その間に松などがあしらわれ、

また数百年、掃ききよめられることによって

滑ったようになっている石畳と、

露に息づいているの敷物が、

きよらかさの脇役をなしている。」

 

大徳寺全景の描写からです。

 

その間とは三門、仏殿、法堂、本坊が

南北に一線にならんでいるその間。

 

みっつめの苔。

 

「大徳寺散歩 風飡水宿の譜」より

「門を入り、の小径をつたって

やがて屋内に入ると」

 

こちらは高桐院です。

 

大徳寺の本坊は一般には非公開で

塔頭も非公開のところが多いのですが

高桐院は一般公開されています。

 

ちなみに

風飡水宿(ふうそんすいしゅく)とは

「風を食い、水のほとりで寝た」

という意味で

一休さんが大燈国師のことを書いた

詩のなかにある言葉のようです。

 

そしてよっつめの苔。

 

「大徳寺散歩 肥後椿」より

「火袋の上の笠はむしている。」

 

石灯籠の描写です。

 

大徳寺は桃山時代以来

千利休など茶人との関係も深く

茶道の本山としても知られています。

 

高桐院には千利休に師事した

細川三斎(忠興)の墓があります。

 

利休が天下一という銘をつけたという

石灯籠を墓石にしてあるそうです。

 

禅寺に苔が似合いますね。

 

 

梅雨入りしてから

あまり雨が降っていません。

どうやら今年はカラ梅雨のようです。

 

『街道をゆく』司馬遼太郎
34・大徳寺散歩、中津・宇佐のみち

モミジの葉を食べる虫

イロハモミジとナメクジ

イロハモミジ(発芽2年目)とナメクジ

モミジの葉がなにものかに

食べられているようです。

 

気づいたのは五月中旬ごろ

一部の新葉が虫食い状態に。

 

朝や夕方に観察していますが

葉に虫はみつかりません。

 

これまで

うどんこ病が発生したことはありましたが

害虫のことは気にしていませんでした。

 

実はいま

外壁とベランダの修繕工事のため

ベランダで育てていた鉢植えはすべて

地上の空きスペースに置いてあります。

 

モミジ・カエデの鉢植えを

ベランダ以外の環境で育てるのは

初めての経験なのですよ。

 

地上の雑草が伸びた土の上に

スチール棚や板などを置いて

その上に植木鉢をのせてあります。

 

モミジ・カエデの害虫といえば

カミキリムシ、アブラムシ、カイガラムシ

それに蛾の幼虫などですが

いずれもみあたりませんね。

 

ただし

植木鉢の下には数匹のナメクジ

ダンゴムシもたくさんいました。

 

ナメクジもダンゴムシも

新芽や新葉を食べるようです。

 

そしてなんとダンゴムシは

苔(コケ)も食べる!のだとか。

 

写真は発芽から2年目の

実生イロハモミジの鉢植えです。

 

このモミジの葉は幸いにも

まだ食べられていませんが

この鉢の下のほうに

ナメクジがはりついていました。

 

ピントがモミジの葉に合っているので

ナメクジはボケていますが

こげ茶色の鉢に白っぽく写っています。

 

さっそくピンセットでつまんで

遠くにとばしましたが

よく見るとあちこちにたくさんいます。

 

葉を食べているのが

ナメクジやダンゴムシなのかどうか

まだわかりませんが

とにかく

はやくベランダに戻したい!

 

 

関東は梅雨入りしたそうです。

雨は降っていませんね。

明日は真夏の暑さになるのだとか。

 

ジャゴケの生長おそるべし

モミジの鉢のジャゴケ(6月)

モミジの鉢のジャゴケ(6月)

モミジの鉢土一面を

覆っているのはジャゴケです。

 

鉢の縁もだいぶ覆われてきて

外に飛びだしてきていますね。

 

昨年(2016年)10月2日投稿の

ヤマモミジと苔(10月)

8カ月前の写真(下)と比べると

平面的に広がっていたジャゴケが

今では

ぶあつく盛り上がっているのが

わかると思います。

 

冬に植え替えしたときに用土をみると

やはり水はけが悪い状態だったので

用土は改良したのですが

鉢土表面のジャゴケは

そのまま残しておきました。

 

その後も勢いよく生長をつづけ

今の状態になりました。

ジャゴケの生長おそるべしです。

 

やっぱりジャゴケはもういいかな。

 

モミジの鉢植えは

5月下旬から6月末ごろまで

追肥の時期ですよね。

 

発酵油かすの固形肥料を

置き肥するのですが

ジャゴケの上に置いても

まったく効果ないですよね。

 

ジャゴケはそろそろ取り除きます。

 

 

六月になりました。

今日も暑くなりましたね。

明日は爽やかに晴れそうです。

 

街道をゆく33・苔の下

『街道をゆく33』は奥州の白河と会津

そして東京の赤坂です。

 

「奥州白河・会津のみち」に二か所

苔(コケ)が書かれています。

 

まずひとつめの苔。

 

「奥州白河・会津のみち 二つの関のあと」

「小ぶりな空間のなかに歴史が

の下にもぐりこんで息づいていて」

 

歌枕としても名だたる白河の関ですが

その跡の場所がわからなくなっていた

のだそうです。

 

江戸後期

白河藩主の松平定信が考証を行い

白河神社が建つ場所が

白河の関跡であると断定しました。

 

その後

昭和の発掘調査の結果

昭和41年に「白河関跡」として

国の史跡に指定されました。

 

司馬さん一行がまず訪れたのは

江戸時代にずっとつかわれていた

もうひとつの関跡のほうです。

 

「境の明神」とよばれるこの場所は

陸奥(白河市)と関東(栃木県那須町)の

まさに境にあるようです。

 

江戸時代

参勤交代の大名行列がとおったこの道は

杉木立にかこまれ蒼古とした景観を

色濃く残しているいい場所のようです。

 

ちなみに司馬さん一行は

芭蕉と曾良もそうだったように

この後に白河の関跡に向かいました。

 

そしてふたつめの苔。

 

「奥州白河・会津のみち 関川寺」

「最古参格の宗広の鎌倉ふうの墓が、

宗広その人のように

何を語るわけでもなく、

むしてうずくまっているのが、

印象的だった。」

 

結城宗広は鎌倉幕府の御家人であったが

後醍醐天皇から討幕の綸旨を受けると

新田義貞と共に鎌倉幕府を滅ぼした。

 

宗広は最後まで

南朝に忠実な武将であったそうです。

 

 

JR東日本のテレビCMで

吉永小百合さんが苔の観察!

北八ヶ岳の苔の森ですね。

 

昨日今日と雨、五月雨ですね。

明日はまた暑くなりそうです。

 

『街道をゆく』司馬遼太郎
33・奥州白河・会津のみち、赤坂散歩