苔玉の育て方(2013年)

苔玉(こけだま)の育て方(お世話)

一般的な苔玉の育て方(お世話の方法)と苔玉瓶(苔テラリウム)での育て方

 

「苔はち」では苔玉の苔(コケ)には、

ホソバオキナゴケ(細葉翁苔)とハイゴケ(這苔)を使っています。

苔玉に植える観葉植物は、プミラ、プテリス、アジアンタムなどです。

苔も観葉植物も半日陰(朝日だけ当たる、木漏れ日があたる)と

水と空中湿度を好み比較的丈夫な種類です。

 

一般的な苔玉の育て方(お世話の方法)

苔玉(ホソバオキナゴケ、プミラ)

苔玉(ホソバオキナゴケ、プミラ)

【置き場所】

苔玉の置き場所は、一般的には屋外になります。

半日陰または明るい日陰で風通しの良い場所。

ただし、直射日光や強い風があたる場所は

苔や植物の葉が傷むので避けます。

ベランダなどのコンクリートの上には

直接置かずに棚などの上に置きます。

エアコン室外機の風が当たるような場所もさけて下さい。

 

 【水やり】

苔玉を枯らしてしまう失敗の原因は水切れにあります。

苔玉の芯まで水を吸わせる一般的な方法には

毎朝、苔玉のお皿に水を張る腰水という方法や、

苔玉が乾燥していた場合には、水を入れたバケツやボウルに

苔玉をまるごとしずめるドブ漬けという方法があります。

ただし、腰水の水の量には注意が必要で

少ないと乾燥してしまいますが多すぎると根腐れの原因になります。

朝に注いだ水が午前中になくなる程度が適量ですが、

水が残っているようなら捨てるようにします。

 

【肥料】

一般的には、薄めの液体肥料を観葉植物に与えます。

肥料は規定の倍率をさらに2倍にうすめて散布します。

ただし、苔には肥料は必要ありません。

肥料を与えると苔が枯れてしまいますので

肥料を与える際には苔にかからないようにします。

 

「苔はち」の苔玉と苔玉瓶(苔テラリウム)の育て方

苔玉瓶(ハイゴケ、プテリス)

苔玉瓶(ハイゴケ、プテリス)

苔玉をガラス瓶やグラスに入れた

苔玉瓶なら

お世話はとっても簡単です。

 

【置き場所】

明るい日陰

または

半日陰(朝日だけがあたる、木漏れ日があたる)

室内の明るい窓辺などで

風通しが良い場所に置いてください。

ただし

直射日光、強い風、エアコンからの風が

あたる場所は避けてください。

特に蓋をした苔玉瓶では

直射日光があたると冬でも

急激な温度上昇により苔が蒸れて

駄目になってしまいますのでご注意ください。

 

ハイゴケと観葉植物の苔玉瓶は

週に一度か二度くらいは

天気が良い風の弱い日に

ベランダの日陰の棚などに

置いてあげるとよいです。

 

山苔(ホソバオキナゴケ、アラハシラガゴケ)の

苔玉瓶は一定の環境に置いた方がよいです。

 

苔玉瓶(ホソバオキナゴケ)

苔玉瓶(ホソバオキナゴケ)

【水やり】

ガラス瓶の底にしいてある

ハイドロボールが

水で濡れている状態を

保つようにします。

 

ハイゴケの苔玉瓶や

蓋をしない苔玉瓶なら

少し多めに瓶の底から1cmほど水を入れます。

 

山苔(ホソバオキナゴケ、アラハシラガゴケ)の苔玉瓶や

蓋をしてある苔玉瓶なら

すくなめに瓶の底から2mmほど水を入れます。

 

季節や置き場所の環境(湿度)にもよりますが

蓋のない(または蓋をしていない)苔玉瓶は

3日から1週間で水がなくなってきます。

水の減り具合を見て水をあげてください。

 

蓋をしてある苔玉瓶なら

数週間から数か月間も水はなくなりません。

 

苔(コケ)も観葉植物も

週に一度くらいは霧吹きなどで

葉水をしてあげるとよいです。

 

【その他】

肥料は必要ありません。

肥料はあげないでください。

苔(コケ)や観葉植物が伸びすぎたら

切り取って仕立て直してください。

 

苔玉の育て方もあわせてご覧ください。