苔(コケ)に埋もれた飛石

しっとりと湿り、つやつやとひかっているような飛石(とびいし)

そのひとつひとつの石を取り囲む瑞々しい苔(コケ)

 

延段(のべだん)ともいう敷石(しきいし)の目地には

びっしりと生えた苔が緑の縁取りをしている

 

苔と石の組み合わせ

とくに苔の地面に埋もれるように続く飛石が

和風の庭を象徴するように感じます。

 

和風の庭は茶庭(露地)や日本庭園をルーツとします。

なにげなく置いてあるようにも見える石ですが

当然ならが飛石の作法には奥深いものがあります。

 

石を据えることを「石を打つ」というそうです。

飛石の打ち方には基本があり

二連打、二三連打、雁掛け打ち、千鳥打ち

などが定番とのことです。

 

小さな陶器平鉢の上に

苔に埋もれた飛石の風景を作りたいのですが

基本を押さえずに

自分なりに石を並べてみても

まったくサマにならないですね。

 

雨上がりの露地(ろじ)

苔に埋もれた飛石

苔の中から伸びるシダ

飛石に影をつくるヤマモミジ

 

この秋は

そんな和の庭をイメージして

苔鉢盆栽(苔盆景)作りに精進します。

 

飛石・敷石の参考書

『歩くことが楽しくなる飛石・敷石作法』(龍居庭園研究所=編)