プテリスの茂った茎葉は切り戻す-160.2

苔玉瓶(ハイゴケ、プテリス)

苔玉瓶(ハイゴケ、プテリス)

プテリスはハイゴケに劣らず

生育がおう盛です。

 

茎葉がどんどん伸びて

なんだか暑苦しいほど

茂ってきますので

思い切って根もとから

切り戻します。

 

伸びすぎている茎葉や

傷んだ葉

枯れた下葉を切り取り

さらに

葉が混んでいるところを

どんどん切っていき

ちょっとさみしいくらいになるまで

思い切って切り戻します。

 

茎葉をすべて切ってしまったとしても

また新芽が出てきますので

ご心配なく。

 

プテリスなどシダの仲間は

茎葉がまばらに伸びているほうが

涼しげな趣になるようです。

 

実際に茎葉を切っていくと

残った葉よりも

切り取った茎葉のほうが

多いように見えることもあります。

 

元気に生長した茎葉を

切り取ってしまいたくない人は

ちょっと手間はかかりますが

株分けするという方法もあります。

 

ハイゴケとプテリスの組み合わせは

とっても丈夫な苔玉です。

ガラス瓶やグラスに入れてあれば

お世話の手間もほとんどかかりません。

 

どんどん生長する苔とシダの生育を楽しむ

茎葉を切り戻して仕立て直しを楽しむ

手軽に緑を楽しめる苔玉瓶です。

 

苔玉瓶-160.2

ハイゴケ

プテリス

グラス(小)