手間いらずで楽しめる苔玉瓶-164

苔玉瓶(ホソバオキナゴケ)

苔玉瓶(ホソバオキナゴケ)

苔だけの苔玉、苔ボールを

ガラス瓶に入れて育てれば

お世話の手間はかからないし

苔の緑や質感

まあるい苔玉のかたちも

楽しめますよ。

 

苔をガラス保存瓶で育てる

苔瓶テラリウムなら手間がかからず

育てるのが簡単なことは

何度かお伝えしていますが

苔だけのテラリウムって

なにかものたりない

そう感じる方も多いかもしれませんね。

 

ガラス瓶に入れる苔を

苔玉にしたらどうでしょう。

苔だけの苔ボールでも

その「まりも」のような

緑のまあるいすがたで

ちょっと楽しめますよ。

 

苔ボールにしてガラス瓶に入れても

テラリウムであることは同じなので

お世話が簡単なことにかわりありません。

 

苔玉瓶も苔瓶と

まったく同じお世話で大丈夫です。

 

写真の苔玉瓶は

今年(2013年)の6月11日に紹介した

苔玉瓶-164の現在の様子です。

 

2ヵ月弱の間の水やりは2回だけですが

苔の状態にはほとんど変化がありません。

 

この苔は山苔ともよばれる

ホソバオキナゴケの栽培ものです。

もともと生長がとてもゆっくりな苔で

室内のテラリウムでは

どんどん生長するということはありませんが

いつもかわらない緑のすがたで

楽しませてくれますよ。

 

苔玉瓶-164

ホソバオキナゴケ(栽培)

ガラス保存瓶(小)コルク蓋