夏は室内でハイドロカルチャー

関東地方では、梅雨明けから連日

記録的な猛暑が続いています。

ほんとうに暑いです。

 

こんなに暑いとガーデニングが趣味でも

なかなか庭のお手入れもできませんよね。

 

鉢植えやプランターを置いて

ベランダで園芸を楽しんでいる方も多いですが

強い日差しとエアコン室外機からの熱風で

ベランダもかなりの高温になっています。

 

ベランダ園芸もこの暑い時期には

朝や夕方の比較的涼しい時間に

たっぷりと水をあげるだけに

しておいたほうがよさそうです。

 

やはり夏の間は涼しい部屋の中で

観葉植物を眺めるだけにするのが

良いかもしれません。

 

真夏でも観賞するだけでなく

どうしても園芸を楽しみたいという方には

ハイドロカルチャーがおすすめです。

 

ハイドロカルチャー=水耕栽培ですね。

コップに水を入れて

根がでやすい観葉植物の茎を

水の中にさしておくだけでも

挿し木したように根がでてきますよ。

 

100円ショップにも園芸コーナーがあって

ハイドロカルチャーの園芸用品も置いてあります。

ミニ観葉植物をはじめ

さまざまな鉢植え用の容器

土のかわりに使うハイドロボールやカラーサンド

根ぐされや水ぐされ防止用のゼオライトも

水色や黄色などいろいろな色がそろっています。

 

いわゆる土を使わないハイドロカルチャーなら

部屋を汚す心配があまりないので

涼しい室内で園芸を楽しむことができます。

 

材料も簡単にそろえられるので

気軽に楽しめるハイドロカルチャーは

暑い夏におすすめの園芸です。

 

水耕栽培で野菜を育てるのも

人気 があるようです。