育てやすい苔鉢(山苔とプミラ)-186

苔鉢(山苔、プミラ)

苔鉢(山苔、プミラ)

苔鉢は苔玉(こけだま)に比べて

お世話が簡単です。

 

苔(コケ)といえば苔玉(こけだま)

というほど人気がありますが

じつは

苔玉のお世話は

少しだけ手間がかかります。

 

苔は比較的丈夫で

すぐに枯れることはないのですが

ちょっと気難しいところもあります。

 

環境の変化や

水やり、日当たりによって

変色してしまうことがあります。

 

特に水やりは

苔と植えられている植物の

両方にとってちょうどよい量を

あたえなければならないのですが

苔玉の場合は

中の乾きぐあいがわかりにくいので

水切れしないように

そして

過湿にもならないようにするには

ある程度の慣れが必要です。

 

その点

ガラス鉢の苔鉢は

中の様子が見えるので

ちょうどよい水の量を

簡単にあたえることができます。

 

ほかにも苔鉢のメリットはあるので

おいおい紹介したいとおもいます。

 

苔の緑を楽しみたいけど

忙しくて

あまりお世話ができないという方には

苔鉢(ガラス鉢)をおすすめします。

 

苔鉢-186

山苔(アラハシラガゴケ)とフィカス・プミラを

ハイドロカルチャー風にガラス鉢に植えました。

白いのは寒水砂です。

ガラス鉢丸型(ソーダガラス)
大きさ:直径約10cm×高さ約8cm

用土:
ハイドロボール、ピートモス、砂など
ゼオライト(根腐れ・水腐れ防止用)

苔鉢のお世話について

置き場:
明るい日陰または半日陰
室内窓際のレースのカーテン越しなど

水やり:
ほぼ毎日、霧吹きで苔と植物に水をかけてください。
鉢底のハイドロボールが濡れている状態を保つようにしてください。

山苔の育て方もご覧ください。