山苔の育て方(お世話)梅雨

関東地方では、平年よりも10日も早く梅雨入り!

したはずなのですが?

ほとんど雨が降らない日が続いています。

梅雨入り宣言が、早すぎたのかもしれませんね。

 

それでも6月に入って、気温も湿度も上昇してきています。

この季節の山苔のお世話で注意することは、

やはりカビの発生でしょう。

 

室内に置いた苔(コケ)に

白いホコリのようであったり

うっすらとわたゴミのような

カビがついてしまうことがあります。

 

そんなときは、苔(コケ)を

外の空気にあててあげるとカビはなくなります。

もちろん直射日光はさけて半日陰か明るい日陰において下さい。

強い風やエアコン室外機の風にはあたらないようにします。

 

苔玉(こけだま)、苔鉢、苔瓶(テラリウム)

どれも基本的には同じ対応でよいのですが

テラリウムの場合は、気温が急上昇して

蒸れる可能性がありますので

日光にはあたらないように

特に置き場所には注意します。

 

苔にカビがつくのを予防するためには

この季節の水やりは控えめにします。

ただし、苔を乾燥させてもいけません。

そして1週間に2,3回は

苔を外気にあてるようにしてください。

 

苔が美しい季節です。

みずみずしい苔の緑をお楽しみください。

 

次回は、夏のお世話についてです。

 

山苔の育て方もご覧ください。