とってもゆっくりなコケ。苔瓶-123

苔瓶(プミラ、ホソバオキナゴケ)

苔瓶(プミラ、ホソバオキナゴケ)

苔(コケ)は

ほとんど変わらないようにも

見えますが、

とてもゆっくりと生長しています。

 

季節がかわったり

環境が変化すると

ゆっくりと変色することもあります。

 

春から梅雨があけるころまでが

苔の生長期になります。

今の時期、

ホソバオキナゴケの

うすい黄緑の新芽が

少しずつでてきています。

ほんとうにゆっくりと

生長しています。

 

慌ただしい都会での生活には

ゆっくりとしたペースのものが

あったほうがよいかもしれませんね。

苔の緑をゆっくりと

眺めてみてはいかがでしょうか。

 

苔瓶(No.123)

ホソバオキナゴケ(栽培)とフィカス・プミラを

ハイドロカルチャー風にガラス瓶に植えた

ボトルテラリウムです。

ガラス保存瓶
大きさ:直径約9cm×高さ約9.5cm
瓶の蓋:プラスチック(白)

用土:
ハイドロボール、ピートモス、砂など
ゼオライト(根腐れ防止用)

苔瓶のお世話について

置き場:
半日陰(レースのカーテン越しなど)

水やり:
週1回ほど、霧吹きで苔とプミラに水をかけてください。
鉢底のハイドロボールが濡れている状態を保つようにしてください。
蓋を開けた状態では毎日水やりをしてください。