カタバミの小さな黄色い花

カタバミの黄色い花

カタバミの黄色い花

カタバミの小さな黄色い花が

咲いていました。

いくつかの花が開いていたのですが

小さい花なので

近づいてアップにすると

ひとつの花だけしか

写すことができませんでした。

 

カタバミは春から秋にかけて

日向で花を咲かせます。

日陰では、咲いてもすぐにしぼむようです。

カタバミの花は、小さな黄色が

ひかえめな感じでよいですね。

 

カタバミはハートの形の葉と

やわらかい感じの緑色がいいので

とても気に入っています。

クローバーの葉によく似ていますが

カタバミのほうがきれいだと思います。

夜になると葉を中央で折るように閉じます。

就眠運動というようですが、

その様子が、葉が半分なくなったように見えることから

片方喰(は)む→片喰み→片喰(かたばみ)

これがカタバミの名前の由来だとも。

 

カタバミ(片喰 )というと

雑草として嫌われることもありますが

オキザリスとしての園芸品種もあります。

カタバミ科で学名がOxalis(オキザリス)です。

花を咲かせて枯れてしまう一年草と

毎年花を咲かせる多年草とがあります。

園芸品種のオキザリスは、

やはり花が大きく立派なかんじですね。

 

私はオキザリスではなく

野草のカタバミがいいですね。

そのままでも十分観葉植物です。