山苔の育て方(お世話)春

苔(コケ)が1年でもっとも生長するのは春です。

4月と5月が苔盆栽などの植え付けや植え替えに

もっとも適した時期になります。

できるだけ梅雨入りまでには植えて

高温となる夏までに定着させておきます。

山苔(ホソバオキナゴケ、アラハシラガゴケ)

についてもやはり春がもっとも

植え付けなどに適した季節です。

地域にもよりますが、3月ごろから

6月ごろまでがぎりぎりでしょうか。

植え付け、または植え替え後は、

こまめに水やりをして乾燥しないようにします。

植え付けから1カ月ほどで新芽が出てきます。

新しい芽は特に乾燥に弱く、

一度乾燥により新芽が枯れてしまうと

その後は、発芽しにくくなるようです。

春は、苔や植物がもっとも生長する季節なので

たっぷりと水をやって乾かさないようにします。

室内では、コレクションボックスなどに入れたり、

室外では、プラスチックの衣装ケースなどの

簡易保湿容器に入れて乾燥を防ぐのも良い方法です。

ただし、蒸れには注意が必要です。

直射日光を当てたりしないよう気をつけて、

涼しい朝夕に水やりをするようにしましょう。

山苔の育て方(お世話)早春」もあわせてご覧ください。

次回は、梅雨時と夏のお世話についてです。

 

山苔の育て方もご覧ください。