露地(ろじ)の苔(こけ)

「露地には苔(こけ)が適所に使われますが、スギゴケ、ミヤマスギゴケ、クラマゴケ、
マツバゴケ、ビロードゴケ、ジゴケなどがあります。苔はそれぞれの性格が異なり、
水を好む苔と好まない苔があります。植付けは、新芽の伸びが良い春に行うのが最も良く、
夏の暑い時期は根の活着が悪いため避けたほうが良いです。
苔の下地は水が溜まらないように勾配を考慮して、ならすことが大切です。」

ここから学ぶ 茶室と露地飯島 照仁』植栽と苔より

露地とは、茶の湯の庭、茶庭(ちゃにわ)のことで、

茶の湯に露地は欠かせないもののようです。

そして露地には苔。

この本は全体で300ページほどなのですが、

露地については35ページ、

植栽と苔については1ページのみです。

著者は茶室建築家なので、

主に茶室の解説になっています。

苔のついての記述は引用した数行だけです。

ここで言わんとすることについて、

腑に落ちないことはありません。

ただ苔の種類がどうもよくわかりません。

スギゴケは、苔庭でもっともよく使われる苔なので

納得です。

この苔は半日陰で湿った場所を好みます。

クラマゴケは、名前はコケですが常緑のシダ植物です。

半日蔭から日蔭で湿った場所を好みます。

これも納得です。

ミヤマスギゴケ、マツバゴケ?

一般的に苔庭に使われているのか不明。

ビロードゴケは、園芸店でもこの名前で

販売されていますが、その正体は不明。

ジゴケとは、ギンゴケのこと?

あるいはホソウリゴケ?

まだまだ知識不足です。