苔鉢盆栽の作り方(用意するもの)

苔鉢盆栽は簡単に作れます。

しかも、苔玉より育てやすいので

苔園芸入門に、おすすめです。

今回は山苔の張り苔での作り方です。

まず、用意するもの。

1.山苔

山苔は園芸店などで少量のパック詰めを購入します。

近所になければネットでも買えます。

乾燥した山苔の袋詰めもありますが、

これは使いません。

青々とした生きた山苔ですのでお間違いなく。

山苔には、ホソバオキナゴケと

アラハシラガゴケとがありますが

どちらでも大丈夫です。

きれいなうぐいす色か緑の苔を選びましょう。

2.鉢

小さめの陶器鉢(鉢穴あり)。

豆鉢などの小さすぎる鉢は

乾燥しやすいので避けた方がよいです。

大きな鉢も置き場所をとるし、

水やりもたいへんなので、やめましょう。

手のひらに収まるぐらいの

サイズがよいでしょう。

底に穴がある普通の植木鉢です。

穴がない鉢でも作れますが

作り方が違いますので、

今回は鉢底に穴がありている鉢にしましょう。

3.用土

赤玉土小粒、富士砂、ケト土 。

もしかするとケト土が置いていないかもしれません。

その場合はケト土無しでも大丈夫でしょう。

富士砂が無かったら川砂でもよいです。

他の土などは必要ありません。

赤玉土はふるいにかけてみじんを取ってください。

赤玉土と富士砂とケト土を

3:1:1の割合で混ぜあわせます。

これで用土の出来上がりです。

4.その他

鉢底ネット、園芸用のふるい(粗め、細め)

移植ごて(ミニシャベル)、土入れ、園芸ハサミ、

ピンセット、割り箸、ゴム手袋、そして霧吹き。

苔以外は、園芸店や100円ショップで購入できます。

ここまで準備できれば、あとは簡単です。

植え付け(張り苔)は次回です。