山苔の育て方(お世話)早春

苔(コケ)の植え付けに適した季節は春と秋です。

高温多湿の夏と、寒さで休眠する冬は

植え付けには適しません。

春先からは植え付けた後に、

新芽が伸びて定着しやすくなります。

植え付けた苔が真夏になる前に定着して、

夏の暑さに耐えられるようにします。

春先に注意することは

やはり気温の上昇による蒸れです。

2月に入り、立春を過ぎて

中旬から下旬にもなると

最低気温がマイナスになることもなく

日中の気温はかなり高くなってきます。

日差しも少しずつ強くなってきますので

直射日光による蒸れには要注意です。

新芽が伸びるには、適度な湿気も必要です。

乾燥しないようにも注意します。

冬の間、室内で弱って変色した苔は

外に出して半日陰に置きます。

水をあげ乾燥させないようにして

新芽がでてくるようにします。

 

早春、苔の緑を楽しむには

保温と保湿のためケースに入れる。

やはり蒸れとカビには注意。

1週間に2度か3度、外に出して水をやる。

ただし、冷たい風にさらさないこと。

乾燥しないようにして発芽を促す。

次回は、春の生長期のお世話についてです。

 

山苔の育て方もご覧ください。