苔の蒴ふくらむ・三月中旬

苔の蒴ふくらむ 3月17日

苔(コケ)の蒴ふくらむ 3月17日

苔(コケ)の蒴(さく)が

ふくらみはじめました。

 

苔の中から細長く伸びたのが

茎のような蒴柄(さくへい)。

 

蒴柄の先についているのが

蕾のような蒴(さく)です。

 

コケ植物は胞子を飛ばして増えます。

 

胞子が入っている袋が胞子嚢(のう)で

コケ植物では蒴といいます。

 

先月(2月24日)投稿の

モミジの鉢に苔の蒴柄・二月

ではまだ蒴柄が伸びているだけで

蒴はありませんでした。

 

ここ数日で蒴がふくらんだようです。

 

モミジの鉢土に生えてきた苔は

ギンゴケとホソウリゴケが

まざったものだと思います。

 

蒴の形や色は分類上の特徴で

コケ植物の種類によって様々です。

 

けれども未熟な私には

どの苔の蒴なのか

残念ながらわかりません!

 

苔の蒴がふくらむのは春と秋

花のように見える蒴もありますよ。

 

 

昨日今日とあたたかでした。

今日は彼岸の入り、もうすぐ春分です。

モミジの新葉がほんの少し

広がりはじめました。