イロハモミジ発芽から半年

イロハモミジ発芽から六カ月

イロハモミジ発芽から六カ月後の九月

発芽から半年経過した

イロハモミジの実生苗です。

 

葉がやけて傷んでいます。

既に落ちてしまった葉も

たくさんありますね。

 

先月(8月14日)投稿の

イロハモミジ発芽から五カ月

の写真とくらべると

葉の数がだいぶ減ってしまい

明らかに状態が悪いですね。

 

八月の下旬、処暑を過ぎた頃に

スダレを一部取り除いて

日当たりを良くしたのですが

タイミングが早すぎたようです。

 

七月に目立っていた葉やけは

スダレで陽射しを遮ったことで

きれいな緑の葉に回復していたので

ちょっと残念ですね。

 

ある程度生長した

他の鉢植えのモミジには

目立った葉やけはありません。

 

苗木のイロハモミジは

やはり秋分の頃までは

強い陽射しを避ける必要があるようです。

 

 

九月も半ばを過ぎると

モミジ・カエデは成長期に入ります。

 

葉が落ちてしまった茎から

再萌芽することはないかもしれませんが

まだ元気な実生苗だけでも

なんとか生長を続けてほしいものです。

 

 

白露を過ぎましたが

暑い日がまだ続いていますね。

九月も気温が高めだとのこと。

ご自愛ください。