イロハモミジの樹皮に苔

モミジの樹皮の苔

イロハモミジの樹皮の苔

イロハモミジの樹皮についた

苔(コケ)の写真(上)です。

 

このモミジの木の高さは

3メートルほどでしょうか。

高さはさほどありませんが

幹回りは太いですね。

 

幹の一番太い部分は

大人でも腕をまわせないほどです。

 

樹皮は若いモミジの木とは違い

灰色のつるりとしたものではないですね。

 

古木というほどの樹齢ではないでしょうが

ひび割れた樹皮と生えた苔が

年輪を感じさせます。

 

ケヤキの樹皮の苔

ケヤキの樹皮の苔

下の写真はケヤキの

大きな木についた苔です。

 

ケヤキはもともと落葉高木で

この木も優に10メートル以上は

ありますがまだ若い木なのでしょう。

 

しかし樹皮に苔がついていると

なんだか古木の趣があります。

 

イロハモミジについた苔も

ケヤキについた苔も

コケ植物なのか地衣類なのか

よくわかりません。

 

でもどちらにしても苔です。

 

コケ植物も地衣類も

小さなシダさえも苔ですからね。

 

 

八月も下旬

なんだか台風ラッシュ。

ベランダの鉢植えを片付けます。