双葉からモミジらしい新葉へ

イロハモミジ双葉から新葉へ

イロハモミジ双葉から新葉へ

イロハモミジの双葉の後から

切れ込みのあるモミジらしい新葉が

次々に広がり始めました。

 

最初の新葉が出てきたのは

四月に入ってすぐです。

 

モミジの種から芽が出始めたのが

三月の上旬でした。

 

三月下旬の双葉の様子を

モミジの種から芽が出ました

(3月26日投稿)で紹介してから

たったの一週間後。

 

モミジが発芽してから一カ月ほどで

双葉から切れ込みのある新葉に

かわりはじめました。

 

こんなに小さくても

ちゃんとモミジの葉の形なんですね。

 

茎が細くてか弱いです。

水をやると葉にのった水の重みで

倒れてしまいます。

 

それでもいつのまにか

また立ち上がって伸びています。

今のところみんな元気そう。

 

四月はモミジ・カエデの仲間は

新梢を伸ばし、新葉が広がります。

小さな鉢植えのモミジたちも

新葉を広げはじめました。

 

 

清明(せいめい)の頃は

新しいことが始まるのに

ふさわしい季節ですね。