プランターの残念なハイゴケ

プランターのハイゴケ

プランターのハイゴケ

ベランダに置いたプランターに

ハイゴケ(這苔)を植え付けて

高温多湿の夏を乗り越えることが

できないものか試してみました。

 

今回の試みの結果は

写真を見てのとおり

プランターの中のハイゴケは

とても残念な状態です。

 

今年(2015年)3月28日投稿の

ハイゴケは冬を越えましたが

の写真はそれほど良い状態の

ハイゴケではないのですが

それでも比べてみると

違う種類かと思うほどの差です。

 

ハイゴケの厚みが増しているので

かろうじて生長している所もあるのですが

ハイゴケの色がきれいな緑になりません。

茶色に変色してしまっている部分や

完全に駄目になっている所も多いです。

 

それと野草の芽が次々に出てきて

抜いても抜いてもきりがありません。

 

やはりハイゴケを育てるなら

蓋のある半透明のプラスチックケースで

強い風があたるのを防いだり

湿度を調節したりしないと

良い状態では生長しないようですね。

 

ただし冬場はこれでいいのですが

問題は高温多湿の夏をどうするか。

来年の夏に

また別の方法を試してみます。